世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

明朝(9/1)<サラリーマン出勤前國威発揚街宣>用チラシ完成”2015年9月1日(火)第二次世界大戦勃発(ポーランド侵攻)76年 歴史に学び、宥和政策、戦争放棄は、國家滅亡必至であるを知れ。<天皇陛下に対する無礼な謝罪要求は、日本へ対する宣戦布告>最大の仮想敵國は、中華人民共和国 反戦平和を唱え、軍事力、戦争を忌避し、戦わずして敗れ、支那の奴隷となること勿れ。”

井上功一です。


お陰様で、

明朝(9/1)
<サラリーマン出勤前國威発揚街宣>用チラシ

が完成しました。

2015年9月1日(火)第二次世界大戦勃発(ポーランド侵攻)76年 歴史に学び、宥和政策、戦争放棄は、國家滅亡必至であるを知れ。<天皇陛下に対する無礼な謝罪要求は、日本へ対する宣戦布告>最大の仮想敵國は、中華人民共和国 反戦平和を唱え、軍事力、戦争を忌避し、戦わずして敗れ、支那の奴隷となること勿れ。 
2015年9月1日(火)第二次世界大戦勃発(ポーランド侵攻)76年
歴史に学び、宥和政策、戦争放棄は、國家滅亡必至であるを知れ。
<天皇陛下に対する無礼な謝罪要求は、日本へ対する宣戦布告>
最大の仮想敵國は、中華人民共和国
反戦平和を唱え、軍事力、戦争を忌避し、戦わずして敗れ、支那の奴隷となること勿れ。

9月1日は、76年前1939年、アドルフ・ヒトラー総統率いるドイツ第三帝國國防軍が、急降下爆撃機に支援された戦車と機械化歩兵、装甲敵弾兵により、奇襲をかけた日であります。2日後の9月3日に、イギリス、フランスが、ドイツに戦線布告し、第二次世界大戦の勃発となりました。第一次大戦後は、厭戦ムードが蔓延し、1920年に、「國際連盟」が発足し、ベルサイユ条約で、ドイツを押さえつけ、1922年には、欧米の植民地を維持する為、自衛戦争を除き、國際紛争の手段として、戦争を用いないとする「ケロッグ・ブリアン協定(パリ不戦条約)」が締結されました。その後、1933年ヒトラー政権が誕生した後も、とにかく、戦争、紛争を回避することだけに注力し、ドイツに、ラインラント併合、ミュンヘン会談を経て、ズデーテンラント併合を許して、最終的には、チェコも併合されてしまいました。結果として、ヒトラーは、イギリス、フランスに戦う意思が無いと賭けに出て、ポーランド侵攻(白色作戦)が実施されました。イギリス、フランスは、ドイツに宣戦布告すれども、軍事行動にでず、また、独ソ不可侵条約を締結していたソ連も、ポーランドに侵攻、ポーランドは、2週間後に、消滅しました。ソ連は、ポーランド人捕虜約22,000人を虐殺する「カティンの森事件」を起しております。
現在のヒトラーは、習近平であり、國家社会主義ドイツ労働者党一党独裁の軍事大國であったドイツ第三帝國と、支那共産党一党独裁の軍事大國である中華人民共和國は、非常な類似性があります。「一帯一路構想(21世紀のシルクロード)」に基づく、「積極的防御のゆるぎない実行」という侵略、歴史捏造による誇大な反日プロパガンダによる宣伝戦。我々は、歴史に学び、世界人類の幸福の為、中華人民共和國に鉄槌を下し、侵略を阻止することが必要であります。

 1.安全保障法制成立は、独立國として低ライン
・安全保障関連法制とは、益々、脅威が増大する軍事侵略國家=中華人民共和国の侵略を阻止する為、憲法9条改正が出来なくても、自衛隊が、通常の軍として、有事に、自由に作戦行動可能することであります。主権國家として当然の営みであり、國民が主権者である主権國家の日本であるならば、他國の侵略に対しても抗うことが出来ず、國民を他國の奴隷にしてしまう戦争放棄、軍備放棄を謳う憲法9条こそが、憲法違反であります。
・本来、外交の一手段としての軍事力、戦争を行使できてこそ独立國。集団的自衛権は、集団登校と同様、弱者の戦略、最低ライン、日米同盟のイコールパートナー化は、米國の言いなり止める第一歩。また、支那の奇襲短期決戦戦略「A2/AD(接近阻止・領域拒否)戦略」。対する同盟國米国の一時退避反攻戦略「エアーシーバトル(ASB)構想」、INFの影響による米軍の射程1000km~5500kmの戦域核の欠落を鑑みれば、日米同盟において自衛隊の交戦権行使が必須不可欠であります。
・外交の一手段である軍事力、戦争を行使してこそ、普通の独立國。戦争放棄は、属國、奴隷の思想、戦わずして敗れるということであります。

2.大東亜戦争は、正義の戦争~中華人民共和国抗日戦争勝利は、嘘、捏造~
・大東亜戦争は、日本の自存自衛の戦争であり、神武天皇の即位の詔勅「八紘一宇」の大義を掲げ、現代的に申せば、「世界は、一家。人類は、皆兄弟。」という人類愛により、①民族自立(アジア諸国の独立解放)、②人種平等、③共産主義拡大阻止
を目的に戦ったのが、聖戦=大東亜戦争であります。
・安倍談話は、お詫び、反省を盛り込み、大日本帝國の昭和史否定し、大日本帝國軍人の名誉を毀損しておりますので、破棄し、「 大東亜戦争は、正義の戦争」と世界に宣言すべきであります。
・しきりに最近、中華人民共和国が、抗日戦争勝利70年を宣伝しておりますが、中華人民共和国は、1949年に発生し、1945年、大日本帝國が、ポツダム宣言受諾通知をしたのは、蒋介石の中華民國(現台湾)であり、毛沢東の中華人民共和国とは、戦争もせず、負けもせず、「中華人民共和国抗日戦争勝利」は、全くの嘘、デタラメ、捏造であります。
〒561-0822豊中市三国2-3-4 446 PHS:070-5163-4296 日本國民 幸福実現党員 井上功一

スポンサーサイト

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2015/08/31(月) 23:44:36|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad