世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【参加報告】2678年02月23日(土)<奉祝皇太子殿下59歳御生誕日>「大阪日台交流協会2月例会」~優しかった台湾の人達~講師:叶 佐枝子氏


井上功一であります。
一日、日本晴れだった
02月23日(土)は、
皇太子殿下59歳御生誕日。
190223_0754~001 
190223_0755~001
5月1日に、126代天皇に即位遊ばす
皇太子殿下の御生誕日をお祝いすると共に、
神洲不滅の皇國の彌榮致しました。

午後から、
大阪倶楽部にて開催された
190223_1348~001

「大阪日台交流協会2月例会」
~優しかった台湾の人達~
講師:叶 佐枝子氏

に参加致しましたので、
参加報告致します。

大阪日台交流協会は、
日本と台湾の正統な歴史を知り、
台湾に残る大日本帝國時代の日本精神を学び、
次世代に、
正統な歴史、精神を継承していく集いであります。


さて、
2月例会は、
神戸で、30年間「そろばん教室」を
経営されていらっしゃった
叶(かなえ) 佐枝子先生のお話。

こういう方を、
本当に
「知行合一」「生涯現役」
「一波は動かす四海の海」
というのだと思います。
何事も、ぶっつけ本番。
本当、お手本にしたいですね。
また、
サイクリストは、
相互扶助、助け合いの精神があり、
どこへ行っても親切だと
改めて思いました。

大日本帝國時代の「日本精神」が、今に息づく台湾。
中学校、高等学校の就学旅行で行くのも良いかもしれません。
幸福実現党は、
台湾の國家承認(独立)と台湾の國連加盟を
外交政策としておりますが、
更に進め、
中華人民共和国、大韓民国と國交断交し、
台湾と國交樹立すべきであります。
やはり、
昭和47年(1972年)田中角栄が、
日中國交正常化実施し、台湾を見捨てたのは、大きな間違いであります。


クロスバイク(自転車)ツーリングスタイルで、
東日本大震災を機に、「震災を忘れないでほしい」氣持ちを胸に、
旅の途中で出会った方に、白い布にメッセージを書いてもらいながら
自転車一人旅。

・2013年9月~2014年9月(141日間)62歳で日本一周

・2014年12月7日(日)~12月20日(土)(14日間)63歳で台湾一周
東日本大震災で、台湾から200億円以上の義援金や温かいお心を
お寄せくださったことへの福島の方々の感謝が書かれたカードを、
台湾の方々へお渡しする為に、
台湾一周実施。

・日本+台湾の走行距離合計10,735㎞

・2018年9月、台湾新竹の中國科技大学にて、華語学習66歳
190223_1629~001

1.自転車一人旅へ至った経緯
教室では、そろばんのみならず、
子供達に、
「感謝の氣持ちを持ってほしい。」
と教えられておられ、

2011年12月に
クリスマス企画
子供達に、
「誰に会いたい?」
とヒアリングしたところ、
福島から疎開してきていた女の子が、
「福島のお姉ちゃんに会いたい、
お姉ちゃんに会って話がしたいけれど、
遠くてなかなか会えないので、
会ってゆっくり話がしたい」
と書いていた。
その後、
2013年5月に福島南相馬でボランティア。

「福島を忘れない」
という氣持ちが、女の子氣持ちと通じ、
メッセージを繋げる為に、
自転車日本一周を実施することにした。

自転車旅行の中で、
福島の方々から、
「世界で最も、
高額な200億円の義援金を頂いているのが、台湾。
しかし、台湾にだけ、日本政府は、お礼を言っていない。
我々が、お礼を言いに行きたいが、
台湾になかなか行けない。
この感謝の氣持ちを、なんとか台湾の方々へ
伝えてほしい。」
と多々聞かれ、
メッセージカードを書いて貰い、
台湾一周感謝の旅を決意された。
ということでした。

2.東日本応援日本一周自転車の旅
・地元高校生が、目的地迄道案内してくれたり、
道を尋ねた家で宿泊させてもらったり、
休憩で、お茶、お菓子を振舞われたり、
行く先々で、旅人に対して
非常に親切だった。ということです。
被災者である自分達よりも、
旅人を思いやる氣持ちが強い。

3.台湾一周自転車感謝の旅
・台湾に到着すると大歓迎で、
毎日、地元サイクリストが、
集団走行で、道案内してくれ、
毎日、楽しく快適走行。

・行く先々で、日本人が来た。
ということで、ご馳走で大歓迎。

・台湾の人は、「日本精神」が残っており、
大日本帝國時代の古き良き日本がある。
非常に親切な人ばかり。
「自分がしてもらうことより、
如何に、他人に与えるか」
を考えていらっしゃる。


・ある80歳御夫人は、
「親父は、戦争負けて、
突然、日本人でなくなって
日本語が話せなくなった。
と嘆いておりました。
私は、6年生ですよ。
でも今は、2歳の子でも、
日本語で、
『桃太郎さん』歌うよ。」
と嬉しそうにおっしゃった。
190223_1536~001


・台湾の親切な風土は、
大日本帝國の統治があったからではなく、
それ以前から、台湾人の氣風として存在。


・「日本の兵隊さんは、
非常に厳しかったけども、
満員列車で落ちそうになった時
助けてくれ、優しかった。」
とおっしゃる方もある。
190223_1518~001


4.質疑応答、雑談
・嘘吐きで、節操の無い、下品な
中国、韓国は、大嫌い。とおっしゃる方が、
多数いらっしゃり、
韓国と國交断絶し、
シーレーンを考慮し、
台湾と國交せよ。とおっしゃる方もありました。


・大韓帝國、台湾は、合邦であり、
大日本帝國領土。植民地ではない。
植民地と刷り込んでいることから、
大きな間違いが生じている。
植民地は、戦争をして他國を属國にし、
自國の為に搾取することを目的とする。


・日本で、
もてなかった日本人独身男性も、
台湾では、非常にもてる。
よって、
商社や大企業では、
独身男性を台湾に赴任させないという面白話。



テーマ:大東亜戦争の本当のこと - ジャンル:政治・経済

  1. 2019/02/25(月) 03:16:14|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (664)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (306)
自転車 (974)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (63)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる