世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2678年2月11日(日、祝)紀元節奉祝10駅連続街宣用チラシ完成。”<奉祝紀元節>皇紀2678 年2月11日(日、祝)世界に冠たる皇國、大日本帝國再興す。~ムー文明の正統な後継者、正史10000年を誇る神國日本~大日本帝國制定150年、祭政一致、皇軍復活、核武装を期さん。”

井上功一であります。

お陰様で、

2678年2月11日(日、祝)紀元節奉祝10駅連続街宣用チラシ
目出度く
完成しましたので、
情報致します。
<奉祝紀元節>皇紀2678 年2月11日(日、祝)世界に冠たる皇國、大日本帝國再興す。~ムー文明の正統な後継者、正史10000年を誇る神國日本~大日本帝國制定150年、祭政一致、皇軍復活、核武装を期さん。 
<奉祝紀元節>皇紀2678 年2月11日(日、祝)世界に冠たる皇國、大日本帝國再興す。~ムー文明の正統な後継者、正史10000年を誇る神國日本~大日本帝國制定150年、祭政一致、皇軍復活、核武装を期さん。2  

原稿

<奉祝紀元節>皇紀2678 年2月11日(日、祝)
世界に冠たる皇國、大日本帝國再興す。
~ムー文明の正統な後継者、正史10000年を誇る神國日本~
大日本帝國制定150年、祭政一致、皇軍復活、核武装を期さん。


1.日本は、天皇陛下を戴く、誉れある現存する世界最古の國家
・2月11日は、紀元節。2678年前の2月11日(旧暦の1月1日)、初代天皇であらせられる神武天皇が、橿原の宮にて、即位され、都をお開きになりました。この時、「~六合を兼ねて都を開き、八紘を掩ひて宇と為さんこと、亦可からずや。~」と仰せになり、これが、「八紘一宇」(世界は、一家。人類は、皆兄弟。)という肇國の精神となり、明治大帝の「四海同胞」(共存共栄)の外交方針と共に、現在まで、自由で寛容な日本の風土として受け継がれ、他宗教、異文化を、換骨奪胎、消化吸収し、日本化してしまう多様性と複数性を認める非常に寛容な我が國の國體となると共に、日本臣民の自信と誇りの源泉となっておるのであります。

・ユダヤ教千年王國も実現しておらず、ローマ帝國も、東ローマ帝國が滅亡するまでの1500年程度の歴史しかありません。ましてや、中国4000年の歴史と喧伝する支那も、漢民族による同一王朝が1000年以上続いたことはなく、モンゴル人や、満洲人、異民族に征服された現実があります。因みに、朝鮮半島を統治近代化し、漢民族の中華民國建國支援、 満洲國建國支援したのも、大日本帝國。

・天照大神の御高孫、邇邇芸の御高曾孫が、初代天皇の神武天皇であらせられ、 即ち、天皇陛下は、現御神(あきつみかみ)。憲法法律の外にあらせられる御存在、我が國體そのもの。皇室の神事として天照大神の御言葉をお聞き遊ばし、詔勅として下賜されるのが、お仕事。萬世一系直系男子の皇統が、125代2678年続き、単一民族として國家独立を維持するは、現在、日本のみ。日本人の先祖は、原始人ではなく、神様であります。*よって、仁徳天皇陵他をユネスコ世界遺産登録して観光地にする様なことは、不敬の極み。
・「天皇制」という言葉は、 制度なら廃止できるという共産党用語。 正しくは、「皇統」あるいは「皇室」。 我が國は、皇國。國體の根幹が、 「皇統」であり、 「皇統」を、人間が勝手に、廃止することはできません。コミンテルン(國際共産党)日本支部によって、昭和7年(1932年)5月に、「日本における情勢と日本共産党の任務に関するテーゼ」が採択され、昭和7年(1932年)7月10日付国際共産党日本支部中央委員会機関紙『赤旗』特別号に、日本語訳が掲載され、「天皇制」という悪意に満ちた共産党用語が使われる様になり、現在に至っておるのであります。


2.ムー文明起源の正史10000年を誇り、太陽昇る日本(旭日旗が象徴)
・戦後日本には、日本を未来永劫隷属させる為、連合國側(United Nations)の占領政策として、キリスト教贖罪思想をバックボーンに、日本のルーツを、支那や朝鮮半島わたりの文明とするが如き左翼自虐史観が蔓延し、日本民族の自信と誇りを削いで、北朝鮮、支那による侵略危機助長、デフレ不況長期化の元凶となっております。

・しかしながら、日本文明は、「ムー文明」起源。10000以上の正史を誇り、殷や周よりも古く、エジプト文明、メソポタミア文明同等以上の歴史を誇っております。ムー文明は、南太平洋に栄え、17000年前、ラ・ムー(Ra Mu)統治下に最盛期を迎え約15300年前に、海中に没しました。日本民族は、 大陸、北方ルーツで帰化した者もおりますが、  大多数は 、ムー文明起源南方ルーツ。 ロシア、匈奴起源である4000年の浅い歴史しか持たない支那、両朝鮮の中華文明とは、全く別の文明であります。

・また、南京大虐殺、強制連行従軍慰安婦といった嘘の歴史で利を得んとし、 「アンチ日本」という信仰を、 世界に広げようとしておりますが、 アンチであるので、 日本がなければ、何もできず、 敵を作って國内を纏めるのは、 ファシズムそのものといえます。

・ムー文明は、かつて、太平洋上に存在した伝説のムー大陸で栄えた太陽信仰とピラミッドパワーによる霊文明、科学文明を融合した文明であり、現東洋文明の源流となっております。

・八百萬の神々が住まう「高天原」は、天御祖神(アメノミオヤガミ)が創造されましたが、天御祖神こそが、北欧神話の「ヴォータン」、キリスト教の「主なる神」、ユダヤ教の「エローヒム」、イスラム教の「アッラー」、支那の「天帝」と同じ御存在であらせられ、「八紘一宇」「四海同胞」「萬教帰一」「八百萬の神々」そして、人類普遍の信仰である「太陽信仰(天照信仰)」を包含し、「神の正義」を貫き、伐賊しながらも、共存共栄を目指す神道は、日本の民族宗教というより、地球神信仰、世界宗教と言えるのであります。

・エジプト、ゲルマン、日本、インカ他、世界各地に「太陽信仰」がありますが、「太陽信仰」「天照信仰」の本質は、神は、太陽の様な存在であり、神→太陽エネルギー→霊エネルギー→魂。よって、「生命の源に対する尊崇の念を持つべきである」という単純明快な思想であります。太陽の昇る國家である日本が、太陽を管轄する責任者として、國内的には、「八紘一宇」外交的には、「四海同胞」により、善悪を超越した圧倒的な太陽の光で、世界人類を遍く照らし、恵みをもたらす。という精神。「旭日旗」が、それを象徴していると、自負しております。


3.「大東亜共同宣言」採択75年
・大東亜戦争中の、75年前の昭和18年(西暦1943年)11月5日、6日、アジヤ諸國の代表が集まり、日本の國会議事堂で、「大東亜会議」が開催され、6日、徹底した反植民地主義と「相互にその伝統を尊重し、各民族の創造性を伸長する」という共存共栄を柱とし、その為に、正義の戦争=大東亜戦争を完遂するという「大東亜共同宣言」が採択されました。

・①各國の共存共栄、②各國の自主独立と相互親和、③各國の伝統の尊重、④各國の繁栄、⑤人種差別の撤廃の5原則による「大東亜共同宣言」は、肇國の精神「八紘一宇」の道義に基づく聖戦=大東亜戦争の大義そのものであります。

・大東亜戦争は、アジヤ各國自存自衛、アジヤ各國の独立解放、人種平等の精神浸透、共産主義拡大阻止を目的に、敢行。志半ばにして終戦となりましたが、共産主義、グローバリズム拡大阻止以外の目的は、達成され、人類史の転換点となりました。


4.靖國神社は、日本の誉。天皇陛下に、御親拝賜ることが本来。
・欧米列強の帝國主義植民地支配から、神洲日本の國體護持、アジヤ解放の為、王政復古、富國強兵、文明開化(近代化)、和魂洋才といった理念の下、150年前の明治元年(西暦1868年)に、大日本帝國が制定され、本年は、節目の年でもあります。

・靖國神社には、坂本龍馬・吉田松陰・高杉晋作・橋本左内といった幕末の志士達、さらには日清戦争・日露戦争・第一次世界大戦・満洲事変・支那事変・大東亜戦争で散華された英霊、即ち、大日本帝國に殉じた方々が、御祭神として祀られております。

・國家指導者である総理大臣が、殉國の英霊が、ご祭神祀られる靖國神社へ参拝することは、義務。國事として、天皇陛下に靖國神社へ行幸啓賜り、御親拝して頂くことが本来であります。


5.大日本帝國は、東洋の盟主・世界の護民官
・人種平等の世界秩序構築の為、正義の戦争=大東亜戦争を戦った大日本帝國は、東洋の盟主、世界の護民官でした。

・現在の日本も、東洋の盟主、世界の護民官としての責務を果たし、チベット、南モンゴル、東トルキスタンを独立開放させ、北朝鮮民主主義人民共和国、中華人民共和国の核の脅威、侵略からベトナム、フィリピン、台湾、香港、オーストラリア他アジア諸國の自由を護り、北朝鮮民主主義人民共和国、中華人民共和国を解体、独裁を消滅させて、「自由と民主主義」を浸透させ、民族毎の独立國することが必定。

・それ故、國民の生命、財産、領土・領空を護ろうとする意志を固め、皇國史観を浸透させ、皇軍復活、日本核武装、正統な憲法制定により、我が國が、交戦権を行使できる精神的支柱の立った普通の独立國なることが、求められておるのであります。

・また、今までは、米國が、日本を核の傘で護り、自衛隊が、敵に攻撃を受ければ、自衛隊は、米軍と米軍基地を護り、米軍に報復と反撃を頼む。というスタンスの一方的に米軍の庇護を受けるという日米同盟でした。
今後は、日本も、近隣諸國の脅威となり単独でも交戦できる軍事力、及び、核保有國に交戦させない最小限核抑止力を保持して、イコールパートナーの同盟國として対等に米軍と軍事行動する日米同盟に改めることが、米國隷属の戦後レジーム(吉田ドクトリン)脱却の要諦であり、大日本帝國の正統な評価、歴史修正の端緒となると共に、世界人類の幸福と平和に資することになるのでありあます。


6.憲法13条「幸福追求権」は、憲法9条「戦争放棄」に優先
(9条は、憲法違反)
・戦争は、外交の延長戦上にあり、戦争は、外交の一手段。戦争や軍事力を、自由に行使できるのが、普通の独立國、真なる主権國家。戦争放棄を歌う國家は、植民地、属國である。核抑止力、軍事力の裏打ちがあってこそ、外交のテーブルにつける。パワーオブバランス。(軍事力の均衡によって平和が保たれる)これらが、國際常識であり、リアルな現実であります。よって、國際政治学とは、戦争哲学のことでありあます。

・北朝鮮の核ミサイル攻撃の危機に瀕し、また、支那の日本侵略工作が着々と進行する中、憲法9条「戦争放棄」、非核三原則に呪縛されるなら、戦わずして敗れ、北朝鮮、支那の属國となり、國民が奴隷として恥を晒して生きる未来がまっております。

・現日本國憲法は、基本的人権護持を目的とする憲法。その中核が、憲法13条「幸福追求権」であり、憲法9条「戦争放棄」に優先するものであり、それ故、幸福追求権を反故にする憲法9条「戦争放棄」は、憲法違反と言えます。

日本國民 幸福実現党員 井上功一
〒554-0002大阪市此花区伝法6-3-4  1119 
PHS:070-5163-4296


スポンサーサイト



テーマ:天皇陛下・皇室 - ジャンル:政治・経済

  1. 2018/02/10(土) 21:43:54|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (675)
後援会、選挙、解任通告 (557)
祭政一致、國史、教育 (529)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (324)
自転車 (1010)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (93)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (73)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる