世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【拝聴報告】2679年11月23日(祝、土)<祝初転法輪33周年>「永遠の法灯をともして」

井上功一であります。
本年は、大嘗祭となりましたが、
11月23日(祝、土)は、
例年は、五穀豊穣を、神々に感謝する新嘗祭。

朝から、
20℃超の
非常に暖かい秋晴れの一日となりました。

幸福の科学においては、
33年前の昭和61年(西暦1986年)
大川隆法総裁が、
初めて説法された日。
初転法輪33周年を、
謹んでお祝い申し上げます。
KIMG1494.jpg

新嘗祭11月23日を、
「初転法輪の日」

人類史の転換点、正義の戦争=大東亜戦争開戦記念日12月8日を、
「降魔の日」

と選ばれたのも、
正史30000年を誇る
日本の神々へ、
敬意を表されたのではないか。
と、
常々思っております。


西暦1986年当時は、
9月7日に誕生日が来て、
社会人2年目の20歳。

日本経済が頂点に達し、
伸び行く日本が実感できる
非常に楽しい日々だったのを、
思い出します。

西暦1986年のツール・ド・フランスでは、
フランス人のスーパースター ベルナール・イノーが、
グレッグ・レモンに禅譲し、
グレッグ・レモンが、アメリカ人として初めて
総合優勝した年でもあります。
ベルナール・イノーは、引退。

日本の第一次自転車ブームで、
自転車競技のクラブチームに入り、
練習に励んでいたのを思い出します。


さて、
11月23日(祝、土)は、
早朝に、國旗を掲揚した後、
KIMG1493.jpg

北港通、2号線を、
キャサリンちゃんに乗って、
大阪正心館へ行き、

11:00開始の

「永遠の法灯をともして」

衛星中継を拝聴して参りました。
*自転車30分程度で、大阪正心館に行けるのは、
ほんと有り難いといつも感謝しております。
KIMG1495.jpg


以下、備忘録として、
概要と感想を、記述致します。


やはり、
世界最強のインテリジェンスでもある
公開霊言を、巷に浸透させ、
普通の当たり前の日常にすることが、
最も重要であると思いました。

大川隆法総裁の偉大な悟り、霊能力により、
あらゆる
著名人の守護霊や、歴史上の偉人、神々、宇宙人が、
本当のところ、真実を、
直接語られるというのは、
十分、学問体系足り得りますし、
地球人類の財産、宇宙の財産だと思います。


また、
「生涯現役」思想による
若返り、若さ維持も、
印象的でありました。
「永遠の法灯をともして」拝聴後は、
早速、
ロードレーサー(自転車)で、
六甲山へ上って来ました。
KIMG1497.jpg
*長袖、タイツの20代若者達が、下りで、
寒がっておりましたが、
53歳の私(井上)は、半袖、半パン、指切グローブで、
全く問題無し。
多少なりとも、一日の長があるかもしれません。
KIMG1499.jpg

1.熟年層と若年層へ
(1)熟年層
・33年は、あっという間。
家庭の事情で、年2回しか説法しない年もあった。
この歳(63歳)になると、
世間では、引退悠々自適生活の人も、
多くなるが、
「太陽の法」のスケール感から言えば、
未だ使命に到達していない。
アルバム見ると、昔より若返った様に見えるが、
「減量」したから。

・ローマ教皇も、80代で、教皇となられるので、
80代、90代でも、まだまだ成長の余地があると考えている。


・同じ年代の大黒天の方々が、
引退され、ごっそり抜けられる恐怖もある。
仕事を辞められても、
なんらかの形で、活躍してほしい。
30年も、信者をやっていると、
他人に教えられる人も多い。
ささやかな成功を、たまには、自分で褒めてみるのも良い。

(2)若年層
・若い人は、出来上がりやすい。
長い成功を続けるには、
しっかり基礎工事をやること。

・他人に、人生を語ったりするのは、簡単ではない。
自分より年上の人に、認められるくらい努力精進をし、
謙虚でなければ、誰も話を聴いてくれない、

2.これだけは、後世に伝えてほしいこと
*幸福実現党が立党し、政治、國際情勢の説法が
多くなった
2010年あたりから学んでいる人の中には、
宗教が、分からない人もいらっしゃる。

(1)心、霊界は、実在
・唯物論科学により、
心とは、何かが分からなくなっている。
→頭の良い人は、心=電氣作用。


・公開霊言990回やり続けているのは、
霊界は、実在であることを浸透させ、
当たり前の常識にする為。


・幽霊がでることも、霊界を認めさせる一助になっているが、
今は、墓地跡にタワーマンション建てたりして、
幽霊も出にくくなっている難点がある。


・散骨も、すっとあの世に還れる高級霊なら問題ないが、
コストパフォーマンスからやる様な家庭なら、
きっと亡くなった霊人もそのレベル。
死後、どうしたらいいか迷うことになる。
こういう人こそ、墓地と供養が必要。


・「心」「魂」が分からない=「自分」が分からない。
サンタやトナカイの着ぐるみ=肉体を、自分と思っている。
非常に滑稽。


・傲慢になり、食性眠だけ満たされれば良い。
という人もあるが、
食→動植物の生命を頂いている→感謝する謙虚な氣持ち
→人生が輝く
「生かし合い」「助け合い」の空間縁起でこの世は、
成り立っている。
「この道」をこそ伝える。


・悟りとは、霊能力。霊能力なければ、悟りはありえない。


(2)天上界へ還るには
・反省すれば、天上界へ還れ、
この世に生まれ変われる。


・エクソシストに関しては、
基本的には、悪魔が生まれ変わることは、
できないスタンス。性善説に立つ。
地球系霊団では、最低限の悟りを得て初めて
この世に、生まれ変わることができる。


・絶大な権力を持ち、心が、悪魔に同通した時に、
悪魔となる。

(3)自助努力あっての他力
・多次元宇宙は、「因縁果報」、「不昧因果」。


・努力してこそ、天上界の支援がある。
祈願して、部屋で寝転がっているだけでは、
神仏は、支援されない。


・芸術、理系では、天才も有りうるが、
人文系、営業系に天才はいない。
地道に努力、創意工夫した結果、道が開ける。


・成功者の子弟は、成功者の見えない努力、苦労が見えず、
与えられた良い環境が当たり前になり勝ち。
ここから、間違いが生じやすい。

(4)植福=修行
・植福は、契約関係やギブアンドテイクではない。


・祈願とは、
立てた誓いを成就する為、
神仏に、
自助努力をする過程の証人になってもらうこと。
1年後に結果を確かめて、
神仏に文句を言ったりすることではない。


・植福とは、身銭を貯めて、
教団の為に差し出す修行。
よって、
植福の功徳は、ありません。



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2019/11/23(土) 22:58:10|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (665)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (309)
自転車 (977)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (64)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる