世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【拝聴報告】2012年09月02日(日)「国を守る宗教の力」

井上功一です。

9/2(日)は、

昼間は、
体力維持、美容の為、
美山、佐々里、花背ロングライドで、
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/blog-entry-827.html
200km程度
自転車に乗っておりましたので、

帰還後、

昼間開催された
「国を守る宗教の力」
の録画拝聴を、
豊中支部でいて参りました。

今回は、
総裁先生は、
韓国、支那の無礼、不敬に、
激昂されており、
非常にストレートな御言葉で
お話され、
我々に対し、
正義を貫くなら、
日本人は、
もっと
はっきりものを言うことが大事。
もっと怒らなくてはならない。

また、
愛国心は、
神話
正しい近代史
を理解し、
万世一系
神武天皇より、
125代
2672年皇統が続く
世界に冠たる日本の歴史に、
自信と誇りを持ち、
語れる様になることである。
救世主が生まれる国は、
神国日本以外に有り得ない。
ローマ帝国も千年続かず。
イギリスも、1000年前は、バイキング。

と、常々、
私(井上)が、申しておることを、
おっしゃってくださり、
感無量でありました。
今後とも、
当たり障りのない表現は、
避け、
ストレートに
発言して参ります。


<主な内容>
尖閣諸島、竹島、北方領土も、
日本固有の領土であることは、明確。

尖閣諸島は、
江戸時代から、
日本人が居住し、
鰹節、
フランス貴婦人の帽子の
羽根飾りは、
尖閣諸島でアホウドリを捕まえ、
日本が供給していた事実

竹島は、
江戸時代から日本が実行支配しており、
日本の大陸棚にあり、
日本の領土であることは、明らか。
韓国の大陸棚にあるウツリョウ島が、
竹島と呼ばれていることもあり、
これで混乱しているところもある。
1910の韓国併合、
その後の36年の統治を恨んでいる様だが、
当時、GDP世界1位の清国を破った
強国日本の総理大臣
伊藤博文を、
ハルピンで暗殺したりしたら、
併合されて当然。
また、36年の日本統治で、
朝鮮半島が近代国家となっていった。

北方領土も、
本当は、樺太まで、日本領土である。
日蓮宗の伝道の記録
間宮林蔵の測量
からも明らか。


他国を脅してたかり続け、
自国民の不満を、他国のせいにして、

国際人として、最低レベル
残酷な国民性を持つ
中国、韓国、北朝鮮は
宇宙の果てへ行け!
レプタリアンの星へ行って、
食料になれ!!

日本を侵略されて、たまるか。

戦争をやるとして、
通常兵器では、
隊員の錬度、装備の優秀さから、
日本の自衛隊は、
韓国、中国に負けない。
但し、核兵器が要素として入ると別。
また、
自衛隊の最高指揮官は、
政治家、総理大臣なので、
判断を誤る可能性もあるし、
気力がなければ、戦えない。


愛国心も、忠君愛国以外に、
民主主義下で、
祖国を防衛しようと国民が、一丸となる
愛国心もある。
愛国心と民主主義は、一致する。

石原慎太郎tより怖いのが、
神武天皇
神武天皇は、右翼の総帥であることが、よく分かる。
神武天皇より怖いのが、
エル・カンターレ。



スポンサーサイト



テーマ:日本を正常な国に戻したい - ジャンル:政治・経済

  1. 2012/09/03(月) 22:33:46|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (673)
後援会、選挙、解任通告 (555)
祭政一致、國史、教育 (528)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (211)
宇宙 (44)
行楽、親睦 (322)
自転車 (1005)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (86)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる