世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【参加報告】2012年04月18日(水)「日本救済・繁栄実現の集い(拡大政治部長会議)」於大阪正心館

井上功一です。

4/18(水)
大阪正心館で、
開催された
「日本救済・繁栄実現の集い」
(拡大政治部長会議)

の参加報告致します。

いつもの政治部長会議と違い、
大阪本部主催でしたので、
少々、お上品でした。


豊中支部からは、
八巻支部長
青田和弘さん
野口明子さん
井上功一
が参加。

<第一部>
Ⅰ.軽部部長のお話
1.救国植福期間における具体的成果
宗教の使命は、未来の悪を押し止め、善を推し進めること

1つは、「財務省のスピリチュアル診断」の献本により、
日銀がインフレ目標を1%に設定。

2つ目は、「財務省のスピリチュアル診断」の献本により、
4/5の朝日新聞に、「脱官僚の陰で握手」という見出しで、
一面記事が出た。

3つ目は、「「週刊文春」とベルゼベフの熱すぎる関係」発刊で、
嶋田真編集長が、1週間で交代になった。

4つ目は、若干手前味噌だが、北朝鮮のミサイル発射を失敗させた。


2.ファイナルジャジメントについて
①教団のテーマ
2012年のテーマは、
「宗教って素晴らしい。」
4月5月6月のテーマは、
「愛の循環速度を高める」
②会員、信者になって映画にいこう。
・映画で、伝道しようと思わず、遠慮せずに、可能なら即伝道。

③ファイナルジャジメントの意義

・幸福実現党のPR映画

・近畿ブロックで当選者を出す
主が立候補され、
「大阪よ、日本を救え!」と御言葉を賜った。

3.入会→三帰→活動が、スムースに行く様に。
・活動のきっかけアンケート結果
一位:法の感動
二位:法友の存在
三位:教団、政党のボランティア
四位:精舎への参拝、研修

Ⅱ.西川本部長のお話
1.「大阪よ、日本を救え!」
大悟祭で、総裁先生は、
「もうちょっとで、潮目が変わる。」
とおっしゃっている。

2009年には、東京から近畿ブロックに変更し、
立候補された。
最後の街宣も、急遽、大阪に変更になった。

「今年が、勝負の年」

2.100%信仰、100%愛
100%とは、
「例え何があろうとも」
信じ、愛するということ。
こちらの本気度が、相手を感化。


Ⅲ.その他
大阪府本部幹事長が、
増山さん→吉良さんへ

<第二部>
選挙対策委員兼広報担当
に就任された
増山さんを交え、
恒例の
よりディープで実り多い
二部(懇親会)にも参加して参りました。

1.選挙時期の予想
・2012年9月ごろ
増税法案廃案、野田さん退陣。
フランケンシュタインの岡田さん首相就任。
解散。
2009年の様に、9月ころにずれ込む

・民主党が、粘りに粘って、
2013年夏、衆参同時選挙。


2.組織強化
・戸別訪問継続による定期的支持者フォロー必須。
政治宗教一体活動
*絨毯爆撃から白兵戦にシフトする必要がある。
映画活動が、ちょうど良いきっかけとなる。
最低、信者、会員は、戸別訪問して、
鑑賞券(前売り券)販売する必要がある。

・幸福実現党のPR映画「ファイナルジャジメント」を活用。
映画の内容に、自信を持って、映画をお勧めする。
即ち、
日本人に、支那の侵略が着実に進んでおり、
日本人が、
祭政一致の神国=日本の自覚に目覚め、
祖国日本は、自分で護るという気概が興隆しなければ、
日本は、支那の植民地となることを、
警鐘し、現実を直視させるのが、
映画「ファイナルジャジメント」であり、
日本を護れるのは、
幸福実現党しかないことを、
自負して、
映画「ファイナルジャジメント」をお勧めすることが必須。
その自信が、日本国民を教導することになる。


3.自由な大阪の組織文化が日本を救う。
・総合本部他上位組織の顔色を
お伺いすることなく、
自助努力、自己責任の精神により、
自分で考えて、行動する。
この大阪の自由な組織風土が、
政治活動には、必要。
これを、在家主導、在家主体ともいう。

大阪の風土を、全国へ輸出する必要がある。

・いつも
右翼と言われている
石原都知事の発言が、
普通の発言に見える様に、

我々は、
正論として、
極右と言われるくらいの発言を、
躊躇することなく
積極的することが必要。
井上が言っていることも、
戦前なら、中道右派ぐらいの
一般日本国民の認識。

・4/25の原発再稼動要求デモも、
左翼2団体が、
同日反原発デモを予定していて、
届けを出しに行った時、
警察が、左翼を怖がってそうです。

しかしながら、
「左翼、結構、神の鉄槌で叩き潰す。」
「左翼のじいさん、ばあさん
ちっとも怖わないわ。
左翼も高齢化社会や。」
「左翼と乱闘なったら、新聞載って
宣伝なってええんちゃうか?」
と、
二部参加オッチャンたちは、
盛り上がっておりました。


*増山は、
「大阪帰ってきて、井上さんと軍歌歌うと、
ほっとするわ。
また、軍歌歌いましょう。」
とおっしゃっていました。
お世辞かもしれませんが。

今回は、遅かったので、
カラオケには、
行きませんでした。

スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2012/04/21(土) 11:24:25|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (663)
後援会、選挙、解任通告 (549)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (302)
自転車 (969)
音楽 (20)
健康 (30)
【これは、エエヨ!】 (83)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (38)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる