世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2013年08月12日(月)「現御神であらせられる天皇陛下」~「國體の本義」こそ、日本の自信と誇りの源泉~

真夏のAbendrod

井上功一です。

美しい真夏の夕日、夕焼けです。

新三国橋より。


お盆になると
日が短くなってきますね。

太陽を拝んでいると、
日神
皇國=大日本帝國
を強く感じました。

神國日本の國體を道派しつくした
「國體の本義」(昭和12年(1937年)文部省発行)
1185948_236104433206781_464129583_n.jpg
は、
戦後、GHQによって焚書にされましたが、


天皇陛下が、
単なる元首を超越された
現御神であらせられること
1098278_236105303206694_438490688_n.jpg

日本の國體は、祭政一致であり、
皇國史観が、正しい歴史認識であること

が、
ご理解頂けると思いますので、
以下、参考にして頂ければ、幸いであります。 ...



旭日旗~1


「國體の本義」
”第一章 大日本國體 第二節 聖徳”

より、抜粋

「~かくて天皇は、皇祖皇宗の御心のまにまに我が國を統治し給ふ現御神であらせられる。この現御神(明神)或いは現人神と申し奉るのは、所謂絶対神とか、全知全能の神とかいふが如き意味の神とは異なり、皇祖皇宗がその神裔であらせられる天皇に現れまし、天皇は皇祖皇宗と御一体であらせられ、永久に臣民・國土の生成発展の本源にましまし、限りなく尊く畏き御方であることを示すのである。帝国憲法第一条に『大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス』とあり、又第三条に『天皇ハ神聖ニシテ冒スヘカラス』とあるのは、天皇のこの御本質を明らかにし奉つたものである。従つて天皇は、外國の君主と異なり、國家統治の必要上立てられた主権者でもなく、智力・徳望をもととして臣民より選び定められた君主でもあらせられぬ。

 天皇は天照大神の御子孫であり、皇祖皇宗の神裔であられられる。天皇の御位はいかしく重いのであるが、それは天ッ神の御子孫として、この重き位に即き給ふが故である。~」

「國體の本義」
”第二章 國史に於ける國體の顕現”

より、抜粋

「~國史は、肇國の大精神の一途の展開として今日に及んでゐる不退転の歴史である。歴史には、時代の変化推移と共にこれを一貫する精神が存する。我が歴史には、肇國の精神が儼然と存してゐて、それが弥々明らかにせられて行くのであるから、國史の発展は即ち挙國の精神の展開であり、永遠の生命の創造発展となつてゐる。然るに他の國家にあつては、革命や滅亡によって国家の命脈は断たれ、建國の精神は中断消滅し、別の國家の歴史が発生する。それ故、建國の精神が、歴史を一貫して不朽不滅に存続するが如きことはない。従つて他の國家に於て歴史を貫くものを求める場合には、抽象的な理性の一般法則の如きものを立てるより外に道がない。これ、西洋に於ける歴史観が国家を超越して論ぜられてゐる所以である。我が國に於ては、肇國の大精神、連綿たる皇統を基とせずしては歴史は理解せられない。北畠親房は、我が皇統の万邦無比なることを道派して、

 大日本は神なり。天祖はじめて基をひらき、日神ながく統を伝へ給ふ。我のみ此の事あり。異朝には其のたぐひなし。此の故に神といふなり。

 と神皇正統記の冒頭に述べてゐる。國史に於ては維新を見ることが出来るが、革命は絶対になく、肇國の精神は、國史を貫いて連綿として今日に至り、而して更に明日を起す力となつてゐる。それ故我が國に於ては、國史は國體と終始し、國體の自己表現である~」


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:国家論・憲法総論 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/08/23(金) 02:10:09|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<公開霊言「マザー・テレサの宗教観を伝える」☆ | ホーム | 【簡易報告】2013年08月21日(水)”幸福実現党大阪府本部「政治部長会議」”於大阪正心館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/1521-8c6d0959
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (677)
後援会、選挙、解任通告 (557)
祭政一致、國史、教育 (530)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (324)
自転車 (1011)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (93)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (73)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる