世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【偉い!フロンティアスピリット!!】<ボストン体育協会声明>「2014年も、ボストンマラソン開催」

井上功一です。

無粋で、下品な
卑怯者のカスである
テロリストにより、

4月15日
ボストンマラソンの
ゴール付近で、
圧力鍋爆弾の
2回の爆発により、

8歳の男の子を含む3人が死亡。
ランナー、観客が約180名負傷しました。
(男の子の妹も、片足を吹き飛ばされ、
母親も頭を負傷。ゴール前にて親子3人で、
出場している父親を待っていた様です。)

現場写真では、
足を吹き飛ばされ、
膝から下の脛骨がむき出しになっている
男性アスリートもおりました。
(突然、ランナー正命を絶たれてしました。)

犠牲になった皆様へ、
哀悼の意を、表したいと思います。
また、
非戦闘員を無差別に殺害するテロには、
屈せず、戦って参る所存であります。

「自爆テロ」を、「KAMIKAZE」
に同一視する風潮がありますが、
皇軍特攻隊員の皆様は、
報國の赤心により、
敵に一矢報いんとして、
敵艦へ突入し、散華されたのであり、
非戦闘員を殺害するチンピラ紛いの
自爆テロリストとは、
精神性が全く異なるのであります。

しかしながら、
・愉快犯の単独犯行、
・北朝鮮、イスラム武装組織等
の組織的犯行
どちらのテロリストであれ、

「予測できない恐怖」

「脅し」
により、

「自由」
統制せんとする勢力には、

「正義の鉄槌」を下し、

「懲罰と報復」
及び、
「駆除撲滅と殲滅」

を通告し、
犯人を逮捕拘束することが、
当然であります。



そうした中、
ボストンマラソンを主催する
「ボストン体育協会」
トーマス・グリルク会長は、
「2014年も、ボストンマラソンを開催する。」
と声明を出されました。

正に、

「フロンティア・スピリット」

であります。

本当、ご立派。

私は、我が国の「武人(もののふ)の心」「特攻精神」を、
尊崇しておりますが、
米国の「フロンティア・スピリット」」にも、
非常に、敬意を払っております。

詳細はコチラ↓
YOMIURI ONLINEより
http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20130417-OYT1T00628.htm
【ボストン=西村海】
ボストンマラソンを主催する
「ボストン体育協会」のトーマス・グリルク会長は
16日、
「2014年も走って伝統を継続することを約束する」
との声明を発表した。
 声明は、
世界からの支援などに対する感謝を伝えたうえで、
「ボストンは強く、屈しない」としている。
(2013年4月17日12時49分  読売新聞)

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:時事ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2013/04/17(水) 20:55:52|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【参戦依頼】★4月18日(木) 21:00~《幸福実現TV》【長野発 生涯現役人生】生放送!(ユースト・ニコニコ配信第106回)★ | ホーム | 新開示霊言「金正恩の本心直撃!」★>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/1286-ab0487f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (673)
後援会、選挙、解任通告 (555)
祭政一致、國史、教育 (528)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (211)
宇宙 (44)
行楽、親睦 (322)
自転車 (1005)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (86)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる