世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2680年05月11日(月)<テレワーク21日目>「伝法漁港、淀川左岸堤防」業務開始前日光消毒ポタリング~太陽と暮らそう。ストッ プ・ステイホーム~

 JAPAN ERWACHE!
決死不如不思死生
非理法権天
暴支膺懲
緊急事態宣言早期解除経済再開!
支那共産党、習近平は、
支那コロナウィルス(生物兵器)大流行の責めを負い、
世界の犠牲者に謝罪し、
遺族、経済的被害者に損害を賠償しなさい!
人権弾圧虐殺独裁者=習近平國賓招日即刻中止
KIMG3044.jpg
井上功一であります。
内の企業グループも、
今までは、公共交通機関利用を推奨しておりましたが、
必要に応じて、
マイカー(車、バイク、自転車、徒歩)を認めて行く方向となり、
また、外勤者には、危険手当を付加支給することとなりました。
この感覚だと、
極限迄AI、ICTを活用し、
対面出会わず、集まらないワークスタイルが、
スタンダードとなっていく感があります。
しかしながら、
業務しながら禅定することも可能でありますので、
ソーシャルディスタンスを取り、
三密を避けるワークスタイル、ライフスタイルも、
良いところも、多分にあります。
KIMG3045.jpg
前々から言及しようと思っておりました予断話で、
支那コロナウィルスで死ぬと、
霊子線が切れる前の24時間以内に火葬され、
火炙りの刑になるから心配という話が、時々あります。
全く心配無用。
平成23年5月8日(日)の
大川隆法総裁先生御法話 
「破邪顕正」 
質疑応答では、 
「幸福の科学信者であるならば、 
核攻撃を受けて戦死しても、 
魂は、バラバラにならず、 
一瞬にして一直線に蛍の様に、 
天上界へ還れる。」 
とおっしゃっておられますので、
突然、火葬に付されたとしても、
同様に一瞬にして一直線に蛍の様に、 
天上界へ還れる可能性が多分にありますし、
そうでなくとも、
共業の同苦同悲を味わう良い機会かもしれません。
KIMG3046.jpg
さて、
本日も、早朝より、旭日輝く五月晴れ。
運動不足解消、支那コロナウィルス日光消毒の為、
業務開始前、
通勤代わりに、
キャサリンちゃん(お買い物自転車)にて、
伝法漁港、淀川左岸堤防迄
業務前ポタリング。
清々しい一日のスタートとなりました。
KIMG3048.jpg
日中は、折角なので、
國会の予算委員会をラジオで視聴。
マスコミのコロナ一辺倒の報道と違い、
多少なりとも、
経済活動再開、休業補償、失業対策へ、
質疑応答の重点が移ってきたのは、
マシになってきた。と思いますが、
KIMG3049.jpg

「死にたくない。」
「現代快適便利生活を捨てたく無い。」
という執着に
満々ちているところが、少々残念。
自己処罰とも言われておりますが、
40億人迄削減する予定で、
世界人類に禊を迫る
有難い厳しき究極の慈悲である
ゴールデンエイジの天罰、仏罰、神罰、宇宙罰は、
縄文時代の原始生活に戻ったとしても、
天御祖神(エル・カンターレ)を尊崇し、
その思想、言論を理解し、
霊言を、神勅として受け入れない限り、
只管続く実感がある今日この頃であります。
KIMG3050.jpg

スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/05/11(月) 22:33:33|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (673)
後援会、選挙、解任通告 (555)
祭政一致、國史、教育 (528)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (211)
宇宙 (44)
行楽、親睦 (322)
自転車 (1005)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (86)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる