世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2678年05月12日(土)「六甲山ヒルクライム」(武庫川経由)但し、途中迄


井上功一であります。
多忙で、なかなか投稿できませんでしたが、

五月晴れの05月12日(土)
180512_1504~001

昼過ぎから、
ロードレーサー(自転車)にて、


43号線、武庫川右岸河川敷道路経由で、
180512_1330~001

逆瀬川から、
六甲山(890m)ヒルクライム実施。

氣温は、平地で、22~25℃
六甲山で、15℃で
涼しく、快適ヒルクライム。
180512_1504~002

ロードバイク他
マウンテンバイク。

多くのサイクリストが、
走っておりました。
180512_1505~001

夕方、
シネりーブル梅田で、

「さらば青春、されど青春。」
を観る為、

15:00になった時点で、
半分程上ったところで、
折り返し帰還。
180512_1501~001

多少の運動には、なりましたので、
良しとしたい。と思います。
180512_1505~002

ルート
伝法→43号線→伝法大橋→武庫川大橋東詰→武庫川左岸道路
→武庫川橋→武庫川右岸河川敷道路
→宝塚新大橋→逆瀬川→明石神戸宝塚線→逆瀬川→六甲山頂
(往復)


T2:51:53
D56.32
A19.6
M67.5

スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/05/16(水) 07:46:37|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2678年05月06日(日)豊岡→大阪市此花区伝法 ロングライド

井上功一であります。

本日は、
朝から、曇りの
ゴールデンウィーク後半
第四日目。最終日。

円山川
180506_0916~001


ボケ知らずで、
よくしゃべる実母の話を、
早朝から、いろいろ聞いた後、

三日間滞在した
兵庫県北部但馬、豊岡の実家から、
大阪市此花区伝法の自宅へ

ロードレーサー(自転車)で、

9:00過ぎころから、帰還することにしました。

ハンドルバーの
右エンドキャップが、
脱落していたので、

地酒「久美の浦」一升瓶の蓋で代用。
180506_1803~001

ピッタリ合って、
なかなかいい趣味。

氣温23℃くらいで、涼し目。

常に強い向かい風で、
時々、突風が吹いたりしましたが、

平地では、強風時は、インナーに落とし、
90回転以上を維持して、
ペダルを回しておりましたので、
かなりスローペースながら、
全く疲れず、帰還。

強風の為、各地の鯉幟は、
勢い良く泳いでおりました。
180506_1008~001


レモン炭酸水を補給した
青垣のローソンでは、
70代男性店長が、
「何処まで、行かはる>」
→「大阪迄です。」
「後100kmくらいやなあ。
この前も、三宮(神戸)から300km走る人が、
来とったわ。
飴でも舐めて、頑張って。」
と、
パイン飴のオレンジ飴2個くださったり、
東経135°

180506_1142~001


バスタとオレンジジュースを補給した
篠山のファミリーマートでは、
50代奥さんが、
「何処までいかはるん。」
→「大阪迄です。
豊岡からの帰りです。」
「途中なんですね。
この前も、内に寄ってくらはったし、
どのくらいかかります。」
→「今日は、強い向かい風なんで、
6~7時間くらいですねえ。」
と少々談笑。
180506_1347~001


多少なりとも、
「自転車」を
伝道することが、
できました。

遠阪峠
180506_1110~001 



鐘ヶ坂トンネル
180506_1255~001 

篠山
180506_1350~001 

城東トンネル
180506_1435~001 

西峠
180506_1458~001 

屏風岩
180506_1537~001


豊中付近から
小雨が降って来ましたが、
本降りになるまでに、無事帰還。


今年も、
充実したゴールデンウィーク
となりました。

ルート
戸牧→426号線→円山大橋西詰→312号線→上小田橋
→円山川右岸道路→和田山→遠阪峠→427号線→青垣
→青垣柏原線→柏原→新鐘ヶ坂トンネル→176号線→味間新
→池上杉線→糯ヶ坪→篠山三南線→八上下→372号線→日置北
→古坂峠、城東トンネル→西峠→猪名川渓谷ライン→川西三田線
→呉服橋→猪名川左岸河川敷道路→猪名川左岸道路→戸ノ内
→モスリン大橋→なにわ自転車道→大和田西→43号線→伝法大橋→伝法


T7.09.59
D158.56
A22.1
M59.4


テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/05/06(日) 21:32:35|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2678年05月05日(土、祝)<端午の節句>津居山湾、氣比ノ浜









井上功一であります。

本日は、
兵庫県北部豊岡市城崎町の
来日岳ヒルクライム後、

円山川河口、津居山湾
にある

氣比ノ浜迄ポタリング。

テントが多く張られ、

バーベキュー、水遊びに興じる人で賑わっておりました。
岩場では、釣り人多数。

氣比ノ浜は、
遠浅で、穏やかなビーチですが、
円山川河口にあるため、
雨の後は、
ゴミが多く漂着して、
幼少時、海水浴には、
あまり行きませんでしたが、
今日、久し振りに寄りましたが、
日本海ですので、
白砂青松、
流石、美しい海です。

潮の香り漂う湾には、
鯉のぼりが、なびき、

のどかな漁村。

潤沢な自然パワーを、


補給し、実家へ帰還。

テーマ:自転車旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2018/05/05(土) 20:34:06|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2678年05月05日(土、祝)<端午の節句>来日岳(566.7m)ヒルクライム+氣比ノ浜ショートライド          
















写真は、
円山川から望む来日岳
来日集落から望む来日岳
来日林道
藤の花
藤の花
来日岳山頂電波塔
来日岳山頂電波塔
来日岳山頂から望む円山流域豊岡市内
来日岳山頂から望む円山流域豊岡市内
来日岳山頂から望む円山流域豊岡市内
来日岳山頂
来日岳山頂
来日林道山頂付近
来日岳山頂から望む津居山港、日本海
氣比の浜

井上功一であります。
ゴールデンウィーク後半3日目
端午の節句
5月5日は、
実家の風呂掃除をした後、
五月晴れの下、
久し振りに、
円山川河口、城崎温泉に聳え、
一等三角点のある

来日岳(566.7m)へ、

ロードレーサー(自転車)で、
ヒルクライム。


氣温は、27℃くらい。
山頂迄の急峻な林道は、
澄み切った青空、
より濃くなった緑、
涼しい風が、心地好く、
藤の花他、草木の花が咲き始め、
しきりに、熊蜂が飛び回っておりました。

林道では、狸が、道を横切り、
冬眠から醒めた蛇が、はい回り、
五月の季節感を演出。

山頂では、
自動車で登って来られた
豊岡市内の60代ご夫婦と、
少々、来日岳談義。

山頂には、
電波塔があり、
360゜の展望。
津居山港、竹野浜、日本海、
円山川流域、豊岡市内
が望め、
初日の出、雲海の名所でも
あります。

山頂には、20分程度滞在し、
下って、
城崎のローソンで補給を取り、

折角、円山川河口迄来ましたので、
氣比ノ浜へ行き、実家へ帰還。
氣比ノ浜は、キャンパーが多く、
海水浴をしている人もおりました。

今日も、自転車三昧の一日でした。



ルート
戸牧→426号線→下陰→178号線→宮島→豊岡瀬戸線
→来日→来日林道→来日岳山頂→来日林道→来日
→豊岡瀬戸線→港大橋→氣比ノ浜→港大橋→豊岡瀬戸線
→城崎大橋→玄武洞→野上→豊岡大橋→下陰→426号線→戸牧



T3.44.07
D62.85
A16.8
M53.9




テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/05/05(土) 20:25:26|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2678年05月04日(金、祝)大阪市此花区伝法→豊岡みどりの日 ロングライド






西峠
鐘ヶ坂峠
ローソン柏原店
丹波市遠阪峠手前
遠阪峠



井上功一であります。

本日は、
少々曇り勝ちの
ゴールデンウィーク後半
第二日目。

1ヶ月半ぶりに、

ロードレーサー(自転車)で、
11:30頃から
兵庫県豊岡市の実家へ
帰えることにしました。

3月半ばと比べると、
1時間くらい日没が、遅くなっております。
18:30頃日没。

氣温は、平地22℃。
西峠付近13℃。


突風が吹いたり、
古坂峠、篠山で、
雨が降ったりしながら、

丹波市遠阪からは、
青空が広がり、輝く太陽。眩しい緑。

5月の氣候を満喫した良き1日となりました。

お陰様で、
日没迄に、山奥の実家に到着。

ルート
伝法→43号線→伝法大橋→大和田西→なにわ自転車道→モスリン大橋
→戸ノ内→猪名川左岸道路→猪名川左岸河川敷道路→呉服橋
→川西三田線→猪名川渓谷ライン→西峠→古坂峠、城東トンネル
→日置北→372号線→八上下→篠山三南線→糯ヶ坪→池上杉線
→味間新→176号線→新鐘ヶ坂トンネル→柏原→青垣柏原線
→青垣→427号線→遠阪峠→和田山→円山川右岸道路
→上小田橋→312号線→円山大橋西詰→426号線→戸牧


T6.37.03
D154.43
A23.3
M59.3




テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/05/04(金) 21:24:12|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2678年04月29日(日、祝)<昭和の日>能勢妙見山(660.1m)ショートライド→北極星信仰の世界的聖地(アンドロメダと深い縁)

井上功一であります。
昨日、
ゴールデンウィーク二日目
04月29日(日、祝)も、

5:00頃から、
雲一つ無い快晴の五月晴れ、

激動の昭和、

人類史の転換点となった偉業
大東亜戦争遂行の偉業を敢行され遊ばされた
先帝陛下のご遺徳を偲びながら、

皇國未来三千年の彌榮を願い、
世界に冠たる皇國=大日本帝國の再興を期し、

國旗を掲揚致しました。
180429_1100~001

少々所用を片付け、

11:00頃から、

北極星の化身
法華経の守護神
武人の守護神

北辰大菩薩(妙見大菩薩)を、
ご本尊とする
180429_1410~002

北極星信仰の世界的聖地

「能勢妙見山(660.1m)」
180429_1402~001


へ、

ロードレーサー(自転車)で、
ショートライド。

氣温は、山でも22℃。
湿度も低く、太陽は輝き、
180429_1608~001
爽やかな自転車日和。

青紫の藤の花が、咲き誇り、
180429_1216~001 
180429_1219~001
鶯他、野鳥が囀り、
青空の下、益々、新緑が輝き、
田植えが、始まり、
ゴールデンウィークを演出。
180429_1224~001
北摂の山々は、自転車の聖地でもありますので、
サイクリストも、多数見かけました。
180429_1247~001

西田橋から
180429_1213~001
隠れキリシタンの里である
泉原、下音羽を経て、
多留美峠を越え、

野間口側より、
妙見山山頂迄登頂。

丁度、
子供達に、
智慧と元氣を与えるという

星陵祭(こどもまつり)が、
180429_1412~001
開催され、
境内に、出店も出展され、
家族連れで、賑わっておりました。
180429_1409~001

峻厳な大自然の中、
子供さんが、氣軽に、
信仰体験されることは、
人格形成に、強い影響を及ぼすことと、
思います。
180429_1410~001


*余談話(能勢妙見山について)
1.由来
天平勝宝年中(西暦750年頃)、
能勢妙見山が、
まだ、為楽山と呼ばれていた頃、
北斗七星の方角から、
UFOに乗って
星の王様がこの山に降りてきて、
村人達は行基菩薩に請い、
その山頂に北辰星をお祀りしたのが
北極星信仰の始まり。
180429_1436~001

北極星を守護する星として、
北斗七星と輔星の8つの星が、
あるといわれております。

飛来した星の王は、
多分、アンドロメダ方面。
能勢妙見山は、

天御祖神、天御中主神と強いご縁が
あると、常々自負し、
能勢妙見山には、
しばしば、
自転車の練習を兼ね、
上っております。

2.清和源氏の鼻祖=源(多田)満仲公も、厚い妙見信仰
源(多田)満仲公は、
寛和2年(986年)
邸宅内にお祀りされていた鎮宅霊符神像(妙見大菩薩像の別称)
を、能勢妙見山へ遷座。

3.能勢妙見山が、日蓮宗の霊場になった経緯
・多田満仲から数えて23代目能勢頼通(よりみち)の時代、
織田信長に加勢した隣藩山下藩により、能勢藩は、居城を攻められ、
頼通は、謀殺。

・能勢頼通(よりみち)の19歳の弟、能勢頼次が、
23代目とななったが、
その後、
本能寺の変で、明智光秀側についた為、
秀吉軍に攻められ、
備前(岡山)にある
能勢氏の先祖が寄進した日蓮宗の妙勝寺へ
落ち延びる。

・関が原の戦いで、徳川方で、武勲を立てた為、
能勢頼通は、取り立てられ、能勢の領地を与えられる。

・秀吉軍に攻められ落ち延びて19年、
備前の妙勝寺で「南無妙法蓮華経」のお題目を唱えて能勢氏再興を願い、
再興が適い、
もっと法華経の信仰を深めたいという想いにかられ、
日乾上人の説法を聞き、大変感動。
日乾上人に帰依。
それ以降、
能勢妙見山を、日蓮宗の霊場とし、
能勢氏は、日蓮宗の外護者となる。

ルート
伝法→43号線→伝法大橋→なにわ自転車道→新三国橋→三国
→神崎川右岸道路→高川右岸道路→服部緑地公園→南千里→山田
→北千里→今宮→外院→粟生外院→西田橋→泉原→亀岡街道→上音羽
→多留美峠→余野→野間口→国崎野間口線→妙見山山頂
→茨木能勢線→金石橋→高山→箕面滝→箕面駅前→ロマンチック街道
→上野坂→神刀根線→天竺川右岸道路→三国→新三国橋→なにわ自転車道
→43号線→伝法大橋→伝法


T4:43:16
D88.39
A18.39
M54.8


テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/30(月) 09:43:42|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2678年04月21日(土)大野山(753.5m)、猪名川源流 五月晴れヒルクライム

井上功一であります。
昨日(4/21)は、
本日同様、5:00過ぎから、
雲一つ無い爽やかな五月晴れ。
180421_1100~001
日向は、氣温27℃。
木影は、少々涼しく感じました。
180421_1212~001


アヘッドステムのキャップを変え、
締め具合を調整した後、

先日、BOAクロージャーを交換した
レーサーシューズのテストを兼ねて、

ロードレーサー(自転車)にて、
180421_1144~001

兵庫県猪名川町の大野山(753.5m)=猪名川源流へ
180421_1328~001

ヒルクライム。
180421_1150~001

地元大阪市此花区伝法は、
瀬戸内海へ注ぐ猪名川河口付近にありますので、
猪名川源流迄行くと感慨深いところがあります。
180421_1312~001

余談話で、
幸福の科学の四禅定で、
源流から海迄流れていく
「せせらぎの瞑想」
という瞑想がありますが、

いつも、
由良川、桂川、猪名川、円山川
といった源流から河口迄
行ったことのある川でイメージしております。

瞑想には、実体験が一番。


前回は、2月14日、実施しましたので、2ヶ月ぶり。
2ヶ月前は、
コーナーが凍結し、
残雪のある冬枯れでしたが、
今は、
鶯が鳴き、
キアゲハが舞い、
ヒラドツツジ、ヤマブキ、藤の花が咲く
新緑映える春の息吹豊かな春山。
180421_1305~001
*林道では、
超スローペースなので、
アブ、やブユもたかってきました。
180421_1315~001


季節が流れるのは、ほんと早いと思います。

山頂付近は、
家族連れ他、多くのキャンパーが、
テントを張り、
春を満喫されていらっしゃいました。
180421_1329~001 

180421_1330~001 

180421_1330~002

今回は、青空の晴天でしたので、
いつもの天文台側へ行かず、
180421_1337~001

駐車場から、
急勾配地道を、
レーサーシューズ履いたまま、
初めて山頂迄上りました。

山頂は、360°展望が効き、
涼しい風が吹いており、
輝く日の光を浴びながら、
180421_1338~001
30分程度滞在。
お陰様で、
自然エネルギーを補給することが出来ました。

多少、夕暮れ迄数時間ありましたが、
大野山下ってそのまま帰還。
180421_1447~001
帰りは、南の向かい風が非常に強く、
5月が近いことを感じました。

ルート
伝法→西九条→野田→2号線→淀川大橋→神崎大橋南詰
→なにわ自転車道→モスリン大橋→戸ノ内→猪名川左岸道路
→呉服橋→篠山街道→杉生→島川原線→大野山頂→島川原線
→杉生→篠山街道→池田→呉服橋→猪名川左岸道路→戸ノ内
→モスリン大橋→なにわ自転車道→出来島→43号線
→伝法大橋→伝法


T5:37:36
D112.05
A19.9
M63.8


テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/22(日) 08:29:16|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2678年04月17日(火)レーサーシューズ「SPECIALIZED S-Works」BOAダイヤル交換

井上功一であります。
最近、
レーサーシューズ「SPECIALIZED S-Works」
のBOAダイヤルが、損耗していて、
引き足を使うと、
勝手に、リリースする様なことがありましたので、
180417_2320~001

昨日(4/16)、
シルベストサイクル梅田店で、
BOAダイヤル4個購入して来ました。
1個1500円程度。

本日(4/17)、
多少、ゆとりがあったので、交換。
180417_2321~001

マイナスドライバー1本で、容易に外し、
交換完了。
180417_2334~001 
180417_2335~001 
 

試走が、楽しみです。


テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/17(火) 23:57:54|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2678年04月14日(土)箕面→千提寺(隠れキリシタンの里)、キリシタン遺物資料館→豊能、新緑堪能ショートライド


井上功一であります。
04月14日(土)は、

午後、夕方から雨予報でしたので、


新名神高速道路茨木千提寺インターチェンジを視察ついでに、
 

近場の大阪府茨木市千提寺
隠れキリシタンの里へ
ロードレーサー(自転車)で、
ショートライド。

今、全域が、
インターチェンジとなっておりますが、
千提寺の集落は、
フランシスコ・ザビエルが、
心臓を信仰の矢で射抜かれた絵が、
発見されたことで、有名です。
180414_1252~001

新名神高速道路茨木千提寺インターチェンジにより、
180414_1227~001

坂上田村麻呂公が開かれた
由緒正しい歴史を誇る茨木市が、
全國に知られることを、
密かに期待しております。

氣温は、15℃程度。
180414_1410~001

若葉が、木漏れ日に輝き、
初々しく非常に美しい季節で、
野外に出るだけで、

180414_1152~001
元氣溌剌となって来ます。

千提寺の
國旗が誇らしく掲揚されている
キリシタン遺物資料館を、
180414_1236~001 
180414_1244~001
25年振りくらいで、見学し、
豊能町余野迄降りて、
180414_1344~001
再び豊能町高山に上って

箕面に下って
雨が降る迄に帰還。
180414_1411~001


高山は、高山右近の故郷。
高山右近のお父さんは、飛騨守。
飛騨高山と豊能高山は、
キリシタン繋がりと言えます。

これから、夏至迄が、
日も長く、
一年で、最も良い季節。
心がけて、自転車に乗りたい。
と思います。
180414_1448~001 
180414_1449~001 
180414_1449~002

ルート
伝法→43号線→伝法大橋→なにわ自転車道→新三国橋
→神崎川右岸道路→高川右岸道路→緑地公園→423号線→南千里
→青山台→今宮→外院→粟生外院→西田橋→彩都トンネル→彩都
→茨木摂津線→余野茨木線→千提寺口→新名神高速道路茨木千提寺インターチェンジ
→キリシタン遺物資料館→豊中亀岡線→下音羽→余野車作線
→銭原→余野→423号線→川尻→茨木能勢線→高山→箕面ダム
→豊中亀岡線→上野坂→神刀根線→三国→なにわ自転車道
→出来島→43号線→伝法大橋→伝法


T4:43:51
M61.8
A18.7
D88.51


テーマ:ロードバイク・ツーリング - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/17(火) 21:49:29|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2678年04月07日(土)美山かやぶきの里、佐々里峠(730m)、花背峠(769m)、鞍馬寺花冷え雨中ロングライド


井上功一であります。

昨日4月7日は、
73年前の昭和20年(1945年)、
制空権の無い中、
海上特攻に出撃した
戦艦大和が、

米軍艦載機の爆撃、雷撃を受け、
目的を達成することなく、
撃沈され最期を迎えた日であります。

沖縄本島に故意に座礁して、
固定砲台となり、
艦砲射撃にて、
上陸し、橋頭堡を築かんとする米軍を殲滅させ、
弾薬尽きた後、
艦乗組員が、陸戦隊として、
ゲリラ持久戦を展開し、

一億総特攻の魁けとならんとして

海上特攻を敢行致しました。


戦艦大和が、もっと早い時期に活躍できた場面も、
多々あったにも関わらず、
非業の最期を迎えたことは、残念でありますが、

散華されました英霊の皆様方の
報國の至誠、殉國の至誠に、
改めて、感謝の誠を捧げ、
武勲を顕彰させて頂きます。

さて、
昨日(4/7)は、
花冷えで、冷たい西風が終始吹き、
曇り勝ちでありましたが、

11:30過ぎから、
ロードバイク(自転車)で、
定番コースの一つである
180407_1122~001


京都府南丹市の「美山かやぶきの里」、
180407_1453~001

京都府南丹市と京都市右京区の境にある「佐々里峠(730m)」、

「花背峠(769m)」、「鞍馬寺」

へ、ロングライド。


休憩、非難用の石室がある
佐々里峠は、
積雪の為、12月半ば~、3月半ば迄
通行止めになります。
180407_1621~001

半袖ロードジャージ
半丈レーサーパンツ
で、
レインケープ携行でしたが、


氣温は、平地で13℃~14℃
山間部では、6℃~11℃。
花背峠(769m)は、2℃
180407_1741~001
と真冬並みの寒さ。


能勢町あたり迄は、
割りの晴天でしたが、

途中、
ヒイラギ峠下った亀岡市本梅で、
15分程通り雨。

再び、美山町に入ると、
パラつき、氣温も低く、
レインケープ着用。
180407_1454~001

由良川源流近くの渓流沿いの山々は、
丁度、山櫻が咲き、
新緑が萌え始めており、
英氣を養うことができました。
180407_1524~001 
180407_1526~001


櫻の花は、
亀岡が散り始め、
180407_1250~001 
美山が満開。
180407_1457~001

佐々里峠は、固い蕾で、ゴールデンウィーク当りが身頃。
180407_1620~001
花脊は、咲き始め、来週末くらいが満開。


花脊から、花脊峠へ至る上りでは、
雨が激しくなり、
途中、霰が降り、
花脊峠の氣温は、2℃。
氣合入れて走っていたので、
それ程、寒く感じず。

鞍馬寺経由で、
180407_1800~001
京都市内に入ると、
強い西風と共に、
激しく降雨。
なんとか、
ペダルの回転上げて、
体を温め、
向日町迄忍ぶと、
雨は止み、無事帰還。

冷風雨の中、
200km超走行しましたので、
多少なりとも、
脂肪燃焼に効果があったかもしれません。


ルート
伝法→43号線→伝法大橋→なにわ自転車道→毛斯倫(モスリン)大橋
→戸ノ内町→猪名川左岸道路→池田→呉服橋→173号線→一庫ダム→ひいらぎ峠
→372号線→園部→日吉→佐々江→神楽坂→美山→162号線→美山→京都広河原美山線
→田歌→佐々里峠→花背→花背峠→477号線→花背峠→鞍馬→堀川通
→9号線→桂街道→171号線→大阪高槻線→大同2丁目→淀川右岸道路
→福町→43号線→伝法大橋→伝法

T9:55:40
M53.9
A21.9
D218.16

テーマ:ロードバイク・ツーリング - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/09(月) 01:22:32|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad