世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【ご案内】平成26年04月28日(月)サラリーマン出勤前街宣”<祝主権回復記念日>「國威発揚街宣」~皇國、大日本帝國弥栄~”於阪急三国駅前

天皇弥栄
51oEBFQaeIL__SL500_AA300_.jpg



井上功一です。


04月28日(月)は、

昭和27年(1952年)
サンフランシスコ講和条約が発効し、
7年に及ぶ占領から解放され、
日本の主権が回復したであり、
非常に大事な記念日であります。
この日以降、
戦勝国の一方的な「東京裁判」で、
戦犯にされた方々の名誉も回復し、
日本には、
戦犯者等、存在しておりません。



また、
翌日29日は、 「昭和節」
偉大な
先帝陛下の天長節であります。


我が国の主権回復記念日を祝い、
皇國の弥栄を願い、

本年も、

サラリーマン出勤前街宣
<祝主権回復記念日>
「國威発揚街宣」
~皇國、大日本帝國弥栄~

を敢行致しますので、

出勤前の一時、
ご参加くだされば、
幸いであります。




1.実施場所日時
平成26年04月28日(月)
07:00~07:30
阪急電鉄三国駅前



2.実施方法
演説しながら、
井上自作チラシ
”<祝主権回復記念日>~皇國、大日本帝國弥栄~”
を手渡し。
*演説は、いつでも交代しますので、
ご自由になさってください。


3.実施目的
日本の主権回復から、
明日で、
62年となりますが、
未だに、
占領政策基本法
あるいは、

である
現日本国憲法を拝み、
戦後レジーム=吉田ドクトリン
即ち
「政教分離」と「戦争放棄」
にマインドコントロールされ、
被植民地根性が払拭されず、
真なる主権国家とは言えません。

特に、
戦争を外交の一手段として、
交戦権無制限行使を自ら禁止し、
米国の保護下にあって、良しとするのは、
属国そのものであります。


・戦後体制の根拠である
「グローバリズム」は、
枢軸国を、規制し、弱体化し続け、
戦勝国、及び敗戦利得者
の既得権益維持することが目的。
世界真秩序は、
「國粋主義(ナショリズム)」
「八紘一宇」
により、構築されること。


・皇國史観浸透による
皇國民としての自信と誇り。
特に、
神話と
明治維新から大東亜戦争までの
大日本帝國史。


・国家の存在意義は、
國體を護持し、国益を確保して、
国民の生命と財産と安全、
そして、
人間の尊厳である「自由」
を保障すること。

・それを実現する為には、
占領政策基本法である
正統日本国憲法制定。
自衛隊無制限交戦権付与日本軍創設。
日本核武装による核抑止力強化。
インテリジェンス(諜報)強化。
日米同盟イコールパートナー化の為の
集団的自衛権行使。
が必須であること。

を、
日本国民の皆様へ
改めて、
教導啓蒙することを、
目的とします。



*余談、
先般、
商船三井の船舶が、戦争賠償訴訟で、
支那法院に、
差し押さえられ、
40億円を支払い、
差し押さえを解除してもらいました。

支那外務省「戦争賠償とは無関係だ」
として、

日本から、
金を毟り取る根拠となっておる
”日中共同宣言”維持に努めております。
日本政府は、遺憾の意を表明するだけで、
全く助けてくれません。

これも、結局、
日本に純粋な軍事力が無く、
日本の交戦権行使不可が原因であります。


民間企業の自己防衛としては、

「戦争賠償とは無関係だ」

国際民事訴訟の範疇と、
支那が解釈しておるのであるならば、


支那は、司法の独立が保証されておらず、
支那共産党の意図そのものの判決を下す支那法院でありますので、
日本企業の防衛方法としては、


民事訴訟法第118条
(外国裁判所の確定判決の効力)

外国裁判所の確定判決は、
次に掲げる要件のすべてを具備する場合に限り、
その効力を有する。
一 法令又は条約により外国裁判所の裁判権が認められること。
二 敗訴の被告が訴訟の開始に必要な呼出し若しくは命令の送達(公示送達その
他これに類する送達を除く。)を受けたこと又はこれを受けなかったが応訴した
こ と。
三 判決の内容及び訴訟手続が日本における公の秩序又は善良の風俗に反しない
こと。
四 相互の保証があること。

に基づき、

訴訟に応訴せず、
支那国内の資産を撤退させ、判決を黙殺して、

支那原告が、支那法院判決を、
日本裁判所に強制執行告訴した場合のみ、
・相互の保証がないこと、
・支那法院は、裁判所と認められず、、
支那法院の確定判決は、無効。

四つの条件を満たさず、
日本で強制執行できないとして、
却下させれば、良いと考えております。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:平和憲法 - ジャンル:政治・経済

  1. 2014/04/26(土) 10:15:06|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<04月26日(土)5月号月刊誌ふれあい配布戸別訪問その3 | ホーム | 平成26年年04月25日(金)5月号月刊誌ふれあい配布戸別訪問その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/1892-97f73605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (680)
後援会、選挙、解任通告 (557)
祭政一致、國史、教育 (533)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (324)
自転車 (1014)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (93)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (76)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる