世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2680年04月20日(月)<テレワーク11日目>西淀川区出来島黄昏ポタリング~本日のBGMは、ヴァークナー楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(西暦1951年4月29日、ドレスデン國立歌劇場)、キルステン・フラグスタート歌曲の夕べ(ヴァークナー、ベートーベン、リヒャルト・シュトラウス、シンディングの歌曲 西暦1951.12.16、1954.9.8、1954.3.7、1958.8.23)~

DEUTSCHELAND ERWACHE!
Deutschland, Deutschland über alles,
Über alles in der Welt!

KIMG2767.jpg
井上功一であります。

大阪は、出勤自粛率が、最も高い。
と言われておりますが、
「政治家、お役人が、困っとるんやったら、
ちょっとくらい協力したろか。しゃあないし。」
という
自由、自立、人情を大切にする大阪の文化が、
反映しているのかもしれません。
多分、要請ではなく、命令なら、皆反発している。
と思います。

さて、
テレワーク11日目の本日4月20日は、
アドルフ・ヒトラー総統の誕生日でもありますが、
今年で、191周年。
もうそろそろ、
ドイツにも、戦後レジームから脱却し、
世界に冠たるドイツとして再興してもらいたい、
ものであります。
今回の武漢新型肺炎大流行がその契機となるかもしれません。

朝は、雨模様。
昼前には、上がりました。
KIMG2763.jpg

KIMG2764.jpg KIMG2765.jpg
KIMG2766.jpg

運動不足解消の為、
業務終了後、
通勤代わりに、

キャサリンちゃん(お買い物自転車)にて、
伝法大橋で、淀川を渡河して、

大阪市西区の出来島、福町迄

夕食、買い物の為、

業務終了後ポタリング。
KIMG2768.jpg

なか卯は、普通に賑わっており、

イズミヤは、レジの防護が
ものものしいところもありましたが、
やはり、買い物は、住民の夕べの憩い。
お父さん、お母さんについて来た
幼いお子さん達が、歓声を上げて、
元氣に走り回っておりました。
KIMG2769.jpg

KIMG2770.jpg
ところで、
本日のBGMは、
午前中~午後
ヴァークナー
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」
テーマは、
・真なるドイツ精神、ゲルマン魂の本質
・真なるドイツ精神、ゲルマン魂は、
日常の風雪に耐えた芸術の中にこそ宿る。
・真なるドイツ精神、ゲルマン魂を育て継承していくのは、
容易く外國に屈する権力者、政治家ではなく、
國民の心を理解する商工業者のマイスターである。


(西暦1951年4月29日、ドレスデン國立歌劇場)
指揮:ルドルフ・ケンペ
ハンス・ザックス:フェルディナント・フランツ
ファイト・ポーグナー:クルト・ベーメ
ジクトゥス・ベックメッサー:ハインリッヒ・プランツェル
ヴァルター・フォン・シュトルチング:ベルント・アルデンホフ
ダービット:ゲルハルト・ウンガー
エヴァ:ティアナ・レムニッツ
マグダレーネ:エミリー・ヴァルタ-=ザックス

ニュルンベルクのマイスタージンガーは、
バイロイト祝祭劇場なんかで、
ドイツ人が観賞すると、
ドイツ精神が高揚され、
立ち上がって足を鳴らしながら、
ドイツ國歌を、
4番迄歌うことがある。
と言われております。

私も、最も好きなオペラ、楽劇の一つが、
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」。
幸福実現党政治運動の原点、原動力が、
この楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」
であります。


ヴォータンも歌うバス・バリトンの
フェルディナント・フランツの
ザックスは、重く声量のある声で、
威厳があり、正にドイツ精神の権化。
ハンス・ザックスになり切っておりました。
ほんと嬉しくなってくる歌唱。


ヴァルター・フォン・シュトルチング
を演じるベルント・アルデンホフは、
ジークフリートも歌うヘルデン・テノール。
懸賞歌「朝はバラ色に輝きて~」も、
マックス・ロレンツに匹敵するくらい感動的。
やはり、感情移入して、歌い崩す
戦前の歌唱スタイルは、良いと思います。
KIMG2771.jpg

夕方は、
キルステン・フラグスタート歌曲の夕べ
(ヴァークナー、ベートーベン、リヒャルト・シュトラウス、シンディングの歌曲 
西暦1951.12.16、1954.9.8、1954.3.7、1958.8.23)

フラグスタートは、
一つ一つの言霊を大切にし、
暖かく透き通った声量の有る声で
いつも通り歌っておりますが、
リヒャルト・シュトラウスの四つの最後の歌の一つ
「夕べにて」は、
非常に、息が長く、フラグスタート晩年の境涯を反映しており、
特に素晴らしい歌唱でした。

*因みに、四つの最後は、
フルトベングラー指揮で、
フラグスタートが初演。
KIMG2772.jpg 


<付録1>
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」
第三幕の最終場面における
ハンス・ザックスの演説。
Habt acht!Uns dräuen üblee Streich':-
zerfällt erst deutsches Volk und Reich,
in falscher welscher Majestät
kein Fürst bald mehr sein Volk versteht,
und welschen Dunst mit welschem Tand
sie pflanzen uns in deutsches Land;
was deutsches und echt wüßt'keiner mehr,
lebt's nicht in deutscher Meister Ehr'.
Drum sag' ich euch:
ehrt eure deutschen Meister!
Dann bannt ihr gute Geister;
und gebt ihr ihrem Wirken Gunst,
zerging' in Dunst
das heil'ge röm'sche Reich,
uns bliebe gleich
die heil'ge deutsche Kunst!


「氣をつけなさい!われらを脅かす兆候が伺えます。
一旦、ドイツの國民、國家が崩壊したならば、
外國に屈し、僕となった偽りの権力者である諸侯は、
何れも、民意を解せず、
外國の腐敗したガラクタの様な風習を
ドイツの國土に植えつける。
真にドイツ的たる本質は、
ドイツのマイスターたちの名誉の中に生きなければ、
誰も知らなくなってしまう。
それゆえ、私は申します。
あなた方のドイツのマイスター達を尊敬して下さい。
そうすれば――氣高き精神を確保できるのです。
あなたがたがマイスターたちの仕事への誇りに
厚意を捧げて下されば、
神聖ローマ帝國は、もやの如く消え去り、
聖なるドイツの芸術が、
われらの手に残るでありましょう。」


<付録2>
ドイツ國歌歌詞
作詞:ハインリッヒ・ホフマン・フォン・ファラースリーベン
作曲:ヨーゼフ・ハイドン


1番
Deutschland, Deutschland über alles,
Über alles in der Welt,
Wenn es stets zu Schutz und Trutze
Brüderlich zusammenhält,
Von der Maas bis an die Memel,
Von der Etsch bis an den Belt -
|: Deutschland, Deutschland über alles,
Über alles in der Welt. :|


ドイツよ、全てに冠たる、
世界に冠たる我がドイツよ!
マース川からメーメル川、
エッシュ川からベルト海峡まで
護りの為めに いつも
兄弟の如く団結せば
ドイツよ、汝は全てに冠たる、
世界に冠たる我がドイツなり!


2番
Deutsche Frauen, deutsche Treue,
Deutscher Wein und deutscher Sang
Sollen in der Welt behalten
Ihren alten schönen Klang,
Uns zu edler Tat begeistern
Unser ganzes Leben lang.
|: Deutsche Frauen, deutsche Treue,
Deutscher Wein und deutscher Sang. :|



ドイツの女、ドイツの誠、
ドイツの酒にドイツの歌よ。
その古への調べを
宇内に保持し、
この身命ある限り、
我らを弥貴き業へと赴かせよ。
ドイツの女、ドイツの誠、
ドイツの酒にドイツの歌よ。


3番
Einigkeit und Recht und Freiheit
Für das deutsche Vaterland!
Danach laßt uns alle streben
Brüderlich mit Herz und Hand!
Einigkeit und Recht und Freiheit
Sind des Glückes Unterpfand.
|: Blüh' im Glanze dieses Glückes,
Blühe, deutsches Vaterland. :|



団結と権利と自由を
祖国ドイツの為に!
我ら兄弟の如く挙りて
その為に努めようぞ!
団結と権利と自由こそ
幸福の証しなれ。
この幸福のもと栄光あれ、
栄光あれ、祖国ドイツよ!


4番
Deutschland, Deutschland über alles,
Und im Unglück nun erst recht.
Nur im Unglück kann die Liebe
Zeigen, ob sie stark und echt.
Und so soll es weiterklingen
Von Geschlechte zu Geschlecht:
|: Deutschland, Deutschland über alles,
Und im Unglück nun erst recht. :| )


ドイツよ、全てに冠たる、
艱難の時にこそ冠たるドイツよ。
艱難の時にのみ愛は
己が強さと清さの程を示さん。
かくて世代から世代へと
ドイツはこれぞと遍く報らすなり。
ドイツよ、全てに冠たる、
艱難の時にこそ冠たるドイツよ。



スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/04/20(月) 22:38:27|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (673)
後援会、選挙、解任通告 (555)
祭政一致、國史、教育 (528)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (211)
宇宙 (44)
行楽、親睦 (322)
自転車 (1005)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (86)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる