世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

本日の國発揚街宣用自作チラシ <慶祝陸軍記念日>皇紀2678年3月10日(土)日露戦争、奉天陥落113年~追悼「東京大空襲」73年~仮初めの現平和、核武装した統一朝鮮による日本侵略に備えん。


井上功一であります。

以下、
本日街宣、自作チラシです。



<慶祝陸軍記念日>皇紀2678年3月10日(土)


<慶祝陸軍記念日>皇紀2678年3月10日(土)
日露戦争、奉天陥落113年~追悼「東京大空襲」73年~
仮初めの現平和、核武装した統一朝鮮による日本侵略に備えん。

3月10日は、113年前の明治38年(西暦1905年)、日露戦争、奉天会戦にて、大日本帝國陸軍が勝利し、奉天(現在の瀋陽)を占領、奉天城に入城。日露戦争の日本勝利が確実であることを、世界に認識させた皇國譽の日。日露戦争に勝つことで、非白人國家の大日本帝國が、明治維新から、50年程度で、実質、五大強國の一つとなっり、ほぼ欧米の殖民地下にあったアジヤ、アフリカの有色人種國に、自信と誇りをもたらし、人種差別撤廃、民族自決独立の歴史上の契機となったのであります。五大強國と認識された日であります。翌年3月10日は、「陸軍記念日」となりました。
また、昭和20年(西暦1945年)、米國の戦略爆撃機B29によるナパーム焼夷弾無差別絨毯爆撃「東京大空襲」が実施され、死者:8万3793人、負傷者:4万918人、被災者:100万8005人、被災家屋:26万8358戸の被害を受け、東京が焦土と化し、日本の非戦闘員が虐殺された日でも、あります。
帝國陸軍の偉業を称え、陸軍記念日をお祝いし、「東京大空襲」を追悼致し、歴史に学び、支那、及び核武装した統一朝鮮の恫喝外交、侵略に備える為、オリンピック、南北朝鮮首脳会談、米朝首脳会談といった「仮初めの平和」に幻惑されることなく、我が國が、早急に、「皇軍復活」「核武装」を成し遂げ、アメリカの庇護がなくとも存在でき、「戦争」「軍事力」を外交の手段として、普通に行使する独立國となることが、必定であります。

1.「東京大空襲」こそ、連合國の國際法違反、人道に対する罪
東京大空襲を立案したカーチス・ルメイ米陸軍航空隊少将(当時)は、当時、B17戦略爆撃機によるドイツ本土の絨毯爆撃で実績を上げておりましたが、「日本の家は、紙と木で出来ている。焼夷弾で爆撃すれば、季節風にあおられて、焦土とすることができる。」と立案しました。ルメイ少将は、ウエストポイントではなく、一般大学のオハイオ州立大学在学中に陸軍予備役将校訓練課程で、軍人になった人です。
我が國には、「昨日の友は、今日の友。」と、敵の武勲も顕彰する「武士道」、「恨まず、許す精神」が、古来よりあり、昭和39年(西暦1964年)、佐藤内閣によって「日本の航空自衛隊育成に多大な協力があった。」として、「勲一等旭日大綬章」を授与までしております。
しかしながら、日本は、憲法9条「戦争放棄」「交戦権否定」と一方的に米軍の庇護を受ける「日米同盟」(米軍基地)を、現在、國防の要にしておりますが、我が國は、米國の属國ではありません。戦時國際法である「ハーグ陸戦条約」「ジュネーブ条約」では、非戦闘員の殺傷、不必要に残虐な兵器の使用を禁じており、一方的に、軍規厳しく、国際法を遵守することで有名であった大日本帝國陸軍海軍人を、報復裁判「東京裁判」で、戦争犯罪、人道に対する罪で裁くのならば、「東京大空襲」、「広島、長崎への原爆投下」こそ、連合國の國際法違反、人道に対する罪であります。

2.南北朝鮮指導者の本音は、「反日による核武装した統一朝鮮」
(1)オリンピック、4月南北朝鮮首脳会談、5月米朝首脳会談は、仮初めの平和の象徴。
平昌オリンピック・パラリンピック、4月南北朝鮮首脳会談、5月米朝首脳会談「北朝鮮非核化」より、平和ムードが蔓延しつつあり、「北朝鮮非核化」が実現出来れば良いところでありますが、実質、強靭なトランプ大統領が、高齢で、1期で終わることを見越しての北朝鮮の核開発の時間稼ぎであるとも言え、文在寅大統領、金正恩委員長共通の深層心理は、「日帝37年の恨み、日本を共通の敵として(反日)、核武装した統一朝鮮建國」である。と言えます。


(2)仮初めの平和に幻惑されず、我が國は、トランプ大統領任期中に、着実に「皇軍復活」「核武装」「憲法9条改正」
わが國においても、来年、天皇陛下御譲位、皇太子殿下御即位、再来年、東京オリンピックと仮初めの平和が続いて参りますが、第二次世界大戦前夜他、歴史に学べば、独裁國家への融和政策後には、戦争勃発、世界平和維持は、パワーオブバランスという原則があります。トランプ大統領後の大統領が、日本を見捨てることも考慮し、わが國は、日米同盟を強化しつつも、「自分の國は、自分で護れる体制」、即ち、「皇軍復活」「核武装」を、水面下で着実に実現していき、基本的人権の根幹である憲法13条「幸福追求権」保障の為、「戦わずして敵國に破れ、属國として、國民が、奴隷として恥を晒して良し。」とする現憲法9条は、憲法違反として、「憲法9条改正」を実行することが、生存戦略として、必定であります。


日本國民 幸福実現党員 井上功一
〒554-0002大阪市此花区伝法6-3-4 1119
PHS:070-5163-4296

スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2018/03/10(土) 21:31:21|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (663)
後援会、選挙、解任通告 (549)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (302)
自転車 (969)
音楽 (20)
健康 (30)
【これは、エエヨ!】 (83)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (39)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる