世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【実施報告】2013年04月23日(火)月刊誌ふれあい配布兼「森よしひろ支持依頼」戸別訪問




井上功一です。

本日(4/23)は、
勤務終了後、

19:00前~21:00頃まで、

「森よしひろ」
の顔と名前を
売り込む為、
定例月刊誌ふれあい配布を
兼ね、
戸別訪問を実施しました。

12軒訪問し、
6軒で、ご本人かご家族にお会いできました。
ご不在のところは、
不在通知と
二連チラシ・森よしひろ名刺
を、投函。


訪問先の声:
・60代女性:「お隣さんに聞いてみますわ。」
と支持者カードを3枚受領。

・30代男性:「とりあえず、1枚でいいですよ。」
と支持者カードを1枚受領。

・50代女性:「いっしょに、戸別訪問するから、
やる時は、連絡してや。
口だけなったらあかんから。」

*巷では、支持者を紹介してもらうのは、
ほんと当たり前みたいですね。
皆さん理解を示し、
賛同して下さいます。


付録:
現在、
皇太子殿下、サッチャーさん、
長谷川慶太郎さん、ネッシー
の公開霊言が、
発売され書店に並んでおります。

サッチャーさんは、
過去世で、
ビスマルク、
ダビデ
であった様です。

サッチャーさんは、
「守るのではなく、
素晴らしく、
美しい日本の
伝統や歴史を守る為に、
中国を攻撃しなさい。
日本が、
中国を核攻撃しないのは、
なぜですか?」
といった様な嬉しいことを、
言って激励してくださっています。
やっぱり、「鉄の女」、偉い!


我が日本は、
エル・カンターレを奉戴せる
世界に冠たる
崇高で強靭な主権国家として、
世界人類に責任を果たす為、

皇國の弥栄を願い、
神洲の不滅を信じ、

「戦争放棄破棄」
「政教分離破棄」

・正統日本国憲法制定
・日本再軍備
・日本核武装
・スパイ防止法制定
を、世界に宣言し、

有事においては、
憲法9条適用除外
超法規的措置にて、
自衛隊が日本軍として
無制限交戦することと、
集団的自衛権を行使して
同盟国と共に作戦行動することを、
支那、北朝鮮、イスラム武装勢力
に通告することであります。

また、
皇國史観により、
日本の歴史(国史)に
自信と誇りを
持つことであります。

幸福の科学内部においても、
日本が大東亜戦争に負けなければ、
幸福の科学が日本に出て来れなかった。
という様な論調がありますが、
これは、当時の方便かもしれません。

天照大神も、
おっしゃってますが、
日本が勝っておれば、
ソ連、中華人民共和国も
存在しておらず、
東西冷戦もなく、
社会主義、
唯物論が
これほどまで、
世界に広がらず、
仏の世界計画が
より進捗したはずであります。
やはり、
日本が大東亜戦争に負けたのが
最大の失敗だったのであります。

これは、私(井上)の私見ですが、
日本が勝っていて、
神道の力が強かったとしても、
皇室に、
エル・カンターレがご生誕くだされば、
本当の現御神(あきつみかみ)
となられ、
真なる祭政一致の國體が
体現されていた可能性もあります。

スポンサーサイト



テーマ:幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/04/23(火) 23:47:18|
  2. 後援会、選挙、解任通告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (663)
後援会、選挙、解任通告 (549)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (302)
自転車 (969)
音楽 (20)
健康 (30)
【これは、エエヨ!】 (83)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (37)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる