世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

明日(5/3)の<皇國、大日本帝國再興直掩6駅連続街宣>用チラシ完成。

明日(5/3)の

<皇國、大日本帝國再興直掩6駅連続街宣>
”再軍備、核武装、祭政一致宣言”
~占領政策基本法=現日本国憲法破棄~

用チラシ完成。
<祭政一致、再軍備、核武装>世界に冠たる皇國、大日本帝國再興正統な日本国憲法制定~5月3日は、屈辱の日~

<祭政一致、再軍備、核武装>
世界に冠たる皇國、大日本帝國再興
正統な日本国憲法制定
~5月3日は、屈辱の日~

本日5月3日は、「政教分離」「戦争放棄」による日本弱体化の元凶である現日本国憲法施行日、即ち占領政策基本法施行日であり、日本臣民にとって、屈辱の日であります。憲法帰記念日として祝う日ではなく、この屈辱を晴らし、現日本国憲法を破棄し、「大日本帝國憲法」に回帰して、改めて、「正統な日本国憲法」:を制定する。それにより、<祭政一致、再軍備、核武装>を実現して、 我が国が、普通の独立国、更に、世界に冠たる皇國となる為、日本臣民が、皇國民として、奮起する日であります。

1.現日本国憲法の本質は、占領政策基本法
現日本国憲法は、GHQの占領下、オキョパイドジャパンに於いて、昭和22年(1947年)5月3日施行されました。「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」を謳う現日本国憲法は、世界に誇る平和憲法、この憲法をご本尊として拝み、「戦争放棄」「反戦平和」とお題目を唱えることで、戦後の日本の平和と経済発展が保障されたという御目出度い認識となっております。
しかしながら、憲法前文にて、日本国民の生存を、他国に委ね、「政教分離」「戦争放棄」を宣言する現日本国憲法は、内政不干渉を謳うウェストファリア条約違反、ハーグ陸戦条約違反であり、その本質は、日本の弱体化、属国化を目的とする戦勝国の占領政策基本法、あるいは、不平等条約であります。
本来の「憲法記念日」は、大日本帝國憲法制定の11月29日(明治23年(1890年))11月29日とすべきであります。現日本国憲法制定に於いては、大日本帝國憲法第73条に基づき、天皇陛下が憲法改正を発議・裁可なさしめられたという形をとっておりますが、どの部分を改正したかという対比は無く、一方的に、大日本帝國憲法を廃止し、新法として、現日本国憲法を制定したスタイルとなっております。また、大日本帝國憲法を廃止するという文言も、ありません。よって、現在でも、大日本帝國憲法は、有効であるとも言えます。

2.「皇統」、「皇室」が正しく、「天皇制」は、悪意のある共産党用語
天皇陛下は、天照大神の御子孫であらせられ、日本人の祖先は、神様であります。人間が作った制度として、廃止したり改変したりすることが可能である天皇制という言葉は、間違いであり、正しくは、皇統、皇室。皇統は、日本の國體、国柄そのものであります。「天皇制」という言葉は、 コミンテルン(国際共産党)によって、日本侵略の為に、作られた言葉であり、コミンテルン(国際共産党)が、昭和7年(1932年)5月に、「日本における情勢と日本共産党の任務に関するテーゼ」を採択し、昭和7年(1932年)7月10日付国際共産党日本支部中央委員会機関紙『赤旗』特別号に、日本語訳が掲載され、「天皇制」という悪意に満ちた共産党用語が流行る様になったのであります。

3.軍事力を無制限に行使できてこそ独立国→集団的自衛権より交戦権行使
「戦争は、外交の延長線上にあり、外交の一手段である。」これが、国際常識であり、その国際社会で、「戦争放棄」を宣言しておることは、他国の属国になります。と言っておるようなものであります。
自衛隊もありますが、自衛隊は、装備は、軍ですが、して良いこと(アクティブリスト)しか出来ない公務員という位置づけであり、世界各国の軍は、国際法等で定められたしてはいけないこと(ネガティブリスト)以外は、全く規制を受けず、自由に作戦行動できるのであります。これでは、自衛隊が非常に不利。よって、自衛隊を、「無制限交戦権が行使」できる「日本軍」として創設し、核武装することが、日本の仮想敵国である支那、北朝鮮、韓国の侵略を、抑止することになるのであります。
また、日米同盟においても、自衛隊が、集団的自衛権を行使する双務条約、イコールパートナーの日米同盟にしてこそ、にしてこそ、日本は、アメリカの言いなりを止めることができ、アメリカを教導することができるのであります。
日本国民 幸福実現党員 井上功一
〒561-0822豊中市三国2-3-4 446


スポンサーサイト



テーマ:平和憲法 - ジャンル:政治・経済

  1. 2014/05/02(金) 23:06:30|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (663)
後援会、選挙、解任通告 (549)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (302)
自転車 (969)
音楽 (20)
健康 (30)
【これは、エエヨ!】 (83)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (38)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる