世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【お知らせ】「『河野談話』の白紙撤回を求める署名」第一次締め切り→平成25年2月15日(土)党本部必着

井上功一です。

日本国民の皆様が、

大東亜戦争が聖戦であり、
従軍慰安婦が、
韓国が日本のご恩を忘れて、
たかって金を毟り取る為の
嘘出鱈目、捏造であることを理解され、

神洲不滅の皇國民として、
誇りを取り戻して頂く為に、
ご協力頂いております

「『河野談話』の白紙撤回を求める署名」の締め切りについて、

念の為、お知らせします。


1.締切
平成26年2月15日(土)第一次締め切り
平成26年3月31日(月)最終締め切り
 幸福実現党本部必着
署名用紙提出先:
〒107-0052 
東京都港区赤坂2-10-8-6F 幸福実現党本部 
TEL:03-6441-0754
*署名は、個人情報ですので、
書留で送られることをお薦めします。


2.提出予定
4月に内閣総理大臣に対する「請願」として内閣府に提出予定


3.「河野談話」の白紙撤回を求める署名用紙(ダウンロード)
http://info.hr-party.jp/files/2013/11/XJpuEair.pdf


4.付録:
都知事選において、
反日日本人が、
過去の遺物となった
夢想の「脱原発」で、
暴れておりますが、

一方で、
今年の正月三が日には、
例年の8倍245万人の方々が、
靖國神社へ参拝されました。
映画「永遠のゼロ」のヒットもあって、
大東亜戦争の真実を知らなかった
多くの若者が、
大東亜戦争が、正義の戦争、聖戦であったこと、
及び、
「特攻精神」に覚醒しつつあります。

身近なところでは、
戦後教育を受け、
日本が戦争に負けて
アメリカのお陰で、自由な国になった
良かったと言い、
韓流ドラマもよく見ていた
72歳の私の実母も、
最近は、
「従軍慰安婦は、毎日新聞の記者(千田夏光)が、
作った嘘出鱈目だねえけいな。
ようまあ、韓国の大統領は、
世界で、自国民が30万人従軍慰安婦だったなんて、
あんな恥なこと言ってなわるなあ。
韓国人、中国人は、人間違うわ。
あんな暴れて、馬鹿と違うか?」
と言う様になっております。


今年は、
世界に冠たる皇國日本再興の年
日本國民が、皇國民の誇りを覚醒させる年
であるとも言えます。

日本が、
仮想敵国でっもある近隣諸国(中国、韓国、北朝鮮)に、
たかられて、金をむしり取られる元凶に、
全くの嘘、出鱈目である
談話三兄弟
・宮沢談話
(歴史教科書選定に近隣諸国の干渉を容認)

・河野談話
(日本軍が朝鮮半島で、女性を強制連行し、
慰安婦にしたことを、謝罪しつづける)

・村山談話
(日本が侵略戦争で、アジアの国々を植民地支配し、
ご迷惑をおかけした事を反省し、謝罪しつづける)

があるのであります。

これを、遡って白紙撤回し、

大東亜戦争が、「八紘一宇」による聖戦であること
これを、世界に宣言することが、
日本が、真なる主権国家となる道であるのであります。

スポンサーサイト



テーマ:従軍慰安婦性奴隷制問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2014/01/24(金) 23:58:29|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (663)
後援会、選挙、解任通告 (549)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (302)
自転車 (968)
音楽 (20)
健康 (30)
【これは、エエヨ!】 (83)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (32)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる