世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【ご報告】平成25年09月06日(金)11:00~12:10「(展転社裁判)支那の夏淑琴による日本の主権侵害裁判第六回口頭弁論」&報告集会

暴支膺懲
支那殲滅
國賊弁護士成敗
反日弁護士懲罰
130906_1025~001 
130906_1133~001

130906_1222~001_r

本日の

「(展転社裁判)
支那の夏淑琴による日本の主権侵害裁判
第六回口頭弁論」&報告集会

参加しましたので、

参加報告を致します。

今回の裁判は、

一方的な南京法院の判決を、
國賊弁護士、反日弁護士が、
代理人となり、

日本で強制執行しようとする
国際民事訴訟
我が国の民事訴訟法118条執行承認要件解釈

に関する裁判であります。

しかしながら、
実態は、
支那による日本への
言論の自由封殺、
間接侵略との戦い、
法治国家対人治国家の戦い
実質、日本と支那(中華人民共和国)
と戦争
であります。

この裁判に負ければ、
日本の
支那批判、
南京城陥落について
言論している
マスコミ、言論人は、
一方的に、名誉毀損で
損害賠償請求され、
日本で、
支那の僕=反日弁護士によって
提訴され、強制執行されることになります。

日本は、国家を挙げて戦う秋であります。
更には、
支那の手下である韓国も、真似をし、
日本には、
言論の自由、
出版の自由が
無くなることになります。
*実際に、現在、
捏造の戦時徴用で、
韓国は、損害賠償請求を行っております。

また、
幸福実現党、
幸福の科学、
幸福の科学出版
も提訴される可能性は高く

党員、信者は、
本裁判を死力を尽くして
支援すべきであります。


傍聴希望者が列をつくり、
傍聴抽選が実施され、
関心の高さが、
伺われました。
傍聴者は、
原告(夏淑琴)側10名
被告(展転社)側70名

口頭弁論は、
11:00~11:30

支那を近代的法治国家
として
夢想に生き、
現実を直視しない
支那の僕と化しておる
原告(夏淑琴)側
売国弁護士を

日本の國史を
十分に理解され、
一党独裁人治国家である
支那の実態を直視し、
我が国の国家の威信をかけて
戦っていらっしゃる
被告(展転社)側
報國弁護士の方々が、
叩き切るといった
痛快なものでした。

後は、
裁判官の方々が、
真なる日本の国史を
あまり勉強されていないことが
懸念材料であります。


1.原告(夏淑琴)側口頭弁論
・中華人民共和国には、司法権の独立が確保されており、
南京法院は、外国の「裁判所」に該当し、
その判決は、執行承認するに値する。

・中華人民共和国の人民法院差組織法第4条には、
「人民法院は、法律の規定に従い独立して裁判権を行使し、
行政機関、社会団体及び個人の干渉を受けない。」
とあり、制度上、裁判権の独立が保障されている。


・次回公判は、中華人民共和国から、
新しい証拠資料が届くのが、1ヶ月かかるので、
11月上旬にしてほしい。

2.被告(展転社)側口頭弁論
・法令解釈には、
一般的確実性と具体的妥当性の
二律背反する二つの使命がある。
一般的確実性を脅かさずに
具体的妥当性を最大限に発揮することが理想

本裁判では、具体的妥当性が問題である。

・中華人民共和国において、
司法権の独立が制度として保障される等と、
主張することが夢想・幻想であることの証左など
無数にある。
先の中華人民共和国全国人民代表大会で、
習近平が、国家主席に選出された時の賛否票は、
2952対1であった。
一党独裁国の凄さ、怖さを示す数字である。

・中華人民共和国の人民法院差組織法第4条は、
主語は、人民法院であり、裁判官は干渉を受けることになる。
また、人民法院は、
行政機関、社会団体及び個人から干渉を受けないだけで、
共産党、全人代、上級法院の干渉排除は、謳われていない。
よって、
中華人民共和国に司法権の独立はない。

・本件原告に執行承認を認めた場合、
最終的には、
我が国における
対中華人民共和国側批判の言論は封殺され、
同国を支持・賛美する言論は格別扱い。
同国政府、共産党、人民を批判・非難する言論、出版、集会の自由は、
死滅
する。

4.傍聴者の声
・原告代理人の弁護士は、本当に日本人か?

・単なる民事裁判でなく、
国家対国家の戦争。

・「親の敵より、共産主義者が憎い。」
という言葉があるが、
私は、共産主義者より、その僕と化している
反日弁護士、売国弁護士が憎い

・報告集会会場は、
日本に無礼を働き、
調子に乗っている
チャンコロ、チョンコを征伐すべし
という殺気が漲っておりました。


4.次回公判
平成25年11月8日(金)11:00
東京地裁103号法廷

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/09/07(土) 00:08:27|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【実施模様】2013n年09月07日(土)「消費増税中止署名依頼戸別訪問」 | ホーム | 【ご報告】平成25年09月06日(金)「特攻の父」大西瀧治郎海軍中将の墓参  >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/1557-7395178f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (673)
後援会、選挙、解任通告 (556)
祭政一致、國史、教育 (529)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (322)
自転車 (1004)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (88)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる