世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【実施模様】2013年01月23日(水)サラリーマン出勤前街宣「大阪市内辻立ち(梅田後援会主催)」~皇國日本『神の正義』を貫徹す!~


井上功一です。

本日の
サラリーマン出勤前街宣
「大阪市内辻立ち」
~皇國日本
『神の正義』を貫徹す!~

実施模様
ご報告致します。


1.実施場所日時
1月23日(水)
阪神百貨店前
8:00~8:30


2.参戦者
梅田後援会
吉田博さん


豊中後援会
井上功一

演説は、
吉田さん
井上



3.実施結果
・幸福実現News「日本、危うし!」チラシ
20部程度


4.巷の声、様子
・50代男性:
「いつも、本当にご苦労さん。
応援してんで、頑張ってや。」
と激励してくださいました。


・演説では、
公明党の山口代表は、
日中関係に考慮して、
「尖閣諸島を棚上げ論」
を展開しておりますが、

「尖閣諸島を、日本固有の領土である。
日本に無礼を働く中国は懲罰する。」
と言えないことは、
政権与党として失格でありますし、

公明党が、
創価学会という日蓮宗系の宗教を母体とする
宗教政党であるならば、
信教の自由を弾圧する
中華人民共和国と戦い、
懲罰するのが当然であります。

国連安全保障理事会が
北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射を
非難した制裁強化決議案を採択した。
いうことですが、
日本は、単にこれを喜んでおるだけでなく、

北朝鮮の長距離弾道ミサイルは、日本が撃破。
拉致被害者は、日本が救出。
これができなければ、
主権国家ではありません。

戦後レジーム=吉田ドクトリン
即ち
GHQの占領政策基本法である
現日本国憲法の
日本弱体化の元凶
「政教分離」
「戦争放棄」
この二つを破棄することが、

戦後レジームからの脱却であります。

憲法9条があろうとも、
自衛隊法があろうとも、
解釈改憲、超法規的措置
により、

自衛隊は、日本軍として戦争可能ですし、
海外での人質救出作戦を敢行できます。

これを知って頂き、
ご賛同よろしくお願い致します。

日本は、皇国。
天照大神である天皇陛下を奉戴する
125代2673年、万世一系の皇統が続く
世界に冠たる国家として、
単なる人命尊重、一国平和主義から、脱却して、
世界正義を貫き、
世界人類に対する義務と責任を
果たす必要があります。
他。



5.以降の予定
1月24日(木)
ナビオ前
8:00~8:30

1月25日(金)
阪神電鉄野田駅南側
8:00~8:30

1月29日(火)
辻立ち
阪神百貨店前
8:00~8:30

現場責任者 吉田博

雨天決行





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:テロリズム - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/01/23(水) 12:46:19|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新開示公開霊言『オサマ・ビン・ラディンの霊言』 | ホーム | 新開示公開霊言『真の参謀の条件~天才軍師、張良の霊言』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/1149-71381155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (665)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (309)
自転車 (977)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (64)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる