世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【参加報告】2679年11月30日(土)大阪日台交流協会 令和元年11月例会「激動する世界と 台灣の國際的地位」→台灣は、日本と同様、戦後レジームにあり、未だ独立國となっていない。戦時國際法違反である現日本国憲法は、無効廃止、新憲法制定(改正では、現憲法容認)。アメリカが、オバマ政権迄続く「親中反日」になった起源は、19世紀のプロテスタント宣教師の影響。

「今日の香港、明日の台灣、明後日の日本」
(王明理・台灣獨立建國聯盟日本本部部長)
KIMG1539.jpg


井上功一であります。

11月29日(金)は、
中曽根康弘元首相が、
101歳の大往生で、天寿を全うされました。
ご遺徳を偲び、ご冥福をお祈りしたい。
と思います。
早速
帰天第一声の公開霊言が、
収録された様であります。
KIMG1544.jpg

幸福の科学では、
過去世は、藤原道長、仁徳天皇といわれており、

天照大神の降臨では、
「(霊示収録当時)最も、期待する政治家は、
中曽根康弘の名を上げておきます。」
と仰せでした。

戦時中は、
短期現役制度(第六期二年現役主計科士官)に応募し、
海軍経理学校で学び、
実際の戦場でも
主計(兵站)として活躍。
最終階級は、少佐。

総理大臣在任期間は、
西暦1982年~1987年で
私(井上)が、高1~社会人3年目迄で、
電々公社、國鉄が民営化されたり、
我が國の景氣が頂点に達し、
「日本は、日米同盟の不沈空母」
「ロン・ヤス」と呼び合う
レーガン共和党政権で、
日米関係がよく、
東西冷戦の最終段階
昭和時代の有終の美を飾る輝く時代
だったことが、思い出されます。
本当に良い時代でした、

また、
中曽根さんは、
当初から、
「自主防衛(再軍備)」を、政策とされ、

西暦1960年代から、
「60年代は、安全保障改定の時代
70年代は、日本の自主防衛を主とし、
補充的に集団安全保障に、頼るだけにし、
1975年頃に、一旦、現行日米安全保障条約を廃棄。」
(日本自主防衛による米軍日本撤退)
と主張され、
この自主防衛論は、
アメリカでも、多くの賛同を受けました。

中曽根さんは、
防衛庁長官
輸入は、他國に支配される危険が大きいので、
自衛隊の装備品も、
日本自主開発、日本國内生産。
を、提言。

*但し、残念なことに、
アメリカの対ソ國策(米航空産業復活)により、
CIA工作、米國省工作で、
次期対潜哨戒機自主開発、エアバス日米共同開発
を翻して、
P3C。トライスターを大量輸入したりしたのを始めとして、、
現在も、日本の航空機は、米輸入中心。
KIMG1542.jpg


ロッキード事件の際は、
幕引工作が行われ、
全日空ルート、丸紅ルートに、
審議が集中し、
エスケープゴートとして
田中角栄元首相逮捕劇があり、
児玉ルートは、世間から注目されなくなり、
中曽根さんは、上手く難を逃れております。
(やはり、高い志、人徳があったのかもしれません。
*児玉誉士夫氏は、
中曽根康弘元首相の支援者、スポンサー。
KIMG1541.jpg


さて、
西高東低の晴天で、冷え込む一日だった
11月30日(土)午後は、
大阪倶楽部で開催された


大阪日台交流協会 令和元年10月例会
「激動する世界と 台灣の國際的地位」
講師:伊原吉之助氏(21世紀日亞協會會長、帝塚山大学名誉教授)
KIMG1540.jpg


に参加致しました。

以下、感想と概要を記述致します。


・昭和5年(1930年生まれ)89歳の伊原先生は、
知的好奇心旺盛で、
中華人民共和国研究を通して米ソを見る。
米中関係を、台灣を通じて見る。
といった研究による独自の視点をお持ちで、
大変、勉強になりました。

・コンピュータが普及してからは、修理ではなく、買い換える時代になり、
創意工夫、考えることが無くなった様に感じる。
今の日本の大学を見て、行こうと思えるところがない。
もし行くとしたら、「文学部」。
なぜなら、
文学部は、言葉と人間。言葉と思想を教えるところだから。
今は、大学生が、言葉を知らず、人間が分からなくなっている。
私は、正漢字、本仮名使いをするのは、豊かな情緒を養う為。
戦後の簡略漢字、仮名使いは、頭迄簡略化する悪意。


1.近代史は、國際金融資本による歴史
・近代史は、地主(貴族階級)が、國際金融資本へ転換し、
支配階級となり、作っている歴史。
もともと、地主は、判断すれど働かず、
ユダヤ人のロスチャイルドが、
はったりで、
ワーテルローの戦いで、
株を売り、ナポレオンが勝ったに違いない。
と多くの投資家が株を売り、
底値になったとき、ロスチャイルドが株を買占め、
実は、ナポレオンが負けていたことが明らかになり、
株価が急上昇。ロスチャイルドは、さらに大儲け。

・これを見ていたイギリス、ヨーロッパの地主達は、
國際金融資本へ転換。

・第二次大戦後、アメリカが負ける戦争しかしていないのも、
國際金融資本が儲ける為。

2.憲法改正は、反対。「無効廃止、新憲法制定」
・ある意味の革命となるが、総理大臣が、「無効廃止、新憲法制定」
を宣言すれば、良いだけ。
→憲法改正では、現憲法容認することになる。

・そもそも、
現日本国憲法は、単なる占領政策基本法であり、
現日本国憲法は、戦時國際法違反(ウエストファリア条約、ハーグ陸戦条約違反)。
占領軍は、治安維持の権限しかなく、占領國の政治、文化、宗教に
干渉してはならないことになっている。

3.「自民党は、國賊政権。」
・東西冷戦が終わったなら、
自民党が3分の2の議席を確保し、野党が、3分の1の議席。
自民党内の派閥で政権交代、法案可否を決め、
野党は、観客席にいる観客
という55体制を止め、政界再編すべきであった。

*井上注
東西冷戦期において、
ソ連(國際コミンテルン)工作による社会主義政権成立を抑止する為、
55体制は、児玉誉士夫氏とCIAの工作によって誕生。
再軍備を厭う自由党の吉田茂を失脚させ、
当時、「自主防衛」の急先鋒である鳩山一郎の民主党と自由党を、
「保守合同」で、自由民主党が誕生。
また、政権政党の可能性があった社会党は、
右派が、民社党として分裂。力を失う。


・自民党が、金権政治、支那ポチとなっているのは、
「ロッキード事件の田中角栄怨嗟」による。

今、「香港革命」を、主要先進國政府は、「支援表明」
しているが、日本政府だけがせず、
習近平國家主席を来春、國賓待遇で招くことに嬉々としている。

1年半前は、総理大臣であった田中角栄が、ロッキード事件で、
國策捜査のエスケープゴートとして逮捕され、
全裸で、四つん這いになって、尻の穴を穿られる他
屈辱を受け、その個人的恨みを晴らす為、
日中國交正常化のコネクションを頼り、
支那共産党から工作資金を得、
それを、金権派閥政治に利用する様になって以来、
未だに、
自民党は、アメポチであると共に、支那ポチに堕している。


・自民党安定の為、
選挙で、戸別訪問禁止、立会演説会廃止となっていて、
選挙が全く面白くなくなっている。
戸別訪問こそが、民意を聞く草の根運動と言え、
民主主義の基本。
投票率50%未満の選挙は、無効にすべき。


4.アメリカが、「反日親中」である理由
・アメリカが、オバマ政権迄続く「親中反日」になった起源は、
19世紀のプロテスタント宣教師の影響。


・19世紀、アメリカのプロテスタント宣教師が、
日本にも来たが、日本は、大日本帝國となり、
天皇陛下を奉戴する磐石な祭政一致の宗教國家。
全く伝道が出来なかった。
しかし、清へ行くと、
教会へ行くと、食料がある。戦乱から匿って貰えると、
非常に多くの支那人が、プロテスタント信者になった。
アメリカは、
「日本人は、生意氣で憎たらしいが、
支那人は、子分になってくれ、ほんと可愛いやっちゃ。」
となった。


・支那事変の時も、
プロテスタント宣教師の報告
「支那人が、日本人に苛められている。支那人可愛そう。」
を、そのまま信じて、
大衆紙が、報道し、「反日親中」世論が、アメリカで形成。


・戦後も、キッシンジャー以降、
アメリカは、
オバマ政権迄、
支那共産党を、支援し育成していったが、
言うことを聞いてアメリカの子分にならず、
アメリカに刃向う様になり、
トランプさんになって、
「支那締め上げ戦略」に転換。
*レーガン大統領の時は、
対ソ連戦略の為、支那へ最先端技術提供。

5.「香港革命」により、追い風有利となった民進党蔡英文政権の課題
→「台灣は、中華民國」政策からの脱却。「台灣は、台灣」
・台灣の人種構成は、
85%が、本省人(漢化した平地原住民、南方出身ミクロネシア系)
2%が、山岳民族(大東亜戦争で武勲を立てられた高砂族他)
12%が、外省人(戦後、支那共産党に蒋介石の國民党政府と共に、大陸から逃げて来た人々)
やはり、台灣は、中華民國、中華人民共和国とは、全く別の國家。
→本省人が、漢人起源としているのは、漢人なら税金が安くなるということで、
華僑から系図を購入したから。


・今、台灣の憲法は、中華民國憲法。國歌は、國民党党歌。國旗は、晴天白日旗(國民党党旗)。
となっているが、台灣オリジナルに改めるべき。


・台灣人は、親日というが、
親の世代(李登輝さん世代)は、「2.28事件」を知っており、大陸支那人の残虐性を嫌悪し、
親日的であるが、
子供以降は、蒋介石國民党反日教育の影響により、反日の人も多い。             
*「2.28事件」は、1947年、蒋介石が、台灣に派遣した陳儀が、無抵抗の本省人知識人を虐殺。
それまで日本人であった本省人と大陸から来た外省人の衝突。
本省人は、皇軍の軍服を着用、軍艦行進曲を流したりして応戦すれど、
蒋介石は、一個師団と憲兵隊を送り弾圧虐殺した國民党白色テロ。



スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2019/11/30(土) 16:37:41|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (664)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (305)
自転車 (973)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (62)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる