世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【これは、エエヨ!】”主なる神に弓を引いた男たち ― 裁判10連敗の宏洋と幻冬舎社長・見城徹の実像 ―”

 26831011 (1)
井上功一であります。
昨日購入した
”主なる神に弓を引いた男たち ― 裁判10連敗の宏洋と幻冬舎社長・見城徹の実像 ―”
一読致しました。
26831011 (3)
端的に申せば、
大宇宙の根本仏に弓引く仏敵、親不孝息子の宏洋氏が、
発刊した噓偽侮辱本である
”神になりたかった男 回想の父・大川隆法”
を、
噓偽断罪膺懲する一書。
ありますが、
宏洋氏が、
炎上商法で、捏造すればするほど、
世間に恥を益々曝すだけとも言えます。
26831011 (2)
「妖怪すねかじり」の本の
300箇所以上の噓と誹謗中傷に対して
改めて、
本当のところ、事実真実が記述されており、
また、
26831011 (4)
小林早賢さんの”まえがき”
喜島克明さんの”第4章 幻冬舎・見城徹社長に申し上げる”
斎藤哲秀さんの”終章 第一部 教団の草創期から見てきた主なる神のお姿と
「宏洋問題」の本質とは”
は、当事者としての書き下ろしで、
非常にリアルで、勉強になりました。
宏洋氏は、
幸福の科学を原告とする名誉毀損裁判で、
合計12箇所の名誉毀損により、
合計671万円の損害賠償命令
裁判10連敗
ということも、
記憶しておくことが大切かもしれません。

スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2023/10/11(水) 23:13:21|
  2. 【これは、エエヨ!】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【鑑賞6回目の感想】2683年10月09日(祝、月)<スポーツの日>実写映画『二十歳に 還りたい。』(日本語字幕付)*ネタバレ上等兵

 ネタバレ上等兵
26831009 (3)
スポーツの日三連休最終日
井上功一であります。
スポーツの日でしたが、午後雨予報で、
ロードレーサー(自転車)に乗らず、
スポーツせず、少々、積極的休養。
結局16:00くらいから雨になりましたので、
乗ればよかったかもしれません。
26831009 (4)
夕方小雨降る中、
観光客で賑わう難波へ行き、
心斎橋まで歩き、
26831009 (5)
実写映画『二十歳に還りたい。』(日本語字幕付)
を、
シネマート心斎橋で、
17:45開始の回にて、
6回目鑑賞して参りました。
10名弱の入りで、
いつもの如く
最前列ど真ん中で、楽々快適鑑賞。
少々、感想を記述致します。
26831009 (6)
日本語字幕付でしたので、歌詞がよく分かり、
理解が進みました。
余談話で、
どうでも良い話ですが、
寺沢の長男が、司で、次男が、忍。
二人合わせると司忍。
六代目山口組組長の渡世名。
深い意味は、無いかもしれませんが。
不動産業で、なんらかの関わりがあったことを、
暗示させているのかもしれません。
で、長女は、恵。
耐え忍んで司り、恵を得る。
という寺沢の願いが込められた命名かも。
また、
二十歳の寺沢が、「アガサ・クリスティ全集」を、
愛読していたのも、俳優になる伏線だったかもしれません。
26831009 (7)
心理描写を示すライトモチーフは、
寺沢が、「出来ることなら、二十歳に還りたい。」
という前の心を抉る様なチェロ。
寺沢が、祖父ちゃん山根茂雄に会う前のピアノのトレモロが、
改めて、非常に秀逸だと思いました。
1.映画の時系列
・西暦2004年04月05日:二十歳の寺沢一徳誕生
・西暦2024年3月末か4月頭:
八十歳の寺沢一徳が、明香と「ひだまりの丘」へ散歩
*最初は、2023年10月に季節外れの桜が咲いているのかと思いました。
・西暦2024年4月:
二十歳のサッカー大学生となった寺沢が、パラレルワールドへ出現。
・西暦2024年秋:
アユハピで寺沢、明香主演で「ロミオとジュリエット」
・西暦2025年3月末か4月頭:
明香のお祖父ちゃん山根茂雄を、お見舞い。
・西暦2026年3月末:
寺沢、明香、山瀬が、富ヶ丘大学卒業
・西暦2033年秋:
寺沢が、「フォートレス」の主演抜擢
・西暦2034年3月:
「フォートレス」クランクアップ、ラストシーン
2.公案「永遠(とわ)の青春(はる)」(挿入歌)
・最初に、鑑賞した時から、エニグマ(謎)であり、
未だに、思慧し続けておりますが、
やはり、
「永遠の青春」は、万人ゼロからのスタートを要求される
「転生輪廻」のことが詠われているのでは、ないか。
と思っております。
・青春は、未だ寒い2月の立春から4月の清明までの早春。
暖かく、花咲き乱れ、萌黄鮮やかな春は、
若さ、やる気、未知の時間を失い、
繁栄、完成、成功。
あるいは、人生確定の夏へ助走。
今世の方向性が、ほぼ決まった状態。
もし、
今世で、「永遠の青春」を保つには、
約束された予測される
繁栄、完成、成功、人生の確定を、
代償として全て捨て去り、「空手のして立つ」ことが、必定。
しかし、
万人には、それは、かなり難しいので、
大宇宙の根本仏の御慈悲として、
「転生輪廻」という魂修行が与えられている。
その中で、転生成功の鍵となるのが、二十歳から三十歳。
過去の転生の光と陰を踏まえて、ここを如何に生きるか。
また、今後、
転生することが、地獄領域を増加させる可能性のある地球では、
転生輪廻のシステムが停止させられる可能性もありますが、
一旦停止後
リニューアルされた宇宙時代の「転生輪廻」のシステムとして、
その人の悟りに応じて、
この世にありながら、
パラレルワールドレーンチェンジ
マルチバースワープ
によって、反省による歴史修正も可能とし、
数十年の同じ一転生で、
数十転生分の修行、悟りが得られることを、
本映画で、示唆されているのかもしれません。
・寺沢の新しい人生も、二十歳から三十歳で終わってしまいましたが、
転生輪廻の要諦である青春をやり直したから、これで、良し。
「ヘルメス愛は風の如く」も、諸般の事情で、
結婚迄の話で美しく終わっておりますので。
結婚後は、恋愛時代と違って、変化の無い平凡な日々の維持が普通ですし、
また、再び家庭運が悪くなる可能性もあります。
<歌詞抜粋>
・この寒さの残る青さが、
青春が春と言われる理由。
・しかし、何度、
永遠の青春を願っても、
その青春は、
いつも、いつも、
後悔に満ちている。
後悔のない青春なんて、
決して来ないんだ。
・春は、この青春が、
何かを失った状態と、
同じなんだと。
・四十、五十、六十以上で、
得られたものが、
全て失われて、何もなくなる。
若さが、やる気ある、未知の時間、
それが全ての人に与えられる。
永遠の青春は、
永遠に解けない謎なんだ。
・代償を差し出さなくては、
あなたの、君の、若さは、
どうしても、
持つことはできない。
・永遠の青春は、失われたものの、
記憶ばかりが詰まっている。
3.待ち続ける「女心」
・何度見ても、
明香そのものになり切り
劇中劇のジュリエットになりきっている
三浦理香子さんのはっきり聞える声と演技が、
心に染み入りますが、
パンフレットのプロフィールを見ると、
小1よりミュージカル舞台出演続け、
子供の頃から女優になるのが夢。
とあり、
正に、山根明香そのもの。
ジュリエットも、
「結婚してくださるなら、
あなたに、世界の何処までも
付いていきます。」
といった趣旨の台詞。
山根明香は、ジュリエットになりきり
ジュリエットそのもので、
劇中劇の中で、
ジュリエットを通じて、
ロミオ役の寺沢君に想いを
伝えていた面もあると思います。
明香が、恋人というより結婚に拘るのも、
ジュリエット故。
しかしながら、
三浦理香子さん、山根明香、ジュリエットが、
三位一体となっている故、
リアルな迫真の演技になっているのではないか。
と考えております。
・「待ち続ける女性」と言えば、
ヘンリク・イプセン原作
エドヴァルド・グリーグ
組曲「ペール・ギュント」の
「ソルヴェイグの歌」(Solveigs Sang)
を、思い出します。
ペール・ギュントは、
世界中を彷徨い冒険を続ける
放蕩息子の風来坊の話。
ソルヴェイグは、ペールとの約束を守り、
何十年も待ち続け、
ボロボロになって帰ってきたペールを、
未だ愛し、許し、看取る女性。
「ソルヴェイグの歌」は、
ソルヴェイグが、糸つむぎをしながら、
感傷に浸って歌う歌。
ノルウェーのお札の肖像になったくらいの高名な世紀の大歌手
キルステン・フラグスタート(Kirsten Flagstad)
歌う「ソルヴェイグの歌」を聴きながら、
いろいろと思慧(単なる誇大妄想)をしておりました。
「ソルヴェイグの歌」(Solveigs Sang)
毛利三彌氏訳
”冬も春も、そして次の夏も過ぎ
1年がまた流れ去る。
でもわたしにはわかっている、あんたはいつか戻ると。
だからわたしは待っていよう、あんたに約束した通り。
この世でのあんたの歩みを神様が見守り下さいますように!
ここでわたしは、あんたの帰るのを待っている。
でも、あんたがあの世で待つなら、そこで会いましょう!”
Kanske vil der gå både Vinter og Vår,
og næste Sommer med, og det hele År,
men engang vil du komme, det ved jeg vist,
og jeg skal nok vente, for det lovte jeg sidst.
Gud styrke dig, hvor du i Verden går,
Gud glæde dig, hvis du for hans Fodskammel står.
Her skal jeg vente til du kommer igjen;
og venter du hist oppe, vi traffes der, min Ven !
・後、「女心」というと、
昭和人間ですので、
寒い季節になって来ましたので、
-都はるみの「北の宿から」
作詞:阿久悠
作曲:小林亜星
歌詞抜粋
”あなた死んでもいいですか
胸がしんしん泣いてます
窓にうつして寝化粧を
しても心は晴れません
女心の 未練でしょう
あなた恋しい 北の宿”
-石川さゆりの津軽海峡・冬景色
作詞:阿久悠
作曲:三木たかし
歌詞抜粋
”さよならあなた 私は帰ります
風の音が胸をゆする 泣けとばかりに
ああ津軽海峡・冬景色”
のメロディーが聞えてきます。
今更ながら、
阿久悠さんの歌詞は、情緒があって、
心に染み入ります。


テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2023/10/09(月) 23:46:41|
  2. 【これは、エエヨ!】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【鑑賞の直感的感想】2683年09月29日(金)<中秋の名月、満月>実写映画『二十歳に還りたい。』*ネタバレ上等兵

 ネタバレ上等兵
井上功一であります。
中秋の名月、満月輝く09月29日(金)は、
26830929 (8)
26830929 (7)
26830929 (6)
当日公開
実写映画『二十歳に還りたい。』
を、
業務終了後
シネリーブル梅田へ赴き、
20:05開始の回にて、
初鑑賞して参りました。
20名程度の入りで、
最前列ど真ん中で、楽々快適鑑賞。
忘れない内に鑑賞の直感的感想を、
備忘録として記述しておきます。
いつもと違い、
非常に深く、心に染み入り
思慧をしないと、感想が、全く書けませんでした。
26830929 (3)
端的に申せば、
「切なく染み入る純真な乙女心。
その真心が、生かす愛(知)を、許す愛(愛)へ超越させる。
女性による救済の本質を問うた映画。」
であると思います。
26830929 (2)
家庭捨て仕事一本だった寺沢一徳が、
神様からの人生遣り直しのもう一つの条件、
「三十歳迄は、結婚を申し込まれても、
こちらから結婚しようと思っても、
結婚してはならない。
この約束を破れば、夢(バラレルワールド)から醒めるであろう。」
を破り、
もう少しで30歳、
自分の希望通り
公私共に成功した遣り直し人生が展開する。
というところで、
自分の希望を捨て、
山根明日香の純真な乙女心に応え、
夢(バラレルワールド)が醒め、
以前の人生に戻ってしまいますが、
陰で10年間自分を支えてくれた人の真心に応え、
自分の希望を捨てたところが、自己犠牲に通じ、
逆説的に、寺沢一徳が救済されたのだと思います。
仏の御心は、深遠為り。
26830929 (4)
私(井上)は、ヴァークナー信奉者で、
ニーチェの天敵であるリヒャルト・ヴァークナーの作品は、
「女性による救済」、「自己犠牲が、テーマの一つでもありますが、
その中で、
歌曲「彷徨えるオランダ人」
オランダ人を救済する為に待ち続けるゼンタを、
山根明日香に重ね合わせ、
鑑賞しておりました。
カフェで、
今や母親となったマネージャー仲間の女性と談笑する中で、
山根明日香が、寺沢一徳の好きなところを、
「寂しそうなところ。」
と行っていたところが、
明日香とゼンタの乙女心が通ずるところではないか。
と思っております。
やはり、
有名な
第二幕のイ短調のアリア「ゼンタのバラード」
「Johohohe! Johohohe! Johohohe! Johohe!
Traft ihr das Schiff im Meere an,
blutrot die Segel, schwarz der Mast?」
が聞えてきます。
26830929 (1)
また、
映画の背景となっている
丁度、今の季節
夕日が映える黄昏の丘が、
非常に情緒があり、美しく、
地元大阪府池田市五月山ドライブウェイ
秀望台から望む猪名川流域、
六甲山へ沈み行く太陽を、
常時連想しておりました。
26830929 (5)
<付録>歌劇「彷徨えるオランダ人」について
オランダの商船が、
普通なら、嵐が止むのを待つところを、
嵐の岬を廻ろうとしている時
その船長が、
「永遠に、航海を諦めるな。」
(In Ewigkeit lass'ich nicht ab!)
と叫び、
それを聴いていたサタンの呪いにより、
(傲慢で不遜な心が、サタンに同通)
成仏出来ず、
海賊ですら、十字を切って逃げ去るという
血の様に赤い帆と黒いマストの帆船で、
海洋を永遠に彷徨い続ける。
という「幽霊船」の話。
オランダ人の救いは、
7年に一度、陸に上がることが許され、
そこで、
永遠に貞節を誓い、不借身命の自己犠牲に生きる
女性を見つけること。
家に、この「彷徨えるオランダ人」の肖像画があり、
その物語を、幼少時より乳母のマリーから聴いて
育ったノルウェー船長ダーラントの娘ゼンタは、
自分こそ、オランダ人を救う女性である。
と考え、オランダ人を待ち続けておりましたが、
ダーラントと共に、
ゼンタの家に来たオランダ人を、
貞節を貫き、
自己犠牲による救済で、成仏させます。


テーマ:ヒューマン・人間ドラマ - ジャンル:映画

  1. 2023/09/29(金) 23:55:05|
  2. 【これは、エエヨ!】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

【これは、エエヨ!】2683年07月15日(土)「エスプレッソソーダ」自作、非常に美味。

 <海の日三連休第一日目>
26830715 (2)
井上功一であります。
昼過ぎまで曇り空でしたが、
15:00から、太陽輝く夏空。
梅雨明けが待ち遠しいところであります。
6月頃から、
コンビニで、
タリーズの缶コーヒで、
エスプレッソソーダの
ブラック&ソーダ「ガッサータ」
販売されており、
珍しもん好きの私は、
好んで飲んでおりましたが、
数日前から、試しに、
インスタントコーヒ(粉コーヒ)を、
強炭酸水で入れ、自作。
缶コーヒよりも、
きめ細かなクリーミーな泡が、大量に立ち、
炭酸の酸味も爽やかで、非常に美味。
今日も、「エスプレッソソーダ」自作し、
イタリアを、手軽に味わった一日となりました。
夏に適した飲み物ではないか。
と思っております。
縦長のグラスより、
横長のコーヒカップの方が、
溢れるくらいに泡立ちます。
26830715 (1)
26830715 (5)
26830715 (4)
26830715 (3)
*因みに、エスプレッソソーダは、
南イタリアのカラブリア州で半世紀も前から
愛されているコーヒ。


テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

  1. 2023/07/15(土) 20:52:18|
  2. 【これは、エエヨ!】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【これは、エエヨ!】精舎御法話研修『悪魔との戦い』~「地獄の法」第4章~

KIMG1725.jpg
 <1.驚天動地のヴァークナー(ワーグナー)の霊言初開示>
・ニーチェの天敵は、ヴァークナー。
ヴァークナーを呼ぶと、一発で、ねちっこいニーチェ退散。
格の違いが、よく分かりました。
*生前ニーチェは、ヴァークナーより32歳年下でヴァークナー信奉者。
その後しばらく親交がありましたが、袂を分かち、
「ツァラツーストラは、かく語りき」「善悪の彼岸へ」と行き、
転落して行きました。ヴァークナーへの嫉妬が大きかったのでありましょう。
*ツァラツーストラは、ゾロアスターのドイツ語読み。
KIMG1731.jpg
・ニーチェの本当のところは、
「神を殺したつもりが、自分が世界から見捨てられた。」
ということ。
ニーチェは、「権力への意志」を志向したが、
世界から見捨てられてしまった。
これは、天才である自分へのルサンチマン(怨恨、嫉妬)故。
誰も認めてくれず、失敗の人生であったが、
「神は、死んだ。」と叫び、キリスト教に勝った。と妄想している。
・ドイツ哲学も、ヘーゲル左派→マルクス。右派→ニーチェと流れていった。
・ニーチェは、最初は、
「神が死んだ」という根本思想が間違っており、
段々可笑しくなり、世の中から見捨てられ、発狂していった。
・ヴァークナーの基本的精神は、音楽、芸術により、人々を、幸福で満たすことで、
権力への志向は無い。
KIMG1726.jpg
・ヴァークナーは、満洲國奉天市生まれの指揮者、マエストロとして、日本に転生。
満洲國建國の建てた立役者:板垣征四郎大将、石原莞爾中将から
一字づつ貰った名前の指揮者。齋藤秀雄の弟子。
死後52年で転生なので、なにか深い意味があるのかもしれません。
*日本には、ワグネリアン(ヴァークナー信奉者)が、多いですが、
当時、ヴァークナーと関係あった人、影響受けた人が転生しているのかもしれません。
・ニーチェ、日本神道(天狗、妖怪)、文鮮明の類似性→この世的権力第一、愛は奪うもの。
霊的世界観が貧弱で、「与える愛」「自己犠牲」が理解出来ず、
キリスト教の本質は、「復活」であることを理解出来ず、
イエスを、弱々しき神として葬り、
「権力への意志」を表明。
「本当の神」は強いとし、
権力志向で、この世で勝利し、
ス-パーパワー(超能力)があれば善悪度外視。
御利益を与える者を神とする点。
日本にも、一部ニーチェの思想が流れており、
大東亜戦争に於いても、
八紘一宇もあるかもしれないが、
そのなかにも、「日本で世界を覆いたい。」
という超人思想が流れ込んでいる可能性がある。
KIMG1727.jpg
井上功一であります。
昨日に続き晴天の本日(4/23(日))
12:00~17:00は、
3月号月刊誌に開催が記載されて時とり、
心待ちにしていた
精舎御法話研修『悪魔との戦い』~「地獄の法」第4章~
に参加。
もうほんと嬉しく元氣溌剌オロナミンC。
中2の時より、
ヴァークナーの作品と共に、
折に触れ鑑賞して、
人生を歩んであありますが、
改めて、ヴァークナーの偉大さが良く分かりました。
KIMG1728.jpg
帰宅後は、
小澤征爾指揮
ベルリンフィル演奏
「ヴァークナー前奏曲、序曲管弦楽集」
を聴きながら、
研修参加報告を書いておりました。
なぜなら、
中2の頃に、戦争映画「地獄の黙示録」の1シーンで、
キルゴア中佐が、サーフィンする為、
ベトコン陣地をへりでナパーム弾空襲する際に
大音量でかけたレコードが
楽劇「ヴァルキューレ」第3幕前奏曲「ヴァルキューレ騎行」
で、それ以来、ヴァークナーの歌劇、楽劇、著作に傾倒し、
己の使命を悟り、真理の道を求める入るきっかけとなり、
後に、幸福の科学に出会ったからでありますが、
精舎御法話研修『悪魔との戦い』
その内容が、
○御法話拝聴+公案参求(2則)
○参考霊言
「ニーチェ/ゾロアスターの霊言」
「ニーチェ/ワーグナーの霊言」
「文鮮明/ヤイドロンの霊言」
で、びっくり仰天。
遂に、ヴァークナー(ワーグナー)の霊言初開示と
なったからであります。
去年、エレクトラの霊言が開示された時以上に、
自称アスガルト文明の末裔であり、
ワグネリアンの私としては、
もうほんと、驚嘆致しました。
ニーチェは、ヴァークナー信奉者であり、
書簡を遣り取りする間柄でしたが、
ニーチェが、作曲した歌曲をヴァークナーへ献呈するも、
ヴァークナーが、音楽的に評価してくれず、
また、
バイロイト祝祭劇場建設の為、
資金集めに奔走する事業家ワーグナー
そして、
聖杯騎士団、悟り、同苦同悲、自己犠牲をテーマにした
楽劇「パルシファル」を製作するワーグナー
*実は、当初、楽劇「釈迦」の予定だったが、
ヴァークナーは、東洋文明を深く理解できず断念。
に幻滅し、
ニーチェは、ヴァークナーと袂を別ち、
「弱っちい神は、死んだ。」とする
「ツァラツーストラは、かく語りき」「善悪の彼岸へ」と行き、
転落して行きました。
多分に、総合芸術家、巨匠、事業家としての
ヴァークナーへの嫉妬が大きかったと思います。
ヴァークナー霊言の印象に残った論点は、
上記のとおり。
その他論点、感想を記述致します。
<2.『悪魔との戦い』結論>
・エル・カンターレ信仰(正信)、四正道。
・大宇宙を貫く「縁起の理法」(正見)。
・因縁果が、一貫して正しいかどうか。
・時空間を超越する無我無私の祈り。
・伝道こそ、悪魔への最大の武器。
<3.時系列>
2022年7月28日「ニーチェ/ゾロアスターの霊言」
2022年8月02日「ニーチェ/ワーグナーの霊言」
2022年8月03日「悪魔との戦い」
2022年8月03日「文鮮明/ヤイドロンの霊言」
<4.ゾロアスターの霊言で印象に残ったところ>
・ニーチェは、人間神の子という「正しい自己愛」を持っていなかった。
・神がいるなら、天才である自分を、頂きに持ち上げよ。
誰も、天才の自分を評価してくれないので、
「父殺しの思想」でもあるが、
自分より優れたる者を殺すことによって、
虚構の優越感を味わっている。
・超人主義の本質は、「強い嫉妬心」「愛欠乏症」。
・善悪を統合した「超人」としているが、
「自由の中に善悪がある。」
自由は、善悪の存在が前提であり、行使した結果が判定される。
自由にやって、評価がほしいなら、善悪判定が必須。
善悪無しで自由やって評価を求めるところに発狂の原理がある。
*光一元論も、全く同様。
・「超人思想」を実行させたヒトラーの失敗事例を作ったことが、
ニーチェの唯一の功績。
<5.ヤイドロンの霊言で印象に残ったところ>
・韓国は、國家として、日本への復讐心が潜在意識にあり、
それが、統一教会を容認し、地獄に蜘蛛の化物を巣食わせる原因となっている。
韓国國民への洗脳の仕方が時代錯誤。
・幸福の科学としては、今迄通り、正々堂々の陣でやっていくことが大事。


テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2023/04/23(日) 23:12:55|
  2. 【これは、エエヨ!】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【これは、エエヨ!】「日本へのメッセージ-金与正守護霊霊言-」西暦2023年02月21日(火)収録

 KIMG1387.jpg

<1.結論>
・いざと言う時の為、日本とのチャネルを残しておきたい。
幸福の科学には、霊言の縁がある。
・日本には、元宗主國として立派になって、
ロシアや支那にも意見言えるぐらいの日本になって頂きたい。
・自己責任を感じない國は、滅びる。
・北朝鮮とロシアは、今や準軍事同盟。
最低ラインとしてロシアの弾薬、ミサイル不足なら、供与。
ロシア軍支援で、北朝鮮人民軍が、陽動作戦することもある。
・プーチンさんの辞書には、「退却」という文字は無い。
・バイデンのウクライナ支援ロシア制裁政策お陰で、
西欧諸國
ロシア、支那、北朝鮮、イラン、ベラルーシ、トルコ、インド
の対立構造が出来上がりつつあり、
どう対処するのだろうか。
トランプさんの方がやり易いので、
バイデン再選不可となるような恥をかかせるつもり。
KIMG1389.jpg
井上功一であります。
本日3月6日(月)は、春らしい暖かい一日でしたが、
今日同様暖かい日本晴れの一日だった
昨日3月5日(日)は、
「日本へのメッセージ-金与正守護霊霊言-」
西暦2023年02月21日(火)収録
を拝聴。
*全くの余談話で、
妖怪「お多福」によると、
妖怪「ひょっとこ」は、安倍さんみたいです。
安倍さんにとっては、名誉なことかもしれません。
やはり、公開霊言は、宇宙最強のインテリジェンス。
有り難さが、身に滲みます。
結論は、上記の通りですが、
金与正守護霊強氣の論説ながら、
公平無私な幸福の科学へ
支援を求めて来ている感もありました。
その他、印象に残ったところを、
記述致します。
<2.その他印象に残ったところ>
・日本は、核の実験場と見なされており、
「ノーモアヒロシマ」の「広島サミット」の翌日、
突然、首相官邸、霞ヶ関といった象徴的な所を、
突然、核攻撃される可能性がある。
・子供レベルの軍事学で、日本は、アメリカの言いなりになって、
暢氣に、ウクライナ支援ロシア制裁やって、ロシアを敵に回しているが、
北海道、東北、沖縄、台湾が奪取される可能性が高い。
・ハイパーソニックミサイル、原水爆保有する北朝鮮は、
不退転の覚悟である。

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2023/03/06(月) 22:15:23|
  2. 【これは、エエヨ!】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【これは、エエヨ!】「『妖怪にならないための言葉』発刊記念対談」西暦2683年02月16日(木)収録

 <1.結論>
・本書は、前半40くらいが総論、後半60くらいが各論で、妖怪を体系化。
KIMG1360.jpg
・神道は、元々妖怪世界。
30000年前日本文明天御祖神開闢時より、
5つ目の神武紀元2683年126代の國體(神道)であるが、
30000年前開闢時より退化しており、
地獄、悪魔の概念無く、黄泉の國、怨霊が存在するくらい。
神道に善悪無く、
妖怪世界が表で、如来、菩薩の世界が裏というアミニズムの日本霊界だった。
仏教が伝来滲透し、善悪の基準が出来、
奈良の大仏(毘盧遮那=大日如来)、鎌倉の大仏(阿弥陀仏)建立により、
それ迄、御神体の鏡、勾玉、刀しかなかったが、
日本國民に、信仰の対象を見せ、一つの方向性をはきりさせ、
日本人の信仰観が立った。
仏教伝来により、テクノロジー、実学も入り、文明が進化した。
→これにより、日本霊界に、仏教霊界がスポッと入った。
如来、菩薩の世界が表、妖怪世界が裏。
・最澄の問題点は、仏教を神道化したこと。
不昧因果である仏教を、修行無しの悉皆成仏で堕落させたこと。
神は、生れる前から神で、生れてからも神。
・修祓(お払い)は、予防。元々神主さんは、予防と祭司しかできない。
仏教が入って、修験道、陰陽道が出来、加持祈祷もする様になった。
日本昔話には、化物、怨霊を退治するのは、僧侶で、神主さんは出てこない。
また、神道は責任が曖昧だが、仏教は責任がはっきりしている。
・300人に信奉者(フォロワー)があれば、普通でない存在になる。
妖怪が霊的超能力を持つ理由。
妖怪は、自分を変えず、周りを変え、相手を変えるのが基本。
美人になるのではなく、美人に見えれば良い。
もう一つの真珠理論、汚い異物も、真珠の様にコーティングして隠せばいい。
自分を神にしたいので、民主主義、選挙が嫌い。
・妖怪世界は、キリスト教、仏教、イスラム教等の世界宗教により、
淘汰された民族神が追い遣られた霊界で世界各地にある。
上は、如来界、下は、地獄のサタン迄、妖怪世界はある。
ケルト、マヤ、アステカ、ボルネオ他
井上功一であります。
2.26事件の日、大阪マラソンの日は、
午後から、
より一層、妖怪に関する教養を身に付ける為、
「『妖怪にならないための言葉』発刊記念対談」
西暦2683年02月16日(木)収録
を拝聴。
KIMG1354.jpg
まず、
02月16日(木)収録であることに、大変驚きました。
追記は、02月18日(土)ですので、
天照大神の恐怖の変化身=妖怪「お多福」は、
この対談を聞いて、本書が発刊されると、
神道の本質、現日本の実態が妖怪であることが
広く知られてしまうので、大暴れしたのだと思います。
少々残念なところもありますが、
正に、日本霊界総決算の秋。
余談話で、鏡川竜二シリーズにも
妖怪「お多福」が出現しております。
小説 遥かなる異邦人
P151に
~そう思った瞬間、天井に観えていた彼女の顔が六畳一杯に広がった。
そして、「電話してください。」という声が聞えてきたのである。~
KIMG1353.jpg
面白いところでは、
天狗の里「開成、東大法学部卒」
ということで、藤井さんも参加。
開成は、天狗、灘は、龍神が、
多いということでした。
結論は、上記の通り。
論点は、非常に多岐に渡りましたが、
その他、印象に残った論点、感想を記述致します。
<2.強く感じ思ったこと>
・戦後レジーム終了には、天皇皇后両陛下靖國神社御親拝。
今回も、以前、大川隆法総裁が靖國神社昇殿参拝されようとした、
還ってこられた数百柱の英霊が、不成仏で
霊能者の大川隆法総裁は、結局参拝できなかった。
という話がありました。
英霊方は、皇國の彌榮を願い、報國の至誠を貫き、
悠久の大義に奉じて、
「天皇陛下、萬歳!」「靖國で、会おう!」と叫びつつ、
散華されました。
終戦30周年の
昭和50年(西暦1975年)11月21日
昭和天皇・皇后両陛下靖國神社御親拝を最後として、
48年間、令和時代になっても、
天皇・皇后両陛下は、御親拝されておられません。
英霊方に成仏して頂き、日本が戦後レジームから離脱し、
再軍備、核武装して普通の独立國になるには、
8月15日大東亜戦争終結の日に、
日本政府主催の
「全國戦没者追悼式」を
天皇・皇后両陛下御臨席の下、
スポーツ施設の日本武道館ではなく、
英霊が還って来られる靖國神社にて、開催。
天皇・皇后両陛下に御親拝、
武勲を顕彰して頂くことが、必須である。
と考えます。
<3.その他印象に残った論点>
・創造主は、LGBTQを認めていない。
但し、「幸福の王子」作者のオスカー・ワイルドの様な例外もある。
*自殺も同様。
・幸福の科学では、妖怪を差別せず、
ノーマルのサラリーマンでない妖怪性を感じる人も採用し、
適材適所で使ってきた。
例えば、勢いのある天狗→活動推進局へ終結。
予算を査定出切る鬼→経理局。
外との戦い→念力強い龍神。
戦いの時になると、天狗が元氣を盛り返す。
・妖怪蛤は、巨大な二枚貝の中に、美女が居て、
釣られて男が入ってくると、貝を閉じて、男を食うスタイル。

続きを読む

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2023/02/26(日) 23:04:02|
  2. 【これは、エエヨ!】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【これは、エエヨ!】「妖怪にならないための言葉」←妖怪解説、裏側日本霊界現状把握の決定版

 <1.公案>
妖怪「お多福」=妖怪の中心的存在
国民的俳優や有名歌手の「心」は読めますか。
井上功一であります。
「妖怪の研究―ろくろっ首の霊言/草津赤鬼の霊言―」
西暦2023年02月11日(祝、土)収録
の【これは、エエヨ!】で、
内容紹介、感想を、少々述べましたが、
書き下ろし箴言集100
「妖怪にならないための言葉」
KIMG1348.jpg
非常に楽しく興味深い妖怪話満載で、
正に、
妖怪解説、裏側日本霊界現状把握の決定版。
結論は、上記公案の通り。
最も、びっくり仰天だったのは、
あとがき・解説、追記の
女性妖怪「お多福」が、
妖怪の中心的存在であり、
「コントロールすれば、心は何とでも見せられる」
人間とは「お面をつけて生きている存在である」
と考えており、
天照大神の恐怖の変化身(荒御魂?)である
巨大化した妖怪「お多福」が、
「妖怪にならないための言葉」発刊を嫌がり、
大暴れした話でしたが、
その他、特に印象に残った論点を、
備忘録として、記述致します。
やっぱり、
裏表無く正直に、日々地道に地味に歩むのが一番。
<2.その他、印象に残った論点>
・一言主神は、物部系の豪族神で、ぬらりひょんの開祖。
→地元なので、金剛葛城山系の峠を、ロードバイクで越えますが、
未だ、独特の磁場がります。
・狐や狸が、人間を化かす霊力は、「稲荷信仰」、稲の豊作を祝う「秋祭り」。
その祈りのパワーを、霊界で妖怪が受け取っている。
5妖怪は、実績よりも勢いを好む。
14妖怪は、本質的に差別を好み、民主主義が嫌いである。
25妖怪は、現代的には、個人主義・多様性・少数者の
保護の美名に隠れやすい。
→実に、バイデン氏、左翼、リベラルの本質を現しており、
左翼、リベラルは、妖怪かも。
26妖怪は流行神の陰にもかくれている。
「人気」や「フォロワー数」の裏にある邪気を感じ取れ。
37妖怪は、他人を騙すために、信仰心を利用する。

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2023/02/25(土) 22:12:26|
  2. 【これは、エエヨ!】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【これは、エエヨ!】「妖怪の研究―ろくろっ首の霊言/草津赤鬼の霊言―」西暦2023年02月11日(祝、土)収録

 【ロシア特別軍事作戦1周年】
ロシア、プーチン大統領に大義有り。 
岸田首相は、核戦争、日本消滅へ突進中。
日本政府は、ロシア制裁ウクライナ支援止め、
中立独自外交へ回帰でせよ。
KIMG1338.jpg
<1.結論>
Ⅰろくろっ首の霊言
・ろくろっ首は、山姥の変化形、攻撃モードでは、妖怪蛤に変身。
妖怪蛤は、「セックス依存症」で妖怪になった男を食う妖怪。
・元は、蛇に人間の顔が付いた様な姿でもある。
・狙った獲物は、逃さない。
巻き付締め付け決して離さず、
狙った男を、食べて一体となることが至福と考える蟷螂女思想。
持論は、
男を只管待ち続ける忍耐強い防人の妻、日本女性の象徴。
地獄の定食コース松竹梅と違った恐怖を与え、
男を懲らしめる為にやっている。
・のっぺらぼうは、どんなお面も付けられるので、
本質は、タヌキ、ムジナ。
・ベガ、プレアデスは、変身能力が高く、
それは、心が自在にコントロール出来るということ。
KIMG1339.jpg
Ⅱ草津赤鬼さんの霊言
・閻魔大王は、光の天使が、姿を変え、裁きを勉強しに来ている。
・鬼には、
仏の外護者でパニッシャー(執行官)の鬼。
大江山の鬼の様に、恐怖を与える鬼。
角の生えた悪魔。
・正義の鬼は、
-神仏への信仰がある。
-法学部系統の思考ができる。
-理数系の思考ができる・
-体育会系
・戦後、高天原は、神殿、境内も破壊され、ボロボロ。
多くの日本の神々は、洞窟、川原に存在している。
建て直しには、1000年かかるが、500年くらいで、光が見えてくる。
白村江の戦い後も、高天原は、ボロボロになったが、
時々、壊滅することがある。
・妖怪の特徴は、プライドが異常に高く、
生産性が全くなく、
個人主義、多様性を重視する「高等遊民」。
妖怪の持つ信仰は、
「自分信仰」
「学歴信仰」「財力信仰」「家柄信仰」「美人信仰」他。
自惚れ強く、選ばれし者と思っている。
・妖界は、6次元から4次元に存在している。
・天狗は、総大将的妖怪。
伝統的な山岳修行者、山伏スタイルは、現在おらず、
華々しいことをする人の中に天狗が存在。
・天狗の特徴は、勢いに乗じて成長率を楽しむ。
「じっとしてろ」「大人しくしてろ」「動くな」
と言われることが、大嫌い。
KIMG1340.jpg
井上功一であります。
寒の戻りで、冷え込む一日だった
02月24日(金)は、
ロシア「特別軍事作戦1周年」。
ロシア、プーチン大統領に大義有り。
残念なことに、
バイデン氏のポチ、ATMである岸田首相は、
更に、
日本独自ロシア制裁ウクライナ支援を実施する様ですが、
核戦争、日本消滅へ突進中。と言え、
中立独自外交へ回帰が、早急に望まれます。
多分、戦後、日本神さんが、妖怪化し、
日本霊界が、妖界となっていることが、
大きいかもしれません。
さて、
24日(金)業務終了後、
裏側日本霊界の見識を深める為、
「妖怪の研究―ろくろっ首の霊言/草津赤鬼の霊言―」
西暦2023年02月11日(祝、土)収録
を拝聴。
更に、
紀伊國屋梅田店に寄り、
日本霊界=妖界探訪の
書き下ろし箴言集100
「妖怪にならないための言葉」
あとがき・解説→西暦2023年02月13日(月)
追記→西暦2023年02月18日(土)
発刊→西暦2023年02月22日(土)
を、購入。
こちらも、別途【これは、エエヨ!】で、
投稿予定。
紀元節02月11日(祝、土)に
ろくろっ首が、自ら登場したが象徴的。
「短詩型・格はいく集[3]『神は詩う』」
194今年は「地獄」ばやりの初春なり
☆怖がられつつ、売れる。日本神道消滅の危機。
2023.1.27
とありますし、
「妖怪にならないための言葉」
のあとがきでは、
実は、
女性妖怪「お多福」が、
妖怪の中心的存在であり、
「コントロールすれば、心は何とでも見せられる」
人間とは「お面をつけて生きている存在である」
と考えており、
天照大神の恐怖の変化身(荒御魂?)である
巨大化した妖怪「お多福」が、 
「妖怪にならないための言葉」発刊を嫌がり、
大暴れした話
も、ありますので、
富士朝廷3期、九州朝廷1期、奈良朝廷1期(現皇室)の日本文明。
この神武紀元2683年の現皇室によって
構築され、秘されてきた日本霊界が、
いよいよ、白日の下に公開され、
日本霊界革命が実施されて、
実に、30000年ぶりに、
天御祖神時代の日本文明開闢時点へ、
原点回帰する予感が致します。
確かに、神様であっても、
和御魂、荒御魂が存在し、
伊勢神宮内宮にも、
天照大神の荒御魂を鎮め祀る
第一別宮「荒祭宮」がありますので、
魂の立体性とも捉えられますが、
やはり、
神道には、八紘一宇は良いとしても、
善悪判断が緩く、
心の正邪を制御する面が弱いのかもしれません。
*実際、
「妖怪にならないための言葉」
27妖怪は均整のとれた考え方ができない。
陰と陽が極端に出るが、ふだんはオブラートに包んでいる。
とあります。
荒御魂と和御魂は、陰と陽。
私(井上)も、
天照大神を信奉している一人ですので、
突然、
妖怪「ひょっとこ」に変化(へんげ)するやもしれず、
*既に、妖怪「ひょっとこ」かもしれません。
十分に、思いと行いを制御していきたい。
と思っております。
結論は、上記のとおりですが、
ある意味、ほんと楽しく興味深い霊言でした。
今更ながら、女の執念は、恐ろしいと思いましたし、
妖怪魂であっても、地獄ではない場合、
転生輪廻して人間に宿ることが出来る様ですので、
唯物論社会の隙を突いて、妖怪だらけの日本社会かもしれません。

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2023/02/24(金) 21:45:04|
  2. 【これは、エエヨ!】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【これは、エエヨ!】「短詩型・格はいく集[3]『神は詩う』発刊記念対談」西暦2023年02月03日(金)収録

 <1.結論>
・短詩型・格はいくは、宇宙の根本仏の御本心。
宇宙の根本仏版ツィッター。
→支援霊が分からない。
・活字を追うのではなく、心で、余白の部分を深く読み解けば、
真意が分かる。
・ニーチェ超人思想と光一元思想は近似性がある。
→善悪、地獄天獄の違いなく、妖怪(天狗含)世界の日本霊界。
日本人の8割が日本だけの転生かも。國会がその象徴。HS内も同様。
・世界情勢は、この10年ぐらいで、インドがキーを握る。
支那、インド、ロシアが手を結べば、欧米諸國は、全く勝ち目が無い。
更に、南米、アフリカもロシア支持。
支那とインドを分離する工作が必要。
岸田さん路線だと、日本という國がなくなる可能性が高い。
KIMG1321.jpg
井上功一であります。
教団内外含めて、日本は妖怪だらけで、
近々、
書き下ろし箴言集
『妖怪にならないための言葉』
が発刊される様ですが、
小1の頃観た
永井豪作
テレビアニメ『ドロロンえん魔くん』の主題歌
「~奇怪怪怪 妖怪だらけ日本は妖怪 ふきだまり~」
いうメロディーを、やはり思い出します。
えん魔くんは、閻魔大王の甥で、
日本を妖怪支配から護る為派遣された使者。
不良妖怪を成敗し、更生させる為、地獄へ送り、
ステッキから発射する「妖能力火炎車」で、妖怪を黒焦げにしますが、
なんか地獄和尚に似ているところもあり、感慨深くあります。
また、
3月号月刊誌に載っておりましたが、
地獄の法第4章御法話研修が、
3月23日(木)より開示になりますが、
その内容が、
○御法話拝聴+公案参求(2則)
○参考霊言
「ニーチェ/ゾロアスターの霊言」
「ニーチェ/ワーグナーの霊言」
「文鮮明/ヤイドロンの霊言」
で、びっくり仰天。
遂に、ワーグナーの霊言初開示。
去年、エレクトラの霊言が開示された時以上に、
自称アスガルト文明の末裔であり、
ワグネリアンの私としては、
もうほんと、驚嘆致しました。
今から、拝聴が楽しみ。
ニーチェは、ワーグナー信奉者であり、
書簡を遣り取りする間柄でしたが、
ニーチェが、作曲した歌曲をワーグナーへ献呈するも、
ワーグナーが、音楽的に評価してくれず、
また、
バイロイト祝祭劇場建設の為、
資金集めに奔走する事業家ワーグナー
そして、
聖杯騎士団、悟り、同苦同悲、自己犠牲をテーマにした
楽劇「パルシファル」を製作するワーグナー
*実は、当初、楽劇「釈迦」の予定だったが、
ワーグナーは、東洋文明を深く理解できず断念。
に幻滅し、
ニーチェは、ワーグナーと袂を別ち、
「弱っちい神は、死んだ。」とする
「ツァラツーストラは、かく語れり」へ行き、
転落して行きました。
多分に、巨匠ワーグナーへの嫉妬が大きかったと思います。
最近は、業務中等でも、時々、「正心法語」を、心の中で読経し、
一つ一つの言霊を、噛み締め味わっておりますが、
30年以上、御法話、霊言を拝聴し、思慧をし続けて、
やっと、立体的に理解出来る様になった感があります。
「宇宙創世記」を含めて、やはり、全ての法は、
正心法語に集約されるのだと思います。
<2.短詩型・格はいく集③『神は詩う』直感的感想>
さて、
雨の02月19日(日)午前、
ミニ地区集会終了後、
短詩型・格はいく集③
『神は詩う』
を、紀伊國屋書店梅田店にて購入。
昨年の参院選から、この1月末迄の
総裁先生の御本心。
自分自身の思いと行動をリンクさせ、
時系列でリアルに思い出しながら、
一氣に読みましたが、
端的に申せば、内憂外患。
本当のところが良く分かり、感慨深くありました。
例えば、
・20の解説で、
「国防」と「戦争屋」の違いが難しいか。
とあり、
親露派の安倍さんが暗殺されたのは、
ウクライナとロシアの停戦を阻み、ウクライナ紛争を長期化させ、
グローバリスト、ディープステイト、欧米軍需産業が、金儲けするのが目的。
ということを、よく御存知だったのだと思います。
・秋晴れの10月13日(木)「永遠の京都」因み、京都巡りされた話
他。
しかしながら、
155の解説で、
~本を書けば書くほど一冊の売れゆきは落ちてくる。
社会主義計画経済のようだ。~
160の解説で、
☆書けば書くほど売上目標が下方修正される。ああ、一冊だけの本が書きたい。
と言及がありますし、
戦略経典以外のベストセラー、新規購読者拡大するには、
長年伝統の購入献本方式で、毎年押さえつつも、
もうそろそろ、
経典普及のやり方を、
購入献本方式から、
宣伝販売方式に改めることが、必須である。と強く感じました。
コア、リーダー、役職の方々は、いろいろお忙しいことと思いますので、
私も含め、それ以外の人達が、パイオニアとして、
新たな突破口を切り開いていきたい。ところであります。
<3.特に印象に残った短詩型・格はいく>
23参院選終わりて 教祖 『劇団ひとり』なるを知る
2022.7.12
31ニーチェの「ツァラツストラ」がマスコミとヒトラーを生んだ
どちらも無神論なのに「神」になりたがる
2022.7.27
35善悪なしの超人などなしと ゾロアスター霊のたまう
2022.7.28
62日本神道の神に修行なし 憂うべし
2022.11.17
152日本神道の魂 地獄を知らぬ人多し 驚く
2023.1.11
184孫たちの謎の風邪続く この教団は重いな
2023.1.25
194今年は「地獄」ばやりの初春なり
2023.1.27
198千変万化が妖怪の本質なりと、一言主神のたまう
2023.1.28
204の
鏡の法 左右非対称を発見
の真意が知りたい、と思いましたし、
更に、
短詩型・格はいく集③『神は詩う』
の理解を深める為に、
02月21日(火)業務終了後
「短詩型・格はいく集[3]『神は詩う』発刊記念対談」
西暦2023年02月03日(金)収録
を拝聴。
KIMG1323.jpg
結論は、上記のとおり。
発刊記念対談の特に印象に残った論点を、
備忘録として、記述致します。
<4.発刊記念対談の特に印象に残った論点>
・宇宙創世記は、既に、地球に来る前に書いているので、存在する。
・善川三朗顧問の格はいく
鮎を瀬で 己の身を砥ぎ 瀬を越える
・現在、反応しているだけで、心無しの人が90数%。
・接客やっている様な外の人と会って、自分を客観視することが大事。
・光一元思想は、動機付け、頓服薬なら構わないが、現実を直視しない様になると問題。
日本の軍事思想にも入り込んでおり、小が大を制す思想、奇襲して一氣に勝負する思想。
しかし、正規に向かい合って戦えば、強い方が勝つ。という原則がある。
善悪分けるのは、西欧の智慧であり、悪無し、闇無し、地獄無しとするのは、思考停止。
・宗教家は、地味な仕事。
HSの場合は、信者、資金が、既にあるので、
イベント、事業やっても、大抵のことは成功するが、
裸の自分で、世間に通用するかどうか、常に問うことが大事。
*HRPの候補者も同様。
・日本神道の最高の法は、
姿がそのまま映る鏡の法とされているが、
鏡に映る姿は、実は、実物と左右逆になっている。
しかし、こういう話が、日本の神様に通じないことが多い。
・幸福実現党の第一段階の役割は終わった。
取り敢えず國防強化の方向性となったので。
幸福実現党の経済政策を模倣したアベノミクスは、2回の増税で失敗。
しかし、有事には、パトリオットくらいにはなるので、
幸福実現党は、無いよりあった方が良い。

【これは、エエヨ!】「

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2023/02/21(火) 20:55:38|
  2. 【これは、エエヨ!】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (348)
軍事外交、再軍備、核武装、科学技術 (857)
後援会、選挙、議会 (626)
祭政一致、國史、國體、教育(思想統制、言論統制と戦う) (649)
経済、税制、災害、天変地異 (269)
社会保障、福祉、生涯現役 (25)
宗教 (427)
宇宙 (74)
行楽、親睦、日常 (615)
自転車 (1282)
音楽 (43)
健康 (52)
【これは、エエヨ!】 (194)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (277)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (5)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる