世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【実施模様】2012年10月31日(水)8:00~8:30サラリーマン出勤前街宣「大阪市役所前辻立ち~日本維新の会橋下代表へ!~」(梅田後援会主催)

121031_0754~001



井上功一です。

今朝
10月31日(水)
8:00~8:30

梅田後援会主催
サラリーマン出勤前街宣
大阪市役所前辻立ち
~日本維新の会橋下代表へ!~

実施模様を、以下、ご報告致します。

1.実施日時、場所
10/31(水)8:00~8:30
大阪市役所前
北区中之島1の3の20


2.参加者
梅田後援会
I林(男)さん
Y田Hさん

豊中後援会
K畑Y子さん
井上功一

演説は、
Y田さん、井上が実施


3.実施結果
・「幸福実現NEWS」、
ハピカム創刊号、
幸福を実現する先見性

計40部程度


4.巷の声、様子
・流石、大阪の中心部、通勤客は、多かったです。
PR効果抜群。
チラシの受けは、女性の方が良かったです。


・市役所の南側に「がれき処理反対」の垂れ幕を掲げて、
テントを張っている人たちがいました。
私が「脱原発など、ポピュリズムそのものです」と、
演説していると、テントのなかで、人影が動いていました。
(結局、来なかった)
市役所の敷地内(わたしたちの正面)で、
「団結」の赤ハチマキをした3名がビラを配り始めた。(組合活動の様子)
わたしたちとは、視線を合わせない。
市役所の警備員は、注目していたが、無言。
(Y田さん談)


・街宣をしていると、赤腕章着用の自治労?組合員である大阪市職員数人が、
チラシを配り始めましたので、
特に強調して、
「~原爆により30万人が虐殺された唯一の被爆国として、
二度と他国から核攻撃受けない様に、
核武装するのは、当然。
核兵器の原料であるプルトニウム239を生産する
原発は、
日本の間接核抑止力であり、
原発は、
国防上から稼働させ続けなければなりません。~」
と啓蒙致しました。


・演説は、
「~10月26日に明らかになった
橋下大阪市市長が代表を務める
日本維新の会の公約が明らかになりました。

今までどおり、
道州制によるガバナンス
地方分権強化推進

強調されております。

然るに、
日本維新の会
の名前にある
「維新」は、明治維新のことであり、

明治維新の本質は、
当時、
アジアを席捲しつつあった欧米列強の植民地支配から、
日本を護り
國體護持、国益確保の為に、

大政奉還、王政復古
廃藩置県、琉球処分により、
諸藩の地方分権体制を覆し、
天皇陛下を中心とした

強力な中央集権体制
及び
神国日本の国家主権強化

にあったのであります。

今、日本は、
中国の日本占領工作に晒されており、

道州制、地方分権は、

『反オスプレイ、琉球独立。』
でいうことを聞かない、
仲井間沖縄知事の様な人間を増やし、
日本が、中国に占領される道であります。

今、必要なことは、
地方分権という
江戸時代の幕藩体制への逆行ではなく、


規制と保護の撤廃による
日本国民の自立促進により、
財政を圧迫する
福祉、社会保障への予算削減、

中央集権による、
軍備増強、外交能力を、
強化
であります。~」
他、
占領政策基本法=現日本国憲法廃棄
正統日本国憲法制定

2030年原発全廃は、ナンセンス
日本の間接核抑止力である原発は、
国防上稼働継続必須。

2045年米軍基地全面撤退は、
代替として、
日本核武装
自衛隊交戦権付与日本軍創設
日本の国防費増額
が必須であること。

国政に関わるなら、
橋下市長は、
大阪市長を辞して
取組むことが、
日本国民に対する誠意であること。


を演説しておきました。



ハロウィンの日に相応しい、
楽しい朝でした。
仮想してやったら、
面白かったかもしれません。


スポンサーサイト

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

  1. 2012/10/31(水) 12:32:22|
  2. 後援会、選挙、解任通告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad