世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2680年02月03日(月)<節分>恵方巻き(巻き寿司)丸かぶりの起源は、地元大阪市此花区伝法(昔の申村)の「世念講(よねんこ)」。今年の恵方は、西南西。

井上功一であります。
本日は、節分。
KIMG1994.jpg

子供の頃(兵庫県北部豊岡市)では、
節分の夜、子供が、
ハロウィンみたいに、
集落の家々を廻って、
炒った大豆やエエモン(但馬弁でお菓子)を、
貰う
楽しい風習があったのを思い出します。
KIMG1996.jpg

さて、
節分、2月3日の風物詩
恵方巻き(巻き寿司)丸かぶりは、
今や、
恵方巻きが、
スーパー、コンビニ、寿司屋でも販売され、
便利なファーストフードとしてサンドイッチの様に、
更に世界に広がる感があります。
KIMG2034.jpg

ところで、
恵方巻き(巻き寿司)丸かぶりの起源は、

海苔屋の販売促進、寿司屋の販売促進。
あるいは、
遊女性技模倣
等と、
いろいろ諸説ありますが、
正統なところでは、

地元大阪市此花区伝法
当時の申村(さるむら)で
開催されていた

「世念講(よねんこ)」が、

起源。
KIMG2035.jpg

各地に残る節分の楽しい風習、庶民文化は、
次世代に継承していきたいものであります。


<恵方巻き丸かぶりの由来>
昔、
大阪市此花区伝法(当時の申村)
節分に、
村の若者や船頭衆や川人夫が集まって、
夜通し雑談や将棋・囲碁・花札、墓場への肝試しなどを
楽しむ

「世念講(よねんこ)」

が行われ、
昼食夜食は、巻寿司を食べることが
習わしとなっておりました。

宿では、人数が多く、
巻き寿司を巻くので、精一杯。

腹をすかした客が、
「姉さん、切らんとそのままおくれ。
上品な食べ方せんでも、
顔見知りのもんばっかりやがな。」

となり、
それ以来、
「世念講(よねんこ)」では、
巻き寿司を、
丸かぶりすることになりました。

スポンサーサイト



テーマ:食に関するニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2020/02/03(月) 21:32:01|
  2. 行楽、親睦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (665)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (308)
自転車 (974)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (64)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる