世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【拝聴報告】2680年07月12日(日)御生誕祭 御法話「信仰からの創造」→宇宙の根本仏、地球神「エル・カンターレ」の世界的知名度向上が、ゴールデン・エイジ(太陽の時代)開闢の秘訣。

 井上功一であります。
昨日同様、雨も止み、薄日が射す
梅雨の中休み。
KIMG3587.jpg
午後から、大阪正心館へ赴き、
御生誕祭 御法話「信仰からの創造」
KIMG3599.jpg 
を拝聴。
前座1で、
映画「夜明けを信じて」主役の田中宏明さんが、
主題歌「ただ一人往く」
を生で熱唱。
竹内さんや、千眼さんも主題歌を歌ってらっしゃいましたし、
幸福の科学映画の主役は、
ほんとなかなか大変。
前座2では、
大川咲也加副理事長歌唱の
映画「夜明けを信じて」
キャンペーンソング「たとえ世界を敵にまわしても」
のミュージックビデオ上映。
非常に挑戦的な曲名ですが、
ゴールデン・エイジ開闢の精神として最適。
ゴールデン・エイジ到来には、
全世界の現体制を、俗的に言えば、ガラガラポンすること。
そして、
日本においては、
天御祖神を、理解できず、
エル・カンターレを外國の神として敵視する
神道の八百萬の大多数の神々を、教導啓蒙して、
宇宙の根本仏であらせられる天御祖神(エル・カンターレ)に、
帰依させること。
私(井上)が、地元神社や靖國神社、護國神社へ参拝し、
世界、我が國の正史教導啓蒙に専心するのも、この目的の為であります。
また、
菊の御紋のタブーを全く恐れない
幸福の科学、幸福実現党を、
皇室に成り代わろうとしている曲者として、
保守層、マスコミが、磐石な黙殺実施しておりますが、
幸福の科学、幸福実現党こそが、
自由に意志表示不可な皇室に代わり
神の言葉を伝える機関であることを、
日本臣民に認知させること。
よって、
どちらにしても、
世界を敵にまわす可能性は、多分にあります。
やたら、
「男なら、戦え。」「男なら、戦うのよ。」
といった歌詞が出てきましたが、
「女は戦わんでええんかいな。」
「女転、男転魂も多いので、
肉主霊従。男性と転生した時は、戦うのか。」
と歌唱を聴きながら、いろいろ思慧をしておりました。

KIMG3600.jpg
さて、ここからが、御説法の感想ですが、
最も印象に残ったところは、
なぜ、ゴールデン・エイジの始まりの年に、
支那コロナウィルス世界的流行、熊本災害、
支那揚子江流域水害、イナゴ、サバクトビバッタによる不作
他、災難が続発する原因は、
宇宙の根本仏にして、地球神である
エル・カンターレが下生しているにも関わらず、
世界人類が、エル・カンターレの名を知らず、
世界人類が、ぶったるんでいるから。
アメリカ、イランで支那コロナ被害が多いのは、
幸福の科学の伝道が進んでいないだけのこと。
今こそ、神の名を呼ぶべき時だが、
多くの人類は、その神の名「エル・カンターレ」を知らない。
イエスに祈ったとしても、イエスも幸福の科学支援霊団の一人に過ぎない。
アラーの神に祈っても、エル・カンターレ迄祈りが届いて射ない。
日本においても、
大川隆法の知名度は90%で、かなりある。
但し、
調査をするのが怖いところもあるが、
エル・カンターレの知名度は、
幸福実現党の支持率と比較して調度くらいかもしれない。
しかし、
ウガンダの村で、息子さんが死に、
幸福の科学信者のお父さんが、英語版正心法語を、
45分間読経し続けると、息子さんが生き返り、
今では、元氣に小学校に通い、
村中の人が、信者になった。という奇跡も、多々ある。

KIMG3601.jpg
以下、その他の論点と感想記述致します。
1.幸福の科学の救済は、最終的には、死後天上界へ帰ること
・人間の不幸とは、他人を不幸にして死ぬこと。
他人を幸福にせずに死ぬこと。
他人を導かずして死ぬこと。
2.コロナ流行で良かったところ
・当たり前のことができる幸福
公園に行け、通勤でき、仕事ができ、買い物ができること。
3.大恐慌に備え、乗り切る方法
・恐怖と未知なるものに支配された空氣を、
コロナ以前に戻すことは困難。
株価が上がったりして、買う人も多いが、
紙屑になる可能性もある。
・政府は、1200兆円の個人預金と企業の内部留保収奪の
大増税を画策している。
・「我一人往く」、「世界に敵に回しても」
という氣概で、原点回帰して、
神仏に祈り、
己の今世のミッション(使命)を再確認して、
来世に続く仕事をする。
4.世界を創造するには、希望や勇氣を与える人々が必要
~宗教には、強い力がある~
・空海も、イナゴ被害の時、護摩壇で祈祷すると、
一日で、イナゴは消えたことがある
仏教でも、雨を降らす、雨を止めるといったくらいの仕事は、
僧侶の仕事だった。
・エル・カンターレは、祟りの神でもなく、
救済の神でもあるので、
エル・カンターレを、全世界の人々が信仰する様になると、
世界はもっともっと良くなり、
宗教間の戦争は無くなり、
天災もかなり防ぐことが出来る様になる。
・各人が、磨けば光る仏性を宿していることに通じるので、
民主主義を、エル・カンターレは、重要視している。
・エル・カンターレを信仰する人々が、
希望や勇氣を与える仕事をすることが、世界を創造する。
仕事といっても、報酬の無い立派な仕事もあり、
年いっても可能。
例えば、
「心の中で祈る」「アドバイスをする」
人は、理想を無くした時に老いる。
・中華人民共和国にも、香港と14億対700万人で、
14億人は死ね。と言っている訳ではなく、
中華人民共和国にも、
体制を改め、繁栄と発展を享受してもらいたい。
というのが本心。




スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/07/12(日) 19:22:10|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (680)
後援会、選挙、解任通告 (557)
祭政一致、國史、教育 (533)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (324)
自転車 (1014)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (93)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (76)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる