世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2013年04月04日(木)日本国民が出来る「第二次朝鮮戦争対策」~国際犯罪人国家=北朝鮮は、懲罰し、駆除撲滅す~

井上功一です。


北朝鮮の軍総参謀部報道官が、
「先端核攻撃手段に関連した作戦が最終的に検討、
批准された状態にあることを
正式にホワイトハウスとペンタゴン(米国防総省)に通告する」
と表明し、

また、
北朝鮮が
中距離弾道ミサイル「ムスダン」を
日本海側に移送させ、
4月15日に発射を予定しておる様であります。

今回は、
日本国内で唯一稼働する
福井県の関西電力大飯原発3、4号機に、
奇襲をかけてくるかもしれません。

第二次朝鮮戦争に備え、
米国、韓国は、戦争を想定した軍事演習。
軍のトランスフォーメンション変更を実施しております。

しかしながら、
第二次朝鮮戦争勃発する気運が高まる中、
日本は、
対岸の火事を決め込み、
「次期衆院選では、憲法改正が争点になる。」
と言っているくらいで、
「米軍がなんとかしてくれるに違いない。」

ほとんど沈黙し、
無作為のままであります。

このままでは、
第二次朝鮮戦争が勃発、
あるいは、
北朝鮮が、日本領空領海領土に、
ミサイルを撃ち込み、
日本を恫喝した際、

いつものパターンどおり、
日本政府は、

「日本は、戦争放棄している。
報復、反撃は、米軍に頼む。
自衛隊は、後方支援のみ。
資金協力のみ実施する。」

「人命の尊重第一、
超法規的措置により、
北朝鮮に譲歩する。」

と間抜けなことを、
言い兼ねないので、


以下、
日本の國體を護持し、
日本の国益を確保して、
日本国民の自由、生命、安全、財産を護る為、
日本国民が出来る

「第二次朝鮮戦争対策」

を記述しておきます。

因みに、
日本政府に対する提言は、
黒川白雲政調会長が、
「防衛計画の大綱」を見直し、日本版トランスフォーメーションを構築せよ!
http://www.hr-party.jp/new/2013/36560.html

佐々木勝浩課長代理が、
北朝鮮「南北は戦時状況に入った」と特別声明――北朝鮮のミサイルに備えよ!
http://www.hr-party.jp/new/2013/36571.html
をしていらっしゃいます。


ココカラ
Ⅰ日本国民が、開戦までに国民ができること

①皇國日本が、戦わずして、敗れ、
日本国民が、世界に恥を晒さない為、
以下の様な
「戦争放棄破棄」「自衛隊交戦権付与」気運醸成
・「神の正義」を貫き、
国際犯罪人国家=北朝鮮を懲罰するのは、
かつての朝鮮半島の宗主国日本として当然。

超法規的措置憲法9条適用除外による、
日本軍としての自衛隊無制限交戦

・主権国家として、対北朝鮮先制攻撃。

・日本再軍備、日本核武装、スパイ防止法制定宣言。

・北朝鮮が、核攻撃したら、即報復、反撃する為、
同盟国米国と核兵器共同利用の
ニュークリアシェアリングを締結。

・間接核抑止力を担保する為、日本の全原発即再稼働

・自衛隊が、同盟国軍と作戦行動を共にし、
「集団的自衛権」行使宣言

・日米同盟を、自衛隊が集団的自衛権を行使する
イコールパートナー条約に改変。

・朝鮮半島の約3万人在留邦人即刻帰国命令発令

・戦時国債発行への賛同及び購入

・工作員を含め、開戦後の日本国内朝鮮人逮捕拘束通告

・自衛隊装備の「専守防衛破棄」、攻撃兵器配備。

戦時難民来襲に備え
日本海側自治体、自治会で自警団を組織
警備訓練実施。

・日本国内における北朝鮮工作員による
インフラに対するサボタージュに備え
警戒強化、代替手段の準備


②北朝鮮、支那及び、
そのエージェントと化したマスコミによる
心理戦、プロパガンダ、偏向報道への無視と反撃

・「話し合いによる解決」は、
軍事力、核抑止力の裏打ちがあって、
初めて、同じ交渉のテーブルにつける。

・北朝鮮が、
「核攻撃により、5万人、10万人を殺傷する。」
と恫喝してきても、
「攻撃される前に、先制攻撃し、
核攻撃されれば、核兵器で報復する。
日本にいる朝鮮人は、
即逮捕拘束、国外追放する。」
と、通告する。

・「日本の植民地支配で、北朝鮮は、
被害を被った日本に報復するのは、当然。」
とよく言ってくるが、
事実は、
「朝鮮半島は、大日本帝國35年の統治のお蔭で、
数千年に渡る支那の冊封政策
即ち朝貢外交から解放され、
近代化、インフラ整備が促進された。」

・「戦後体制が崩れ、日本が右傾化している。」
「『戦争は、外交の延長線上にあり、
外交の一手段。』これが、国際常識。 」

・「安らかにお眠りください。
二度と過ちは、繰り返しませぬから。」
と広島の原爆の碑には、あるが、
この過ちとは、
日本が、原爆を投下され、20万人の犠牲者がでたこと。
大東亜戦争に負け、他国に占領されたこと。
である。
過ちを繰り返さない為には、
二度と他国から核攻撃を受けない様に、
日本が核武装すること。
二度と戦争に負けない様に、再軍備、軍備増強すること。
こう考えるのが、普通である。



Ⅱ日本国民が、開戦後できること

①日本が、第二次朝鮮戦争に当事者として
参戦することへの賛同と、その気運醸成


・自衛隊の最高指揮官である
内閣総理大臣が、
「常時防衛出動」「交戦命令」
の発令。

・自衛隊が、直接、
在留邦人、拉致被害者救出作戦を実施し、
朝鮮半島へ進攻。

・後方支援、輸送のみならず、
「集団的自衛権」を行使して、
自衛隊が、日本軍として、
同盟国の米国と共に、自由に作戦行動すること。


②北朝鮮から日本が核攻撃を受けた場合
・北朝鮮の恫喝に乗らず、全く躊躇せず、
即報復、反撃する
ニュークリアシェアリングによる
米軍の核兵器利用。
あるいは、
もし、あれば?日本製造の核兵器利用。

・必要以上に、マスコミ等により、
核兵器、放射能の被害、恐怖を煽られない様に、
世論形成

「『国際正義』を貫き、
国際犯罪人国家=北朝鮮を解体するまで、
日本が交戦する。」
ことを通告


*余談:
こんな面白い記事もあります。
”金正恩氏が「ブタ画像」に差し替えられる 
北朝鮮サイトに新たなサイバー攻撃”
http://www.j-cast.com/2013/04/04172423.html
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/04/04(木) 17:17:05|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【参戦模様】★4月4日(木)21:00~《新・幸福実現TV》【中国に未来はあるか】生放送!(ユースト・ニコニコ配信第104回)★ | ホーム | 【参戦依頼】★4月4日(木)21:00~《新・幸福実現TV》【中国に未来はあるか】生放送!(ユースト・ニコニコ配信第104回)★>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/1264-fa6a6496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (665)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (308)
自転車 (974)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (64)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる