世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2011年01年09日(日)靖國神社参拝

井上功一です。

2011年1月9日(日)午後

東京正心館で、

幸福実現党の
全国幹事長交流会
及び
全国政治部長交流会
がありましたが、

幸福実現党ニュース記事

夜行バスで、早朝に到着したので、

靖國神社

に参拝し、

国家の英霊のご遺徳を偲び、感謝を奉げて参りました。

また、境内にある

遊就館

にも、立ち寄りました。

遊就館ホームページ

遊就館では、

神功皇后の新羅征伐、三韓征伐の古代から、近代の大東亜戦争まで

世界に誇れる
我が国の「武人(もののふ)のこころ」を、深く体感し、


特に、支那事変、大東亜戦争が、

防共、アジア、アフリカの独立開放、日本のレーベンラウム確保を目的とした

独立自存の聖戦


であったこと再認識し、

日本を、再び世界に冠たる最強の神国に致すことを、

英霊の皆様へ誓って参りました。





*私事ですが、
庄屋であった母方祖父の家には、仏間に、
長男にも関わらず、志願して、激戦のフィリピンで戦死した伯父の遺影、
潜水艦が撃沈され戦死した祖母の弟の遺影他が、
靖國神社の写真と共に、掲げてあり、
国家の英霊を敬うことは、幼いころから当然のことでした。
よって、
学校の「平和教育」は、本当、腹立たしい不快な時間でした。
全閣僚が、終戦記念日に参拝することは、当然として、

天皇陛下に幸行頂き、
国家行事として実施すべきです。
これが、日本の国体護持、主権国家への第一歩であると考えます。



境内には、 「大村益次郎」
(過去世:宇宙ファイター、ジャガー型宇宙人)

巨大な銅像がそびえています。残念ながら写真無し。


飯田橋から靖國神社へ向かう
110109_0723~001

靖國神社第一鳥居(大鳥居)
110109_0734~001

第二鳥居
110109_0741~001


中門鳥居から拝殿を望む
110109_0757~001
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:教育問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/01/09(日) 23:20:16|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/14-ab1e766f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad