世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【これは、エエヨ!】サッカー日本代表エース「本田圭佑、守護霊インタビュー 心の力で未来を勝ち取れ!→過去世は、大東亜戦争パレンパン空挺作戦「空の神兵」   

井上功一です。
最近は、
連日の様に、
公開霊言が、
書籍として刊行され、

捏造本「レイプ・オブ・ザ・南京」
の著者アイリス・チャンの霊言も出たりして、

幸福の科学グループによる
言論戦が、攻勢に転じております。

我々も、其々の持ち場で、
真実に基づき、自らの良心に従い、

積極的に発言して行きたいところであります。


さて、本書も、
楽しいながらも、非常に示唆に富んだ本です。
140618_1223~001


インタビュアーの一人に、
HS政経塾の吉井利光さんが、
登場されいおりましたが、

幸福実現党の行動指針となる内容とも言えます。

本田選手の直近の過去世は、
大東亜戦争時
マレー半島にて、
昭和17年(1942年)2月17日敢行された
パレンパン空挺作戦で、
有名な「空の神兵」で有名な
大日本帝國陸軍第1挺進団挺進第2連隊の
降下猟兵の一人だった様です。

帝國陸軍第1挺進団の末裔が、
レンジャーを擁する
エリート部隊
陸上自衛隊第1空挺団
であります。


この作戦で、
日本は、オランダ領の
パレンパン油田、製油所を、無傷で入手し、
快進撃の一助となり、
インドネシア独立の第一歩となりました。


最近は、スポーツ選手、芸能人に偉い人が、
転生しております。

以下、感想を述べます。


1.ビッグマウスこそ、幸福実現党に相応しい。
・本田選手の守護霊も、FIFAランキング46位程度の日本であっても、
「ワールドカップで優勝」を言い続け、
どうしたら優勝できるかを、他の選手に解説し続け、
洗脳する。
自分自身は、それが言えるだけの練習を課する。
という様なことを、言っておりました。

・幸福実現党も、国政4連敗でも、
政権政党、第1党、日本再軍備、日本核武装、宗教立国、経済成長、
を言い続けでおり、
支持者の方の中には、
連敗が続くので、
「嘘つきハッチ」「狼少年」という方もいらっしゃいますが、
『ビッグマウス』は、一貫しております。
欠落しているのは、
どのような具体的ストーリーで勝利するのか?

候補予定者、党員の
「勝つべくして勝てる」だけの努力、研鑽。
この2つだけ。
やっぱり、
『ビッグマウス』を、
続けた方が、
派手好きで、開拓者精神に溢れた
「幸福実現党」らしくて良いと思います。


2.フィジカルトレーニングが、精神性向上に転化
・肉体面での鍛錬が、自信となり精神力が強化される。
という話も出ておりますが、
実際、肉体を鍛錬すれば、悩みも半減し、
精神的にゆとりが出てくると思います。


3.その他
頂点(ピーク)を極めていないことは、
まだまだ、伸びる可能性があり、
逆に喜ばしいことである。という
伸び代の話もあって、
ここまで、徹底すると
言い訳している暇が無く、
やるかやらないかだけであり、
充実した人生になると思います。
スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2014/06/19(木) 01:00:29|
  2. 【これは、エエヨ!】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (665)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (309)
自転車 (977)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (64)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる