世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【実施模様】2680年08月03日(月)<にゃんにゃん支援>習近平國賓招日即刻中止署名依頼黄昏戸別訪問→長居商店街

 正義の戦争=大東亜戦争終結75年
日本原爆実験成功75年
8月12日は、大日本帝國原爆実験成功の日
支那共産党、習近平は、
支那コロナウィルス(生物兵器)世界的流行の責めを負い、
謝罪し、損害を賠償しなさい!
支那共産党撲滅、支那人民解放
習近平國賓招日即刻中止
香港、台灣、チベット、南モンゴル、東トルキスタン、満洲独立宣言
脱支那、去支那、脱両朝鮮、減税こそ、日本経済復活の鍵
KIMG3730.jpg
井上功一であります。
8月となり、少々日没が早くなって参りましたが、
黄昏戸別訪問には、最適な季節。
業務終了後、
大阪市住吉区長居へ行き、
「自由」こそ、人間の尊厳であることを、
教導啓蒙すると共に、
世界人類の敵、存在の悪=支那共産党、習近平に、
「神の鉄槌」を下し、
にゃんにゃん(洞庭湖娘娘)支援の一助とする為、
KIMG3729.jpg
<にゃんにゃん支援>
習近平國賓招日即刻中止署名依頼黄昏戸別訪問
を敢行しました。
KIMG3728.jpg
1実施日時、場所
2680年08月03日(月)
18:20~19:20
大阪市住吉区
長居商店街
2実施結果
・13軒程度訪問
・習近平國賓招日阻止署名4筆
・訪問通知4部
3巷の様子、声、ご要望
・開始してすぐに、「スタンド黒猫」
という店の看板の前に、猫が出てきたのが、
なかなか宣伝効果があって、面白いところでした。
・本日も、習近平、支那共産党を嫌悪し、
習近平、支那共産党に追従をこく
日本政府への批判と諦めの声が、
多々聞かれました。
KIMG3726.jpg
・たこ焼き屋60代男店長:
「中国は、怖いでえ。嘘付やしなあ。
属國なったら、日本の知識人皆殺しや。
自民党員やけど、二階のオッサン、
ちゃんとしゃべられへんし、ボケとるわ。
定年して和歌山に帰ったらええんや。
中曽根さんかて、定年やったし。
戦後75年、曖昧な態度で、外交やって
金儲けしてきたかもしれんけど、
筋通してやるべき時は、やらなあかん。
ワシかて、本社は、堺にあるんやけど、
ここ来た時、商店街のモンとやりおうたもんなあ。
領空侵犯したら撃墜。領海侵犯したら撃沈。
それが、普通の國や。
自衛隊は、日本軍。交戦権行使せな。
どうしようもあれへん。
あんたいう様に、
核武装が、コストのかからん抑止力や。」
と、強く賛同し、激励してくださいました。
その後、20分程度
-昭和20年8月12日、世界で2番目に核実験成功。
(ほんとは、アメリカより先だった可能性も)
-本土決戦で、アメリカ上陸部隊を、
原爆装ジェット特攻機で殲滅するのが、
帝國海軍艦政本部の方針だったという話。
-自主防衛論者だった中曽根さんが、
原発推進したのは、
日本の間接核抑止力を維持する為だったという話。
-ソ連、支那、北朝鮮が、早期に核武装できたのは、
北朝鮮にあった日本の核施設を接収し、
戦前超一流だった日本の核物理学者を連行したから。
日本再軍備、日本核武装の四方山話に
花が咲きました。
KIMG3727.jpg
スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/08/03(月) 22:47:04|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2680年07月31日(金)<追悼>李登輝台湾元総統→正義の戦争=大東亜戦争終結75年・日本原爆実験成功75年の本年、正史30000年を誇る神洲日本再興の秋。

 チベット、南モンゴル、東トルキスタン、満洲、台湾、香港独立
世界人類の敵=支那共産党撲滅、支那人民開放
KIMG3689.jpg
井上功一であります。
昨日07月30日(木)、97歳で、
李登輝台湾元総統が逝去されました。
ここに、深く哀悼の意を表します。
2680年07月31日(金)<追悼>李登輝台湾元総統→正義の戦争=大東亜戦争終結75年・日本原爆実KIMG3691.jpg
李登輝元総統は、皇國民であり、本省人。
大日本帝國統治下の台湾を生られ、
大日本帝國時代の日本精神を継承し、
日本人以上の大和魂を体現されるお方。
2680年07月31日(金)<追悼>李登輝台湾元総統→正義の戦争=大東亜戦争終結75年・日本原爆実KIMG3696.jpg
本年2680年は、
正義の戦争=大東亜戦争終結75年
日本原爆実験成功75年
の節目の年。
李登輝台湾元総統逝去は、
強いメッセージが込められていると思います。
2680年07月31日(金)<追悼>李登輝台湾元総統→正義の戦争=大東亜戦争終結75年・日本原爆実KIMG3702.jpg
その真心に報いるには、
既存の戦後体制自己崩壊させること。
世界の護民官、東洋の盟主として、
正史30000年を誇る神洲日本が再興すること。
2680年07月31日(金)<追悼>李登輝台湾元総統→正義の戦争=大東亜戦争終結75年・日本原爆実KIMG3692.jpg
また、
支那共産党撲滅、支那人民開放を支援し、
チベット、南モンゴル、東トルキスタン、満洲、台湾、香港
の独立を支援することであります。

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/07/31(金) 23:37:17|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【これは、エエヨ!】「成功していた日本の原子爆弾実験~隠蔽された核開発史~」→昭和20年8月12日に成功



→大日本帝國は、昭和20年(西暦1945年)08月12日未明、朝鮮興南近海の日本海で、原子爆弾海上実験に成功。(米國に次いで世界で二番目、ガンバレル方式ウラニウム原爆)
朝鮮興南に、日窒の化学プラントを活用した原爆製造巨大プラント保有。
大日本帝國核物理学は、マンハッタン計画を実行したアメリカ合衆国と同程度に、超一流。




井上功一であります。

米ジャーナリストの
ロバート・ウィルコックス著
矢野義昭訳
勉誠出版刊

「成功していた日本の原子爆弾実験
〜隠蔽された核開発史〜」

410ページに及ぶ大書で
久し振りに読み応えのあった本ですが、
非常に楽しく、興味深く読みました。

大日本帝國に於いても、
若手科学者を中心として、
西暦1938年12月17日に
ドイツのオットー・ハーンとフリッツ・シュトラスマンが、
核分裂を発見した時から、
核分裂時に放出される莫大なエネルギー(石炭燃焼の500万倍)に注目。
これを、
航空機、艦船の無限動力、爆弾に使うことを画策、
核兵器が、戦争を決するとして、
戦前、皇軍(帝國陸海軍)の先見性のある上層部は、
日本の科学者、実業界と一丸なり、
極秘で、

陸軍は、「ニ」号計画(理研の二科芳雄博士中心→ボーアの友人。陸軍は、航空隊司令官安田武雄中将他。昭和20年以降は、「F」号計画へ統合。)

海軍は、「F」号計画(大阪帝國大学の荒勝文策博士中心→アイシュタイン博士に学び、個人的友人。湯川秀樹博士も、ウラン核分裂時中性子発生数2.6個他理論計算で活躍。海軍は、艦政本部)

として、
研究開発、プラント建設に資金提供。


・核分裂、臨界料、中性子の放出数、
原子炉、原子爆弾の設計他
核物理学の理論研究

・ウラン濃縮方法、中性子制御方法とその装置の設計開発。

・鉱山開発を含め、酸化ウラン、トリウム他分裂元素鉱石の調達、精錬プラント建設

・朝鮮興南に、日窒の化学プラントを活用した原爆製造巨大プラント建設

・アメリカのマンハッタン計画も、
諜報により、日本は把握

・珊瑚海海戦、ミッドウェー海戦、レイテ沖海戦で主要な艦船を失い、昭和19年10月以降特攻作戦を始めていた帝國海軍艦政本部は、敢えて建艦せず、劣勢を挽回する決戦兵器を求め、原子爆弾開発にかけており、本土決戦でも、特攻機に原子爆弾装着し敵上陸阻止を画策。

・日本の核関連施設は、本土以外に、
支那の上海、満洲の奉天(瀋陽)、朝鮮の興南に建設。

・最終的に、終戦の3日前、昭和20年08月12日に、原子爆弾海上実験に成功。

・戦後、ソ連、支那、北朝鮮が、早期に核武装出来たのは、大日本帝國の朝鮮興南原爆製造プラント(地下製造施設、潤沢な水力発電所含め)から核分裂物質、機械設備を接収、再利用。そして、日本核物理学者を、招待、連行、抑留したから。

・北朝鮮原子力計画「最初の父」と言われる李升基博士他、北朝鮮の核物理学者パイオニアの多くは、京都帝國大学で荒勝文策博士から学ぶ。


もうほんと、
血湧き肉躍る正史が、
米國最高機密文書を精緻に検証し、
当時の関係者へのインタビューを踏ま
えながら、
記述されておりました。

私(井上)としては、
違和感があり、屈辱的だった
これまでの通説
「戦前日本の核開発は、研究室レベルで、
昭和20年3月10日東京大空襲で
理研の二科研究所が消失してから停止。
先進國アメリカと違い、
原子炉、原子爆弾の実用化製造は、
非常に遅れていた。
戦後、軍國主義が終わり、
民主的アメリカのお陰で科学技術が進歩した。」
「日本は、
原爆開発出来なかった
哀れで可哀想な唯一の被爆國で、
被害者として、
二度と惨禍を繰り返さない為に、
反戦反核平和
憲法改正反対、非核三原則堅持
反対、反対エイエイオー。
といった悲壮な左翼市民運動。」

戦後レジームの常識
が、覆り、
大日本帝國は、
プルトニウム239を生産する黒鉛減速型原子炉ですら開発
原子爆弾実験も、アメリカに遅れること
2ヶ月程度で成功。
マンハッタン計画を実行した
アメリカ合衆国と同程度に、超一流だったことが、
明らかになり、非常に、画期的。

本書は、ある意味、日本核武装に対する
アメリカからのシグナルとも言え、

・日本核武装、皇軍復活(日本再軍備)

・更なる皇國史観浸透(帝國科学者・軍人に対する尊崇)

・非核反戦平和左翼運動頓挫

・実は、日本の助力無しには、核武装成し得なかった核兵器自力開発したという核武装國ロシア、支那、北朝鮮への抑止力

として多大なる推進力となり、
日本核武装、皇軍復活の急先鋒たる
幸福実現党の存在意義が、
益々高まることと思います。
*NPT(核兵器不拡散条約)に於いて、
「核兵器保持を許される國」は、
「西暦1967年1月1日の時点で既に核兵器を保有している國」
となっておりますので、
西暦1945年08月12日核実験に成功した
日本は、有無を言わさず、核武装する権利があります。

ところで、
画期的な大書を著された
ウィルコックス氏の史実を探究される尋常ならざる情熱には、
敬意を表します。
また、
訳者の矢野氏は、元陸上自衛隊将官。
日本核武装の第一人者で、
現在は、
國家生存戦略研究会会長。
何度か、勉強会、セミナーで、
日本核武装、日本再軍備の論理他
非常に、勉強させてもらいました。
*一点だけ氣になった点は、
UボートU-234による酸化ウラニウム他
日本への戦略秘密物資輸送で、
ドイツジェット戦闘機Me262
の日本版が「菊花」とされておりましたが、
正しくは、「橘花」
同じ「きっか」でも橘の方。
多分、パソコンの変換間違い。
因に、帝國海軍は、
本土決戦に於いて、
超高速で撃墜困難な原爆爆装ジェットあるいはロケット戦闘爆撃機で、
日本本土へ上陸せんとする米艦隊に、
特攻攻撃予定だった。と思います。


以下、
「朝鮮興南の原爆製造巨大プラント」
について、
少々補足しておきます。


・日本窒素肥料株式会社(現チッソ)
の創業者である
野口遵が、
北朝鮮興南を中心に、
当時、東洋一と言われた
100万kwの潤沢な電力を供給する
水力発電所を含む
超巨大重化学コンビナート
朝鮮窒素肥料株式会社を建設。
肥料のみならず、
火薬、爆薬、液体ロケット燃料、
リアメタル、ウラン、重水
も製造。
*戦後は、水俣病で有名になってしまいましたが、
日本再軍備を恐れた連合国側が、
原爆製造会社であった
日窒にダメージを与える為に、
工作員が、有機水銀を工場排水に流す謀略をしたのではないか。
と私(井上)個人は、
誇大妄想しております。


・当初、原子爆弾製造は、
本土で実施。
B29空襲が激しくなった為、
3ヶ月かけて、興南へ移転。
もし、この3ヶ月がなければ、
原爆の洗礼を、アメリカが受けていたかもしれません。


・興南には、核開発に必須であるカルトロン、EMS装置、熱拡散工場施設、ガス拡散方式分離機、遠心分離機も稼働。















テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/06/17(水) 17:13:14|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【これは、エエヨ!】゛世界最終戦争「最終戦争論」「戦争史大観」゛元陸軍中将石原莞爾著→皇軍戦争哲学


→世界に誇る帝國軍人の戦争哲学


井上功一であります。
國際政治学=戦争哲学。
戦争においては、
ほとんどテクノロジー、戦力の優劣で、
勝敗が決定しますが、
最新兵器研究開発の努力をしつつも、
日本を國防國家と成し、
アーリマン殲滅、中華人民共和国解体解放、
ゴールデンエイジ開闢
を目的とする
王道文明(自由、民主、信仰)

覇道文明(専制、独裁、唯物無神論)

世界最終戦争に備えるならば、
政治家自身、また、一庶民迄が、
不屈の深い戦争哲学を、
体得していることが、必定と言えます。

戦争の神様、天才と言われた
石原莞爾元陸軍中将著
゛世界最終戦争「最終戦争論」「戦争史大観」゛
*初版は、昭和16年(西暦1941年4月)

は、
正に、
世界に誇る帝國軍人の戦争哲学。

石原中将は、國忠会の熱心な信行者で、
日蓮聖人の予言
「前代未聞の大闘諍、 一閻浮提に起こるべし。」
(末法の世に、
日本を中心として世界に未曾有の大戦争が起きる。)

戦争史、当時の世界情勢を俯瞰され、

東方道義を旨とする王道文明

力を旨とする西洋覇道文明
により、
原子爆弾他が世界最優秀決戦兵器として用いられ、
最終戦争が行われ、
以降、
八紘一宇よる
共存共栄の平和な統一世界が出現する。
として、
“世界最終戦争「最終戦争論」「戦争史大観」”を、
世に問われ、
東亜連盟構築を提唱されました。


世界最終戦争は、
欧米500年の植民地支配から
アジヤ、アフリカを解放独立させ、
白人による有色人種への人種差別撤廃の契機となった
人類史の転観点=大東亜戦争が、
該当すると思いますが、

グローバリズムである無神論共産主義撲滅をやり残しましたので、

仏の世界計画に従い、
今後敢行される
アーリマンとの戦いである
中華人民共和国解体人民解放戦争こそ、
世界最終戦争ではないか。
と考えております。

・戦争は、
兵器開発、用兵の進化、政治状況により、
決戦戦争と持久戦争を繰り返し、
彼我の戦力差、画期的新兵器があれば、
決戦戦争。
彼我の戦力が拮抗なら、持久戦争。
持久戦争は、政治、謀略の比率が高くなる。

・戦闘形態は、
点→線→面→体と進化。
第二次欧州戦争、大東亜戦争では、
航空戦力、制空権が鍵。
*井上談:今後は、更に一次元増えて
宇宙、霊界を制する戦い
になるかもしれません。
たぶん、多くの宇宙人が、支援に来られている理由。

・義勇兵(志願兵)→兵役兵→傭兵
と、
國家に対する思い入れが減じる。

・フリードリッヒ大王、ナポレオン他
西欧戦争史の明瞭な考察
他、
今でも、新鮮な論点が
いろいろと記されており、
非常に勉強になりました。

また、
陸軍であっても、
大蔵省に予算要求を
突っぱねられたりするといった
当時、日本が全体主義、軍國主義でなく、
いかに自由主義であったかが、
よく分かる記述が多々あるのも、
意外とところと言えます。


<付録>
1.身近な戦争哲学
・近代戦争哲学では、
「戦争は他の手段をもってする政治の継続に外ならぬ」
の一節で非常に有名な
プロイセン
カール・フォン・ クラウゼヴィッツ将軍の
”戦争論“。


・幸福の科学戦争哲学としては、
"国際政治学の現在
世界潮流の分析と予測”
-戦争は、殺人ではなく、國家間の勝敗決定手段

-各國の軍事バランスで、平和を維持するのみならず、
「神の正義」を貫き、
世界秩序を構築する為、戦争を手段として用いる場合もある。

-民主主義は、戦争抑止、戦争継続両方に有力。
といったことが言及されております。



2.日本以外の國家常識
・戦争は、政治の延長線上にあり、
戦争は、単なる外交の一手段。
戦争、軍事力を行使できてこそ、
普通の独立國。

・「1928年のパリ不戦条約(ブリアン・ケロッグ協定)にて、
『國際紛争の手段として、戦争は用いない。但し、自衛戦争を除く。』
とされてから、
個別自衛権であれ、集団的自衛権であれ、
やたら、自衛権こだわり、偽りが多くなったが、
実際問題、交戦権を行使するのが、
普通の独立國、主権國家。」



3.石原莞爾中将について
・日本を國防國家とすべく、
軍人として、
単に予算要求するのにならず、
富國の為、満洲事変を敢行、
軍閥を掃討、
東亜連盟の端緒となる
五族共和の満洲國を建國し、
日本の生命線とした真なる立役者。

・226事件戒厳令司令部で、参謀本部の作戦課長実質指揮反乱軍に温情を求める将官を叱り、
反乱軍を早期鎮圧し、帝都の治安を回復。


・官僚主義の東條英機大将とは、
全く合わず、
戦争指導の出来ない「東條上等兵」
と呼んで軽蔑しておりましたが、
東條陸相によって、
昭和16年に予備役編入。
こういう戦争設計、戦争指導できる人が、
大東亜戦争を指導できなかったことは、
非常に残念なことだと思います。


・東京裁判時、
石原中将は、
早くから
「満洲國建國に最も深く関わったのは自分であり、
日本の戦争責任を裁くのなら、
戦犯第一号は自分である。
まずは私を裁判にかけよ」
と言っておられましたが、
酒田臨時法廷で、
日本の戦いは、
欧米列強のアジヤ侵略を駆逐し、
アジヤ解放独立の戦いである。
といった
理路整然堂々たる論陣を張り、
連合國側の判事、検事が、
演説に驚嘆感動。
頭脳明晰博識な石原中将を、
法廷に登場させると、
東京裁判が、戦時國際法違反の茶番劇であることがばれ、
欧米列強のアジヤ侵略の悪事が、
白日の下晒されることを恐れ、
石原中将は、戦犯になりませんでした。

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/06/13(土) 12:50:52|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝の「海軍記念日慶祝街宣自作チラシ」”皇紀2680年5月27日(水)<慶祝海軍記念日>日本海海戦完勝115周年「大日本帝國海軍は、皇國の譽。」~東郷精神発露の秋。コロナウィルス大流行対支那責任追及、習近平氏國賓待遇招日中止こそ、世界正義。~

井上功一であります。
以下、
早起きして、作成した
今朝の「海軍記念日慶祝街宣自作チラシ」。

参考にして頂ければ、幸いであります。
皇紀2680年5月27日(水)<慶祝海軍記念日>日本海海戦完勝115周年「大日本帝國海軍は、皇國の譽。」~東郷精神発露の秋。コロナウィルス大流行対支那責任追及、習近平氏國賓待遇招日中止こそ、世界正義。~

ココから原稿

皇紀2680年5月27日(水)
<慶祝海軍記念日>日本海海戦完勝115周年
「大日本帝國海軍は、皇國の譽。」
~東郷精神発露の秋。コロナウィルス大流行対支那責任追及、
習近平氏國賓待遇招日中止こそ、世界正義。~


 5月27日は、誉ある「海軍記念日」。日露戦争において、明治38 年(1905 年)5月27日~28日敢行された日本海海戦に於いて、東郷平八郎海軍大将率いる大日本帝國海軍の連合艦隊が、ロシアのバルッチク艦隊を殲滅し、完勝した日本海海戦が開始された日であり、本年は、115周年。この日本海海戦により、日本大日本帝國は、日本海の制海権を得て、ロシア帝國が、講和のテーブルに着く方向となり、日露戦争を勝利に結び付けたのであります。
 明治維新から、50年程度で、日本は、國力10倍のロシア帝國を破り、五大強國、東洋の盟主、世界の護民官となり、黄色人種でも、白人に勝てると、アジヤ、アフリカの人々に希望を与え、人種差別撤廃、独立解放契機となりました。 日本國民として、東郷平八郎元帥の偉業讃え、帝國海軍の魂である旭日旗に、改めて、ここに敬意を表したいと思います。
 日本海海戦時、掲揚された有名な信号旗「Z旗」は、「皇國興廃在此一戦 各員一層奮勵努力」を意味します。この帝國海軍の伝統、東郷精神を引き継ぐのが、旭日旗を自衛艦旗とする海上自衛隊。「一帯一路」という世界征服戦略を掲げ、また、支那コロナウィルスを世界に大流行させた専制独裁人権國家支那(中華人民共和国)を解体人民解放することこそ、「世界正義」「世界人類の幸福」。よって、自衛隊を、皇軍、日本軍として復活させ、日本核武装して、我が國が、世界の護民官、東洋の盟主として再興することが、世界から求められております。

1.東郷平八郎元帥は、God of Victory、勝利の神、至誠の神
 毎年5月28日、東京の東郷神社では、例大祭が齋行されますが、自衛隊統合幕僚長、陸上幕僚長、海上幕僚長、航空幕僚長、アメリカ大使館駐在武官他多くの各國軍人が、ご参列。東郷平八郎元帥は、やはり、今現在においても、世界の軍人が尊敬する世界的なGod of Victory、勝利の神、至誠の神、であります。

2.日本海海戦の戦果概要
ロシア帝國バルチック艦隊の損害:沈没21隻(戦艦6隻、他15隻)、被拿捕6隻、中立國抑留6隻、戦死4,830名

大日本帝國連合艦隊の損害:水雷艇3隻沈没のみ、戦死117名、戦傷583名

3.習近平氏國賓待遇招日即刻中止こそ、世界正義
 支那コロナウィルス世界的流行により、延期にはなりましたが、日本政府は、多くの心ある日本國民よる反対の声を考慮せず、習近平・支那(中華人民共和國)國家主席を招こうとしております。しかし、香港や、もともと独立國であった自治区のチベット、東トルキスタン(ウイグル)、南モンゴルに於ける暴力、拷問、強制労働といった人権弾圧、言論統制。そして、独立國である台灣への内政干渉。更には、尖閣周辺の日本領海浸入常態化、南京大虐殺他捏造歴史による日本敵視。支那コロナウィルス世界的流行の責任と、支那の暴挙、國家犯罪は、計り知れません。
 このような独裁國家の國家主席を、國賓として招けば、天皇陛下と謁見することとなり、支那の暴挙、國家犯罪に、天皇陛下のお墨付きを与え、我が國史の汚点となりかねず、國際社会で孤立すること必至。また、肇國の大義「八紘一宇」の精神、「自由、民主、人権」を尊重する日本國憲法の精神にも、反します。西暦1989年6月4日、支那が丸腰の市民を虐殺した「六四天安門事件」に対して、西側諸國は非難の声を上げ、経済制裁を行いました。一方、日本は現職の首相や天皇陛下が支那を訪問し、制裁解除に道を開くという過ちを犯しました。同じ過ちを繰り返さない為にも、習近平氏國賓待遇招日即刻中止が必定であり、世界正義に直結するのであります。

日本國民 幸福実現党員 井上功一
〒554-0002大阪市此花区伝法6-3-4 1119
TEL:070-5163-4296

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/05/27(水) 12:29:33|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【実施模様】2680年05月27日(水)<海軍記念日慶祝街宣>日露戦争日本海海戦圧勝115周年→大日本帝國海軍は、皇國の譽。

皇國興廃在此一戦
各員一層奮勵努力


JAPAN ERWACHE!
神洲不滅
皇軍復活、日本核武装
正義の戦争=大東亜戦争終結75年
暴支膺懲
習近平氏國賓待遇招日即刻中止
KIMG3248.jpg

井上功一であります。

本日5月27日は、

日露戦争日本海海戦圧勝115周年、海軍記念日。

大日本帝國海軍、東郷平八郎元帥の偉業を称え、
東郷精神を発露し、
我が國が、世界の護民官、東洋の盟主として
再興することを、誓い、
業務開始前、

<海軍記念日慶祝街宣>
日露戦争日本海海戦圧勝115周年
大日本帝國海軍は、皇國の譽。

を敢行致しました。
KIMG3249.jpg


1.実施時間場所
2680年05月27日(水)
07:25~08:00
大阪市此花区
阪神電鉄千鳥橋駅前歩道


2.実施内容
党幟、旭日旗掲揚
神洲不滅腕章装着にて、

演説しながら、 
KIMG3250.jpg


自作チラシ
”皇紀2680年5月27日(水)
<慶祝海軍記念日>日本海海戦完勝115周年
「大日本帝國海軍は、皇國の譽。」
~東郷精神発露の秋。コロナウィルス大流行対支那責任追及、
習近平氏國賓待遇招日中止こそ、世界正義。~”

を、

20部程度手渡し。
KIMG3251.jpg


3.巷の声、様子
・ほぼ、普段通りの通勤客で、一安心。
コロナ恐怖症な空氣も、ほぼ消滅しております。


・日露戦争日本海海戦圧勝115周年を知らない方も、
割りに多く、
意外に興味関心を持ってくださいました。
正史教導啓蒙は、続きます。
KIMG3252.jpg


・演説は、
東郷平八郎元帥は、God of Victory、勝利の神、至誠の神
旭日旗は、太陽の國日本が、世界を遍く照らす象徴
Z旗の意味は、皇國興廃在此一戦 各員一層奮勵努力
皇軍復活、日本核武装は、世界人類の幸福に直結
習近平氏國賓待遇招日即刻中止こそ、世界正義

を、
氣持ち良く強調しておきました。





テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/05/27(水) 08:55:36|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【実施模様】2680年05月25日(月)悪魔祓<釈量子・数森圭吾支援、署名依頼兼映画宣伝戸別訪問>習近平國賓招日阻止、カジノ中止、"心霊喫茶「エクストラの秘密」-THE REAL EXORCIST-"

支那共産党、習近平は、
支那コロナウィルス(生物兵器)世界的流行の責めを負い、
謝罪し、損害を賠償しなさい!

人権弾圧虐殺者=習近平國賓招日即刻中止
暴支膺懲
六四天安門虐殺を忘れるな。
香港、台灣、チベット、南モンゴル、東トルキスタン独立支援
脱支那、去支那、減税こそ、経済復活の鍵

KIMG3232.jpg


井上功一であります。
全國全て
目出度く緊急事態体制解除の運びとなりました。
ストップ、ステイホーム。
積極的に外出し、飲食、買い物、レジャー、旅行に励み、
経済支援をしていきたい。
と思っております。
KIMG3233.jpg


さて、本日も、業務終了後、

キャサリンちゃん(お買い物自転車)に乗り、
國道43号線歩道橋で、
六軒家川、安治川、尻無川を渡河して
大阪市大正区の商店街に行き、

世界人類の敵=支那共産党、習近平に、
「神の鉄槌」を下す一助とする為、

<釈量子・数森圭吾支援、署名依頼兼映画宣伝戸別訪問>
習近平國賓招日阻止、カジノ中止、
映画"心霊喫茶「エクストラの秘密」-THE REAL EXORCIST-"
KIMG3234.jpg


を敢行しました。


1実施日時、場所
2680年05月25日(月)
18:20~19:00

大阪市大正区
サンクス平尾
KIMG3235.jpg


2実施結果
・8軒程度訪問

・習近平國賓招日阻止署名4筆

・夢洲カジノ建設撤回署名1筆

・コロナ支援問い合わせ先一覧5部

・訪問通知6部

・"心霊喫茶「エクストラの秘密」-THE REAL EXORCIST-"チラシ5部
KIMG3236.jpg

3巷の様子、声、ご要望
・チェーン店を含め、飲食店が再開し、
どのお店も、ほぼ満席状態。
街に灯りが点ることは、街が生き返った様で、
本当、嬉しくなります。


・薬局60代奥さん:
「生物兵器いうとんなあ。
多分そうやろ。こっち(習)は、しとくわ。
でも、カジノは、賛成やで。」
KIMG3237.jpg


・鶏肉店60代ご主人:
「中国依存は、止めなあかん。
よし分かった、したろ。」
「こっちは、何の署名や。」

→「カジノ反対です。」

「わし、カジノは、賛成や。」


・漬物屋60代店長:
「ああ、幸福実現党いうたら、
10年くらい選挙出とるけど、
議員一人もおらんやろ。」

→「そうですねん。
もう10年も國政選挙やって
お金ようけいって、貧乏してますねん。
けど、お陰さんで、
市町村会議員は、40人くらいなりました。」

「そんなことあれへんやろ、
あんたとこ、お金ようけあるやろ。
あんた、普段仕事しとるんか。」

→「店長みたいに、金持ちちゃいますから、
普通のサラリーマンしてまして、
余暇に、収入の範囲内で、政治運動してますねん。
やっと、緊急事態体制解除なりまして、
政治運動再開しとるんですわ。
そやけど、もうほんま
小池のオバサンに、日本破壊されれるんとちゃうか。
と思うてます。」

「ワシ、商店街の役はしとるけど、
雇われ人やがな。金入ってこんわ。
で、議員は、ちゃんと仕事しとるか。」

→「例えば、東かがわ市で、小学校跡地に
中国人民解放軍関連の
”北京市海淀外国語実験学校”誘致を中止させたりとか、
地道に取り組んでます。」

「こういう緊急事態なら、
國会議員の歳費の半分返却させるとかさせな。
あんたとこも、こういう考えあるか。」

→「まず、減税第一ばら撒き中止。
立党当初から、参議院廃止して、一院制にする。
という政策は、あります。」

「カジノは、賛成やからせんけど、
習近平のんは、しとくわ。
人間二つの目があるんやから、
真面目にやっとったら、誰が見とるんや。
そやから、続けることや。」

→「ありがとうございます。
内が応援しとる女陰陽師の悪魔祓い映画ありますんで、
映画館の支援と思って行ってもらえしまへんか。
悪魔に憑かれたもんの表現がリアルで、ほんま怖いでっせ。」

「ホラー映画好きやから、時間あったら行くわ。
心斎橋の映画館でも、やっとるんか。」

→「そうです。シネマート心斎橋でもやってます。」

と暫し、楽しく談笑。




テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/05/25(月) 22:38:39|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2680年05月15日(金)【沖縄県祖國復帰記念日】<テレワーク25日目>「高見新家公園」業務開始前日光消毒ポタリング~沖縄と本土は一心同体。沖縄県民は、皇國民。~

JAPAN ERWACHE!
決死不如不思死生
非理法権天
暴支膺懲
緊急事態体制即刻解除経済教育再開!
日本國民、大阪府民は、支那コロナで死なず、貧乏、飢餓、精神病、自殺で死ぬ。

支那共産党、習近平は、
支那コロナウィルス(生物兵器)大流行の責めを負い、
世界の犠牲者に謝罪し、
遺族、経済的被害者に損害を賠償しなさい!

人権弾圧虐殺独裁者=習近平國賓招日即刻中止
KIMG3084.jpg

井上功一であります。
05月15日(金)は、
48年前の昭和47年(西暦1972年)、
米軍の統治下にあった沖縄県が、
祖國日本に復帰した
【沖縄県祖國復帰記念日】。

沖縄県祖國復帰48周年を、慶祝致すとともに、
今後とも、
『沖縄本土一体史観』
『沖縄と本土は一心同体。沖縄県民は、皇國民。』
を、教導啓蒙致す所存であります。
KIMG3085.jpg

さて、
5月15日(金)も、
運動不足解消、支那コロナウィルス日光消毒の為、
業務開始前、
通勤代わりに、

キャサリンちゃん(お買い物自転車)にて、

地元此花区の

「矢倉緑地」迄

業務前ポタリング。
KIMG3086.jpg

夕方から雨模様という予報でしたので、
少々曇り勝ちでしたが、

ウォーキング、ランニングを嗜む人々で、
賑わっておりました。
KIMG3087.jpg

ツバメの雛も、かなり大きく成長。
KIMG3091.jpg KIMG3092.jpg

日向ぼっこ中の野良猫ミーちゃんの相手をしてから、
テレワーク開始。
ゆったりした平和な一日となりました。
KIMG3089.jpg


<付録>2680年05月15日(金)慶祝沖縄県祖國復帰47周年『沖縄と本土は一心同体。沖縄県民は、皇國民。』

5月15日は、昭和47年(西暦1972年)、沖縄県が、米國から祖國日本に復帰した大切な日。昭和27年(西暦1952年)4月28日のサンフランシスコ講和条約発効から、遅れること20年。4月28日が、我が國の「主権回復記念日」であるならば、5月15日は、「第二の主権回復記念日」と言えます。
沖縄県祖國復帰48周年を、心よりお祝い申し上げます。

しかしながら、現実を直視致しますと、
支那コロナウィルス世界流行禍の真っ最中の現在においても、
沖縄県では、着々と「辺野古移設反対」「米軍基地撤去運動」「琉球独立運動」が展開されており、支那公船による領海侵犯、支那航空機による領空侵犯が日常化しております。「琉球独立運動」とは、支那(中華人民共和国)の沖縄自治区化工作であり、沖縄県が、琉球として非武装の丸腰で独立すると、沖縄は、支那の属國となり、沖縄県民の皆さんは、支那の奴隷として、恥を晒して生きる未来が待っております。
支那自治区とは、「現代奴隷制度」の別名。チベット、東トルキスタン、南モンゴル、香港の虐殺、人権弾圧の惨状を見れば、明らかであります。

しかして、「琉球独立運動」を根本的に殲滅するには、
沖縄県のごね得補助金依存行政を改めると共に、
沖縄県民の皆さんが、古来より、皇國民、日本國民であり、沖縄と本土は、一心同体であることを、我々日本國民が、深く理解することがであるのであります。


1.沖縄・本土一体史観→二千数百年前から、沖縄は、日本の領土。
・「人種的」には、頭蓋骨の小さな差異、顔の彫りの深さ、頭や顔の大きさ・形を比較し、沖縄人は本州現代人に近いこと。

・「歴史的」には、沖縄は、平安期以降、突如として農耕社会が出現していますが、これは12世紀前後に九州の日本人が南西諸島に南下し、これが現在の沖縄県民の直接の先祖であること。また、琉球王國正史『中山世鑑』では、琉球王國の最初の王・舜天は、源為朝の子とされております。

・「言語的」には、日本語と琉球方言は、音韻・文法・語彙等が、全く同一言語から派生したことが証明されていること。

・琉球王國は、社会主義。移動の自由がなく、私有財産が認められず、八公二民の 重税、一般庶民は奴隷状態→大日本帝國政府の琉球処分により解消。

・神武天皇の祖母「豊玉姫」が、里帰りされる神話がありますが、幸福の科学公開霊言より、豊玉姫 が、石垣島出身であることが明らかになっており、皇室の祖先が、沖縄出身であり、沖縄は、日本そのもの。
また、本土、沖縄共に日本は、東洋文明の源流。神道の最高神=天御祖神が開闢されて以来、正史30000年を誇り、天照大神に象徴される「太陽信仰」が根付き、1万5千年前のムー文明へも影響を与えたと言われております。


2.「日米同盟」が日本、沖縄の平和を保障しているリアルな現実
~但し、皇軍復活(再軍備)、核武装も独立國として必須。~
・大東亜戦争沖縄戦で20万人の人が亡くなり、決して許すこともできない心情もありますが、アメリカは、世界最大の経済國家、軍事國家であり、アメリカと本気で戦争して、近代戦で、勝てる國は、ありません。我が國が、「戦争放棄」「政教分離」の呪縛により、普通の独立國では無く、支那、北朝鮮の核、弾道ミサイルの脅威に怯え、支那共産党、習近平に対して、支那コロナウィルス(生物兵器)大流行の責任追及と謝罪、報復軍事行動のみならず、損害賠償すらできず、支那公船の尖閣諸島周辺航行や、支那航空機の領空侵犯等にすらどうすることもできず、未だに捏造の従軍慰安婦、捏造徴用工問題で韓国に金をせびられ続けるリアルな情けない現実を直視すれば、日米同盟は、アメリカへの隷属ではなく、現日本の平和の要と言えます。

・政治家としての最も重要な資質は、自國民を護る為、軍事力を行使を決断し、「負けるような戦争は、しない。」ことであり、「世界最強國」との同盟堅持は、政治家の義務であります。

・また、支那、北朝鮮といった悪意ある核保有國に囲まれている日本の現状では、日本核武装は、必定であり、日米同盟をイコールパートナーとして強化する為、自衛隊を普通の軍として、日本が、皇軍復活(再軍備)することは、当然であります。


日本國民 幸福実現党員 井上功一
〒554-0002大阪市此花区伝法6-3-4 1119
TEL:070-5163-4296



テーマ:中国による不法な領土侵略! 尖閣諸島・新疆ウイグル自治区・チベット・フィリピン他 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/05/15(金) 17:30:39|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2680年04月28日(火)<慶祝主権回復68年> 「講和条約発効記念日」~支那コロナ・ウィルス流行は、現文明・戦後体制との決別、脱支那及び新文明への禊~JAPAN ERWACHE!暴支膺懲、緊急事態宣言延長阻止経済再開!今こそ、祭政一致の國體=神洲再興の秋。

決死不如不思死生
非理法権天
支那共産党、習近平は、
武漢新型肺炎大流行の責めを負い、世界の犠牲者に謝罪し、
遺族に損害を賠償しなさい!
武漢新型肺炎は、支那共産党ウィルス
人権弾圧虐殺者=習近平國賓招日即刻中止
KIMG2880.jpg


井上功一であります。
本日4月28日(火)は、講和条約発効記念日。
我が國の主権回復68年を、
慶祝致したい、と思います。
KIMG2879.jpg


1.現日本国憲法を護持する限り、日本は、普通の独立國、主権國家にあらず
 4月28日は、「講和条約発効記念日」。68年前の昭和27年(西暦1952年)、サンフンシスコ講和条約が、発効して、連合國軍最高司令官総司令部(GHQ)のオキュパイドジャパン(占領下の日本)から開放され、日本の主権が、回復した非常に重要な日であります。(沖縄本土復帰は、更に20年を経た昭和47年5月15日、北方領土は、未還)更に、この日以降、ウエストファリア条約違反、ハーグ陸戦条約違反である連合國の一方的な報復「東京裁判」で、悪意により戦犯にされた方々の名誉も回復し、日本には、戦犯者等、存在しておりません。
 本来であるならば、68年前に、昭和22年(1947年)5月3日に施行された政教分離と戦争放棄と平等重視で、國體を破壊する日本屈辱の象徴、世界の嘲笑の的、「占領政策基本法」あるいは、「不平等条約」と言える「現日本國憲法」を、無効破棄し、大日本帝國憲法に回帰して、改めて、祭政一致、再軍備、核武装を明確に謳う正統な日本國憲法を、制定すべきでありました。
 それをせずに、麻生太郎副総理のお祖父さんである吉田茂元首相が作成した「吉田ドクトリン」即ち、「アメリカの一方的な庇護を受け、反戦平和を唱え、金儲けに専念する。」という國家運営に安住し、自ら戦わず、他國にすがる日本を良しとして来た日本臣民、及び政治家の罪は、重いと言えます。


 我が國は、支那コロナ・ウィルス流行を好機に、主権と独立を維持する為、皇軍復活、核武装実現。有事に於ける超法規的措置、9条適用除外による無制限交戦宣言実施。
日本の政治システム、宗教に内政干渉し、ウェストファリア条約違反、ハーグ陸戦条約違反である現日本国憲法を無効破棄して、正統な日本國憲法制定、あるいは、前文、9条、20条を改定して、祭政一致、皇軍復活(日本再軍備)を明確に謳う憲法改正が必定。 5月3日は、「日本恥辱の日」として平日にし、4月28日を、「講和条約発効記念日」して祝日にすべきであります。
KIMG2870.jpg

2.神洲復活、緊急事態宣言延長阻止経済再開、脱支那が、救いの第一歩
 実質、緊急事態体制維持は、3ヶ月が限度とも考えられておりますが、緊急事態体制延長が噂される現在。支那コロナウィルス感染者増大の心配より、経済的破綻の方が、実質、強烈な破壊力があります。
 よって、
・支那コロナウィルス感染リスクを取って、積極的経済活動再開促進
・支那への責任追求、損害賠償請求
 を敢行することが、
「有事演出恐怖扇動パフォーマンス全体主義政治」
を演出することよりも、真の良心ある政治家の証左と言えます。
 最近は、「支那コロナウィルスで、日本人40万人が死ぬ。」という話もありますが、人口1億2650万人で、40万人なら、0.3%。確かに、広島・長崎原爆投下、東京大空襲の30万人の死者を、上回りますので、人情的には、忍びなく、非常に悲しいことであります。但し、今は、世界人類の文明の転換点。人口が半減する。3分の1になるなら別ですが、1000人に3人が死ぬ程度ですから、それ程、ヒステリックに、悩乱する必要もないと思います。
 また、肺炎の場合、寝たきり、植物状態になって長患いする訳ではなく、発症から死ぬ迄も、長くて数週間、普通は、1週間未満。その意味で、比較的苦しみも少ない。と言えます。
 「靖國で会おう。」と行って出撃された戦前の日本人であるならば、神洲不滅、霊魂不滅を信じており、死ぬのは覚悟、死中に活を見出す「大和魂」「楠公精神」「特攻精神」「決死不如不思死生」「非理法権天」を理解しておりましたので、今回の様な多くの國民が死の恐怖に慄く支那コロナウィルス騒動に様にはならなかったかもしれません。
 やはり、「人間は、何時かは死ぬ。これで、今世の魂修行が終わった。自由自在な心が全てのあの世に還れるわい。ほんと有難い人生だったなあ。お迎えが来ましたので、それでは、皆さん、はい、さようなら。」と微笑んで多くの方が死ねる様に、
・根本仏(エル・カンターレ)の宇宙計画
・霊魂不滅、
・転生輪廻、
・三途の川の渡り方他死去直後の様子と対処法
といったことを、教導啓蒙することが、「操業自粛」「外出自粛」より、
國民の皆様へ、安らぎと希望を与え、
支那コロナウィルス撲滅に、最も効を奏すると考えております。
 *神仏を蔑ろにして、傲慢になっている人類、日本人への天罰、仏罰、神罰の面もありますので、神仏への尊崇、感謝を人類が取り戻さない限り、災禍は、只管続くかもしれません。
KIMG2877.jpg

日本國民 幸福実現党員 井上功一
〒554-0002大阪市此花区伝法6-3-4 1119
PHS:070-5163-4296


テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/04/28(火) 11:07:41|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【これは、エエヨ!】「UFOリーディング-イランの混迷とコロナウィルス対策の指針編-(メタトロン[8]、ヤイドロン[24])」

→時には、諦念、静観と諸行無常も大事。現文明との決別及び新文明への禊。
イランは、近い内に体制崩壊(支那も)。
連休明けには、支那コロナウィルス感染リスクを取って経済活動再開啓蒙。
非常事態体制は3ヶ月が限度。
KIMG2799.jpg

霊言、UFOリーディングは、世界最強のインテリジェンス

JAPAN ERWACHE!
決死不如不思死生
非理法権天

支那共産党、習近平は、
武漢新型肺炎大流行の責めを負い、世界の犠牲者に謝罪し、
遺族に損害を賠償しなさい!
暴支膺懲
武漢新型肺炎は、支那共産党ウィルス
人権弾圧虐殺者=習近平國賓招日即刻中止

カジノ誘致の本質は、國際金融(シナ金、ユダ金)による日本侵略

香港、台灣、チベット、南モンゴル、東トルキスタン独立支援
イランは、6000年を誇る世界人類の宗教的聖地
KIMG2806.jpg


井上功一であります。
緊急事態宣言下
本日(4/23)で、テレワーク14日目になりますが、
更に在宅勤務者が増え、
内の企業グループ西日本管内で、
10000人以上がテレワーク実施。
お陰様で、リモートアクセスサーバーに規制が係り、
社内ネットワークに接続出来るまで数時間。
接続出来ても、暫くすると強制切断されて、
再接続に時間を要するという
西欧ロココ調時代の様な優雅でスローな業務スタイル。

但し、ヴァークナー作品を中心に、
歌劇、楽劇、歌曲を業務BGMにして、
アスガルト情緒豊かに業務遂行。
朝は、業務開始前に、通勤代わりに自転車ポタリングしたりして、
なかなか快適で楽しいテレワークライフ。
また、
掃除、洗濯、炊事、布団干したりしながら、
業務でき、
休憩で、寝転べたりして、
非常に自由度が高いのも、テレワークの醍醐味。

会社としては、
通勤費、事務所賃料、事務所光熱費
を、著しく削減できるメリットもあります。

今後は、AI、ロボットに、とことん働かせ、
人間は、判断業務、創造企画業務のみ実施。
ある意味、
テレワークは、
新時代の貴族スタイルとなる可能性があります。
KIMG2807.jpg


さて、本日は、夕方、

「UFOリーディング-イランの混迷とコロナウィルス対策の指針編
-(メタトロン[8]、ヤイドロン[24])」


を、拝聴して参りました。
いつもながら、本当のことを、
よくぞ言ってくださった。
と非常に嬉しいリーディングでありました。

支那コロナウィルス感染者増大より、
緊急事態宣言延長による経済的破綻の方が、
実質、破壊力があると思いますので、
今、世間体を考慮し、
実質、政治運動自粛しておりますが、

・支那コロナウィルス感染リスクを取って
積極的経済活動再開促進

・支那への責任追求、損害賠償請求

の教導啓蒙の政治活動こそ、
連休明けから必要だと思います。
KIMG2808.jpg

結論は、
・HS、日本の現実力では、
イランに干渉することは、不可能。
時には、諦念、静観と諸行無常も大事。
現文明との決別及び新文明への禊。

イランが、日本に深い縁があり、
清廉潔白な武人であることを、
世界に示せただけでも、意義がある。

イスラム改革には、トス神の思想が不可欠。

イラン現体制は、
革命、外圧によって崩壊する可能性大。


・國家が財政的破綻するので、非常事態体制は3ヶ月が限度。
連休明けには、感染リスクを取って、経済再開すべき。

ここから、余談話ですが、
最近は、
「支那ウィルスで、日本人40万人が死ぬ。」
という話をマスコミが報道しておりますが、
人口1億2650万人で、40万人なら、0.3%。
確かに、広島・長崎原爆投下、東京大空襲の30万人の死者を、
上回りますので、
人情的には、忍びなく、非常に悲しいことであります。
但し、世界人類の文明の転換点、
人口が半減する。3分の1になるなら別ですが、
1000人に3人が死ぬ程度ですから、
それ程、
ヒステリックに、悩乱する必要もないと思います。
また、
肺炎の場合、寝たきり、植物状態になって長患いする訳ではなく、
発症から死ぬ迄も、長くて数週間、普通は、1週間未満。
その意味で、比較的苦しみも少ない。と言えます。

やはり、

「人間は、何時かは死ぬ。
これで、今世の魂修行が終わった。
自由自在な心が全てのあの世に還れるわい。
ほんと有難い人生だったなあ。
それでは、皆さん、はい、さようなら。」

と微笑んで多くの方が死ねる様に、
・霊魂不滅、
・転生輪廻、
・三途の川の渡り方他死去直後の様子と対処法
といったことを、
全面的に打ち出して、
ストレートに、
死の恐怖が漂いつつある巷で、

「支那コロナウィルス感染リスクを取って
積極的経済活動再開促進」

と共に、
教導啓蒙するのが良いかもしれません。

生死の意味が理解でき、
死ぬのが、全く怖くなくなり、
安心出来、心が落ち着くことが、
最大の救い・ご利益であり、
これが、宗教の一義的な存在意義。

支那コロナで死ぬより、
経済的破綻して生きる方が、
遥かに苦しみは、大きい。


と考えております。


テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/04/23(木) 23:10:00|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (675)
後援会、選挙、解任通告 (557)
祭政一致、國史、教育 (529)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (324)
自転車 (1010)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (93)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (73)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる