世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2013年09月03日(火)「ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER)」

井上功一です。

少々、お口直しに。
最近は、

「ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER)」

というアニメ番組が人気であるようです。
見て、もうほんと嬉しくなりました。
わたしゃ、
ドイツ戦車の
ティーガー、ヤクトティーガー、エレファント、ヘッツァー

なんか好きですからね。

華道や茶道と並び大和撫子の嗜みとされている戦車道
「戦車道全国高校生大会」で、
女子高生が、
戦車戦を戦うストーリーとなっております。
使用戦車は、1945年8月15日までに設計したもの。

このアニメのお陰もあって、
今年は、8月15日、靖國神社へ参拝した若者が多く、
陸上自衛隊の富士総合火力演習も、
応募が10万人超
たりしたのかもしれません。
若い日本国民が、
軍事、戦争に親しみを持つのは、
日本の軍事外交上、非常に好ましいことであります。

「ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER)」公式サイト
http://girls-und-panzer.jp/


「ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER)」
の映像は、著作権の関係で、
掲載出来ませんので、
以下をお楽しみください。


電撃戦(Blitzkrieg)の生みの親
ハインツ・ヴィルヘルム・グデーリアン上級大将
(Heinz Wilhelm Guderian) 
Heinz_Guderian.jpg


 戦車戦のエース ミハエル・ヴィットマンSS大尉
(Michael Wittmann)
戦車138両、対戦車砲132門撃破。
ミハエルヴィットマン 



9/4追記
私は、大日本帝國軍人と共に、
同盟国であったドイツ第三帝國軍人名誉も護りたいと思っております。
ドイツ第三帝國軍人は、プロイセンの伝統を受け継ぎ、
勇敢で、戦闘能力高く
現代陸上戦闘の源流となった電撃戦(Blitzkrieg)を考案。
兵器開発においては、現代兵器の多くを実用化、設計しております。
ジェット戦闘機Me262は、戦後、米軍、ソ連軍戦闘機の原型であり、
フォン・ブラウンが開発したV2ロケットは、
大陸間弾道弾の原型、
サターンロケット、ソユーズロケットの原型であります。
また、
パルスジェットのV1ロケットは、巡航ミサイルの原型でもあります。


また、ドイツ戦車兵の徽章は、
髑髏(Totenkopf)で、
死ぬまで戦うことを表しております。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ガールズ&パンツァー - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/09/04(水) 21:33:32|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013年09月04日(水)雷雨の後、変化激しい夕映え | ホーム | 2013年09月01日(日)「幸福実現党党首 釈量子ポスター」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/1553-29f2897e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (663)
後援会、選挙、解任通告 (549)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (302)
自転車 (969)
音楽 (20)
健康 (30)
【これは、エエヨ!】 (83)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (38)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる