世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2680年01月20日(月)<大寒>ヘンリー8世、アン・ブーリン、メアリー1世、エリザベス1世の霊言は、画期的。→イギリス植民地帝國主義の根本思想は、イギリス國教会

井上功一であります。
本日は、大寒。
KIMG1961.jpg
節分の2月3日(月)迄が、一年で最も寒い季節。
17:30でも明るくなり、
多少春近し。と感じますが、
寒稽古とも申しますので、
積極的に鍛錬致したい。
と思っております。
KIMG1962.jpg

さて、
ヘンリー8世、
アン・ブーリン、
メアリー1世、
エリザベス1世

の霊言が収録され、
いよいよ、ユダヤ・キリスト教帝國主義の根本原因
ヘンリー8世に、メスが入れられ、非常に画期的。
ヘンリー8世

また、
Kさんが、可笑しくなったのは、
ロンドン塔へ行った際、
ヘンリー8世に捨てられたアン・ブーリンの幽霊に
憑依され、自分も捨てられるのではないか。
と、総裁先生を縛りつける様になったからである。
と言われておりますので、
HSグループにとっても、学びが深い。
と思います。

*どうでも良い話ですが、
私(井上)のお買物自転車も、「キャサリンちゃん」
と言います。

アン・ブーリンと言えば、
美しい旋律と、狂乱の場の聴かせ所のある
ドニゼッティの歌曲「アンナ・ボレーナ」を、
思い出します。
アンナ・ボレーナその人に成りきって歌う
マリア・カラスが圧巻。


<余談話>
・ヘンリー8世には、
國民に絶大な人氣のある名門出身の
キャサリン妃が、ありましたが、
キャサリン妃の侍女アン・ブーリンが、
ヘンリー8世に氣に入れられ、愛人となりました。
ヘンリー8世とキャサリン妃の娘が、メアリー1世。


・アン・ブーリンは、愛人で満足せず、王妃の座を要求。
しかし、
カトリックでは、離婚が認められておらず、
ヘンリー8世は、ローマ教皇に、
キャサリンとの結婚は、無効であると申請。
しかし、認可されず、ヘンリー8世は、激怒。
イギリス國王は、政治的にも、宗教的にも、
最高指導者である。として、「イギリス國教会」創設し、
キャサリンを追い出し、アンを王妃としました。
ヘンリー8世とアンの娘が、エリザベス1世。
次第に、
ヘンリー8世は、アンの侍女ジェーン・シーモアへ心移りし、
結局、アンも、
國王暗殺の容疑、不義密通による反逆罪で、斬首刑となりました。

Kさんとアン・ブーリンが同通するということは、
Kさんも同様の心境あるいは、同様の所業を行っていたのかもしれません。


スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/01/20(月) 21:33:35|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【実施報告】2680年01月13日(祝、月)<純粋宗教運動>「新成人祝福街頭経典贈呈」於大阪市此花区民一休ホール前歩道

井上功一であります。
三連休最終日の本日は、
朝から太陽輝く快晴。
KIMG1920.jpg
令和時代最初の

「成人の日」。

朝、國旗を掲揚。
KIMG1921.jpg


「此花区成人の日記念のつどい」

が、13:00〜14;00開催されましたが、

昼頃より、
此花区民一休ホール前歩道にて、

幸福の科学毎年恒例の名物行事
<純粋宗教運動>
「新成人祝福街頭経典贈呈」

に参加して参りました。


太陽の時代(ゴールデン・エイジ)を担う
新成人、元服の門出を
お祝いすると共に、

新成人をお育てになられた御両親に感謝の誠を
捧げる為、実施。


経典提供、包装準備してくださいました皆様
経典を贈呈実施場所迄運搬下さいました皆様
ご多忙の中、
街頭経典贈呈にご参加くださいました皆様

ご協力、ご支援、本当にありがとうございました。

皆様の真心、確かにお届け致しましたこと
ご報告致します。


1実施日時、場所
2680年01月13日(祝、月)
12:00〜12:20
大阪市此花区
此花区民一休ホール前歩道


2実施結果
・参加者:
竹中さん、竹本さん、中村さん、濱田さん、山口スタッフ、井上

・鋼鉄の法80冊、他30冊の110冊程度
KIMG1924.jpg


3巷の様子、声、ご要望
・「宗教の幸福の科学です。門出のお祝いです。」
と言いながら、笑顔で楽しく手渡し。

新成人の初々しいエネルギーを、
吸収し、更にパワーアップしました。
ほんと、20代はいいですねえ。
*啓蒙用に、
”<習近平國家主席國賓待遇招日即刻中止>
暴支膺懲、旭日旗”腕章を装着しておりましたが、
幸福の科学幟掲揚、幸福の科学腕章装着しても、
良かったかもしれません。
KIMG1922.jpg

KIMG1926.jpg
・今年も、共産党のオジサン、オバサン10名程度が、
核兵器廃絶署名9条護ろうアンケート
を実施されておりましたが、
私(井上)の旭日旗腕章を見て、
リーダ格の60代女性が話かけてこられ、

「あんたとこどこ。皆もらっとるし。」

→「幸福の科学です。」

「なんや、宗教かいな。」

→「そうそう、よくご存知で。
宗教、宗教、宗教。
幸福の科学は、宗教でっせ。」
と、
周りに聞こえる様に
更に大声で答えておきました。
*内らは、純粋宗教運動ですので、
共産党さんと違い、
政治資金規制法、公職選挙法に配慮せずとも良く、
快適実施。
ここが、幸福の科学の長所の一つ。
KIMG1928.jpg


・2人連れ男性のお一人にお渡しし、
もう一人にお渡ししようとすると、
「私、新成人違いますねん、」

→「失礼しました。お父さんでっか。
ギャハハハハア。
お若いんで、お友達か思いましたわ。」
と少々談笑。


・「青銅の法やて。こんなん、要らんわ。
お前、やるわ。」

「なんで、俺二つももらわなあかんねん。
お前、勉強したらええねん。」

という様な会話も聞こえてきましたが、
お父さんが、

「内の息子に渡寸すんで、息子の分、頂戴。」

と所望されたりして、概ね良好。
KIMG1929.jpg




テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/01/13(月) 20:13:55|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【受講報告】2680年01月05日(日)「『鋼鉄の法』講義」→『鋼鉄の法』の第7章「神仏から見た世界情勢と着地の方向性」。米軍に暗殺されたイラン革命防衛隊ソレイマニ司令官は、頭脳明晰高潔忠勇なる武人(1/4夜、エローヒムへ帰天報告。日本への転生も有り。)米國、イラン両國を、調停できなかった無力な安倍首相への助言「ヒトラー以上の人類に対する罪を犯し続ける習近平の國賓待遇招日即刻中止せよ。もし不可なら、天皇陛下謁見の際、皇宮警察に、習近平を捕縛させ、國際司法裁判所へ突き出せ。」

井上功一であります。
正月休9連休最終日、
大阪が初雪となった少々冷え込む本日は、
午前中、
大阪市此花区春日出商店街、四貫島商店街にて、
KIMG1878.jpg

~定例戸別訪問(新年ご挨拶廻り)~
「釈量子、数森圭吾支援兼此花区夢洲カジノ建設阻止運動」
を、敢行した後、
KIMG1879.jpg


大阪正心館へ赴き、

「『鋼鉄の法』講義」

の衛星中継に参加致しました。
KIMG1544.jpg

もうほんと、
楽しい時代になって来た感があります。
厳しい禊により、日本人の性根が直り、
「八紘一宇」を奉戴する
世界に冠たる神洲として再興し、
世界を遍く照らすこととなるかもしれません。


大川総裁は、前段で、
東アジヤ情勢、中東情勢を鑑みると、
令和時代新天皇、東京オリンピックで
好景氣復活を期待する御目出度い日本を、
世界は、待ってくれず、
ゴールデン・エイジ始まりは、
アメリカのイラン攻撃、台灣参謀総長搭乗ヘリ撃墜
に象徴される様に厳しい。

本講義は、『鋼鉄の法』に第7章を、
付け加えるつもりで、講義する。
と仰せでしたが、
まさに、

「神仏から見た世界情勢と着地の方向性」

という非常に深いお話でした。
KIMG1884.jpg

私(井上)は、
強く、かつしなやかを心掛け、
アメポチでもなく、
支那ポチでもなく、
また、
ユダヤ教の排他性、選民思想

イスラエルを、中東に無理矢理作ったことが、
中東問題の真因と思っておりますので、

先日、米軍に暗殺された
イラン革命防衛隊ソレイマニ司令官は、
決して、テロリストではなく、
神の正義を貫く高潔かつ偉大な軍人。
また、
イランのアメリカへの報復は、当然。
負けると分かっていても、
第三次世界大戦に拡大しようとも、
死中の活を見出すべく
大東亜戦争を戦った大日本帝國同様、
一矢報い無ければ、精神的に滅ぶ。
と考えておりましたが、

KIMG1885.jpg
昨日1月4日(土)23:00頃、
大川隆法総裁のところへ、
帰天直後のソレイマニ司令官霊が、
「エローヒム様へ、
帰天のご報告に来た。」
とこられ、
1時間半程度、
イランの立場、トランプ大統領の立場
世界情勢を踏まえて、
霊言をされた様ですが、

非常に、高度な認識力をお持ちの武人。
元寇の時代も、
日本に転生されており、
北九州で2箇所防塁を築いた武将。

という解説がありました。

やはり、そうであったか。
と非常に感慨深く講義を、
聴いておりました。

多分、
戦わずして敗れるを良しとせず、
イランは、報復をして、
アメリカに負けるでしょうが、
例え、負けたとしても、
イスラム教人権重視男女平等近代化は良いとしても、
欧米文化(ユダヤ・キリスト教)に染まり切らず、
欧米文化を換骨脱退消化吸収し、イラン化して、
6000年を誇るメソポタミア文化(ユダヤ・キリスト教)を、
次世代へ、継承していって貰いたい。と思っております。
その支援をするのが、
根本仏「エル・カンターレ」の幸福の科学
肇國大義「八紘一宇」の日本
である。と考えます。


もう1つ印象的だったのは、
大川総裁から
米國、イラン両國を、調停できなかった
無力な安倍首相の助言として、
・ヒトラー以上の人類に対する罪を犯し続ける習近平の國賓待遇招日即刻中止せよ。

・もし不可から、天皇陛下謁見の際、皇宮警察に、習近平を捕縛させ、國際司法裁判所へ突き出せ。

よくぞ言って下さった。
と非常に感動。

帰天直後の中曽根さんも、
同様の助言をされておられましたので、
これで、
習近平國賓待遇招日を、ゴリ押しするなら、
習近平氏が、来日したとたん、
突然、天変地異で日本沈没となるかもしれません。

他、論点と感想を記述します。


1.ソレイマニ司令官の霊言
・ロウハ二大統領、ハメネイ師から聞いて、
幸福の科学のことは、よく知っていた。
だから、エローヒム様へ挨拶に来た。


・トランプさんの立場は、良く理解している。
-史上3人目の弾劾裁判を控え、来年大統領選もあるので、
戦争が必要。

-中東の石油は、支那が多く買い付けているが、
アメリカは、今後、
北朝鮮制圧、米支覇権戦争を控え、
アメリカは、今サウジアラビア、クェート、イラク
といった中東産油國を押さえている。
残るは、イランのみ。
イランを押さえ、
イスラエルにアメリカの代理で監視をさせ、
北朝鮮、支那への石油を断とうとしている。
また、支那に、欧州と手を結ばせさせない為
欧州への石油を断とうとしている。

この目的の為、トランプ大統領が、
イラン攻撃をやったのは、
マクロでは、理解できる。


・ハメネイ師とトランプ大統領の会談を、
幸福の科学が仲介してくれると期待していたが、
実現せずに、突然暗殺されたのは、残念。
アメリカと戦争すれば負けることも分かっている。

後は、エル・カンターレの判断を仰ぐのみ。


・イランは、この40年間、防衛の為に戦ってきた。
逆に、アメリカの方が、遠路はるばる中東迄、
遠征して支配している。というのが、本当の所。


・ユダヤ教3000年というが、イランは、5000年の宗教的磁場。
その誇りがある。


・大川総裁のコメント
-ホメイニ革命だけでは、世界から孤立する可能性ある。
イランは、自由、民主、信仰の世界標準の内、
自由、民主特に基本的人権の尊重、男女平等が必要。

-アメリカ・イラン戦争は、ほぼ避けられないが、
イランが負けたとしても、伝統を堅持しつつ、
イスラム教近代化のイノヴェーションとなれば良い。
と考えている。

2.日本の景氣対策は、『トランポノミクス』ラッファー曲線
・増税(税率上昇)により「アベノミクスは、失敗」
日本は、ケインズ経済学による國家社会主義に堕している。
國家社会主義=大きな政府=総公務員、総國営企業=高度福祉國家。
高度福祉國家→少子化→社会保障費増大→財政赤字拡大→増税→國家衰退
この典型が、國家が市場介入しつづける共産主義支那経済。

・ケインズ経済学は、戦時経済、緊急時、一時的には、効果を生むが、

・景氣対策は、ラッファー曲線。税率を一定水準迄上げると
以降は、税収減に転じる。

・減税(税率下降)→経済成長→収入増→税収増→財源増→財政赤字減

・減税による税収増は、1980年代、レーガン大統領、現『トランポノミクス』
で、実証済。

・少子高齢化には、地方優遇税制
地域格差があるので、
過疎地、地方は、税率を下げることで、
地方に人、会社、工場が集まる様になる。
*以前、ニュージャージで、ニューヨークより、
10%くらい付加価値税安くすると、
ニュージャージに移り住む人が多くなったこともある。

3.支那経済崩壊対策
・支那経済は、間も無く崩壊するが、
対策としては、少々人件費が高くとも、
日本國内に工場を移転させる。


・基本は、原点に帰って、
商品、サービス自体を見直し、
人々の役に立つものを開発提供。


・日本國内で生産できる
物、サービスは、
日本國内で生産する。

4.来日するグレタさんは、無視スルー
・背後にある悪意(レーニン)に操られており、
グレタさんは、単なる環境左翼。
文明國破壊が目的。


・温暖化阻止というより、
温暖化すれば、動植物は巨大化する。
巨大化すれば、食物増産となるとも言える。
この方向で、温暖化を有効利用すべき。



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/01/05(日) 20:43:12|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皇紀2680年01月01日(祝、水)元旦<新年の御挨拶>「初日の出」大阪市此花区伝法

皇紀2680年
令和2年 庚子閏年
西暦2020年
1月1日(祝、水)元旦
KIMG1805.jpg

新年、
あけまして
 おめでとう
  ございます。

井上功一であります。


巨大な旭日輝き、
暖かく穏やかな
空氣の澄み切った
清々しい
太陽の時代(ゴールデン・エイジ)初年を
迎えることができましたこと
感謝致すと共に、


新年にあたり、

天御祖神が開闢され、
正史30000年を誇る八百萬の神々が住まう
神洲不滅なる皇國の弥栄。

日章旗、旭日旗に象徴される
世界を遍く照らす
太陽の國=大日本帝國の再興。

そして、
皆様のご健勝、 ご多幸を
心より、ご祈念申し上げます。

さて、
一年の計は、元旦にあり。
と申しますが、

夜が白む頃に

「新年の誓い」

を拝読し、

本年も、
居住する
大阪市此花区団地屋上より、

非常に見事な御来光を拝拝むことができ、、
幸先の良い
新年の始まりとなりました。
KIMG1796.jpg

KIMG1798.jpg 
KIMG1797.jpg 
KIMG1799.jpg 
KIMG1800.jpg 
KIMG1801.jpg 
KIMG1802.jpg 
KIMG1803.jpg
さて、本年は、
・人類史の転換点=大東亜戦争終戦75年

・臺灣総統選

・習近平國賓待遇招日中止運動激化

・東京オリンピック

・衆院選予想

と節目の年でありますが、

祭政一致の政治結社=幸福実現党は、
まず、
我が國が、普通の独立國となり、
そして、
世界の護民官、東洋の盟主として責務を果たすべく、
神の正義を貫き、
報國の至誠に徹するのみ。

ただ単に、選挙に終始することなく、
代議士おらずとも、
可能な政治運動、國民運動敢行すること。
ここにこそ、存在意義がある。
と考えます。


本年も、引き続き、
ご指導、ご協力、ご支援賜れれば、
幸いであります。



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/01/01(水) 08:43:11|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【実施模様】2679年12月24日(火)<奉祝クリスマス・イヴ>HYMNS(賛美歌)を聴いて、お祝い。~八紘一宇、四海同胞、八百萬の神々の宗教感こそが、宗教紛争解決の鍵


井上功一であります。
クリスマス・イヴ。
KIMG1723.jpg

仕事帰りにスーパーに寄ると、
クリスマスケーキ
スパークリングワイン
七面鳥代わりのチキン
を、買い求める買物客で、
賑わっておりました。

私(井上)も、
スパークリング、クリスマスケーキを、
頂き、
KIMG1731.jpg 

20世紀最高の
偉大なヴァークナー歌手
超ドラマティックソプラノ
ノルウェーのキルステン・フラグスタート
moblog_923ef0ea.jpg 

スウェーデンのビルギット・ニルソン
moblog_2620e080.jpg 


微妙なニュアンスも踏まえた
透き通った強靭な声で歌われる
HYMNS(賛美歌)
を聴きながら、

イエス・キリスト様
及び
支那と戦う「香港革命」の同志

自己犠牲に思いを馳せておりました。
自己犠牲は、地球系霊団が、
全宇宙に誇る愛の精華。

また、
やはり、
我が國には、
八紘一宇、
四海同胞、
八百萬の神々
という
多様性を認め
非常に寛容な宗教感があるが故、
クリスマスやハロウィンも、
換骨奪胎日本化して、、
祝えるのだと思います。

排他性一神教は、
百害あって一利無し。
八紘一宇、四海同胞、八百萬の神々こそが、
宗教紛争の鍵であり、
我が國には、その責務があると言えます。


テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2019/12/24(火) 22:43:23|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【受講報告】2679年12月20日(金)『光よ、通え』公案論文研修(第二回)於大阪正心館

井上功一であります。

昨日12月20日(金)は、
業務終了後、
幸福の科学大阪正心館に赴き、
KIMG1700.jpg

KIMG1701.jpg
毎年年末恒例

『光よ、通え』公案論文研修(第二回)
KIMG1705.jpg


DVDによる自由参究で、受講し、

・論文一問、
・「救済力向上プログラム」レポート

を仕上げて参りました。
論文は、「愛の純化」に関する課題。
論文課題は、前回受領し、
日々実践した上での論文。

「救済力向上プログラム」レポートは、
信仰生活(最新法の教学、反省、瞑想、祈り)の尊さがテーマ。

持参したノートPCが不調で、
大阪正心館の印刷用デスクトップPCを、お借りし、
作成したりしておりましたが、
18:30から開始し、0:15くらいに無事終了。
どうしても、
常日頃、自作チラシに盛り込んでいる内容となり、
幸福実現党バージョンの論文となってしまいます。


静寂で清々しい空間で、
誰にも邪魔されず、
只管、思索に更ける至福の時。
お陰様で、
この1年間の取り組みを振り返り、
来年の取り組み方針を決める一時となりました。
KIMG1703.jpg


で作成しましたが、


取り組み手順は、
1.論文一問に関する取り組みDVD2時間半拝聴。
・講師解説
・論文一問に関する参考御法話
・参究考案3則。

2.論文作成。

3.「救済力向上プログラム」講師解説DVD1時間強拝聴。

4.「救済力向上プログラム」レポート作成。

<論文>
論文作成中は、
アスガルトの宇宙観である
宇宙樹トネリコ(ユッグドラジール)イメージが、常にあり、
愛の本質は、空間縁起。
各人の思想、言論、所作が、多次元宇宙の隅々に影響し合い、
創られているのが、空間の本質。
よって、
思想、言論こそが、軍事力や経済力を超越する絶大な力を持つ。
最も強い思想、言論が、
信仰を立てることにより得られる
直説金口の法、及び公開霊。

という様なことを考えておりましたし、


機会ある毎に常日頃、
自己犠牲の精神を、
深く思慧しており、

愛の究極の姿の一つが、
地球系霊団が全宇宙に誇る
真心に応え、至誠を貫く自己犠牲の精神。

我が國には、
戦わずして敗れるを良しとせず、
死中に活を見出すべく戦う
大和魂の精華たる「特攻精神」がありますが、
楠公精神→水戸学→松陰精神→三島精神
→幸福実現党精神。
と継承され、現在に到っておるのではないか。
感慨に耽っておりました。

「愛=激誠」

ほんと強烈であります。

KIMG1702.jpg

<救済力向上プログラム>
単純明快、非常に分かりやすい解説でしたが、
印象的だったのは、
・正心法語他経文を、音読する時は、
振り仮名通りの発音をすることで、
言霊の力がより一層強くなる。

・最新法の教学は、仏の御心の理解。
反省は、自我の殻を取る修法。
瞑想は、神の愛を知ること。
祈りは、種を蒔き、良き世界を創ること。

・信仰生活(最新法の教学、反省、瞑想、祈り)を、
各人が、地道に実践することが、エル・カンターレ文明開闢の秘訣。
信仰生活は、エル・カンターレ信仰を根付かせ、
エル・カンターレ信仰が根付いた世界を、
エル・カンターレ文明という。


テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019/12/20(金) 23:58:28|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【参加報告】2679年12月17日(火)エル・カンターレ祭大川隆法総裁大講演会「新しき繁栄の時代へ」衛星中継大阪正心館→ゴールデンエイジは、苦しみから始まる。来年は、戦いの年。AI(コンピュータ)に統制された科学万能全体主義との戦い。「いかなる天変地異も、未来も、信仰心によって変えることが出来ると信ずることが、新しき繁栄の時代を開く。」

井上功一であります。
昨日と違い、夕方から暖かい雨模様となった本日は、
KIMG1693.jpg
業務終了後、
大阪正心館へ赴き、
エル・カンターレ祭
大川隆法総裁大講演会「新しき繁栄の時代へ」
KIMG1694.jpg

の衛星中継を拝聴致しました。

今日で、3333回目の御説法、
公開霊言は、現在996回→年内1000回予定。
今回の説法も、
非常に深く勉強になった説法でした。
KIMG1695.jpg


途中、
アーリマン、中華人民共和国の電磁パルス攻撃かもしれませんが、

・心霊喫茶「エクストラ」主題歌「~悪魔には、負けられないのよ~。」
といった節回しのところ

・説法の支那が、一帯一路の債権回収で、回収できなければ、
軍事行動で債務國を占領する。

他、
何箇所か映像、音声共に途切れました。
きっと、
来年は、エキサイティングな戦闘の年となることでしょう。

来年「鋼鉄の法」であることが、よく分かります。
自転車のフレームでも、
カーボン、アルミと比べ、
スチールフレームは、しなやかでバネ感があって、
スマートで美しく、衝撃に強く丈夫で、
長時間乗っても疲労が少ないですが、
マメにメンテナンスしないと、
錆が出てきたりします。
よって、
日本の浮かれた空氣とは違い、
来年も地道なメンテナンス自助努力で
道を切り開く年であるかもしれません。
KIMG1696.jpg


以下、
感想、概略を、忘れない内に
備忘録として、記述しておきます。

特に、印象的だったのは、
1つは、
日本の政治経済時事の現実問題への提言

普遍の法
の兼ね合いもあり、
「神の心」「愛」「勇氣」「正義」を、
この世的な具体的な現実に対して
発信すると、
必ず価値観のぶつかり合いになる。
しかし、
大川隆法総裁は、
・人間としての目
・救世主としての目
・地球最高神として人類を見おろす目
この3つの目で見て、
発言、行動される。


2つは、
塾に行かずとも、
書店に出ている出版物で勉強すれば、
東大でも入れるし、
学校行かずとも、十分勉強できる。
入学しただけでエリートコース大企業に入れ安泰
といった様な会社は、2020年以降多く潰れていく。

人生100年時代は、
何時(何歳)からでも努力し、
新しい能力を獲得し、
新しい仕事が出来る
荒々しい人が、時代を開いていく。


3つは、
大川総裁から習近平氏への助言
貞観政要より、
「君は舟なり、人は水なり。水は能く舟を載せ、亦能く舟を覆す。」
*貞観政要は、唐時代の太宗と家臣の問答集
→私(井上)も、普段、暴支膺懲のスローガンを掲げておりますが、
英語より漢文の方が好きすし、
決して支那を嫌悪している訳ではありません。

その他、論点を記述致します。
KIMG1697.jpg

1.2679年は、激動の年
(1)3月台灣説法
「台灣は、既に独立國。
台灣こそ、正当な中華民國。
中華人民共和国を、自由化、民主化する役割がある。」
と説法した結果、
香港革命で、「一國二制度」が危ういことが分かり、
親中派より独立派が優勢になった。


(2)「大きな政府」を指向する情けない日本
・平和で、安全で治安の良い日本は、誇るべき。

・人に頼る國民→大きな政府→バラマキ→マスコミ同調
→税金高額→國民の負担大→経済縮小→國家衰退

・支那観光客が来なくなるのが怖く、
香港革命支援、習近平國賓待遇招日中止を、
表明できない現政権。

・この状況脱却するには、
國民が、政府からして貰うことを期待せず、
「自分で出来ることは、自分でやるので、
政府、地方自治体は、しないでください。」
と言える最低限のプライドが必要。

・今後、支那経済が崩壊すれば、
日本の地方銀行200行→180行潰れ、20行の可能性。
メガバンクは、2行。

(3)香港革命の本質は、世界共通の人権思想
・700万人対14億人の戦いと思われているかもしれないが、
香港革命には、世界共通の人権思想が流れており、
香港は、自由、民主、信仰の最前線の橋頭堡。

・中華人民共和国人民解放には、民主主義、議会制民主制が必須

2.AI(コンピュータ)に統制された科学万能全体主義との戦い。
(1)支那AI統制型科学万能全体主義
・支那は、西暦2022年に、人民2人を1台のAI連動カメラで監視。

・白人男顔面認証は、99%の精度
しかし、有色人種女性は、66%の制度。
誤認逮捕、冤罪が蔓延する可能性。

・人間に、AIが仕えるのは良いが、
AIが占い師になり、AIに人間が仕える様な
社会にしてはならない。

・AIは、仏法真理、霊言が全く理解できない
チープば機械。


(2)AI統制型科学万能全体主義と戦う価値観
・人間の手作り

・人間のアイデア

・人類に対する愛が篭っているもの


テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2019/12/17(火) 23:15:04|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【拝聴報告】2679年12月10日(火)「イエスの霊言・キリスト教の反省2019年/ヤイドロンの霊言・主を護る者の心掛け」→西暦2019年は、キリスト教(自由、民主主義、人権、議会制)対唯物論無神論(共産主義的全体主義)の戦いの年。香港が最初の橋頭堡。「神の正義」は、軍事力・経済力の勝敗に在らず。HS言論戦思想戦が國家対國家の領域に突入した今、求められる組織イノヴェーション「切れ味、機動力、組織力」。365日24時間ヤイドロンの仕事は、9割電撃一閃生霊対策。

<祝>12月10日は、マレー沖海戦、帝國海軍陸攻による
英東洋艦隊戦艦プリンスオブウェールズ、巡洋艦レパルス撃沈の日
12月12日は、「大東亜戦争」呼称、閣議決定の日
12月13日は、皇軍による南京解放治安回復祝祭日
暴支膺懲
香港、台灣、チベット、南モンゴル、東トルキスタン独立支援


井上功一であります。
12月10日は、日本國民が誇りとすべき日。
なぜなら、
78年前の昭和16年(西暦1941年)、
大東亜戦争マレー沖海戦にて、
我が帝國海軍、96式陸上攻撃機、1式陸上攻撃機の雷撃により、
英東洋艦隊
戦艦プリンスオブウェールズ、巡洋艦レパルス
撃沈された日であるからであります。


航空機により、戦艦を撃沈したのは、
大日本帝國海軍が、世界初。
これ以降、海戦のあり方が、全く変わりました。
帝國海軍航空隊の偉業を、
ここに称えたい。と思います。

真珠湾攻撃も策定された
帝國海軍航空隊の第一人者、育ての親である
特攻の父=大西瀧治郎海軍中将は、
戦前から、
航空隊と艦隊の決戦図上演習を繰り返し、
航空隊攻撃に艦隊は敗北する。
制空権がかければ、制海権も得られない。
ということを何度も力説証明して
いらっしゃいましたが、
それが、
マレー沖海戦で、実際に証明されました。

ウィンストン・チャーチル英國首相は、
回想録の中で、
「マレー沖海戦でこの2隻を失ったことが第二次世界大戦で
最も衝撃を受けたことである。」
と記述されておりますし、

また、
多くのアジヤの人々が、
帝國海軍に狂喜し、有色人種として自信と誇りを取り戻し、
戦後の独立の原動力となったとも言われております。


マレー沖海戦帝國海軍圧勝の日
業務終了後
大阪正心館へ立ち寄り、
KIMG1633.jpg

今、話題の

「イエスの霊言・キリスト教の反省2019年
/ヤイドロンの霊言・主を護る者の心掛け」

を拝聴致しました。


多くのアジヤの人々が、
帝國海軍に狂喜し、
有色人種として自信と誇りを取り戻した
マレー沖海戦記念日78周年の12月10日に、
愛故に、
自由、人権、民主主義を重視される
イエス様の霊言を拝聴し、
合い通ずるところがあり、
非常に感慨深いところがありました。

ヤイドロン様の霊言は、
非常に有り難いご助言。
ご助言を、踏まえつつも、
無償の奉仕で取り組む在家であり、
HS様の組織体制、運営に関して、
どうこう言える立場でありませんので、
今迄通り、
井上功一の名前で、発言、発信、行動し、
出来ることを、出来る方法で、
出来る時に実施していきたい。
と思います。

特に印象に残ったのは、

1.イエス様の霊言では、

・「神の正義」は、軍事力・経済力の勝敗に在らず。
夫々の文化的側面から、正しさを選ぶことが必要。

・大航海時代、キリスト教が帝國主義侵略の道具に使われたのは、残念。
こういう時は、キリスト教に侵略された側を応援していた。

・日本は、出きること少ないが、
例えば、イランとアメリカ両方の友人であるので、
イランにアメリカのことを説明し、
アメリカにイランのことを説明して、
仲裁する様な役割は、果たせる。

・来年2020年は、
「繁栄」というより「政治的戦い」の年。

・LGBTは、血の池地獄、畜生道の合体した地獄形成。
*多くは、獣性の自由に傾倒している可能性。


2.ヤイドロン様の霊言では、

・HS言論戦思想戦が國家対國家の領域に突入した今、
軍事力を持った中華人民共和国と直接戦う可能性もあり、
大川隆法総裁を、
霊的には、電撃一閃で護っているが、
今の状態では、
現実世界で、ほとんど護れていない。
例えば、自警団編成するとかしないと。
*霊的には、宗務の方々がいらっしゃいますが、
忠誠を誓う屈強な総裁護持組織として、
志願制選抜式で、親衛隊を編制するのも良いかも
しれません。


・生霊対策は、
顔、口に出さない不平不満を、聴きだし
問題解決をして
教導、説得出きる人材養成。


・自分で責任取って、言うという体制。
泣き付いて、ぶら下る為、無難なことを言っているだけでは、
どうしようもない。→おすがり型宗教になりつつある。


・リーダー、幹部は、率先垂範も良いが、
責任持って、問題解決をやってのける人材が必要。


・伝達障害とならずに、隅々迄伝導させるため
一般職員さん、信者さんには、
六大煩悩のうち、
「疑」「悪見」の反省を。特にしてもらいたい。


テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2019/12/10(火) 23:21:52|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【拝聴報告】2679年11月23日(祝、土)<祝初転法輪33周年>「永遠の法灯をともして」

井上功一であります。
本年は、大嘗祭となりましたが、
11月23日(祝、土)は、
例年は、五穀豊穣を、神々に感謝する新嘗祭。

朝から、
20℃超の
非常に暖かい秋晴れの一日となりました。

幸福の科学においては、
33年前の昭和61年(西暦1986年)
大川隆法総裁が、
初めて説法された日。
初転法輪33周年を、
謹んでお祝い申し上げます。
KIMG1494.jpg

新嘗祭11月23日を、
「初転法輪の日」

人類史の転換点、正義の戦争=大東亜戦争開戦記念日12月8日を、
「降魔の日」

と選ばれたのも、
正史30000年を誇る
日本の神々へ、
敬意を表されたのではないか。
と、
常々思っております。


西暦1986年当時は、
9月7日に誕生日が来て、
社会人2年目の20歳。

日本経済が頂点に達し、
伸び行く日本が実感できる
非常に楽しい日々だったのを、
思い出します。

西暦1986年のツール・ド・フランスでは、
フランス人のスーパースター ベルナール・イノーが、
グレッグ・レモンに禅譲し、
グレッグ・レモンが、アメリカ人として初めて
総合優勝した年でもあります。
ベルナール・イノーは、引退。

日本の第一次自転車ブームで、
自転車競技のクラブチームに入り、
練習に励んでいたのを思い出します。


さて、
11月23日(祝、土)は、
早朝に、國旗を掲揚した後、
KIMG1493.jpg

北港通、2号線を、
キャサリンちゃんに乗って、
大阪正心館へ行き、

11:00開始の

「永遠の法灯をともして」

衛星中継を拝聴して参りました。
*自転車30分程度で、大阪正心館に行けるのは、
ほんと有り難いといつも感謝しております。
KIMG1495.jpg


以下、備忘録として、
概要と感想を、記述致します。


やはり、
世界最強のインテリジェンスでもある
公開霊言を、巷に浸透させ、
普通の当たり前の日常にすることが、
最も重要であると思いました。

大川隆法総裁の偉大な悟り、霊能力により、
あらゆる
著名人の守護霊や、歴史上の偉人、神々、宇宙人が、
本当のところ、真実を、
直接語られるというのは、
十分、学問体系足り得りますし、
地球人類の財産、宇宙の財産だと思います。


また、
「生涯現役」思想による
若返り、若さ維持も、
印象的でありました。
「永遠の法灯をともして」拝聴後は、
早速、
ロードレーサー(自転車)で、
六甲山へ上って来ました。
KIMG1497.jpg
*長袖、タイツの20代若者達が、下りで、
寒がっておりましたが、
53歳の私(井上)は、半袖、半パン、指切グローブで、
全く問題無し。
多少なりとも、一日の長があるかもしれません。
KIMG1499.jpg

1.熟年層と若年層へ
(1)熟年層
・33年は、あっという間。
家庭の事情で、年2回しか説法しない年もあった。
この歳(63歳)になると、
世間では、引退悠々自適生活の人も、
多くなるが、
「太陽の法」のスケール感から言えば、
未だ使命に到達していない。
アルバム見ると、昔より若返った様に見えるが、
「減量」したから。

・ローマ教皇も、80代で、教皇となられるので、
80代、90代でも、まだまだ成長の余地があると考えている。


・同じ年代の大黒天の方々が、
引退され、ごっそり抜けられる恐怖もある。
仕事を辞められても、
なんらかの形で、活躍してほしい。
30年も、信者をやっていると、
他人に教えられる人も多い。
ささやかな成功を、たまには、自分で褒めてみるのも良い。

(2)若年層
・若い人は、出来上がりやすい。
長い成功を続けるには、
しっかり基礎工事をやること。

・他人に、人生を語ったりするのは、簡単ではない。
自分より年上の人に、認められるくらい努力精進をし、
謙虚でなければ、誰も話を聴いてくれない、

2.これだけは、後世に伝えてほしいこと
*幸福実現党が立党し、政治、國際情勢の説法が
多くなった
2010年あたりから学んでいる人の中には、
宗教が、分からない人もいらっしゃる。

(1)心、霊界は、実在
・唯物論科学により、
心とは、何かが分からなくなっている。
→頭の良い人は、心=電氣作用。


・公開霊言990回やり続けているのは、
霊界は、実在であることを浸透させ、
当たり前の常識にする為。


・幽霊がでることも、霊界を認めさせる一助になっているが、
今は、墓地跡にタワーマンション建てたりして、
幽霊も出にくくなっている難点がある。


・散骨も、すっとあの世に還れる高級霊なら問題ないが、
コストパフォーマンスからやる様な家庭なら、
きっと亡くなった霊人もそのレベル。
死後、どうしたらいいか迷うことになる。
こういう人こそ、墓地と供養が必要。


・「心」「魂」が分からない=「自分」が分からない。
サンタやトナカイの着ぐるみ=肉体を、自分と思っている。
非常に滑稽。


・傲慢になり、食性眠だけ満たされれば良い。
という人もあるが、
食→動植物の生命を頂いている→感謝する謙虚な氣持ち
→人生が輝く
「生かし合い」「助け合い」の空間縁起でこの世は、
成り立っている。
「この道」をこそ伝える。


・悟りとは、霊能力。霊能力なければ、悟りはありえない。


(2)天上界へ還るには
・反省すれば、天上界へ還れ、
この世に生まれ変われる。


・エクソシストに関しては、
基本的には、悪魔が生まれ変わることは、
できないスタンス。性善説に立つ。
地球系霊団では、最低限の悟りを得て初めて
この世に、生まれ変わることができる。


・絶大な権力を持ち、心が、悪魔に同通した時に、
悪魔となる。

(3)自助努力あっての他力
・多次元宇宙は、「因縁果報」、「不昧因果」。


・努力してこそ、天上界の支援がある。
祈願して、部屋で寝転がっているだけでは、
神仏は、支援されない。


・芸術、理系では、天才も有りうるが、
人文系、営業系に天才はいない。
地道に努力、創意工夫した結果、道が開ける。


・成功者の子弟は、成功者の見えない努力、苦労が見えず、
与えられた良い環境が当たり前になり勝ち。
ここから、間違いが生じやすい。

(4)植福=修行
・植福は、契約関係やギブアンドテイクではない。


・祈願とは、
立てた誓いを成就する為、
神仏に、
自助努力をする過程の証人になってもらうこと。
1年後に結果を確かめて、
神仏に文句を言ったりすることではない。


・植福とは、身銭を貯めて、
教団の為に差し出す修行。
よって、
植福の功徳は、ありません。



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2019/11/23(土) 22:58:10|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【鑑賞4回目の感想】2679年11月09日(土)「世界から希望が消えたなら。」→15年前2664年(西暦2004年)当時を振り返ると、教団支部組織風土変革期「エル・カンターレ文明のパイオニア」

井上功一であります。
11月09日(土)は、
空氣が澄み切り、
小春日和の暖かい1日でしたが、
夕方、
お買物自転車キャサリンちゃんで、
未だ太陽の輝くの淀川堤防を走り、
シネりーブル梅田へ行き、
KIMG1414.jpg


実写映画
「世界から希望が消えたなら。」

16:25開始の回にて、

鑑賞して参りました。
今回で4回目。
KIMG1415.jpg

入りは、6割程度で、
そこそこ快適。

4回目の感想を、
備忘録として記述しておきます。

「こんな時だからこそ、出来ることをする。」
これこそが、
不惜身命の本質であると思います。
KIMG1416.jpg

無い物ねだりをせず、
出来る時に、
出来る方法で、
出来ることをする。
きっと、
「少欲知足」=「不借身命」。
KIMG1417.jpg


さて、
本映画は、
15年前
2664年(西暦2004年)年5月14日(金)、

大川隆法総裁が、
激務、心労の為、47歳で、
心筋梗塞を、精神力で克服され、
地球神、根本仏として
仏の世界計画実行を、
更に、パワーアップして、
展開される様になった。
という実話が元になっておりますが、

2664年(西暦2004年)年当時の
教団支部の様子を回想してみると、
大川隆法総裁の方針転換とリンクして、

教団支部組織風土変革期が、
よく分かります。

教団支部でも、ドラッカーのマネジメントが
浸透しつつありました。
・トップダウン方式→ボトムアップ方式
(フラット組織プロジェクト方式)

・按分目標達成型組織→存在意義、使命常時回帰型組織

・業務遂行思考停止型活動→自主的自立型活動

・客観的、対外的視点による支部の公益性評価

・投票による支部理念決定

といった様なことが、
常に話題に上り、
今から思えば、
「幸福実現党立党」「自由、民主、信仰の統治原理」
の萌芽であったかもしれません。


現在は、新大阪支部所属ですが、
西暦2003年末に、豊中市へ引越しし、
豊中支部所属でした。
当時は、豊能地域全域(豊能町、能勢町、池田市、箕面市)が管轄。
エル・カンターレ像、支部精舎も無し。

2004年初より、
豊能地域総体に込められた
仏の世界計画に於ける
「仏の願い」、「使命、存在意義」
を考慮し、

支部理念を策定すべく、

ウィークディーほぼ毎日、
仕事帰りに、
20代~40代の男女が、支部に立ち寄り、
誰でも参加できる
公開本音討論を、楽しくやっておりました。


2月末に、
全信者さんに、投票依頼をし、
投票で、
「支部理念ver.1」は、

エル・カンターレ文明のパイオニア  豊中支部
~自由と創造と繁栄のまち~

決定致しました。

15年前2004年当時は、
やたら「菩薩」と言う言葉が流行っておりましたが、
「エル・カンターレ文明」
という言葉は、見向きもされておりませんでしたので、
今、振り返ってみると、
なかなか意義があったのではないか
と自負しております。

以下、
当時の文書を、参考迄に記述しておきます。
世界計画


【参考1】(案)豊中支部「支部理念ver.1」リリースのお知らせ
豊中支部のみなさまへ
2004/03/14
エル・カンターレ文明研究会発起人会
代表地区長 ○○×△
支部精舎建立委員長 ○□△×
顧問 井上功一

(案)豊中支部「支部理念ver.1」リリースのお知らせ

2月22日(日)「病気平癒・健康祈願大祭and及川理事ご講話」にて、みなさまに御投票頂きました結果を踏まえつつ、その後志のある皆様から頂きましたご意見を参考に、審議を十分に重ねた結果、「支部理念ver.1」をリリースする運びとなりましたので、お知らせ致します。
尚、支部理念も、完璧に完成したものではございませんし、金科玉条の如く護り続けるものではなく、憲法と同様に必要があれば改正していきたいと考えております。
志のある皆様のご自由な提言をお待ちしております。
(支部理念も、白日の元に晒され、揉まれることで、次第に熟成されていきます。)
 

I. 「支部理念ver.1」
エル・カンターレ文明のパイオニア  豊中支部
~自由と創造と繁栄のまち~


II. 「支部理念ver.1」解説
1. 支部理念主題「エル・カンターレ文明のパイオニア  豊中支部」
1 解説
a. 今も昔も、異文化を融合しながら、新たな「文化」を発明して、恵まれた交通網より、世の中へ提供する「進取の気性」・「自由闊達な開拓者精神」が地域特性として有ります。
 また、豊中市民会館で衛生中継された「愛、悟り、そして地球」のサブタイトルが、"21世紀のフロンティア・ストラテジー"となっており、豊能地域には、新時代の先駆者・開拓者として「エル・カンターレ文明」を担ってほしいという「仏の願い」が込められていると考えられます。
 以上より上記、支部理念を発案しました。


2 豊能地域で開催された講演会、セミナー
a. 「太陽の法」講義 (1992.9.6)衛生中継、箕面市民会館
(a) 「悟り」と「愛」の観点から「一念三千論」と「与える愛の法門」を中心に解説。
(b) 法華経系統や浄土真宗系統などのすべての仏教が幸福の科学に帰依可能な根拠を提示。

b. 愛、悟り、そして地球(1995.9.3)衛生中継、豊中市民会館
(a) サブタイトル:21世紀のフロンティア・ストラテジー
(b) 民主主義の長所:優れた人材が出安い。民主主義の短所:感情による支配→衆愚制→ファシズム
(c) 遠交近攻の外交と、月と火星に植民都市を建設する国家百年の計


3 交通の要
a. 今(大阪国際空港、名神高速道路、中国自動車道、阪神高速道路、阪急電車、地下鉄御堂筋線、大阪モノレール他)
b. 昔(西国街道・能勢街道・摂丹街道・伊丹街道・箕面街道・勝尾寺街道・三国街道桜・塚街道・吹田街道・鎌倉街道他)


4 発明、発祥
a. 機織・染色、宝くじ、鉄道沿線都市開発ビジネスモデル(阪急電車)、インスタントラーメン、ニュータウン、高校野球、関西における幸福の科学在家活動等は、豊能地域が発祥の地。
*エル・カンターレ下生に先立ち、磁場づくりの先駆者(パイオニア)として活躍された行基さんも、豊能地域に深い縁。(東光院(萩の寺)、真如寺(能勢妙見山)を創建。猪名川の「鯉伝説」等)

2. サブタイトル~自由と創造と繁栄のまち~
1 サブタイトルは、具体的イメージと、行動指針として考案しました。


2 解説
a. この世的なしがらみ・執着から離れ、解脱した「真の自由人」が、
エル・カンターレ文明のパイオニア(先駆者)として、常に「フロンティア精神」を持ち、
多様な価値観・異文化を融合し、新しい「文化」、新しい「価値」、新しい「考え方」、新しい「心構え」、新しい「発想」、新しい「行動」を発明・創造・提供し、
地域社会全体が光輝き、栄え続ける光景をイメージしました。


3. 豊能地域の名前の由来
1 豊中:豊島郡の真ん中に位置することから
2 池田:領主の池田氏にちなみ
3 箕面:木々の間を流れ落ちる滝が箕の形に似ていることから
4 能勢:統治者であった能勢氏にちなみ
5 豊能:豊島と能勢が合併の為、それぞれの一字をとる


4. 経典参考箇所
1 エル・カンターレ文明
a. 「『信仰と愛』講義」P7 後世、「エル・カンターレ文明」と言われるかどうかはわかりませんが、おそらくそういうかたちで、新しい「悟りの時代」が始まったということが言われると思います。(中略)来世紀以降は、「悟性」の時代、すなわち「悟り」というものが最高に価値を持つ時代なのだ、ということが言われる時代になると思います。


2 フロンティア
a. 愛、悟り、そして地球P111人口は、百億人に向けて増えていきます。どこかでその出口をつくっておかなくては、新しいフロンティアをつくって措かなければ、再び、お互いに戦争をしたり、病気が流行ったり、天変地異が起きたりと、いろいろなストレスが起きて、地球上に問題がたくさん出てくると思います。
b. 幸福の原点P186 心にフロンティアを持っている人は、常に問題意識のある人、常に課題意識のある人と言えましょう。フロンティアの思想がない人は、結局のところ、いつも停滞しているか、あるいは、当然ありうべき平凡なる日々を続けているか、そのどちらかになるのです。


3 自由
a. 仏説正心法語P89 この世の  一切の  束縛から  解き放たれた  魂は  自由自在の  境地なり  自由は  解脱の  心なり
b. 仏陀の証明 P228 つまり、家庭や職場の人間関係などで、がんじがらめになった物質世界において、いろいろな規則やしがらみに縛られて、どうにもならないものを、バサッと切って、自由の境地になるのが、「解脱」なのです。(中略)どのような身上であっても、どのような立場にあっても、自由自在に生ききる気持――そうした修行の心が大事なのです。
c. 悟りの挑戦 (下巻)P97  「解脱」とは何かというと、この世的なる束縛、肉体的な束縛から解き放たれて自由になることです。すなわち、霊性の自由を得ること、これが解脱であるわけです。
d. ユートピア価値革命 P49  自由とは、自己慢心の自由や自己保存の自由、自分がよければいいという自由であると勘違いされることが多いのですが、これこそが人類を不自由にしている原因の一つであるのです。不自由を自由と考えてはいけない。
e. ユートピア価値革命 P50  まず自由というものがみなさんに与えられた最大の宝であるという事実、そしてこの最大の宝を最大限に生かしていない自分を発見したならば、今日よりそれを改めて、この自由をほんとうに人びとのために、世界のために、宇宙のために生かさんとすることです。そして、この自由には、かならず責任が伴いますが、この責任をしっかりとつかんで伸びていくこと、飛び立っていくことです。(中略)真の自由の道は、「中道からの発展」と全く同じ道であるのです。
f. 繁栄の法 P23  スローガンや空気でしか人びとが動かないというのは、集合霊や軍隊アリのような動き方であり、各人が判断責任を持っていない証拠です。(中略)しかし、個人の責任において判断し、意見を言い、その結果については甘んじて受ける勇気、気概が必要なのです。


4 創造、発明
a. ユートピア価値革命 P43  おそらく多くの人がみずからのスプーンで一杯、二杯の水を入れ続けているからこそ、人類の歴史をつらぬく川が流れ続けているのでしょう。この川のことを愛の大河というのです。(中略)創造ということは、ある意味において、こうした人類の流れのなかに自分なりの貢献をしていくことでありましょう。
b. 繁栄の法P177 物を発明することだけが発明ではないのです。人生の生き方も発明しなければなりません。(中略)オリジナルな人生のなかで、各人がどのような新しい発明をするかが大事なのです。新しい「考え方」、新しい「心構え」、新しい「発想」、新しい「行動」を発明しなくてはなりません。
c. 繁栄の法P59 「自分が幸福 になると、他の人が不幸になる」という、パイの取り合いのような考え方をしているために幸福になれない人は、「傑出した人物が出れば、多くの人が食べていける」という考え方もあることを知らなければなりません。


5 繁栄
a. 繁栄の法則P19 成功が持続している状態、それを何というかというと、そのことを「繁栄」というのです。
b. 繁栄の法則P75 第一点として心の進化、魂の磨き、第二点で他人への影響度、第三点で後世への遺産、こうした観点から、みなさんが今考えている繁栄というもの、あるいは自己実現というものを、もう一度再チェックしていただきたい。
c. 繁栄の法P140 繁栄とは、光輝く生き方のことです。栄える生き方、素晴らしい生き方、喜びに満ちた生き方のことです。
d. 繁栄の法P140 奉仕の心とは、別の言葉でいえば「愛」です。愛を仕事のかたちで表せば、奉仕の心になるのです。(中略)奉仕の心を持つ人、「世の中のために少しでもお役に立ちたい」と願う人が、この地上に増えていけば、おのずと地上天国が出現します。それが、とりもなおさず繁栄の姿でもあるのです。


6 発展
a. 発展思考P59 発展とは神に近づいていくことだ、と定義したいのであります。あくまでも、自我我力によって己れの願うがごとき方向に突き進めばよいということを発展と言っているのではなく、あくまでも我らが願うところの発展葉、神に向かって、無限の神に向かって、永遠の神に向かって伸びていくところをその本務とするのであります。
b. 発展思考P63 よろこびの増幅こそ、発展の真なる姿であると思うのであります。
c. 発展思考P64 発展によろこびの増幅が伴うためにはどうすればよいのでしょうか。それは「まずあなた方一人ひとりが主役となることである」と、私は思うのです。
d. 発展思考P69 発展の内容の三番目として、私があげておきたいことがあります。それは、発展には未来への希望を伴う、ということであります。
e. 幸福の法P208   四番目に、「念いは、 実現する」という話をします。こては「発展の原理」という教えです。 
f. 幸福の法P217   念いは必ず実現してくるのですが、「それは、どういう念いであるのか。どういう実現であるのか。その後、どうなっていくのか」ということを、常に考えておく必要があります。「こういう念いで行動していって、大きな流れができてきたら、その後、どうなっていくのか」ということを考えなくてはいけないのです。最終的には、やはり、「全人類の幸福」というところに念いを集める必要があります。「全人類の幸福。そして、その幸福を実現するための自分の幸福」ということです。
g. 幸福の法P219   熱意、努力、時間、そういうものの総計において、念いは必ず実現していきます。
h. 幸福の法P214  「愛」「知」「反省」は、どれも、「発展」の流れに入るための方法でもあるのです。そういうことを通過して発展の原理に入ると、まずは大きな間違いはないと思います。

III. 「支部理念」(原案)投票結果
1. ◎案1→17票
エル・カンターレ文明のパイオニア  豊中支部
~自由と繁栄のまち~                   


2. 案2→5票
エル・カンターレ文明のパイオニア  豊中支部
~太陽の時代を創造する~


3. 案3→5票
エル・カンターレ文明のパイオニア  豊中支部
~未来型社会、未来型人間の輩出の地~


4. ご提案頂いた案
1 繁栄・発展する  繁栄・発展
2 太陽の時代を創造する豊中支部
  ~エル・カンターレ文明のパイオニア~
3 エル・カンターレ文明のパイオニア  豊中支部
~未来型社会、未来型人間輩出の地~


【参考2】公益性に基づく『豊中支部自己評価』と『理念実現計画』策定実施方法(井上案)
2004.03.30
井上功一
公益性に基づく『豊中支部自己評価』と『理念実現計画』策定実施方法(井上案)


I. 目的
1. 支部理念を、自己評価プロセスにより、具体的な活動計画まで落とし込み、知識を効果的な行動に転換


2. 『業務遂行思考停止型活動』からの脱却と、智慧による『自主的自立型活動』の具体的展開


3. 客観的、対外的視点による豊中支部の公益性評価
4. 豊中支部オリジナルの評価手法開発(活動優先順位、成果、組織パフォーマンス等を見極める為)
*自己評価手法は、その組織の資源を管理すると共に、現在行っている活動、その活動をなぜ行っているのか、そして何を行なうべきかについて徹底的に考えるための方法論です。

II. 営利企業と宗教法人(非営利組織)の違い
1. 最大の相違は、営利企業には、利益という万人共通のパフォーマンスを計る基準があることである。


2. 宗教法人(非営利組織)は、職員、熱心な信者、伝道対象者、ファン層で、それぞれに目的や優先順位をもち、組織がどうあるべきか、何をすべきなのかについて考えをもっている。よって、これらについてオープンに議論され、組織内部の意見の違いを明らかにし、理解されるまで組織は何も創造できない。(できたとしても、公益性が損なわれ、邪教性が強まる可能性がある。

III. 取組の概要
1. 以下の5つの質問に答えて、自己評価を進める(具体的には、「ワークブック」による)
1 われわれの使命は何か?(支部理念考案で、ほぼ完成)
2 われわれの顧客(人助け対象者)はだれか?
3 顧客(人助け対象者)は何を価値あるもの(ニーズ等)と考えるか?
4 われわれの成果は何か?
5 われわれの計画は何か?
*「非営利組織の経営 原理と実践」「非営利組織の成果重視マネジメント」(P・F・ドラッガー)参照


2. プロセスガイドライン
1 フェーズ1自己評価のための準備をする
a. 支部長、経営会議メンバーで、取組体制を確立する
b. 支部長、経営会議メンバーで、参加者選定と作業スケジュール決定
c. 評価チームの結成
d. 議事進行役、書記(報告書作成者)を選定
e. 自己評価の目的と作業スケジュールを公開し、参加者を集めてスケジュールを確認
f. 環境調査(主に外部環境)の実施と、内部データ(支部活動実績データ他)の収集

2 フェーズ2自己評価を実施する
a. 参加者のオリエンテーション実施、環境調査の要約報告書と内部データ及び「ワークブック」の配布
b. 「われわれの使命は何か?」「われわれの顧客(人助け対象者)はだれか?」「顧客(人助け対象者)は何を価値あるもの(ニーズ等)と考えるか?」について、「ワークブック」を活用し、ブレーンストーミング及び法談を実施
c. 顧客調査(マーケティング)の実施と選定した信者さんに対する深層面接の実施
d. 「われわれの成果は何か?」「われわれの計画は何か?」について、「ワークブック」を活用し、ブレーンストーミング及び法談を実施
e. この段階における参加者の結論を、最終報告書に纏め、配布

3 フェーズ3計画を完成させる
a. (必要に応じて)使命の見直し、組織や活動の望ましい将来像と成果の確認
b. 測定可能な目標、活動計画(5W1H)、予算(活動の為の資源付与)の策定
c. 理事会(総合本部)へのプレゼンテーション準備
d. 支部理念、使命、組織や活動の望ましい将来像、予算(活動の為の資源付与)をプレゼンテーションし、理事会(総合本部)の承認取得
e. 計画の配布、第1回目の評価について役割分担と日程を確認する。

4 プロジェクト運営体制の内訳
a. リーダーチーム
b. 評価チーム
c. 自己評価の参加者
d. 深層面接の参加者
e. 目標、活動計画、予算策定のワークグループ
f. 議事進行役
g. 書記(報告書作成者)


*時間がないので、「ワークブック」「内部データ内訳」「環境調査項目」「顧客調査項目」は、次版でお知らせします。




テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2019/11/13(水) 22:52:34|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (660)
後援会、選挙、解任通告 (545)
祭政一致、國史、教育 (511)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (17)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (296)
自転車 (965)
音楽 (20)
健康 (30)
【これは、エエヨ!】 (82)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (30)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる