世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2011年11月05日(土)靖國神社参拝

井上功一です。

2011年11月09日(土)
13:00~16:00

日比谷野外音楽堂の

「増税が国を滅ぼす!国民集会」
http://www.hr-party.jp/new/2011/13709.html

(宗)幸福の科学「今日の模様」
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/blog-entry-104.html
にも掲載。

夜行バスで、早朝に到着したので、

靖國神社

に参拝し、

前回(1/9)同様
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/blog-entry-14.html


国家の英霊のご遺徳を偲び、
武勲を讃え、
感謝を奉げて参りました。


参拝者には、
七五三のご家族
若いカップル
若い女性
も多く、

若い女性が、
大鳥居を出る際、
一礼をして、出て行く姿が、
本当に、美しかったです。

遊就館

遊就館ホームページ
にも、
前回同様立ち寄り、

映画『みたまを継ぐもの』
も、鑑賞いたしました。

・家族、郷土を護る
・祖国日本の國體護持、弥栄の繁栄
・アジア、アフリカの解放、独立、
・防共、
を願い、

特攻隊員はじめ、
将兵の方々、
従軍看護婦の方々は、

「靖國で会おう。」と、

悲壮感なく、
生死一如、
自ら進んで任務を遂行されていらっしゃった
大東亜戦争の真実を、
改めて、実感致しました。

また、
神功皇后は、

新羅征伐に際し、
・捕虜を虐殺してはならない。
・占領地で略奪をしてはならない。
と仰せられ、

これが、
皇軍の軍規に継承され、
軍規が厳しい皇軍が、
いかに人道的で、
「武士道」を貫く、
軍隊であるかを、
発見しました。


今後とも、
我が国が、
神話から始まる
「神の国」であること、

日本の正しい近代史
・我が国の自存自衛、
・アジア、アフリカ解放独立
・八紘一宇の精神による世界和平
を願った
聖戦の連続であったこと、

を正しく伝え、

その為、殉じられた
国家の英霊に、敬意を表する
風土にすべく、
今後とも、
日本国民を、
教導啓蒙して参ります。

これが、
至高神=エル・カンターレを戴く、
世界に冠たる崇高で強靭な日本となる道である 
考えております。
*ゲルマン民族においても、戦死した英雄は、
死後、ヴァルキューレに導かれ、
戦士の殿堂ヴァルハラに赴くという神話がありますし、
イスラム教徒は、聖戦で戦死すると
天国へ還れるという教え(招魂社の思想)
があります。

即ち、
国家の英霊を、敬い、武勲を讃えることは、
世界共通の心であります。



首相、閣僚の公式参拝は、当然として、
可能ならば、
国事として、
天皇陛下に、ご行幸頂き、
御親拝賜ることが、
本来であると思っております。
「大村益次郎」銅像
(過去世:宇宙ファイター、ジャガー型宇宙人)
111105_0837~001 

第二鳥居
111105_0841~001 

拝殿
111105_0851~001 
スポンサーサイト



テーマ:大東亜戦争の本当のこと - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/11/06(日) 20:08:06|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (673)
後援会、選挙、解任通告 (555)
祭政一致、國史、教育 (528)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (211)
宇宙 (44)
行楽、親睦 (322)
自転車 (1005)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (86)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる