世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【実施模様】8/6(火)神崎川駅西口<サラリーマン出勤前原爆の日追悼街宣>「聖戦=大東亜戦争」過ちを繰り返さない為には、「日本再軍備」「日本核武装」「正統な日本国憲法制定」   



井上功一です。
本日(8/6)の

<サラリーマン出勤前原爆の日追悼街宣>
「聖戦=大東亜戦争」
過ちを繰り返さない為には、
「日本再軍備」
「日本核武装」
「正統な日本国憲法制定」

実施模様を、報告致します。

1.実施日時、場所:
08/06(火)7:00~7:30
阪急電鉄園田東口


2.実施結果

演説者:
井上功一

「大川談話
~大東亜戦争=聖戦!
村山談話・河野談話無効宣言!!~」
チラシ20部程度

※現地より、直接出勤の為、
旭日旗、幸福実現党幟は、
掲揚せず、襷、腕章のみ。


3.巷の声、様子
・「~大東亜戦争は、
『八紘一宇』に基づく聖戦。
国事として
天皇陛下に、靖國神社へ行幸啓賜り、
御親拝していただくことが、本来であります。
幸福実現党は、
英霊の名誉をお護りし
世界に冠たる皇國日本の再興を願い、
死力を尽くして、日夜戦っております。~」
と極めて大音声でやっていると、
50代男性が、
「よく言ってくれた。
ありがとう。」
と握手を求めに来られました。
賛同して下さる方は、
多々ありました。


・「原爆の碑にある
『安らかにお眠りください。過ちは、繰り返しませぬから。』
の過ちは
戦後、アメリカが、
投下により原爆の威力を、
イエローモンキー
黄色人種である日本人で
確かめたことを正当化する為

そして、
日本を占領統治する為、
戦前の日本は、
軍國主義で、戦争をし、
罰として、
アメリカに原爆を落とされ、
戦争に負け、
アメリカのお陰で、
日本は、
民主主義の国になった。

と日本国民の多くが、
マインドコントロール
されておりますが、

この過ちの本当の意味は、
皇國=大日本帝國が、
・聖戦=大東亜戦争に負けたこと
・広島、長崎に原爆が落とされ、民間人30万人が、
虐殺されたこと


であります。
この過ちを繰り返さない為には、

・二度と戦争に負けない様に、敗戦の原因を十分研究し、
現代の仮想敵国である
支那、韓国、北朝鮮の
軍事力を十分研究して、
<日本が再軍備、軍備増強>すること
・二度と他国から核攻撃を受けない様に、
<日本が核武装>すること
そして、
・核兵器の原料プルトニウム239を生産し続ける
間接核抑止力である
原子力発電所を、
稼働し続けること

であります。

また、
アメリカの言いなり=アメポチを止める為
自衛隊集団的自衛権を行使する
イコールパートナーの 日米軍事同盟
改めること
であります。~」
他、
楽しく演説。


4.以降の予定

08/07(水)
休み

08/08(木)7:00~7:30
阪急電鉄豊中駅2階人口デッキ

08/09(金)7:00~7:30
阪急電鉄石橋駅東口

08/12(月)6:45~7:15
能勢電鉄ときわ台駅前

08/13(火)6:45~7:15
阪急電鉄光風台駅前

08/14(水)7:00~7:30
阪急電鉄池田駅

08/15(木)10:20~
靖國神社参拝


スポンサーサイト



テーマ:右翼 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/08/06(火) 08:40:10|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (671)
後援会、選挙、解任通告 (555)
祭政一致、國史、教育 (526)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (207)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (321)
自転車 (1002)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (86)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる