世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【お知らせ】平成25年09月06日(金)11:00「(展転社裁判)支那の夏淑琴による日本への主権侵害裁判第六回口頭弁論」&報告集会

井上功一です。

平成25年09月06日(金)
11:00、
東京地方裁判所103号法廷
にて、

「(展転社裁判)
支那の夏淑琴による
日本への主権侵害裁判第六回口頭弁論」

開催されます。

終了後は、終了後、隣接の弁護士会館にて報告集会


一方的な南京法院の判決が、
日本で強制執行しようとする
支那による日本への
言論の自由侵害、
間接侵略
の裁判であり、
これを阻止すべく、
公判を傍聴し、
実態を知って頂き、
展転社を支援してくだされば、
幸いであります。


今回の裁判の実態。
夏淑琴(かしゅくきん) という支那の婆さんが、
海賊版の『「南京虐殺」への大疑問』 を、
元に、自分は、南京大虐殺の被害者で、
「精神的苦痛」を受けたとして、 起訴した結果、
南京の法院は、
著者の松村俊夫氏と展転社に対して、
計1200万円の賠償を命じました。
その後、
非国民な反日日本人のN弁護士が支援して、
南京の法院の判決の強制執行を求め、
東京地裁に訴訟した結果、公判が実施されており、
現在戦っていらっしゃいます。

N弁護士は、
東中野裁判時の反訴状で
「南京虐殺事件は日本の中国侵略の
実相を示す典型的な事件であり、
中国軍民に対し戦時国際法と
国際人権法違反行為を行ったことは
歴史的事実である。」
と書いており、
支那人そのものの歴史認識を、
持っております。


外国裁判所の判決を、
日本国内で強制執行する為
には、

民事執行法118条で
4つの条件を満たさなければ、
ならない
ことが定められております。

①法令または条約により
外国裁判所の判決権が認められること

②敗訴の被告が訴訟の開始に必要な呼び出しもしくは
命令の送達(公示送達その他これに類する送達を除く)
を受けたことまたはこれを受けなかったが応訴したこと

③判決の内容および訴訟手続が日本における
公の秩序または善良の風俗に反しないこと

④相互の保証があること

支那と日本の間に外国判決の承認・執行に関する
国際条約がなく、日本の判決が支那で
執行されなかったことがあるので、
④を具備せず、
また、
南京法院の1200万円賠償命令は、
支那平均年収の30年分に相当し、
日本の公序に反するので、
③も具備しません。
よって、
強制執行請求は、
却下
しなければならなりません。

もし、
この裁判で負けると、
今後、支那国内で勝手な判決が出され、
これを、日本で強制執行することになり、
日本は、法治国家でなくなり、
支那の属国状態、
言論も、支那共産党に統制されることになります

決して負けられませんし、
この支那の間接侵略が進行していることを、
多くの国民に知って戴きたく存じます。

裁判支援のカンパのお願い
・裁判勝利に向けての運動を結実させるために、
皆様の資金援助をお願い申し上げます。

【お振込先郵便振替口座】
口座番号00170-1-679142
加入者 展転社を支援する会 

<ご参考>
外国判決は、
我が国の裁判所で執行判決を得て初めて
執行できます。

民事執行法
(昭和五十四年三月三十日法律第四号)
最終改正:平成二三年六月二四日法律第七四号

(外国裁判所の判決の執行判決)
第二十四条  
外国裁判所の判決についての執行判決を求める訴えは、
債務者の普通裁判籍の所在地を管轄する地方裁判所が管轄し、
この普通裁判籍がないときは、
請求の目的又は差し押さえることができる債務者の財産の所在地を
管轄する地方裁判所が管轄する。
2  執行判決は、裁判の当否を調査しないでしなければならない。
3  第一項の訴えは、外国裁判所の判決が、
確定したことが証明されないとき、
又は民事訴訟法第百十八条 各号に掲げる要件を具備しないときは、
却下しなければならない。
4  執行判決においては、
外国裁判所の判決による強制執行を許す旨を宣言しなければならない。

(外国裁判所の確定判決の効力)
第百十八条  外国裁判所の確定判決は、
次に掲げる要件のすべてを具備する場合に限り、
その効力を有する。
一  法令又は条約により外国裁判所の裁判権が認められること。
二  敗訴の被告が訴訟の開始に必要な呼出し
若しくは命令の送達(公示送達その他これに類する送達を除く。)を
受けたこと又はこれを受けなかったが応訴したこと。
三  判決の内容及び訴訟手続が
日本における公の秩序又は善良の風俗に反しないこと。
四  相互の保証があること。

スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/09/05(木) 01:42:53|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (663)
後援会、選挙、解任通告 (549)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (302)
自転車 (969)
音楽 (20)
健康 (30)
【これは、エエヨ!】 (83)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (39)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる