世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2678年02月22日(木)最近オープンしたファミリーマート→元サンクス






井上功一であります。


本日2/22は、

竹島の日。

南朝鮮に不法占拠されている

我が國固有の領土

竹島早期奪還を

誓う日でありました。

余談話で、
2/22ニャンニャンニャンで
ニャンコの日、
「猫の日」。

猫好きの私としては、

多少嬉しい氣もします。

さて、
自宅近所の
サンクスが、1月中に閉店し、
多少不便を感じておりましたが、

最近、
ファミリーマートとして
新装オープン。
イートインコーナーもあり、
なかなか重宝しております。



スポンサーサイト
  1. 2018/02/22(木) 19:20:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2678年02月22日(木)『竹島の日』南朝鮮による無礼懲罰、竹島奪還には、皇軍復活、核武装、皇國史観浸透必須。



正史10000年を誇る「日本文明」
大日貴5000年
太陽信仰は、地球神信仰通ずる人類普遍の信仰
大日本帝國開闢150年
大東亜共同宣言採択75年
天皇彌榮
八紘一宇
四海同胞
神洲不滅
朝鮮征伐
暴支膺懲






井上功一であります。
ご存知の様に、
本日2月22日は、

「竹島の日」。

明治38年島根県告示第40号により、

113年前の
明治38年(西暦1905年)2月22日に、
島根県知事が、
竹島を島根県隠岐郡隠岐の
所属所管であることを、
告示した日であります。

しかしながら、
日本が武装解除していた昭和27年(1952年)1月18日、
南朝鮮が、李承晩ラインを勝手に引き、
事場泥棒的に不法占拠して、
現在に到っております。
*自衛隊ができたのは、昭和29年(1954年)


また、
未だに、
全くの嘘、捏造、デタラメである
「強制連行従軍慰安婦」を、
淫乱性奴隷の子孫と思われても構わずとして、
恥も外聞も無く、
世界中に宣伝して、
「強制連行従軍慰安婦少女像」
を建てまくり、
皇國の譽れ
大日本帝國軍人を侮辱して、

日本にたかり、
金を毟り取り続け様としております。
最近は、
「強制連行徴用工の像」
を作って
日本企業に
たかろうとしております。



しかしながら、
朝鮮半島は、大日本帝國の37年統治近代化がなければ、
未だに、朝鮮半島の一般庶民は、便所もないようなバラックに住み、
前近代的な奴隷並の生活スタイルのままであったと思われます。

そもそも、
日本と朝鮮半島との関係は、
神功皇后の三韓征伐で、
新羅王が、土下座謝罪をして、
日本に朝貢を誓ったのが、正しい関係であります。


南朝鮮による無礼に対する懲罰、
竹島奪還には、

我が國が、
戦後レジューム(GHQのWGIP)からの覚醒離脱が
必須。
即ち
皇軍復活、
日本核武装、
祭政一致の國體再興
皇國史観(創世記、神話を踏めた正史)

浸透が必須と言えます。





<ご参考>
韓国(南朝鮮)との戦争賠償は、

日韓条約(西暦1965.6.22締結)

により全て解決済みであります。
(本当は、帝國軍人として戦っていた韓国へは、
戦時賠償等する必要もなかったのであります。)

1.日韓条約について
日本と大韓民国との間の基本関係に関する条約
(通称:日韓条約)
(西暦1965.6.22調印)

付随協約
・財産及び請求権に関する問題の解決
並びに経済協力に関する日本と大韓民国との間の協定

・日本に居住する大韓民国国民の法的地位
及び待遇に関する日本と大韓民国との間の協定

・日本と大韓民国との間の漁業に関する協定

・文化財及び文化協力に関する
日本と大韓民国との間の協定

・日本と大韓民国との間の紛争の解決に関する交換公文


2.条約の主な内容
・対日請求権棄却
日本が、韓国に総額5億ドル供与することにより、
韓国は、日韓併合時代の個人補償金など一切放棄し、
韓国の対日請求権は、解決済みとした。

・韓国が対日請求権解決済みとした理由
日本が、日韓併合時、朝鮮半島に建設した
鉄道、道路、橋梁、トンネル、ダム、発電所、製鉄所、学校他
国家インフラを、
無条件に譲渡した為と考えられる。


・韓国の高度経済成長は、日本企業の大型投資のお陰
日韓条約後、日本企業が大規模投資をし、
韓国の高度経済成長を牽引。



  1. 2018/02/22(木) 10:34:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ご参考】来年2679年第25回参議院議員通常選挙投開票日は、7月末予想。     




井上功一であります。
政府が、
いろいろと
来年2679年の予定を
発表しておりますが、

来年2679年
第25回
参議院議員通常選挙投開票日は、
7月末ではないか

勝手に予想しております。

来年2679年03月末迄には、
目処を立てたいところ。


其れまでに、
幸福実現党は、
政策による教導啓蒙のみならず、
政治運動、國民運動として、
なんらかの
より具体的な
実績を積めると良いのですが。
例えば、
9条戦争放棄は、
13条幸福追求権違反
違憲裁判提訴するとか
公職選挙法改正案で100万署名集めるとか。



04月中旬→統一地方選
04月30日→今上陛下御譲位
05月01日→皇太子殿下御即位
06月末~07月初→G20首脳会議「大阪サミット」
07末下旬→第25回参議院議員通常選挙投開票日



懸念事項としては、

北朝鮮征伐解放を

今年中にやるか
あるいは、
来年
G20、参院選終わって
憲法改正に目処がついてからやるのか。

どちらにしても、

皇軍復活、日本核武装は、

必定と言えます。





  1. 2018/02/21(水) 10:26:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【実施模様】2678年02月18日(日)<定例ご挨拶廻り>~釈量子、数森圭吾支援~ポスター掲示依頼:大阪市此花区高見




難波津に
咲くやこの花冬ごもり
今は春べと咲くやこの花




井上功一であります。
未だ冷え込みが続いておりますが、

此花区の由来でもある

仁徳天皇即位を祝った
和邇博士の
難波津の歌にある様に、
梅の開花が、
待ち遠しい今日この頃であります。


本日午前は、

報國の至誠により、
神洲不滅の皇國日本再興を期し、
庶民の生活向上第一に
日夜取り組む取り組む
幸福実現党に御賛同頂くと共に、

党首:釈量子
大阪府本部統括支部長:数森圭吾

の顔と名前、そして人柄を、
売り込むことを
目的とする


大阪市此花区の

<定例ご挨拶廻り>
~釈量子、数森圭吾支援~
ポスター掲示依頼


が敢行されましたので、
参加致しました。



1実施日時、場所
2678年02月18日(日)
10:30~11:30

大阪市此花区高見






2実施結果
・中村、濱田、井上班にて実施。

40軒程度訪問

・ポスター掲示
二連小×2枚
いじまも小×1枚

・討議資料
"大阪、かずもり、てんこもり”17部程度手渡し

・幸福実現WEWS、釈報等小冊子14部程度

・紀元節奉祝自作チラシ10部程度

・布教誌80部程度




3巷の様子、声、ご要望
・氣温5℃程度でしたが、
強い日差しは、春先。
お日さんに当たると、
かなり暖かく、快適実施。

・鍵を掛けていらっしゃらない
お宅も多い下町。
子猫が多く出歩いており、
時々相手をしておりましたが、
平和な日曜日といった空氣が、
巷に溢れておりました。


・70代お父さん:
「その辺に、
貼ってもらったらエエよ。」


・70代奥さん:
「父親の代から、
お世話になっている人おりまして、
内も、その数に入ってますねん。」


・80代男性:
「ああ、この人。
いいですよ。貼ってください。」




  1. 2018/02/18(日) 13:18:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2678年02月12日(月)ペペロンチーノ(オリーブオイル版)完成





井上功一であります。


一昨日は、
ミルキーで濃厚な
バター版
で調理しましたが、


本日は、
ペペロンチーノ(オリーブオイル版)

を調理。

オリーブオイルは、
トウガラシと相性がよく、パスタとの絡みもよく、

独特の爽やかな香りがあり、


パスタ素材の
味と香りが引き立ち、

ペペロンチーノは、
オリーブオイル版の方が、
より美味だと思います。


  1. 2018/02/12(月) 18:49:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2678年02月09日(金)寒さ緩んだ一日、“小桜姫の新霊界案内”を読む。




井上功一であります。

本日は、

氣温が、5℃以上で、
寒さ緩んだ一日でした。
2月も、9日過ぎてしまいましたが、
これでこそ、平年並み。

大阪の冬は暖かく、
エコに徹して、
例年、
自宅では暖房使いませんが、
今年は、
800W電氣ストーブを使い、
12月、1月と
電氣代が、昨年の倍。

寒いと出費がかさみます。

仕事帰り、散髪して
天神橋筋商店街の
うどん屋で、
うどんを食べながら、


“小桜姫の新霊界案内”

を読みましたが、

庶民感覚で、
面白く、分かりやすいのが、
最大の魅力。

ここ2000年は、
日本霊界での転生。

弟橘媛(日本武尊の奥方)
→額田女王(万葉集の歌人)
→亀の前
(源頼朝の愛人で、北条政子の嫉妬で家を焼かれた人)
→小桜姫
(北条早雲に滅ぼされた武将三浦荒次郎義光の奥方)
→浅野多慶子
(『霊界通信 小桜姫物語』著者の浅野和三郎の妻)
→千眼美子(清水富美加)

というところが、
非常に、興味深いところでした。

・千眼観音の本質、役割は、
カメラ。
あらゆる人を見て、
自分を、
あらゆる人に見せて
伝道することが仕事。

・現在の女転、男転の転生輪廻が、
明らかになったことで、
本当の意味で
「男女平等」になった。


語り口調が、
千眼さんそのもので、
面白話満載。


余談話ですが、
いろいろ観察していると、
女転、男転の転生輪廻の場合、

霊主肉従ではなく、

敢えて

肉主霊従に徹して

男女の感覚的肉体的相違を悟ることで、
今世の修行が完結するのではないか。
と思っております。



  1. 2018/02/09(金) 20:52:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【これは、エエヨ!】"『大日?貴(オオヒルメノムチ)の霊言』,―天照大神のルーツとその教え―"



→10000年の正史を誇るムー文明を正統に継承せる「日本文明」。
大日?貴は、天照大神の5000年前の過去世。
太陽信仰は、地球神信仰通ずる人類普遍の信仰。


大日本帝國開闢150年
大東亜共同宣言採択75年
天皇彌榮
八紘一宇
四海同胞
神洲不滅
朝鮮征伐
暴支膺懲





井上功一であります。
1月2日(火)収録された
公開霊言
『大日?貴(オオヒルメノムチ)の霊言』
―天照大神のルーツとその教え―

以前、
【これは、エエヨ!】で、
紹介致しましたが、
書籍として発刊されておりますので、

もうすぐ、
2678年前、
初代天皇、神武天皇が即位された
2月11日、紀元節でありますし、

肇國の精神
即ち、
國内的には、「八紘一宇」
外交的には、「四海同胞」
(世界は、一家。人類は、皆兄弟。)

根底には、八百萬の神々。
(偏狭な一神教ではなく、
共存共栄を目指す宗教的寛容性。)

に、回帰する機会として、

再度、
ご紹介致します。
開示された10000年を誇る正史理解
天照精神、日本精神、大和魂の本質理解
により、

日本臣民に、
自信と誇りを齎す御神示でありますので、

ご一読を、
強く、お薦め致します。

ムー文明の正統な後継者、中興の祖としての
実績と自信に裏打ちされた格調高い言霊、
神洲不滅の皇國日本を、実感できる一書であります。

因みに、
日本書紀には、
”既にして伊弉諾尊・伊弉冉尊共に議りて曰はく、
「吾已に大八洲國と山川草木とを生めり。
何ぞ天下の主者を生まざらむ」とのたまふ。
是に共に日神を生みたまふ。
大日?貴と号す。
此の子光華明彩しく、
六合の内に照り徹る。
故、二神喜びて曰はく、
「吾が息多しと雖も、
未だ此の若く霊異しき児有らず。
久しく此の國に留むべからず。
自当に早く天に送りて、
授くるに天上の事を以ちてすべし」とのたまふ。
是の時に、
天地相去ること未だ遠からず。
故、
天柱を以ちて、
天上に挙げまつりたまふ。”

大日?貴様について、
記述されております。


さて、
大日本帝國創設150年の
本年2678年は、
元旦以来、

ここ大阪に於いては、
日々、巨大な太陽が輝き続けており、
太陽を拝むだけで、
毎日、
幸福感が、満ち満ちてきて、
嬉しくて仕方ありませんが、
 

旭日旗に象徴されております様に、
再び、
我が國が、
太陽が昇る皇國として、

「國を1つに纏め、融和させながら、
世界をも照らさん。」

となされる
大日?貴様の氣宇壮大な御精神
を、感じております。

ほんと、
「信仰の法」の年、
祭政一致の國體再興が
予感され、

改めて、
感謝の誠を捧げ、
神洲不滅の誓いを致す為、
伊勢神宮、橿原神宮、神武天皇陵
に、
非常に参拝したくなって参ります。



1.天照信仰は、地球神信仰に直結
地球神信仰に直結する世界普遍の信仰と言える

「太陽信仰」「天照信仰」の本質は、

神は、太陽の様な存在であり、
神→太陽エネルギー→霊エネルギー→魂。
よって、
「生命の源に対する尊崇の念を持つべきである」
という思想。



2.まえがき、あとがきに於ける御神事への大川隆法総裁先生の御賛同
・まえがき
 本れ霊言は、
日本の伝統的な神道的信仰を明らかにするとともに、
民族神的信仰の枠を超えて、
世界的な使命をも併せ持つ「天照信仰」の実態を決然と表明している。~


・あとがき
 ~今、あなた方は、
天照大神信仰が、
民族神信仰を超えて、
地球神への信仰と接続されていることを悟るべきだろう。
本書が、
日本の今後のあるべき姿を明示している。
この方向にこの国を導きたいと願う。



3.大日?貴様の強い御意志
P117
 その意味では、
「主体的な国家としての自立」と、
「国民の生命・財産、
領土・領空を護ろうとする意志を固めること」と、
「戦後、
占領軍によって一週間余りでつくられた憲法案を、
そのまま宗教代わりに信仰する勢力あたりには、
そろそろお引き取り願って、
ちゃんとした日本の伝統的な考え方を甦らせるときが来たんだ」と。
 今、
そういう転換点にあるし、
今年はあそらく、
そのための大きな一年になるはずだと思います。
 「太陽を再び昇らせるというのが、
私たちの使命だ」というふうに考えています。



P121
神が指導している者に対して弓を引く者には、
必ず「呪い返し」は起きます。
あなたがたに対する、
自分に対する跳ね返りが必ず来ます。
人間は神には勝てないということを、
いずれ知ることになります。
その前に改心をするなら、
早くしなさい。
そうしないと、
大変なことが起きるかもしれません。

 おそらく、
平成が終わって次の代になるころに、
「日本が発展への道にもう一回入るか、
それとも、
また大変な天下大乱になるか」が来ますので、
どうか、
考え方を先に固めることを優先してほしいというふうに考えています。


  1. 2018/02/08(木) 22:54:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2678年02月07日(火)「北方領土の日」領土防衛返還には、交戦権保持と核武装が必須。




井上功一であります。

ご存知の様に、
本日2月7日は、
「北方領土の日」。


昭和20年(1945年)8月9日「日ソ中立条約」を一方的に破棄し、
千島列島、北方領土に、
侵攻したソ連(現ロシア)に不法占拠されたままになっている

我が國固有の領土である
北方領土(択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の4島)
の返還の機運を、高める日であります。


因みに、
太陰暦安政2年12月21日(西暦1855年2月7日)に、
日露和親条約が締結され、
日露國境が定められ、
北方四島が、日本の領土と定められたことから、

昭和56年(1981年)に、

2月7日を「北方領土の日」

にすることが、閣議決定されました。



1.千島列島について
択捉島7より北の千島列島は、
明治8年(1875年)、樺太千島交換条約で、
大日本帝國領となるも、
昭和26年(1951年)、サンフランシスコ講和条約にて、
日本政府は、千島列島の諸権利を放棄。



2.ロシアの返還姿勢→2島返還
昭和31年(1956年)、「日ソ共同宣言」採択。
色丹島、歯舞諸島の2島のみ
「平和条約締結に引き渡す」ことを明記。



3.領土防衛返還→交戦権保持と核武装必須
・2月22日は、「竹島の日」がやってまいりますが、
竹島も、南朝鮮に不法占拠されたままになっております。
また、
我が國が実効支配する尖閣諸島も、
常時、支那の侵略に脅威に晒されております。
しかしながら、
同盟國アメリカの庇護を受けなければ、
交戦権否定、戦争放棄の呪縛により、
領土防衛返還すら出来ない我が國の現実があります。


・國際社会は、
パワーオブバランスによって、平和が維持され、
外交上の話合も、
軍事力、核抑止力の裏打ちがなければ、
譲歩して、金を毟り取られるだけという
嫌らしい現実があり、
國際政治学とは、戦争哲学。
思想、言論、軍事力は、外交の一手段であり、
最終、自由に戦争、軍事力を行使できるのが、普通の独立國。
戦争放棄し、交戦権を保持しない國を、属國、植民地
というのであります。


・旭日旗に象徴されております様に、
我が國は、10000年の太古より、
太陽が昇り、
八紘一宇、四海同胞の精神により、
「神の正義」を貫き、
太陽の光=神々の御威光で、
世界を、
あまねく照らす神洲不滅の皇國。

改めて、
祭政一致、皇軍復活、日本核武装
世界に冠たる皇國=大日本帝國の再興を、
誓いたい。
と思います。


  1. 2018/02/07(水) 23:00:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2678年02月06日(火)既に、春の日射し。大阪市






井上功一であります。


立春が過ぎ、
6:30には明るく、
18:00迄明るく、

既に、
春の日射し。

昼間は、
屋外に出てると
冷風吹くなかでも、
日当は、大変暖かく
快適。

今年は、特に、
元旦から今まで、
光輝く太陽が美しく


旭日旗が、端的に象徴しておりますが、

八紘一宇、四海同胞の精神を
肇國の大義と致す我が國が、
太陽の昇る國であり、
善悪、敵味方を超越して
世界をあまねく照らす

人類不変の信仰=太陽信仰復活を、
日々、
強く実感しております。



  1. 2018/02/06(火) 12:35:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【参戦報告】2678年02月04日(日)立春國威発揚デモ「北朝鮮の軍事的脅威から日本を守る」幸福実現党大阪府本部主催











JAPAN ERWACHE!
大日?貴5000年の時を経て降臨
天照大神精神復活
10000年の正史を誇るムーの正統な末裔「日本文明」
天皇彌榮
大日本帝國創設150年
Great East Asia War is Holy War!
正義の戦争=大東亜戦争開戦77年
大東亜共同宣言採択75年
八紘一宇
四海同胞
神洲不滅
朝鮮征伐
暴支膺懲





井上功一であります。
昨日(2/4)は、



平昌オリンピック終了後に予想される
朝鮮半島有事に備え、

逆に、
皇軍復活、日本核武装を実現して、
日本が普通の独立國となる好機と捉えることを、


日本國民の皆様へ、
教導啓蒙する為


幸福実現党大阪府本部主催にて、
敢行された


國威発揚デモ
「北朝鮮の軍事的脅威から日本を守る。」

に参戦しましたので、
参戦模様を、
以下報告します。

天の意志、支援を強く感じさせる
太陽が輝く
激寒強風の中、
ご参加下さいました皆様、
企画運営下さいました皆様、
警備の大阪府警の皆様
本当にありがとうございました。

お蔭様で、
皇國再興の一助となるデモで
あった。
と自負しております。



一部:デモ
1.開催日時場所
2678年02月04日(日)
14:30~15:45
今回、動員は、全くかげず、
志願者のみによる1梯団60人程度精鋭デモ


2.コース
野崎公園(大阪市北区野崎町2、ライフ東裏、読売新聞社ビル北側)
→西天満交差点→國道1号線→幸福の科学大阪正心館前→南森町
→堺筋→天神橋筋6丁目→中崎1丁目→
3.8km



3.デモの様子
・思い入れ強く参加された
ある学生部女子は、
終了後、
「シュプレヒコール音頭取り、
やりたかった。次回は、ぜひ。」
とおっしゃっておられました。
こういう若者の純粋な情熱が、
時代を切り開くのだ。と思います。
日本の未来は、明るい。



・私(井上)は、
フェルトグラウ色オーバーコートに
八紘一宇腕章装着し、
自作大型A1プラカード持参で、
氣合を入れて参戦。
シュプレヒコール音頭取りを、
安積さんと共に、交代で実施。
もうほんと嬉しくて仕方無く、
酸欠なるくらいの大音声で、
やっておりました。


・強風が吹いており、
プラカード、幟は、かなり重いところもありましたが、
寒い中デモやっている。
という点で、
沿道、公園の人々は、
多少なりとも、関心を寄せてくださいました。


・久し振りのデモで、
参加者の皆さん、
ニコニコ、
非常に楽しそうでした。



二部:國防セミナー「北朝鮮と日本国憲法」
講師:増山佳延
1.開催日時
2678年02月04日(日)16:30~17:40

概略
・大日本帝國は、無条件降伏ではなく、有条件降伏。
萬世一系の皇統護持が降伏条件。
→ポツダム宣言12項が、根拠。

・憲法9条と日米安全保障条約は、コインの裏表
一体不可分。

・近隣諸國に脅威となる軍事力を日本が保持することが、
戦争を防ぐ。これが、抑止力の考え方。
國際政治学は、戦争哲学である。
パワーオブバランスによる平和が、リアルな平和。

・9条2項の交戦権否定、戦力不保持は、削除が必須。



三部:懇親会「増山さんを囲んで」
日本の防衛戦略本当のところ
未信者さんが、主体になる幸福実現党将来スタイル
他、
ディープな本音話満載で、
大変勉強になった有意義な時間でした。
こういう機会があるからこそ、
選挙も、特攻精神にて、
取り組めるのだ。
と思います。







  1. 2018/02/05(月) 23:27:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad