世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【ご案内】2013年01月08日(火)、01月16日(水)サラリーマン出勤前街宣~日本の正統近代史教導啓蒙、支那による占領工作殲滅~「大阪市内辻立ち(梅田後援会主催)」

八紘一宇
神洲不滅
必勝神風

井上功一です。

今年も、
梅田後援会主催で、

サラリーマン出勤前街宣
「大阪市内辻立ち」
が実施されます。

出勤前の憩いの一時、
御参戦頂ければ、
幸いであります。


ココカラ梅田後援会ノゴ案内
ー辻たちー
2013年1月8日(火) 
8:00~8:30 阪神百貨店前

2013年1月16日(水) 
8:00~8:30 ナビオ前

現場責任者 吉田博
ココマデ



<実施目的>
「南京大虐殺」は、
支那が日本にたかって
金を巻き上げる為の
嘘っぱちの捏造であることは、
何度も言及しておりますが、

支那の夏淑琴(かしゅくきん)
という婆さんが、
十年以上も前に南京事件の被害者と
言い出しました。

それに疑問を呈した
松村俊夫氏が、
その嘘を検証した

『「南京虐殺」への大疑問』

を、
展転社から出版なさいました。

これに、反発し、
「精神的苦痛」を受けたとして、
夏淑琴氏が、起訴した結果、
南京の法院は、
松村俊夫氏と転展社に対して、
約500万円の賠償を
命じました。

その後が、
阿呆臭いのであります。

日本の司法が
既に支那の支配下にあり、
本当、
腐っておるところでありますが、

夏淑琴氏を、
非国民な日本人弁護士が支援して、
南京の法院の判決の強制執行を求め、
東京地裁に訴訟した結果、
公判が実施されておるのであります。

これを放置しておれば、
無制限に日本国民が、
支那の法律によって裁かれ、
懲罰され、損害賠償させられることとなり、
逆に、
日本国民が、日本国憲法、日本の法律
で守られない明日が待っておるのであります。

日本は、
法治国家ではなく、
放置国家となり、
日本国民が、
属国の
奴隷そのものになってしまいます。


そこで、
この支那の超限戦による
日本占領工作の実態を知らしめ、
仮想敵国は、支那であり、
支那の占領工作を殲滅し、対支那戦争で勝利するには、

・日本核武装
・日本再軍備
・正統日本国憲法制定
・スパイ防止法制定
が必須であり、

・日本国民が、
正しい日本の国史
皇國史観
を理解し、
日本に自信と誇りを
持つこと
であります。
これに、
賛同を得ることを、
目的と致します。

*御参考
[HRPニュースファイル510]中国による日本の言論弾圧を許すな!――中国の裁判で
日本人が裁かれる?
http://www.hr-party.jp/new/2013/32934.html




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:大東亜戦争の本当のこと - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/01/07(月) 22:43:13|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013年01月06日(日)三春峠ロングライド | ホーム | 【参加報告】平成25年01月05日(土)「新春、北摂エリア政治部討論会」於:大阪正心館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/1121-f4b49544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (663)
後援会、選挙、解任通告 (549)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (302)
自転車 (969)
音楽 (20)
健康 (30)
【これは、エエヨ!】 (83)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (37)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる