世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【これは、エエヨ!】”凡事徹底と独身生活・結婚生活~仕事力を高める「ライフスタイル」の選択~”



→凡事徹底決定版。
知的哲学空間、宗教修行主体なら、独身が一番。
事業経営成功目指すなら、結婚は、最初のコア。




井上功一であります。

凡事徹底シリーズ、
いつも、
楽しみにしておりますが、


”凡事徹底と独身生活・結婚生活
~仕事力を高める「ライフスタイル」の選択~”

画期的な
ある意味、
非常に愉快な書籍が発刊されましたので、

ご一読を、お薦めします。

独身生活、結婚生活
どちらを選ぶか

各人の理想とする
ライフスタイルに応じて、
選択するのが、幸福への道。

独身も良し。結婚も良し。

という結論でした。



「静寂の時間」
と言っても、
実際上、
時間に追われ、

「仕事」+「実務的生活」、及び「家庭生活」

「知的生活」、「宗教的修行生活」、「哲学瞑想的思索生活」
が、
なかなか両立できないのが、
多くの方にとっての現実かもしれません。

実は、私も、
30代後半から40代前半の10年余り、
所帯持ち時代がありましたので、
独身生活・結婚生活のメリット、デメリットを、
ある程度、理解しておりますが、
やっぱり、
時間、お金が自由になり、
扶養の責任無く、
知的生活続けるには、
独身が、一番。


以下、
印象に残ったところと、
感想を記述致します。



1.高等遊民(親のすねかじり独身)について
・親が子供を手元に置いておきたい。
という過保護から、高等遊民が出来る。

・高等遊民も、親がいなくなれば、何れ破綻。



2.プロの宗教家は、独身が良い理由
・女性の場合は、二人の主
ご主人と宗教指導者
に仕えることが、非常に難しくなる。

・宗教の仕事は、
例えば、巫女さん、尼さん等は、
「福利厚生の利いた男女平等の会社で、
結婚後も子供を育てながら仕事が出来る。」
といった普通の会社勤務と違い、
「家庭に関する事柄を一部断念して、
宗教的な仕事に専心する。」
ことが求められる。

・僧侶、哲学者系統の人は、
収入が多くならないことが多く、
結果、質素な生活となる。
結婚するには、経済力がない。

→女性の支部長他職員さんが、
独身であるのは、
ほんと、理に適っていると思います。



3.事業経営成功目指すなら、結婚は、最初のコア。
・相棒なくして事業無し。
新規で、事業起こす場合も、
最初は、夫婦がもとになっているところが、多い。

・但し、壊れた場合、非常なマイナスとして働く。



4.釈尊伝を発刊しない理由
P109
 私は、「『釈尊伝』を書こうか」と思いつつ、
書けないでいます。
書くと、かなりの部分に、”修正”を入れなくなるからです。
「これでよかったのかなあ?」と思うところが、
たくさんあることはあるので、
非常に言いにくいのです。
現代でも使えるところについては言っていますが、
それ以外については沈黙することにしています。
(中略)
 その人の仕事によって恩恵を受ける方が、
後世、数多くいるなら、
一個人の家庭的な幸せとか、家族の幸せや会社の幸せとか、
そのようなものが、
若干、被害を受けても、
これには、ある程度、
やむをえない面があるのではないかと思います。



5.結婚しても、哲学生活、知的生活を維持するコツ
・独身時代から二つの習慣を持ち、結婚後も維持
「勤倹貯蓄型の思想」

「静寂の時間を生み出す工夫」


→独身時代から、宗教修行、知的生活への情熱、
譲れない意志をもってやっていないと、
不可能なのだと思います。



6.家庭経験無い独身者も、既婚者への家庭悩み相談、子育て相談に応じること可能
・場数を踏み、悩み相談の経験知が蓄積できれば、
類型化、体系化により「人間通」となって、可能になる。

・「祈りの力」で、霊的パワーを引き、
経験豊富な指導霊のアドバイスを受ける。






スポンサーサイト



  1. 2018/02/23(金) 23:00:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (665)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (309)
自転車 (977)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (64)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる