世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【ご案内】皇紀2675年04月21日(火)~23日(木)「靖國神社春季例大祭」*本日04月06日は、「菊水第一号作戦(沖縄特攻)」実施の日

井上功一です。

天皇皇后両陛下が、
4月9日(木)

パラオのペリリュー島へ、

激戦ペリリューの戦いで、
散華された英霊を慰霊なさると共に、
その武勲を顕彰なさしめられる為、

行幸遊ばされます。

先帝陛下も、
中川守備隊の武勲に感銘され、
戦闘中、
嘉賞の電報11度、
送っていらっしゃいます。

ペリリュー島の戦いでは、
皇軍守備隊10000名の兵力
米軍48000名の兵力
火力は、1対200。

皇軍は、10000名強の戦死者
生存者236名。
ながら、

精鋭の第一海兵師団を核とする米軍に、
死傷率60%。
戦死者約1800名
戦傷者8000名+発狂者数千名
の損害を与え、
関東軍、帝國陸軍強し、
白兵戦は、海兵隊よりも勝る。
本土決戦は、困難。
との認識させました。
(実際、本土決戦をやっておれば、
後のベトナム戦争の様に、
米軍は、敗退していた可能性もあります。)


帝國陸軍第14師団
第二聯隊長であり、
ペリリュー島守備隊長であった
中川洲男大佐
の万歳突撃玉砕戦から持久戦への転換は、

硫黄島の戦い、沖縄の戦いへ受け継がれ、

日本は、無条件降伏になりませんでした。

また、
本日4月6日は、
日本人にとって、忘れてはならない日であります。

なぜなら、

「菊水第一号作戦」
菊水

が実施され、
沖縄航空総攻撃が開始され、
戦艦大和以下水上特攻に出撃した日
であるからであります。

先日、高槻の戸別訪問では、
「菊水第一号作戦」に参戦され、
キ-67「陸軍四式重爆撃『飛龍』」
に1トン魚雷を搭載し、
キ-67雷撃
徳之島沖の米輸送船団を、撃滅すべく、
連日雷撃に出撃された操縦手の方に、
お会いし、
聖戦=大東亜戦争の真実を、
次世代へ伝えてほしい。と手記を託されました。
必ずや、
帝國軍人の皆様の赤誠にお応えする所存であります。


さて、
今年も、
靖國神社にて、春の例大祭が、


















4 月21日(火)から23日(木)の3日間。
清祓・当日祭・第 二日祭・直会の諸儀が斎行されます。

御祭神であせられる英霊の皆様の
武勲を顕彰致し、
その御遺徳を偲び、
感謝の誠を捧げると共に、
世界に冠たる皇國、大日本帝國の再興を、
お誓いする為、

春季例大祭期間中、
ご参拝くだされば、幸いであります。

できれば、
英霊の皆様の報國の赤心を、
直に感得できる
昇殿参拝をお薦め致します。

*私(井上)は、案内状が届きましたので、
第二日祭へ、参列致します。






















Ⅰ.春季例大祭祭儀日程
4月21日(火)
15:00 清祓

4月22日(水)
10:00 当日祭
10:30 勅使参向

4月23日(木)
10:00 第二日祭
18:00 直会


Ⅱ.昇殿参拝時間(受付は15分前迄)
4月21日(火)
08:00~14:00

4月22日(水)
11:30~15:00

4月23日(木)
11:30~15:00


スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2015/04/06(月) 22:32:32|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (671)
後援会、選挙、解任通告 (555)
祭政一致、國史、教育 (526)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (207)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (321)
自転車 (1002)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (86)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる