世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2013年06月04日(火)【天安門事件追悼】大東亜戦争は、『八紘一宇』の大義による聖戦。――日本の大東亜戦争に対するアジア諸国の声


井上功一です。

今日(6/4)は、

1989年、

支那で
民主化を求める大学生が、抗議行動をし、
戦車にひき殺される等して、
人民解放軍に武力弾圧された

【天安門事件】


があった日です。
それから24年

天安門事件で犠牲となった勇者の皆様に、
追悼の意を表します。

この事件で、
評論家の石平さんも、
支那を捨て、日本に帰化することを、
決意されました。

しかしながら、
支那においては、
【天安門事件】は、隠蔽され
歴史教育で、教えられておりませんし、
犠牲者への追悼式典も禁止されている様であります。

こんな国際犯罪人国家=支那のプロパガンダによる
内政干渉は、黙殺、排除するのは、当然。
皇国日本としては、
支那の人道に対する罪を、
懲罰
するくらいの
気概が必要であります。

アジア諸国の中で、
日本が侵略戦争をして、
被害にあったと言っておるのは、

支那、北朝鮮、韓国
この三国だけ


他のアジア諸国は、
日本が「大東亜戦争」を戦ったことに、
感謝の意を表してくださっております。

大東亜戦争に
日本が勝っておれば

共産党軍事独裁政権の
中華人民共和国
は、
存在しておらず、

【天安門事件】
も、
生じなかった筈であります。


また、
パシフィックウォーの和訳が、
太平洋戦争
正しくは、
「大東亜戦争」。



以下、
大東亜戦争
が聖戦であった真実を
分りやすく解説した
党本部
佐々木勝彦課長代理
の論考を共有致します。



ココカラ
日本は侵略戦争をしたのか?――日本の戦争に対するアジア諸国の声[HRPニュース
ファイル656]
http://www.hr-party.jp/new/2013/38298.html

◆韓国・中国だけがアジアではない

韓国と中国は、これまで「アジア諸国に多大な迷惑と苦痛を与えた日本は謝罪す
べきだ」と日本に責め続けてきました。

アジア諸国は韓国と中国だけではありません。では、東南アジア諸国は日本の戦
争をどのように見ていたのでしょうか?

これから紹介する東南アジア諸国の声と比べてみてください。そこには韓国や中
国が非難する「侵略国家・日本」とは全く違う姿が浮かび上がってきます。

◆日本の戦争に対する東南アジアの声

【タイ】ククリット・プラモード元首相

「日本のおかげでアジア諸国は全て独立しました。日本というお母さんは、難産
して母体を損ないましたが、生まれた子供はすくすくと育っています。
今日、東南アジアの諸国民が、米英と対等に話ができるのは、一体誰のおかげで
あるのか、それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったからで
す。」(タイの新聞『サイアム・ラット紙』)

【マレーシア】ガザリー・シャフィー元外務大臣(ASEAN創設によりハマーシェル
ド賞受賞)

「(日本政治家の「大戦において貴国に対しご迷惑をおかけして申し訳ありませ
んでした」との挨拶に対して)日本はどんな悪いことをしたというのですか?
マレー半島で南下したときの日本軍はわずか3ヶ月でシンガポールを陥落させ、
我々にはとてもかなわないと思っていたイギリスを屈服させました。
あの時は神の軍隊がやってきたと思いました。日本は敗れましたが、英軍は再び
取り返すことができずマレーシアは独立したのです。」(1988/7/19 於・赤坂プ
リンスホテル)

【インドネシア】サンパス元復員軍人省長官

「特にインドネシアが感謝することは、戦争が終わってから日本軍人約1000人が
帰国せずインドネシア国軍と共にオランダと戦い、独立に貢献してくれたことです。
日本の戦死者は、国軍墓地に祀り、功績を讃えて殊勲賞を贈っているが、それだ
けですむものではありません。」(1957年来日の際の発言)

【インド】グラバイ・デサイ弁護士会会長・法学博士

「インドは程なく独立する。その独立の契機を与えたのは日本である。インドの
独立は日本のお陰で三十年早まった。これはインドだけではない。
インドネシア、ベトナムをはじめ東南アジア諸民族すべて共通である。インド4
億の国民は深くこれを銘記している。」(1946年 デリーの軍事裁判に参考人とし
て召還された藤原岩市F機関長に対する挨拶)

【ビルマ】バーモウ元首相

「歴史的に見るならば、日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに貢献し
た国はない。
真実のビルマの独立宣言は1948年の1月4日ではなく、1943年8月1日に行われたの
であって、真のビルマ解放者はアトリー率いる労働党政府ではなく、東条大将と
大日本帝国政府であった。」(自伝『ビルマの夜明け』)

(参考)『アジアと日本の大東亜戦争』(日本を守る国民会議)、名越二荒之助著
『世界から見た大東亜戦争』(展転社)

◆「大東亜戦争」とは何だったのか?

戦後日本は、学校教育で先の大戦の名称を「太平洋戦争」と教育で教えてきまし
た。しかし、「太平洋戦争」はアメリカが戦った戦争であり、日本が戦った戦争
は「大東亜戦争」です。

占領軍は「大東亜戦争」という言葉を検閲し、「太平洋戦争」の言葉を日本に使
うよう、押し付けました。

その理由は、「大東亜」という言葉には日本の聖なる理想、すなわち、「西欧の
植民地支配で苦しんでいるアジアの独立を手助けし、東亜に真の平和を実現す
る」という願いが込められていたからです。

実際、今回紹介した東南アジア要人の言葉は、韓国や中国が戦後繰り返し非難し
てきた「悪魔のような日本軍」の姿とは全く違うものです。

日本は戦闘では負けましたが、「多くのアジア諸国を白人の植民地支配から解放
する」という戦争の大義は果たしました。

日本という国がなければ、アジア、アフリカのほとんどの国々は、未だに人種差
別と略奪にまみれた白人による植民地支配の下にあったことでしょう。

このことについて、歴史学者のアーノルド・J・トインビー氏は、こう述べてい
ます。

「第二次大戦において、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって
利益を得た国々のために、偉大なる歴史を残したといわねばならない。
その国々とは、日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた
国々である。」(1956/10/28 英国紙『The Observer』)

いわゆる「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」のウソが昨今、明らかになって来まし
たが、私たち日本人は「大東亜戦争」を検証し、再評価する時期に来ています。

最後に、東京裁判の判事の中で唯一の国際法の専門家であり、唯一、日本のA級
被告全員に無罪の判決を下したパール判事(インド法学博士)の言葉で締めくくら
せて頂きます。

「時が熱狂と偏見とを和らげた暁には、また理性が虚偽から、その仮面をはぎ
とった暁には、その時こそ正義の女神は、その秤を平衡に保ちながら、過去の賞
罰の多くにそのところを変えることを要求するであろう。」(「パール博士顕彰
碑」(靖国神社))

(文責・幸福実現党政務調査会・佐々木勝浩)

佐々木 勝浩 執筆者:佐々木 勝浩 (84)
政務調査会 課長代理



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:「ならず者国家」中国 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/04(火) 09:28:09|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<平成25年06月04日(火)幸福実現党賛同者の方々の声 | ホーム | 明日、小島幹事長代理来館!!/悪霊撃退祈願祭☆>>

コメント

中国解体将从香港开始!

天安門広場で亡くなった学生達を心から追悼いたします。

でも、どれだけの方が亡くなったのかは、諸説あり過ぎて、あまり知らないのです。

学生達が断食抗議していてもゴルバチョフは天安門広場に来なかった様子や、知識人達のインタビューなどは映像で見ましたが、まず報道陣を締め出してから武力弾圧しているので、真相はわからずじまい。
カーマヒントンの天安門というドキュメント映像が、大阪市図書館にあるのですが、2本目がいつ行ってもノイズで消されていて見れません。
図書館のビデオを消すなんてモラルがなさすぎ。ひどい。

中国解体将从香港开始!!
  1. 2013/06/05(水) 19:47:21 |
  2. URL |
  3. 匿名さん #VWFaYlLU
  4. [ 編集 ]

Re: 中国解体将从香港开始!

匿名様

コメントありがとうございます。
日本の図書館のビデオまで、消去しておるのですね。
こんな国は、本当、、消滅、撲滅させなあきませんわ。



  1. 2013/06/05(水) 21:38:46 |
  2. URL |
  3. 井上功一 #qhByB3uI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/1389-10e379c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (673)
後援会、選挙、解任通告 (555)
祭政一致、國史、教育 (528)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (211)
宇宙 (44)
行楽、親睦 (322)
自転車 (1005)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (86)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる