世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2677年09月01日(金)第二次世界大戦勃発(ポーランド侵攻)78年「歴史に学べば、宥和政策、話し合い外交、戦争放棄、反戦反核運動は、國家滅亡必至。」


井上功一であります。
170901_0806~001

本日9月1日は、78年前1939年、
アドルフ・ヒトラー総統率いるドイツ第三帝國國防軍が、
急降下爆撃機に支援された戦車と機械化歩兵、装甲敵弾兵により、
ポーランドに、
奇襲をかけた日であります。

2日後の9月3日に、
イギリス、フランスが、ドイツに戦線布告し、
第二次世界大戦の勃発となりました。

第一次大戦後は、
厭戦ムードが蔓延し、
1920年に、「國際連盟」が発足し、
ベルサイユ条約で、ドイツを押さえつけ、
1922年には、欧米の植民地を維持する為、
自衛戦争を除き、國際紛争の手段として、
戦争を用いないとする
建前だけの悪法
「ケロッグ・ブリアン協定(パリ不戦条約)」

が締結されました。

このパリ不戦条約が、
現日本国憲法第9条の起源。
よってやたら、自衛権という言葉に
こだわるのであります。
この呪縛から、
我が國は、覚醒しない限り、
戦わずして敗れ、他國の属國になること必定。
無制限交戦権を有するのが、普通の独立國。


その後、
1933年ヒトラー政権が誕生した後も、
とにかく、戦争、紛争を回避することだけに注力し、
ドイツに、ラインラント併合、
ミュンヘン会談を経て、ズデーテンラント併合を許して、
最終的には、チェコも併合されてしまいました。

結果として、ヒトラーは、イギリス、フランスに戦う意思が無いと賭けに出て、
ポーランド侵攻(白色作戦)が実施されました。

イギリス、フランスは、ドイツに宣戦布告すれども、
軍事行動にでず、
また、独ソ不可侵条約を締結していたソ連も、
ポーランドに侵攻、
ポーランドは、2週間後に、消滅しました。
ソ連は、
ポーランド人捕虜約22,000人を虐殺する
「カティンの森事件」を起しております。
170901_1821~001

この状況は、
我が國が、
北朝鮮の弾道ミサイル攻撃着弾を待つだけ、
支那の侵略工作を全く阻止できず、
ご機嫌をとるだけ。
という現在の東アジヤ情勢と
非常に酷似しており、

歴史に学べば、
単に、トランプ大統領の庇護を受けるのみならず、
我が國は、
積極的に、戦争準備をし、
9条適用除外、超法規的措置にて、
先制攻撃を含め、
積極的に交戦することが、
被害を最小限に留め、
日本生存の唯一の道であるのであります。


スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2017/09/01(金) 23:56:02|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (665)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (309)
自転車 (978)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (65)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる