世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【ご案内】7月28日(土)13:30~ 石平氏「中国――崩壊と暴走 3つのシナリオ」公開講演会 於幸福実現党ユートピア活動推進館

井上功一です。

以下、
ネイティブの日本人以上に、日本人である
石平先生の講演会ご案内です。

東京開催ではありますが、支那殲滅解放戦の一助となる講演でありますので、積極的にご参加頂ければ、幸いです。



ココカラご案内
石平氏「中国――崩壊と暴走 3つのシナリオ」公開講演会開催!!

来る7月28日(土)、石平氏「『中国――崩壊と暴走 3つのシナリオ』 なぜ、2012年が危機の年、決定的転換点なのか」を幸福実現党ユートピア活動推進館にて開催致します!

本講演会は、石平先生の最新刊『中国――崩壊と暴走 3つのシナリオ』(幸福の科学出版⇒http://goo.gl/LuYAg)の発刊記念講演会を兼ねるものです。

中国では経済の高度成長が終焉し、昨年から反乱が急拡大。中国共産党内では権力闘争・軍の不気味な始動が始まっています。

今後、中国は崩壊するのか、暴走を始めるのか?中国問題評論家の石平氏が、中国5000年の歴史背景を踏まえながら徹底分析!

当日は『中国――崩壊と暴走 3つのシナリオ』の販売、石平氏によるサイン会も開催!

党員・一般の方どなたでもご参加頂けます。ぜひ、ご友人をお誘い合わせの上、ご参加ください。お待ち申し上げております。

ご参加のお申し込みは、「お名前」を明記の上、講演会事務局までメールを頂きますようお願い致します。⇒公開講演会事務局【info@hr-party.jp】


■石平著「中国――崩壊と暴走 3つのシナリオ」発刊記念講演会概要

【日時】7月28日(土)13:30~

【演題】「『中国――崩壊と暴走 3つのシナリオ』 なぜ、2012年が危機の年、決定的転換点なのか」

【講師】中国問題評論家 石平氏

【会場】ユートピア活動推館
港区赤坂2-10-8(地下鉄溜池山王9番出口から徒歩3分)⇒http://goo.gl/ZKX0L
電話:03-6277-6937(休館日を除く10時~18時)

【会費】1,000円

【共催】幸福実現党・幸福の科学出版

【石平(せき・へい)氏プロフィール】
中国問題評論家。1962年、中国四川省成都に生まれる。北京大学哲学部を卒業後、四川大学哲学部講師を経て、88年に来日。95年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。
2007年に日本国籍に帰化。2008年より拓殖大学客員教授に就任。主な著書に『わが子に教えたい日本の心』『謀略家たちの中国』『私はなぜ「中国」を捨てたのか』『中国ネット革命』など多数。

■今後の公開講演会開催スケジュール

《高田純教授「『放射能・原発、これだけ知れば怖くない!』―放射線防護学者があなたの不安にすべて答える」》

『放射能・原発、これだけ知れば怖くない! 』(幸福の科学出版⇒http://goo.gl/qC9Wv)発刊記念講演会

【日時】8月4日(土)13:30~

【講師】高田純教授(札幌医科大学教授放射線防護学(大学院医学研究科)、放射線防護情報センター主宰)

【会場】ユートピア活動推館
スポンサーサイト



テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2012/07/12(木) 12:46:08|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (673)
後援会、選挙、解任通告 (555)
祭政一致、國史、教育 (529)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (211)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (322)
自転車 (1004)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (87)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる