世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【拝聴報告】2680年01月10日(金)<本戎>「ニュークラフト星ミスターA」「ドナルド・トランプの守護霊霊言」「ロウハニ大統領の守護霊霊言」「ヤイドロン[18]」

→<アメリカに大義無く、イランに正義有り。日本は、友好國イランを支持し、同盟國アメリカを諫め、アメリカの走狗となることなかれ。>
ドナルド・トランプ守護霊の言及
「アメリカ大統領は、イエスの父にして、全知全能の神エホバである。」
「大日本帝國の武士道も、邪悪、ダークサイドへ道。
だから、それを殲滅する目的だった原爆投下は正しい。」
アケメネス朝ペルシア帝國ダレイオス1世のペルシア戦争で、ギリシア側将兵で戦った怨恨、
十字軍でキリスト教側で戦った怨恨により、
イラン(ペルシア、中東)を、今でも憎む。
KIMG1906.jpg


井上功一であります。
01月10日(金)業務終了後

えべっさんの時節にしては、
月が輝く暖かい
本戎で賑わう黄昏、
KIMG1907.jpg

大阪正心館へ赴き、
「UFOリーディング
-宇宙的マスターを護る司令官編-
(ニュークラフト星ミスターA)」


「ドナルド・トランプの守護霊霊言」


「ロウハニ大統領の守護霊霊言」


「UFOリーディング
-UFOフリートを語る編-
(ヤイドロン[18])」

何れも、2680年01月09日(木)収録。

を、拝聴致しました。
KIMG1908.jpg


1.結論
「アメリカに大義無く、イランに正義有り。
日本は、イランを支持し、同盟國アメリカを諫め、
アメリカの走狗となることなかれ。」

「日本は、早急に、
アメリカに庇護を受けるだけの体制を改め、
皇軍復活(再軍備)、核武装、
石油禁輸に備えた原子力発電所稼動建設推進
実行により、
外交の一手段として、
単独でも、
仮想敵國である支那、北朝鮮へ
軍事力を行使し、戦争できる國になり、
日米同盟をイコールパートナーに改変して、
紛争の調停役ができる
東洋の盟主、世界の護民官になること。」


・予想通りというか。
少々ぶったまげましたが、
*トランプさん守護霊は、英語霊言で、
井上は、中学生英語以下のヒアリング能力しか
ありませんのでご了承ください。

エライ剣幕の
トランプさんは、
戦闘的なユダヤ主義強硬派
ボルトン氏生霊に完全憑依されており、

「私(トランプ)が、神、エホバである。
アメリカ大統領は、
イエスの父にして、全知全能の神エホバである。
嫉みの神であり、刃向かう者は、叩き潰す。」


「エホバこそが、神の中の神。
エル・カンターレは知らない。エローヒムも知らない。
メタトロンも知らない。トスは知っている。
エローヒム、アラーは、トスではない。」


「大日本帝國の武士道も、邪悪、ダークサイドへ道。
だから、
それを殲滅する目的だった原爆投下は正しい。」

「イランは、悪魔の國。中東も、悪魔の國。
イランの庶民も、権威者も、指導者も全て破壊して、
イスラム教を改宗させ、
黒い衣装も全て止めさせ、完全アメリカ化する。」

「サウジアラビアは、オサマ・ビンラディンの母國であっても、
アメリカに金儲けをさせてくれ、
アメリカの言うことを良く聞くので良い國。」

「アケメネス朝ペルシア帝國ダレイオス1世のペルシア戦争で、
ギリシア側将兵で戦った怨恨、
十字軍でキリスト教側で戦った怨恨により、
イラン(ペルシア、中東)を、今でも憎んでいる。
中東や、イスラム教國には、転生したことが全く無い。」
*アケメネス朝ペルシアは、ゾロアスター教が國教。

といった呆けた事を言っており、

今は、
イラン徹底殲滅攻撃の
アメリカ空母機動部隊他戦力結集の為、
小康状態を演出している様子でした。

今後、支那、北朝鮮の抑止力、
あるいは、
経済政策の参考として、
トランプさんを利用すれど、
アメポチとなり、
アメリカと完全一体化しない様に、
一定の距離感が必須と言えます。
間違っても、
至誠を貫く日本は、イラン破壊に手を貸す事勿れ。
KIMG1909.jpg


2.ロウハニ大統領の守護霊霊言
・ほんと、
高潔忠勇なるハメネイ師、ロウハニ大統領は、
幸福実現党候補者が目指す
宗教政治家の一つの理想像であるかもしれません。

・HSとイランとの縁と言えば、いろいろありますが、
第3回十字軍で、キリスト教連合軍を撃退した
イスラムの英雄サラディン(東郷平八郎過去世)。
ロウハニ大統領の守護霊は、サラディンは、
どうお考えか聞きたい。と氣にしていらっしゃいました。

・「HSには、ご迷惑をかけて申し訳なかった。
しかし、アメリカの同盟國の中にあって、
『イラン支持、アメリカ批判』の言論を発してくれたことで、
少しは、イラン攻撃が和らいだことは、感謝している。
なんの役にもたたない安倍さんが、中東に来る様だが、
日本の船舶には、極力攻撃しない方向にしている。」


・「『アメリカ・ファースト』しかなく、
アラー、エローヒム、エル・カンターレを知らない
アメリカは、宗教後進國。遅れている。
歴史は、200年。イランは、6000年。」


・「トランプさんは、自分で、モーゼ、エホバ
と言っているが、あれでは、どうしようもない。」


・「軍事力の差があるので、弱者の戦略を取り、
非対称戦、長期持久戦で戦うつもりだが、
大義の無い戦争を戦うアメリカは、
ベトナム以上に引きずり泥沼化し、疲弊する。
-全世界でのテロ
-中東のいろんなグループによる、米軍基地に対するテロ
-アラビア海、ペルシア湾のアメリカとアメリカ同盟國のタンカー攻撃
諜報しようとしても、西欧諸國には、
アラビア語、ペルシア語を理解する人間が少なく不利。

また、支那、ロシアが、中東の覇権確保の為、
和平仲介に出てくる可能性もあり、かなり危険な状態でもある。」


・「精神戦、心理戦を基本にしてイランは戦う。
ベトナム戦争アメリカ兵5万人戦死。
湾岸戦争では、多國籍軍数百人戦死と言われているが、
湾岸戦争症候群で、5万人が苦しんでいる結果がある。
『イラン人をテロリストの悪魔として、絶滅せよ。』
と上層部が命令したとしても、
現地で戦う将兵は、普通に生活している女性、子供迄殺傷し続ければ、
自分達の方が、侵略者ではないか。と氣がおかしくなる。
再び、
戦争症候群で、5万人以上のアメリカの若者が苦しみ、
アメリカの國力低下に繋がる。
こういう心理戦、精神戦を、今展開している。

イスラム教徒は、悪魔。撲滅せよ。というなら、
16億~18億人虐殺することになる。

今の日本と違い、
イスラム教には、昔の日本同様、戦死すれば、護國の英霊として
天國に還れると完全に信じ切っており、
國體を護る為、戦死、戦傷を恐れず戦う。」

3.UFOリーディング「ニュークラフト星ミスターA」
・「鋼鉄の法」講義にて、「イラン支持」、「習近平國賓待遇招日反対」
を、表明されましたので、
支那情報機関、CIAが、日本でも暗躍中。
ドローン攻撃を、
破壊ビームにより瞬時に撃墜し護る為、
ベガ周辺のニュークラフト星から飛来。
大悟館、イラン、イラク、総統選の台湾上空
ドローンは、ロックオンされれば、防ぎ様がなく、
お弟子さん達では、
銀河系最高のマスターを護り切れない。
安倍さんなら、代わりはいるが、
マスターには、代わりがいない。

・「突進力」「防御力」を象徴する
サイと像を合わせた姿。


4.UFOリーディングヤイドロン[18]
・年始の挨拶で飛来。
今回は、満月様に見える母船で搭乗。
7200km/hの移動速度。




スポンサーサイト



テーマ:中東問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/01/10(金) 23:22:03|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (663)
後援会、選挙、解任通告 (549)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (302)
自転車 (969)
音楽 (20)
健康 (30)
【これは、エエヨ!】 (83)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (37)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる