世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

平成25年09月30日(月)「宮崎駿は、GHQ教育(反日教育)によって汚染された非国民」

井上功一です。

宮崎駿監督が、

「今、零戦の映画企画があるらしいですけど、それは嘘八百を書いた架空戦記を基にして、零戦の物語をつくろうとしてるんです。神話の捏造をまだ続けようとしている。『零戦で誇りを持とう』とかね。それが僕は頭にきてたんです。子供の頃からずーっと!」

「相変わらずバカがいっぱい出てきて、零戦がどうのこうのって幻影を撒き散らしたりね。戦艦大和もそうです。負けた戦争なのに」

「僕は思春期の頃、親父と戦争協力者じゃないかってもめた経験があるんですけど。そうやって断罪していくと、ほとんどの人が戦争協力者だと言わざるをえない。隣の韓国とか北朝鮮とか中国とかフィリピンとかインドネシアとかね、そういう側から考えると、それは加害者であるという」

宮崎駿が『永遠の0』を酷評
宮崎駿、『風立ちぬ』と同じ百田尚樹の零戦映画を酷評「嘘八百」「神話捏造」

http://biz-journal.jp/2013/09/post_2979.html

言っておる様であります。


宮崎駿監督は、1941年〈昭和16年〉1月5日生まれ、
私(井上)の実母と同い年。
やはり、
GHQの戦後教育(反日教育)を徹底して受け、
非国民、非現実戦争忌避平和主義者
なっておる様でありますね。
「神話」という言葉が殊更嫌いな様であります。

私の実母も、
日本が戦争に負けて良かった。
アメリカのお陰で、
日本は、自由な国になった。
と未だに言っておりますからね。

また、
特攻隊員の皆様方に対する無礼も、
60代、70代の方々が多い様に思います。

この60代、70代の方々を、
戦争忌避及び、戦前日本極悪非道加害者の呪縛から、
開放し、
皇國民として、
覚醒
させることが、
日本が、
世界に冠たる皇國として再興する
ポイントであります。


 143機撃墜の零戦のエース
西澤 廣義 飛曹長
西澤 
 


 

スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/09/30(月) 23:49:22|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad