世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【実施模様】平成26年10月17日(金)<サラリーマン黄昏署名依頼戸別訪問>~12月13日は、“南京城陥落治安回復記念日”。~「支那による『南京大虐殺』『従軍慰安婦』ユネスコ記憶遺産登録阻止署名」於大阪市天王寺区玉造商店街  






天皇弥栄
萬邦無比
神洲不滅
八紘一宇
暴支膺懲
二韓征伐




井上功一です。

戦争は、本来、
外交の一手段であり、
貨幣と同様、価値中立的手段であります。

「戦争放棄」の呪縛
「自衛戦争」「自衛権」への拘り
の原因は、
憲法9条にあると考えられておりますが、

その憲法9条の思想の根源に
あるのが、

“紛争解決に、
戦争を手段として用い無い。
但し、自衛戦争は、その限りでは無い。”
とする

昭和3年(1928年)に、
締結された

「ケロッグ・ブリアン条約(パリ不戦条約)」

であります。

世界平和を維持する条約であるかの様に、

考えられておりますが、

実質、
ベルサイユ条約で疲弊する
ドイツを、
二度と立ち直れ無い様にし、

アメリカの覇権を、
確保する為のものであった。
と思います。

憲法9条と共に、

「ケロッグ・ブリアン条約(パリ不戦条約)」
を、
切り込み、

「戦争放棄」という概念が
如何に、偽善にコーティングされた悪意であるか。

を、理解することが、
戦後体制から
離脱する第一歩であります。


さて、
本日も、
業務終了後、


<サラリーマン黄昏署名依頼戸別訪問>を、
実施しました。



1.実施日時場所
平成26年10月17日(金)
18:35~19:35
大阪市天王寺区玉造商店街


2.結果
約38軒訪問、署名11筆


3.巷の声、様子
・整骨院の院長:
「日本に逆らって、
内政失敗の自国民の不満を、
反日で、
日本のせいにしとる
アホな国は、
世界で、
中国と韓国だけや。

マレーシアでも、
インドネシアでも、
フィリピンでも、
ベトナムでも、
日本に感謝しとる。
橋、道路、病院、教育もして、
生活レベル、文化レベルを、
あげたんが日本や。
日本は、
ヒフティ、ヒフティで、
搾取するだけやのうて、
技術教えて、
その国が、日本が帰っても、
自立出来る様にしとった。~」
と、
八紘一宇、皇國史観に、
強く賛同してくださいました。



・美容院の女性店長:
「幸福実現党?
初めて、聴いたなあ。
議員おれへんのかいな。
そら、テレビ、新聞で言わんわ。

尖閣諸島で、
領海侵犯しとる中国の船に
なんも出来ひんし、
今の政治家、
なんもせいへんから、
情けない。

銃撃、砲撃して、
撃沈したらな。

あんたとこみたいに、
強硬なこと言って
実行できる政治家やないとあかんわ。
もっと人集めて、
自衛隊が戦える
強い日本が戦争できるように、
ほんましてや。~」

と、応援してくださり、
女性スタッフお二人と共に、
署名してくださいました。



・今日も、
巷には、
正統な皇國史観が、
深く浸透しておりました。


Erwach Japan!

スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2014/10/17(金) 21:11:10|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (665)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (309)
自転車 (980)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (67)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる