世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【ご案内】皇紀2675年12月08日(火)<大東亜戦争開戦記念日>大阪護國神社参拝、武勲顕彰街宣~追悼、聖戦=大東亜戦争開戦74周年~ Great East Asia War is Holy War!

20130703002023dd0-1.png
大東亜戦争は、人類史の大転換。
Great East Asia War is Holy War!

天皇弥栄
八紘為宇


井上功一であります。

本年は、

昭和12年7月7日
盧溝橋事件端を発した
支那事変から、
78周年となります。

12月13日には、
中華民國の首都
南京城が、

帝國陸軍の
南京攻略戦により、
陥落し、
南京市内の治安が回復致し、
多くの支那人民が、解放されました。

12月13日は、

「南京陥落解放秩序回復祝祭日」

であります。

また、
74年前の
昭和16年12月8日、

空母機動戦の第一人者
大日本帝國航空艦隊の育ての親
特攻の父
大西瀧治郎海軍中将

航空自衛隊の第一人者でもある
源田實海軍大佐
が策定した
艦載機による奇襲
真珠湾攻撃が行われ、














南方油田確保の為
マレー作戦が敢行され、














大東亜戦争開戦されました。

大東亜戦争は、
各民族の伝統文化を、お互い尊重しながら、
共存共栄を目指す

我が肇國の大義「八紘一宇」により、

・我が國の自存自衛

・アジアの独立解放

・人種平等

・共産主義拡大阻止

を目的に、
最後は、必死必中の特攻隊まで
出撃させ、戦い抜きました。

結果、本土決戦をせずに、
終戦となりましたが、
本土決戦をやっておれば、
後のベトナム戦争、アフガン紛争の様に、
アメリカ軍が敗退していた可能性もあります。

アジア、アフリカが独立解放され、
有色人種に対する人種差別が撤廃される様になりました。

正に、、
大東亜戦争は、正義の戦争、
人類史の大転換であるのであります。

散華されました
殉國の英霊に対して、
その報國の赤心に、
感謝の誠を捧げると共に、、
その武勲を顕彰致致し、

世界に冠たる皇國
大日本帝國の再興


を期して、


武勲顕彰街宣を敢行し、

大阪護國神社へ昇殿参拝致します。
















*当日昇殿参拝されます方は、
神社様、ご準備の関係がございますので、
井上功一
kirsten-flagstad@pdx.ne.jp

までお知らせ願います。


1.日時
皇紀2675年12月8日(火)

07:00~07:30
武勲顕彰街宣
大阪国際空港サウスウイング横断歩道付近


08:10~08:40
武勲顕彰街宣
桃山台駅前


9:40
大阪護國神社社務所集合


10:00~10:30
・大東亜戦争開戦七十四周年式典参列
・昇殿参拝、玉串奉納


2.大阪護國神社へのアクセス
・大阪市住之江区南加賀屋1-1-77
・TEL.06(6681) 2372
・地下鉄四ツ橋線住之江公園駅1番出口すぐ


スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2015/12/06(日) 12:36:58|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (663)
後援会、選挙、解任通告 (549)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (302)
自転車 (969)
音楽 (20)
健康 (30)
【これは、エエヨ!】 (83)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (38)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる