世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2680年04月30日(木)<Walpurgisnacht(ヴァルプルギスの夜)>「緊急事態体制早期解除経済再開し、習近平、支那共産党責任追及損害賠償請求敢行せよ!」~現在支那コロナウィルスによる日本の死者は、415人(100万人に3人)

井上功一であります。
参議院予算委員会の後の記者会見で、
予想通り、
安倍晋三首相は、緊急事態体制体制延長する旨を、
表明されました。


人情的には、突然亡くなることは、悲しく忍びなく
感染者ゼロになるまで緊急事態体制維持したい氣持ちもよく分かります。

しかしながら、
冷静に、対人口死亡率を考察すると、
緊急事態体制延長し続け、経済停止、教育停止、レジャー停止を続ける方が、
世界恐慌を招き、
経済的困窮による自殺、精神的疲弊による自殺、
失業者増大治安に伴う犯罪による殺害
が、爆発的に増大することも考えられます。

令和2年4月1日時点の日本の人口は、1億2596万人
令和2年4月30日時点の日本の支那コロナウイルス死者は、415人
415人÷1億2596万人=0.0003%(100万人に3人)

最悪死者予想42万人でも、
42万人÷1億2596万人=0.0003%(1000に3人)

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年4月30日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11118.html
人口推計(令和元年(2019年)11月確定値,令和2年(2020年)4月概算値) (2020年4月20日公表)
https://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.html


よって、
緊急事態体制体制延長を中止するか、
緊急事態体制早期解除すべきであります。

ココから、幸福実現党声明(令和2年4月29日)
https://info.hr-party.jp/press-release/2020/10806/
緊急事態宣言の早期解除を求める(党声明)
緊急事態宣言の早期解除を求める(党声明)


令和2年4月29日

幸福実現党

 来月6日、新型コロナウィルスに対処する特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が、その期限を迎えます。
 同宣言については、感染拡大が収束していないとして、全面解除はできないなどとする向きもありますが、幸福実現党としては、企業や事業者に対する休業要請等が、経済により甚大な影響を与えかねないことに鑑み、予定通り同6日に宣言の全面解除に踏み切り、感染拡大を抑えるための環境整備を前提にしながら、経済活動を順次再開させるべきとの考えです。

1.人為的に経済を破壊する大局観なき政治判断
 「緊急事態宣言」に基づき、各都道府県の知事はこれまで、企業や事業者に対する休業要請や、外出自粛の呼びかけなどを行ってきましたが、緊急事態宣言の発令から1カ月も満たない中、日本経済はすでに深刻な影響を受けています。
 コロナショックは場合によっては、かつての世界恐慌並みの規模に至るとも考えられます。中小企業の6割以上は6月で経営危機に陥るとの調査もあり、経済活動の再開は待ったなしです。大企業も安泰とは言えず、国内工場や交通インフラの機能不全などが起きれば、日本経済は奈落の底に沈み、失業とそれに伴う自殺者も爆発的に増加しかねません。
 感染者による死亡者と同様、経済苦による自殺者も、等しく尊い生命です。「生命」と「経済」は比較しうる性質のものではなく、もとより経済は人々の尊厳や幸福ばかりか、生命維持にも直結しうるとの認識を持つべきです。そもそも、政府は感染症の専門家の見解を根拠に判断しており、経済や教育、人々の心理面に与える影響について配慮が不足しています。政府は「行動制限をすれば感染を抑え込める」といった全体主義的発想から転じ、長期的かつ大局的な視座に立ち、いかに国民の生命・財産を守るかについて、知恵を振り絞るべきです。
 同感染症については、短期で収束するとの目途が立っていない以上、わが国の財政状況に鑑み、終わりの見えない休業要請と補償を続けるというのも現実的ではありません。従業員を守るのはあくまで企業であるという認識の下、経済活動の再開を後押しすべきです。


2.移動の自粛や営業時間短縮は逆効果
 一方、日本はこれまで、欧米に比べて外出等の規制が緩やかであったにもかかわらず、国民の間に衛生観念が根付いていることによる影響等もあり、感染による死者は比較的少数にとどまっています。人口100万人あたりの新型コロナによる死者数についても、欧米諸国ではその数は軒並み数百人規模にのぼる一方、日本ではわずか3人あまりに留まっています。
 こうした現状を踏まえて、オンライン受診の普及促進などを通じた院内感染の防止をはじめ、人と人との接触の機会を減らすための、業態に応じた工夫を徹底させるなど最大限に感染拡大リスクを抑制した上で、政府として自粛ムードを一掃させる情報発信を行うべきと考えます。
 同宣言を踏まえた移動の自粛要請は地方経済を破壊させかねないほか、営業時間の短縮も客足を集中させるなどして、感染拡大阻止に向けては逆効果ともなりかねません。不要な規制は即座に撤廃すべきです。


3.日本人の宗教心で苦難を乗り越える
 日本はこれまで、疫病や飢饉など度重なる災厄に見舞われてきました。奈良時代における大仏建立にも象徴されますが、日本人は宗教心に基づき、こうした苦難を乗り越えてきたという歴史があります。日本は、今回のコロナ危機からも必ず立ち直れると信ずるものです。幸福実現党は宗教政党として、人々の苦しみに寄り添いながら、各人の心に灯をともすべく、活動を展開してまいる所存です。



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/04/30(木) 22:45:56|
  2. 経済、増税阻止、震災復興
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (673)
後援会、選挙、解任通告 (555)
祭政一致、國史、教育 (528)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (211)
宇宙 (44)
行楽、親睦 (322)
自転車 (1005)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (86)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる