世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【受講報告】2678年12月17日(月)『光よ、通え』公案論文研修(第一回)於大阪正心館

井上功一であります。

本日は、
業務終了後、
幸福の科学大阪正心館に赴き、
181217_1811~001

『光よ、通え』公案論文研修(第一回)
181218_0149~001
を受講し、

・論文一問、
・「救済力向上プログラム」レポート

を仕上げて参りました。
テーマは、「謙虚さ」
181217_2344~001

参考御法話は、
・情熱の高め方
・青銅の扉
・宇宙時代の幕開け
・愛を広げる力

「青銅の法」所縁の御法話が、
過半を占め、
来年2679年は、
「奇跡」の年であると共に、
「謙虚さ」が求められる年であるかもしれません。

また、
「青銅の法」は、
「謙虚さ」が問われているのだと、
思います。

昨年2677年で、
2660年から始まった
『無我なる愛』論文答案研修(全十八回、三十六則)
終了しましたので、

本年2678年より、
『光よ、通え』公案論文研修となりました。

DVDによる自由参究で、受講しましたが、

全く自由だった『無我なる愛』と異なり、

関連御法話拝聴、解説を含め
出題にちなんだ公案4則に
3時間程度取り組んだ後、

論文作成開始。

21:00過ぎから、論文に取り組み、
23:40くらいに完成。

実践活動を踏まえて論ずる方式ですので、
どうしても、
いつもの後援会活動、政治活動、選挙活動の話
なってしまうのが、面白いところ。

その後、
「救済力向上プログラム」で、
齋藤秀蔵本部講師による
悩み相談のコツを、
30~40分、0DVDで聴き、
レポート書いて終了。

悩み相談で、印象に残ったところは、
・答えを言わず、
「こういうケースでは、主は、こうおっしゃておられます。」
「ああいったケースでは、主は、そうおっしゃっておられます。」
と、幾つか選択肢を提示し、
相談者自身が、答えを導き出せる様に、サポートすること。
「どこそこに、主が、これこれおっしゃってます。」
と決め付け、裁くと、相手は、反論できず、心を閉ざしてしまう。
こういうことをする人が多いが、
八万四千の法門があり、どのケースが当てはまるか。
よく考え、提示し、相手に選択の余地を残すこすことが重要。


・霊障の人には、シンプルに、「明るく生きることにしましょう。」
というおが、かなり有効。

といったところ。

終了は、お蔭様で、1:00過ぎ。
181218_0131~001

Wordの論文フォーマットの罫が、
崩れやすく、入力に時間が、
いつもよりかかったのが、少々難点。
時間があれば、次回迄に自作したい。
と思っております。


次回(第二回)の公案を拝受して自宅へ帰還。

『光よ、通え』は、事前に公案を拝受して、
1年間思慧を深め、実践することが、
最大の特徴であります。


毎年恒例の論文研修、
誰にも邪魔されず、
只管考え続けることができる至福の一時。
今年も、
お蔭様で、
今年一年を振り返り、
来年の息吹を感得することが出来ました。


スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2018/12/18(火) 04:51:02|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (671)
後援会、選挙、解任通告 (555)
祭政一致、國史、教育 (525)
経済、増税阻止、震災復興 (233)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (207)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (320)
自転車 (1000)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (86)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (71)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる