世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【参加報告】2679年08月24日(土)大阪日台交流協会 令和元年8月例会「(明後日の日本)、明日の台湾、今日の香港、昨日のチベット~訪台した野口会長のホットな情報も加えて~」

井上功一であります。
少々秋めいてきた昨日(8/24)午後は、
大阪倶楽部で開催された

大阪日台交流協会 令和元年8月例会
「(明後日の日本)、明日の台湾、今日の香港、昨日のチベット
~訪台した野口会長のホットな情報も加えて~」
講師:山田正行氏(大阪教育大学名誉教授)
KIMG0903.jpg


に参加致しました。


・既に、60年前のチベット:ダライ・ラマ14世と数万の民が空前の亡命から、
明らかな様に、
中華人民共和国外交の本質は、
邪心を隠して笑顔で接近し、
嘘と捏造で間接侵略。
最終的には軍事侵攻。
民族浄化で虐殺、支那人入植占領完了。
日本においても、
例えば、学会では、
中華人民共和国から、
日本の奨学金、補助金で留学し、
博士号をとり、
大企業に出向していた留学生、研修生が、
今は、琉球独立運動の捏造歴史、
対馬の視察等を行っている現実。
KIMG0906.jpg


・現在、
人口740万人で、200万人規模のデモが行われているが、
4人に1人がデモに参加していることになる。
100万人~200万人規模で行われている香港の「反共デモ」「反中デモ」は、
学生達の情熱だけでなく、
「一帯一路」に走り、深圳市を経済特区にした支那共産党を、
長年快く思っていない香港の銀行家他財界人が、相当資金援助している。
Tシャツその他グッズも、かなりの金額になることからも分かる。


・日本は、日本の國内法である「台湾関係法」を、
「エネルギー」「食料」の安全保障の要のである
香港と台湾の間にある「台湾海峡」確保という名目で、
制定すれば良い。
國内法であるので、諸外國に、干渉される筋合いは、ない。
*本来は、日台國交樹立、台湾独立支援。

アメリカの台湾関係法も、
アメリカが中華人民共和国と国交樹立し、台湾(中華民國)と断絶した際、
國際法学者である彭 明敏(ほう めいびん)氏は、
ニクソン大統領に、自由主義國である台湾(中華民國)の安全保障の為、
「台湾関係法」を成立させた。
KIMG0905.jpg

・G20の時、
大阪府立図書館では、
習近平著作特設コーナーが開設され、
習近平著作日本語訳本を、多数展示。
大阪府立図書館は、トーハンからのごり押しで、
嫌々仕方なく実施。
お金、企画、運営も手際よくトーハンが実施。
日本の書籍流通も、
かなり中華人民共和国に取り込まれている証左。

他、いろいろ興味深いお話満載で、
大変、勉強になりました。

以下、印象に残った論点、感想を記述致します。
KIMG0904.jpg


1.香港「反中、反共デモ」は、10月1日(火)國慶節が山場。
中華人民共和国建國70周年

・習近平は、建國70周年で、「一帯一路」成功を宣伝しようと考えていたが、
香港の「反中デモ」「反共デモ」で頓挫。
10月1日付近で、アクションを起こす可能性。

・支那共産党は、領土としての香港、台湾を必要として、
香港人、台湾人は、不要。虐殺して、支那人を本土から入植させれば良い。

2.台湾、香港の若者も、中国から抜け出したい「台湾人」「香港人」
・中華人民共和国も法治主義は、秦の始皇帝の頃と変わらず、
今でも、為政者の都合で作られた法律に人民が束縛される。
支那憲法にも、
「法の上に、支那共産党の指導を受ける」とされている。
当然、三権分立もなく、支那法院は、日本の定める裁判所に該当しない。

・台湾、香港の若者も、「中国人」と見られたくない。

・台湾の有権者は、一つの中国を目指す国民党に投票できなくなってきている。
*路線変更を迫られる。

3.國民主権として正当性、正統性の無い中華人民共和国
・國家とは、國土、國民、國政により、主権が認められる。

・また、近代では、民主主義即ち、
無記名秘密投票を原則とする普通選挙実施により、
國家としての正統性、正当性が担保される。

・中華人民共和国では、毛沢東の暴力革命による政権樹立後、
一度も國政レベルの普通選挙は実施されておらず、
近代國家としても、正統性、正当性が確認されていない。
こんな前近代國家が、国連の常任理事國であることは、異常。

4.台湾政界概要
・民進党は、現状維持派(蔡英文も)と台湾独立派

・国民党は、1つの中国を目指し、外省人エリート中心

・新潮流派は、民進党の二軍

・民進党:国民党:新潮流派=4:4:2のバランスが良いかも。


スポンサーサイト



テーマ:ヘタレの売国奴支配の日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2019/08/25(日) 19:03:16|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (671)
後援会、選挙、解任通告 (554)
祭政一致、國史、教育 (525)
経済、増税阻止、震災復興 (233)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (207)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (319)
自転車 (1000)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (86)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (69)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる