世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【ご案内】<サラリーマン出勤前街宣>「『支那事変勃発77周年』支那による侵略戦争に備えよ。」~7月7日は、コミンテルン(国際共産党)による盧溝橋事件の日~

八紘一宇
暴支膺懲
二韓征伐

もうすぐ、7月7日。

77年前、昭和12年(1937年)
支那事変の発端となった

盧溝橋事件の日であります。

北京の西南、盧溝橋で、
コミンテルンの工作員が、
国民党軍、日本軍双方に発砲して
発生しました。

今年で77周年。
盧溝橋2

現在は、戦勝国、日教組の圧力で
「日中戦争」と呼ばれておりますが、
日本、支那共に、
宣戦布告しておりませんので、
正しくは、
「支那事変」。

*戦争になると、
戦時国際法により、
第三国は、中立義務が生じます。


当時の中華民国は、国家の体をなしておらず、
馬賊、軍閥、中国共産党、国民党の内乱状態で、
日本人居留民が、危機に晒され、虐殺、暴行、強姦の被害に、
数多くあっており、
皇軍、即ち、帝國陸軍、海軍陸戦隊が、
日本人の保護、治安維持の為に、派遣されていたというのが、
正しいところであります。
盧溝橋

また、
この昭和12年(1937年)は、非常に重要な年で、
「盧溝橋事件」
「通州事件」
「大山事件」
「第2次上海事変」
他、支那による日本人への挑発、虐殺が生じ、

最終的に、
12月13日に、
日本軍が、
南京城を、陥落させ、
南京の治安をもたらすに至りました。
現在は、支那が、「南京大虐殺」と捏造しております。


昭和12年は、
現在の中華人民共和国よる、
日本に対するプロパガンダによる無礼、
超限戦による日本間接侵略に、
通ずるとろこがあります。

多分、盧溝橋事件77周年、
支那は、
77年前のリベンジを図ろうとしておるのでしょう。

また、お陰様で、
「集団的自衛権行使容認」閣議決定
日本が、独立国となる第一歩
となりましたが、
本来は、
「無制限交戦権行使宣言」。

戦争、軍事力を、普通に行使する様になってこそ、
真なる主権国家と言え、
また、
日本肇國の精神「八紘一宇」により、

日本は、
「世界の護民官」
「東洋の盟主」
として、使命を果たす義務があります。

そこで、
日本国民の皆様に、
正しい國史を、
教導啓蒙致し、

日本再軍備、日本核武装に、
ご賛同頂く為、


<サラリーマン出勤前街宣>
『支那事変勃発77周年』
支那による侵略戦争に備えよ。」
~7月7日は、コミンテルン(国際共産党)による盧溝橋事件の日~


を、実施致します。

1.実施日時、場所
平成26年07月03日(木)
06:30~07:00
能勢電鉄妙見口駅前


平成26年07月04日(金)
06:30~07:00
能勢電鉄妙見口駅前


平成26年07月07日(月)
07:00~07:30
阪急電鉄豊中駅前2階人工デッキ

2.実施要領
演説しながら、
井上自作チラシ
『支那事変勃発77周年』
支那による侵略戦争に備えよ。
~7月7日は、コミンテルン(国際共産党)による盧溝橋事件の日~

を手渡し。


<付録>

Ⅰ. 「南京大虐殺」という捏造が出現した経緯
1.中華民国の国際プロパガンダ
蒋介石が、対日プロパガンダで、
捏造した「南京虐殺」を国際宣伝しました。
また、南京にいたアメリカ人宣教師が、自分たちが、
南京に留まる理由が必要である為、
「日本軍の残虐行為から、支那人を守る」
という理由の為、
「南京虐殺」を宣伝しました。

2.「東京裁判」に於けるアメリカ人宣教師の嘘証言
アメリカの報復裁判であり、国際法違反である
「東京裁判」で、日本に復讐する為、
南京にいたアメリカ人宣教師が、
戦時中のプロパガンダそのままに、
捏造した「南京虐殺」を証言。
*現在、その根拠であるベイツメモは、
捏造であることが証明されております。

3.反日日本人のやぶへび
反日日本人の行動が引き金となり、
中華人民共和国が、「南京大虐殺」を
持ち出す様になりました。
・昭和56年(1981年)11月の中学用教科書「中国歴史」から、
「南京事件」が、初めて書かれました。

・申請から半年経って許可がおり、
昭和46年6月、朝日新聞の本多勝一記者が、
中華人民共和国を訪れ、
用意された証人の一方的な話を聞き、
何の検証もせず、
朝日新聞に、
あたかも、
「南京大虐殺30万人」が事実であるかの様な

「中国の旅」

を連載。
その後、支那では、
虐殺記念館をつくり出し、
日本に、無礼を働き続け、
現在に、至っております。

それまでは、
中国共産党の中華人民共和国は、
「南京事件」をほとんど知らず、
関心がありませんでした。
反日日本人のお陰で、
飛んで火にいる夏の虫、
支那の反日プロパガンダに
利用されておるのであります。

本多勝一の数年前にも、
「南京事件」の証言を聞いて、
「南京事件」が事実であることを
確かめようと、
反日日本人である
大森実、新島淳良が、
中華人民共和国を、
訪問しておりますが、
その時は、
全く相手にされませんでした。
(南京事件の証拠等ないので)


Ⅱ.昭和12年(1937年)の日支関係
支那事変~南京城陥落までの真実

1937年7月7日「盧溝橋事件」
コミンテルンの工作員が、
国民党軍、日本軍双方に発砲して起こった
支那事変の発端
一旦、停戦協定が結ばれました。

1937年7月29日「通州事件」
冀東防共自治政府支那人保安隊による
日本軍守備隊、日本人居留民に対する虐殺
日本人居留民約230名が、
首切断、陰部切断、陰部に木片捩じ込み、
内臓えぐり出し他
非常に残虐な殺され方で
虐殺されました。

この事件の残虐性を聞いた
日本人の大多数は激昂し、
「暴支膺懲」
の主戦論を唱えていたので、
近衛内閣は、軍事制裁を決意
せざるを得なくなりました。

1937年8月9日「大山事件」
自動車で
国際的な自由通行路を移動中の
上海海軍特別陸戦隊中隊長大山勇夫海軍中尉が、
支那保安隊に殺害されました。
これ以外にも、
日本人が殺害される事件が相次ぎました。

1937年8月13日「第2次上海事変」
上海の日本人居留区に対して突然、
支那軍の大規模攻撃発生。
日本は、日本居留民を護る為、
軍事介入する覚悟を決めました。

1937年12月13日「南京城陥落、治安回復」
神功皇后以来の
軍紀正しい皇軍は、
「南京をオープンシティにする。」と、
居留民に再三の避難勧告を出しましたが、
南京を守備する国民党軍は、
申し入れを聞かず抵抗。
最後は、軍服を脱ぎ、
民間人の服を着た「便衣兵」となり、
ゲリラ兵として抵抗。
ゲリラ兵は、スパイとして射殺すれども、
日本軍は、組織的に
民間人を虐殺しておりません。
 
支那が、国際連盟に
「日本軍が、2万人住民を虐殺した。」と訴えても、
事実無根として、無視されました。
(この当時、国際連盟は、反日的でした。)
という事実があります。
実際、死んだのは、
皇軍と国民党軍双方、
100名くらいが妥当なところで、
虐殺等、全く行われておりません。

逆に、多くの南京市民は、皇軍の進駐によって、
治安が回復することを、歓迎し、
南京城が陥落した後、
南京城内に戻ってきました。


Ⅲ.支那との戦争賠償

日中共同声明(1972.9.29調印)
により全て解決済み

1.日中共同声明について
日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明
(通称:日中共同声明)
(1972.9.29調印)

2.声明の戦争賠償請求放棄部分
・中華人民共和国政府は、
中日両国国民の友好のために、
日本国に対する戦争賠償の請求を
放棄することを宣言する。

*また、
日本は、中華民国と戦ったのであって、
中華人民共和国と戦っておらず、
台湾政府から、戦時賠償を言われても、
北京政府に言われる筋合は、ありません。

共産党の八路軍も、
国民党政府指揮下で戦っておりました。


1936年12月12日西安事件
が起き、
蒋介石拉致監禁され、
蒋介石と周恩来との間で、
密約?が交わされ、
以降、
共同抗日と国共合作が促進されました。
西安事件が無ければ、
支那共産党は、消滅していた。
とも言われております。


スポンサーサイト



テーマ:「ならず者国家」中国 - ジャンル:政治・経済

  1. 2014/07/02(水) 22:21:26|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (663)
後援会、選挙、解任通告 (549)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (302)
自転車 (968)
音楽 (20)
健康 (30)
【これは、エエヨ!】 (83)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (32)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる