世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

皇紀2677年06月21日(水)<夏至>伊勢神宮、倭姫宮参拝。


井上功一であります。

本日、6月21日は、

「夏至」。

一年で、最も昼の長い日。
北欧等では、夏至近辺は、
白夜となっております。

私(井上)は、、
天照大神の太陽信仰
と共に、

中学生の頃より、
北欧神話、
リヒャルト・ヴァークナーの歌劇、楽劇に、
親しみ、
ゲルマン民族
「アスガルト文明」
に、
大変親和性がありますので、


太陽エネルギーの転換点と言える

「夏至」「冬至」

には、非常に思い入れがあります。


「夏至祭」を祝う為、
今日1日夏休みを取得しておりましたので、

4:00過ぎに起床し、
170621_0441~001
氣合を入れ、
自転車で、
元伊勢のある
丹後半島日本海往復を
予定しておりましたが、
生憎の強い風雨。

天橋立行きを、断念。
170621_1300~001

 

「お伊勢はん」
伊勢神宮、倭姫宮に、参拝して参りました。
170621_1242~001

遷宮後、初参拝。
170621_1243~001 

激しい風雨後で、落ち葉も散っておりましたが、
禊後の様で、
普段にも増して、
非常に、清浄な霊域でした。
170621_1250~001

やっぱり、
伊勢神宮は、
今においても、
日本國民の心の故郷。
170621_1258~001


まず、
豊受大神宮(外宮)に参拝。
170621_1300~002
雨も止み、日も射し、
170621_1305~001
木々の間から、夏至の輝く太陽が覗いたり、
170621_1313~001
歓迎されている感がありました。

「天橋立・天女リーディング」拝聴で、
益々、
御饌都神(みけつかみ)、衣食住の神、産業の神
として、
日本文明の起源であらせられる
豊受大神の偉大さが、
170621_1305~002
よりいっそう分かり、
親近感が涌いておりますので、
そのお陰かもしれません。
170621_1308~001


豊受大神宮(外宮)に参拝後は、
せんぐう館を見学し、
170621_1329~001
宮司さんのお話を聞き、
170621_1330~001  

その後は、
皇大神宮(内宮)、
170621_1456~001 
170621_1458~001 
170621_1459~001 
170621_1506~001 
170621_1508~001 
170621_1515~001 
170621_1524~001 


倭姫宮参拝し、
170621_1656~001 
170621_1717~001 
170621_1720~001 
170621_1723~001 
170621_1725~001 
170621_1728~001 

帰還しました。

現在においても、
我が國は、
海辺から、山間部の棚田に至るまで、
水耕田が敷き詰められており、
古事記にある様に、

豊葦原千秋長五百秋水穂國
(よよあしはらのちあきのながいほあきのみづほのくに)

清い水に満たされ、
非常に美しく、神々に愛され、
國民と神々が、共に住まう
祭政一致、神洲不滅の皇國。
これが、本来の國體であることを、
強く再認識致しました。
170621_1828~001

やはり、
こういうところに、
大和魂の精華である特攻精神の発露が
あるのだと考えます。

現在、我が國に求められることは、

國際政治学とは、戦争哲学の別名であり、

神の正義を貫き、
神の鉄槌を下し、
二韓征伐、暴支膺懲を、
敢行すること。
ここに尽きます。

 

 

 


ココから付録
1.アスガルト文明について
・アトランティス文明が滅亡し、
宇宙に逃れた末裔のい内、
北欧の地アスガルトに、
宇宙から、
高度な文明を持って
「天孫降臨」したのが、
ヴォータン他の「アース神族」。
よって、天孫民族。


・文字、言語、文化、芸術、伝統、氣風、
ヨーロッパ文明の基礎をかなり創ったのが、「アース神族」。
ここ3000年期のヨーロッパ文明は、かなり高等。


・アスガルトの國土は、
ドイツ、ポーランド、フィンランド、スウェーデン、
ノルウェー、デンマーク、イギリス、アイルランド。


・アスガルト文明は、今から10000年前から5000年前。
氷河期が終わって、温かくなり始めた時代。

 


2.1941年6月22日<夏至>「バルバロッサ作戦開戦日」
・明日(6/22)は、
1941年、
独ソ不可侵条約を破棄し、ドイツ第三帝國が、
奇襲をかけ、
独ソ戦が開始された日。


・76年前は、6月22日が、夏至の日でした。


・フリードリッヒ1世(赤髭王、バルバロッサ)に因み、

「バルバロッサ作戦開戦日」
と呼ばれておりました。


・義理堅く、
日ソ不可浸条約を堅持しておりましたが、
同盟國の大日本帝國も、
参戦し、
関東軍が、
ソ連を挟撃しておれば、
ソ連は、崩壊し、東西冷戦も無く、
中華人民共和國、北朝鮮は、
存在していなかったかもしれません。

結局、ドイツ第三帝國は、
第一次世界大戦と同様、
西部戦線、東部戦線の
二正面作戦を戦うことになり、

最強の機甲軍を持ちながら、
赤軍の縦深陣地に引きずり込まれ、
補給が、続かず、敗退して行きます。

・独ソ戦の最大の魅力は、
クルクスの戦い他、
史上最大の戦車戦が、
行われたことであると思います。


・因みに
「バルバロッサ作戦」
のテーマ曲は、
フランツ・リストの
「ラ・プレリュード」。

 


3.6月23日は、大東亜戦争沖縄戦集結の日
・6月23日は、日本國民が、 決して忘れてはならない日であります。
昭和20 年(1945 年)、帝國軍人と沖縄県民の皆様が、
皇國の弥栄を願い、
死力を尽して、
戦われた大東亜戦争沖縄戦が終結した日であるからであります。


・第32軍司令官・牛島満中将、参謀長・長勇中将が、
摩文仁の軍司令部で自決され、組織的戦闘が終結した日であります。
日米両軍、民間人の戦没者20万人の皆様へ、追悼の意を表します。



 



スポンサーサイト

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017/06/22(木) 00:39:47|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年06月17日(土)能勢町長谷棚田、才の神峠、天王セミロングライド

井上功一であります。

06月17日(土)は、
朝から晴天でしたが、

夕方18:30より、
与国秀行講演会
”「笑いと武士道」
ホントに笑えるその日まで。”
に参加する為、

近場で辛抱。

朝鮮動乱に備え、

神功皇后の御心を知る為

神功皇后の三韓征伐所縁の
大阪府豊能郡野瀬町の
三草山、才の神峠迄
行ってまいりました。


氣温は、26℃~30℃で、
湿度低く、
爽やかな暑さ。


*三韓征伐、三草山の故事
神功皇后は、
新羅征伐の途中、
椋橋総社(豊中市庄本町)付近の
猪名川の松林にて、
 
戦勝祈願をなされましたが、
猪名川上流の
能勢の美奴売山(みぬめやま、現、三草山)の神が
やって来られ、

「美奴売山の杉の木を切って
船を作れば必ず勝利するであろう。」

と告げられ、
その通りに、神功皇后が、
美奴売山の杉の木で、軍船を造られて、
三韓征伐に出撃されると、
勝利を収められました。


猪名川沿いに、川西市迄行き、
170617_1109~001 
170617_1130~001 
一庫ダム経由で、能勢町来栖。
170617_1221~001
能勢町は、栗の産地ですので、
そこら中に、芳香を他漂わせながら、
栗の花が満開。
170617_1309~001 
170617_1310~001

栗栖から、林道で、

三草山麓から、
風情のある景色が
有名な長谷(ながたに)の棚田を、
170617_1313~001
見ながら、急勾配を上り、
170617_1320~001 
170617_1324~001 

才の神峠迄行き、
170617_1333~001 
K0120001.jpg
槻並側へ下りずに、
折り返しました。
170617_1340~001

上っていると、
60代20人くらいのグループで、
ハイキングオジサン
ハイキングオバサンが下ってきました。
お年寄りが元氣なことは、
本当良いことであります。

下った後は、
173号線で、山辺迄行き、
173号線旧道で、はらがたわ峠を越え、
170617_1431~001 
天王に出て、

るり渓高原経由で、帰還。
170617_1443~001

長谷(ながたに)の棚田、才の神峠は、
初めて行きましたが、
旧道の面影があり、
なかなか良いコースでした。


ルート
伝法→43号線→伝法大橋→淀川通→2号線→神崎大橋南詰
→なにわ自転車道→毛斯倫(モスリン)大橋
→戸ノ内町→猪名川左岸道路→池田→川西篠山線→虫生
→東畦野→173号線→一庫ダム→一庫ダム湖周道路
→千軒→173号線→栗栖→林道→長谷→才の神峠→長谷
→来栖→173号線→山辺→173号線旧道→はらがたわ峠
→天王→るり渓高原→園部能勢線→暮坂峠→上田尻
→北摂里山街道→一庫ダム→173号線→池田→呉服橋
→猪名川左岸道路→戸ノ内町→毛斯倫(モスリン)大橋
→なにわ自転車道→神崎大橋南詰→淀川通→43号線→伝法


T5:43:24
D122.70
A21.4
M56.1


テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/06/21(水) 00:41:41|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【これは、エエヨ!】 「天橋立・天女リーディング」→天橋立は、ベガ星貴婦人も海水浴された名勝、非常に高い霊的磁場。羽衣伝説の天女は、豊受大

井上功一であります。

「天橋立・天女リーディング」
150720_0902~001

収録を聞いた時から、
嬉しくって仕方ありませんでしたが、

早速、日曜夜に、拝聴致しました。

ベガ星人の秘密満載ですので、
ベガ好きの方には、特にお薦めです。


拝聴後は、

丹後半島が、

古代から、
宇宙人も着陸するくらい

非常に霊的磁場の高いところ
150720_0913~001

であることが
再認識でき、
益々、丹後半島が、
好きになりました。


私(井上)は、
兵庫県北部但馬豊岡出身で、
京都府北部の丹後半島、天橋立は、
ほぼ地元で、慣れ親しんだ海。

丹後半島久美浜湾の
天橋立小規模版の砂洲
小天橋へは、
よく海水浴へ行きました。
moblog_23e97522.jpg


今でも、年に何回かは、
大阪から、自転車にて、
日帰りで、
丹後半島、天橋立へ行きますが、
透き通る海水、白い砂、青い松、青い空、
丹後半島は、行くだけで、心が安らぎます。
moblog_6aa41943.jpg


丹後半島には、
・浦島太郎伝説の宇良神社(浦嶋神社)

・羽衣伝説天女の娘を祀った乙女神社

・元伊勢の皇大神社、豊受大神社
141116_1252~001

・源頼光の鬼退治(酒呑童子)で有名な大江山の鬼の岩屋

・竹野神社のかぐや姫伝説

・白拍子の静御前の出身地で、
静御前を祀った静神社
moblog_931ed007.jpg

神話、御伽の世界が広がっております。

そういう環境に育ちましたので、

「神様は、見ていらっしゃる。」

というより、

幼少時より、
普通に、「神さんと、共に生活している。」

という感があり、

あえて、宗教、信仰、信心を、
強調することには、
違和感があります。

また、
床の間に、
天照皇太神、豊受大神の掛け軸が、
掛かっておりましたので、

翼の生えた天使は、
あまりピンとこず、

神と言えば、
イメージするのは、

鏡を持たれた天照皇太神、

稲穂を持たれた豊受大神。


ところで、
大川隆法総裁は、
5月14日(日)
京都講演会「永遠なるものを求めて」終了後、
1泊して、初めて、
天橋立視察なさった様で
ほぼ地元民としては、
非常に嬉しく思います。

地元では、有名な文殊荘へ、
宿泊された様です。

*丹後半島には、
朝鮮半島に睨みを利かす
OTHレーダーを装備する米軍経ヶ岬通信所
航空自衛隊 経ヶ岬分屯基地
があり、
隣接する若狭湾には、
海上自衛隊舞鶴基地
高浜、大飯の原発があり、

本土決戦となった場合、
非常に上陸しやすい、
小天橋辺りのロングビーチが、
ありますので、

本当のところは、

霊的、及び現実的
朝鮮半島有事対策策定視察

であったのではないか。
と考えております。


さて、
ここから
リーディングの
概要、感想を記述致します。


1.羽衣伝説の時期
・今から、2000年前、
伊勢神宮を建立された倭姫より、200~300年前。

・当時も既に、天橋立はあった。


2.羽衣伝説の本当のところ
・アダムスキー型の10人乗りUFOで、
猿田彦命(猿型宇宙人)ともう一人の男性が操縦し、
ベガ星の天照大神、豊受大神を含む高貴な女性8人が、
乗船し、
日本に霊的磁場の高いところを作ろうと探索中に、

風光明媚な天の橋立があり、
チョット休憩で、海水浴しようと、
天橋立に着陸。
150720_0910~001

*猿田彦命は、天孫降臨の際に、
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を
道案内された國津神。

天照大神は、魂の本体部分が、半分づつ
ベガと地球にある。


・高貴な女性8人が、宇宙服(羽衣)脱いで全裸で海水浴。
途中で、地球人に見つかって、7人は、宇宙船に戻ったが、
潜水して、貝を採っていた豊受大神1人だけが、
取り残され、

26歳くらいの漁師に、
宇宙服を生成し、通信機も兼ねる
白い変身用ベルトを隠され、
一目惚れの漁師に、頼みに頼まれて、
漁師の妻となり、
豊受大神は、
10年間で、漁師との間に3人の娘をもうけ、
酒造方法、米の炊飯方法、

食材を煮炊きして美味しく食べる方法

海産物の干物他保存食作成方法→宇宙食から応用。
今でも、
蛸の干物、
魚の糠漬けであるヘシコなんかは、有名です。

養蚕技術、機織技術
を、
丹後に伝授し、一大文化圏とされました。


・蚕は、宇宙船で作った可能性も。
アリサさんの戦闘スタイルは、我の幼虫。
宇宙空間をワープする時は、
屁のロケット噴射で飛ぶ蛾。
→モスラ型宇宙人。

・ベガ星の人が、
豊受大神を助けに来なかったのは、
ベガの魂が、
地球人肉体に宿る為、
バイブリットの試験管ベービー等は、
実験していたが、
実際の
地球人とベガ星人のバイブリット肉体が、
欲しかったから。


進化した魂が宿るには、
それなりの肉体が必要。
→ベガ星人の実際の肉体は、クラゲ。
漁師が、クラゲといっしょに寝て、
ハイブリットができたのは、
強い強い愛の力があった故。


・10年くらい経った時、
敷居の上に、風呂敷に包まれた
白い変身ベルトを見つけ、
ベガ星と連絡を取り、
ベガ星の円盤が来て、
豊受大神は、帰還。
追っかけてきた漁師が、可哀想なので、
猿田彦命が、円盤からはしごを降ろしたが、
光が眩しくて、あるいは、クラゲの姿に驚いて
途中で、墜落。
→これが、天のはしごが落ちた伝承の元。

豊受大神は、ベガ星に帰られて、
暫しサナトリウムで、リハビリ。


・倭姫に請われて、
丹後若狭の食生活を伝えたのは、
豊受大神のご子孫。


・どうでも、いい話ですが、
「男は、つらよ」のロケ地になった伊根もある
131117_1254~001
丹後半島は、容姿端麗な女性が多いですが、
豊受大神のご子孫なのかもしれません。
但し、
歳いくと、
日焼けした漁村の氣のいい
元氣なオバチャン。


3.ベガ星人について
・相手の心境の合わせて姿を変化させるが、
実際の肉体は、触手が多くあるクラゲ。

・ネイティブベガ星人は、女性のみ
女性女性→本当の女性らしい女性
男性女性→リーダーになったり、女性に刺激を与えて子孫を作る役割

ベガ星人にも、男性がいるが、他の星から来た人。


・ベガ星の食生活
完全ベジタリアン
火をとおしたものから肉食できる人←豊受大神
草食、肉食できる人


・月読命は、狩猟も良しとするギリシア魂。
この食生活は、日本に根付かなかった。

4.その他
・浦島太郎は、水棲惑星へワープしていた可能性。

・稲作、養蚕、機織は、日本から大陸へ
伝播していったのが、本当のところ。
支那文化は、ペルシャ起源。


・己自身は、私心を無くし、至誠に生きながら、
多様性、複数性を重要視し、
共存共栄を目指す神道は、
アンドロメダとともに
ベガの影響が、非常に大きい。
ベガは、宇宙の文明圏の一つ。





テーマ:漁村生活 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/06/20(火) 21:45:58|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【実施模様】平成29年06月18日(日)<定例地域ふれあい運動>~大阪5区代表数森圭吾支援~ポスター掲示依頼:大阪市





JAPAN ERWACHE!
二韓征伐
神洲不滅
必勝神風




井上功一であります。
今朝は、

久し振りに開催された
此花地区の

<定例地域ふれあい運動>
~大阪5区代表数森圭吾支援~
ポスター掲示依頼

に、参加致しましたので、

実施模様を、
ご報告致します。





1実施日時、場所
平成29年06月18日(日)
10:30~11:30

大阪市此花区西九条
住宅地



2実施結果
・井上、藤田班、浜田、中村班
2班に分かれて実施。


*井上、藤田班
12軒程度訪問

・ポスター掲示
二連(小)1枚


・討議資料
"大阪、かずもり、てんこもり”6部程度手渡し

・小冊子10部程度

→最後のお宅で、
話が弾み、30分程度話し込んだので、
浜田、中村班の実績不明。


3巷の様子、声、ご要望
・70代男性:
家の前のショーウィンドウに、
木製玩具展示→製作者

「貼るとこないやろう。
そやけど、貼れるんやったら、
貼ったらええで。」


・60代男性:
「~あんたとこ、
利害関係無いところやから、
正直で、
ええんやけどけどなあ。
地盤があれへんところが、辛いなあ。
ポスターは、見るけど、
全然宣伝せんと、
何回も、大勢選挙出せるところが、
凄い力や。
公称1000万も信者おるんか。
潜在能力あるんやなあ。
共産党は、ようやっとる様見せとるけど、
中身あれへんで。
いつも、
『自衛隊廃止せいいう様なとこ、
誰も投票せいへんわ。』
ゆうたるねん。
学校では、正しい歴史教えへんからな。
キリスト教は、人殺しの宗教や。
日本仏教が、ほんとの平和の宗教。
ここをどないかせなあかんわ。~』
その後、
聖徳太子が、ペルシャからの
小泉純一郎、小沢一郎、菅直人が、韓国人。
我が國の財界、政界が、朝鮮人韓国人に、
支配されている。
という面白話他を、
30分程度お伺いしました。



・70代女性:
「ポスターは、お断りしてますねん。
以前、公明党さんのポスター貼って、
トラブルあって、警察呼んだり、
えらい目にあいましてん。」


付録:
ところで、
昨夜は、

与国秀行講演会
”「笑いと武士道」
ホントに笑えるその日まで。”

に参加しましたが、


至誠に生き、

武士道精神により、
日本國民の皆さんを、覚醒させ、

神洲不滅の皇國日本を、
再興させる為、

\2500の講演料取って、
あれだけ多くの若者(10代~30代)と、
熱烈な男性ファンを集めて、

ご自身の研究テーマで、

講演会できる支部長は、
世界でも、
なかなか存在せず、
非常に、学ぶところがありました。


与国さんとは、初めてお会いしましたが、
正に、
「報國の至誠」

に生きる方。

こういう支部長さんが、増えると、

我が國は、本来の
世界に冠たる皇國
として再興することと思います。

懇親会では、
北海道、和歌山、京都、名古屋から、
お越しの方もいらっしゃり、
本音で、
激論交わしながら、
懇親を深めました。
「幸福の科学の中にも、
こういうことを、
理解する同志も、
多くいらっしゃる。」

となんか自信が持て、
嬉しい一時でした。


・偽ユダヤ、

・トランプ革命の本質は、通貨発行権を、アメリカ政府が

・ジャパンハンドリング勢力の衰退

・天皇陛下が、現人神であらせられる話

・総裁先生は、水戸黄門。
弟子が、助さん、角さんになって、
矢面に立って発言、行動すること。

四方山話満載の面白懇親会。










  1. 2017/06/18(日) 19:53:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成29年06月15日(木)サングラス新調「SWANS FZ-STRIX H-4001」




井上功一であります。


本日は、業務終了後、

SWANS(山本光学株式会社)直営店へ行き、

サングラス新調。
「SWANS FZ-STRIX H-4001」


現在は、
OGKのビナートを、
上目遣い使用に適する様に、
ノーズパッドを加工して、
クリア、イエロー、ミラークリア、ライトグレー
のレンズを
走行する環境に応じて
交換しながら、使用。

コストパフォーマンス高く、
良いモデルですが、
フレームが、スモーククリア色で、
少々地味なのと

先般、
クリアレンズが
傷ついたので、

新調しようと
最近、
サイクルショップを
いろいろと
物色しておりました。



・日本のOGK(現在も使用)

・イタリアのRH+(以前使用)

・ベルギーのBBB

・アメリカのオークレー(以前使用、自転車サングラスのパイオニア)

・ドイツのUVEX(以前使用)

も、
候補としておりましたが、

日本製造で、
レンズ品質が高い
SWANS(山本光学株式会社)製を、

購入することにしました。

SWANS直営店
店頭には、

ホワイトフレームに、
ライトグレーレンズ
のもので

前傾姿勢で、上目遣いになっても、
隙間が出来ず、

多少、氣にいったモデルがありました。
※自転車の場合、
直立して着用する訳ではなく、

空氣抵抗削減の為、
前傾姿勢で頭を下げて
上目遣いで着用しますので、
上目遣いでの見え方、装着感が、
非常に重要です。

いろいろ試着していると

20代女店員さんが、

「派手な方が
お好きなんですか。」

→「そうですねん。
自転車の場合、
派手な方が、目立って安全ですし、
モチベーション上がって、
疲れが、
少ないですからねえ。

それから、レンズも、
撥水クリアに交換できませんか。」


「カタログ載ってない
派手な限定モデル持ってきますね。
レンズも交換できますよ。」

限定モデルは、

・レッドブルーフレームに撥水レッドミラーレンズ


・ブルーグリーンフレームに撥水レッドミラーレンズ
・イエローブルーフレームに撥水ブルーミラーレンズ

結局、
多少割高になりましたが、
ブルーグリーンフレームに撥水クリアーレンズ

にカスタマイズしてもらい、購入。


私の我が儘に、応じてくださり、
ほんと、
親切な店員さんでした。


いつもながら実感しますが、
自転車の良いところは、
自分仕様に、
とことんカスタマイズできるところ。


ミラーレンズも、
夏場、日中、日当たりの良いところだけ走るなら、
非常に快適で、
見た目も、
速そうに見えてカッコいいので、
魅力的でしたが、

夏場は、納涼の為
山間部をよく走り、
長いトンネル、木漏れ日の中を走ったり、
ロングライドの場合、
ナイトランとなり勝ちですので、
撥水クリアレンズとしました。
撥水なら、雨、汗を、
弾くところも、利点です。

また、
明るさに応じて
レンズが、
クリアからグレーに変化する
重宝な調光レンズ
(以前は、よく使っておりました。)
もありますが、


撥水加工が無いことと

夏場の氣温の高い時期は、
それほど色が濃くならない為、

今回は、見送り。










  1. 2017/06/15(木) 21:31:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成29年06月15日(木)<祝>改正組織的犯罪処罰法成立、含テロ等準備罪規定



ERWACHE JAPAN!
神州不滅


井上功一であります。
本日、
テロ等準備罪規定を含む
改正組織的犯罪処罰法成立
となりました。

多少なりとも、
我が國が、
主権國家の体を整え、

主に在日の
特殊工作員、そのエージェント
及び
イスラムテロリスト
に対する抑止力になって
非常に良いことである。

と考えます。


しかしながら、
日本政府の場合、
外人に甘く、
日本國民に厳しい為、

國民統制をしたい
自民党の暴走を、
促進する可能性のみ、
非常に、危惧しております。

ところで、
人間の尊厳である自由を守る
幸福実現党は、
國家による
言論統制、思想弾圧、宗教弾圧
につながる可能性のある
改正組織的犯罪処罰法成立には、
反対の立場でした。


ここからは、憶測ですが、國防上、治安維持上は、
賛成すれば良いところを、
反対していたのは、
都議選を前にした自民党への牽制
と、


公党と言いながらも、
幸福実現党の役割として、
・幸福の科学の防波堤

・幸福の科学の親衛隊

といった要素が大きいところがありますので、

なんらか諸般の事情があるのかもしれません。

どちらしても、
党組織方針は、方針として、

我が祭政一致の國體を護持し、

世界に冠たる皇國、大日本帝國の再興を期すことを、

第一に、今後とも、
自ら判断し、行動致す所存であります。


  1. 2017/06/15(木) 12:47:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年06月11日(日)<慶祝フィリピン独立118年>「大阪~明石→アワイチ(淡路島一周)→明石~大阪」空梅雨ロングライド

井上功一であります。

昨日(6/12)は、
フィリピン独立の父ホセ・リサール
他の活躍により、
1899年、スペインの植民地から独立した
独立記念日。今年で、118周年。
フィリピンの方々にとって、
非常に大事な日であります。


1899年6月12日
独立を果たしながらも、
フィリピン共和国の建国を認めないアメリカとの
米比戦争で
60万人のフィリピン人が
アメリカ軍により無残に虐殺され、
再び、アメリカの植民地となってしまいました。

大日本帝國陸軍が、
正義の戦争=大東亜戦争により、
1942年上半期に、フィリピン全土を制圧。
ダグラス・マッカーサー米陸軍司令官は、
「アイシャルリターン」と言って、
オーストラリアに逃げ、
1943年5月、
再び、フィリピンの独立が回復しました。

フィリピンは、
大西瀧治郎海軍中将が、
必死必中故、
生きながらにして神となる
「神風特別攻撃隊」が結成された地であり、
また、
多大な影響を受けた母方の伯父が戦死した地
でありますので、
非常に思い入れがあります。
私が、幼少の頃は、

「フイリッピン」

といっておりました。


さて、
一昨日(6/11)、
多少曇っておりましたが、
乾いた涼しい北風が吹く
梅雨なれど、
爽やかな日でしたので、

ロードレーサー(自転車)で、
初めて、

「アワイチ(淡路島一周)」
170611_1142~001

を、
実施しました。
氣温は、21℃~


淡路島を自転車で走行するのは、

1990年4月、
大阪市都島区の事務所に勤務していた頃

職場の自転車愛好家の方々10名程度で、

尼崎市杭瀬に集合し、
明石迄自走して、
たこフェリーに乗り、
淡路島に渡って、
洲本にある会社保養所へ、
一泊旅行に行って以来。
170613_2200~001


当時は、ロードジャージ、レーパンで、
ロードレーサー乗って、
職場へ行き、
行き帰りに練習しておりましたし、
駅伝も、走ったりしておりました。
170613_2205~001

また、
朝礼で、
「幸福の科学の話せい。」
と言われて、
幸福の科学教義を、
話させてもらったり、

労働組合分会新聞に、

”染まってみなはれ!”コーナー

を、作ってもらい、
2回連載で、
・仏光物理学
・多次元宇宙、極微と極大
・大川隆法総裁紹介
・太陽の法紹介
を、記載させてもらったり、

20代で
若かったのもありますが、
やりたい放題。

なかかな楽しい職場でした。
やっぱり、自然体が一番。

*ココから再び
「アワイチ(淡路島一周)」

大阪市此花区伝法から、
43号線、28号線、2号線を使い、
2時間チョットで、明石港。
丁度、
ジェノバラインの渡船が、
出発する2分前。
片道
大人\500+自転車\220=\720で、
淡路島へ上陸できます。
170611_1147~001

岩屋港から、
只管、平坦路の28号線を、南下。
170611_1309~001
追い風で、非常に快調に、
洲本到着。
170611_1319~001

途中の釜口に、
高さ100mの有名な
世界平和観音像が、あります。
170611_1226~001
エル・カンターレ像も、
これくらいの大きさがほしいところ。

洲本から、
多少のアップダウンのある
県道76号線を、南下。

立川水仙郷の急峻な坂を上って下り、
170611_1352~001 
170611_1352~002

南淡路水仙ラインの平坦路を、
西進しましたが、
コンクリート舗装、向かい風で、
少々、疲労感があります。
170611_1414~001

南あわじ市阿万西町で、
県道25号線へ、入るところを、
そのまま直進し、ショートカットした為、

うずしおラインを通って、
鳴門海峡を、拝めませんでしたが、
次回の楽しみにしたい。
と思います。
アワイチは、150kmくらいですが、
ショートカットで、
走行距離25kmは、短くなった。と思います。

ショートカットした内陸部では、
遅い田植えが始まり、
淡路島名産の玉葱の収穫真っ盛りで、
玉葱の香りが漂い、
玉葱ハウスに、玉葱が干してありました。
170611_1554~001

五色浜から、
170611_1625~001
海岸沿いの
淡路サンセットラインを、
北上し、
170611_1650~001 
170611_1650~002

明石大橋下を通過し、
170611_1800~001 
170611_1802~001 
170611_1803~001 

岩屋港到着。
170611_1816~001

淡路サンセットラインでは、
旭日旗状(放射状)に、
光を放つ夕日が、非常に感動的でした。
白人サイクリストも、写真を撮るくらい。
170611_1747~001 
170611_1747~002 
170611_1754~001

タイミング良く
ジェノバライン渡船
出発5分前。
帰還する多くのサイクリストが、
乗船しておりました。

ジェノバライン渡船は、
1時間に2便くらいあります。
170611_1843~001

岩屋港の夕日を拝み、
170611_1839~001 

夕日に映える明石大橋を堪能し、
日没前に、明石港へ到着。
170611_1845~001

明石からは、2号線、43号線経由で、
ナイトランにて、
大阪市此花区伝法へ帰還。

ビワイチより、
お手軽に、
アワイチが、
実施できることが分かり、
実りある一日でした。
特に、冬場にいくなら
暖かい「アワイチ」。

但し、
南あわじ市の急勾配の坂があり、
距離が多少短いながらも、
アワイチの方が、
ビワイチより、
厳しいコースかもしれません。

ルート
伝法→43号線→伝法大橋→三ノ宮→神戸明石線→元町→28号線→長田
→2号線→明石港→ジェノバライン→岩屋港→28号線
→洲本→県道76号線→立川水仙郷→阿万→北阿万バイパス
→八幡→県道31号線→淡路サンセットライン→明石大橋
→岩屋港→ジェノバライン→明石港→2号線→三ノ宮
→43号線→伝法大橋→伝法

T10:02:02
D239.12
A23.8
M58.0


テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/06/14(水) 01:10:01|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【これは、エエヨ!】 「和田アキ子の守護霊メッセージ」→礼節を重んじる武人。過去世は、白虎隊員、蜂須賀小六の仲間の槍名手、琵琶法師、百済の女警護隊員、インド王宮の踊り子

井上功一であります。

昨日は、
インタビュアー千眼美子さんによる
公開霊言本
「和田アキ子の守護霊メッセージ」
表紙『和田アキ子の守護霊メッセージ』

が、

テレビ番組
「アッコにおまかせ」

にて、

好意的に紹介された様であります。


千眼美子さんの一連の事例を考察すると、

幸福の科学は、
本来のスタイルになってきたのだと思います。
我々は、
常に、自然体で、脱力し、
頑張ったり、
敢えて、無駄なこと、いらんことを、
しないこと。
これに尽きると思います。


各人が、生活の糧を得ているところが、
天職。
全ての人に、プロ、セミプロの宗教家が、
適している訳ではありません。

やはり、
宗教家は、
HSグループなら、支部長他の職員さん。


経営者、資本家、労働者、
サラリーマン、OL、政治家、
自営業者、公務員、営業マン、技術者、
自衛官、デザイナー、建築家、主婦、教員
管理職、平社員、掃除婦、ガードマン

分相応に、
それぞれの持ち場で、
それぞれのいスタイルで、
精一杯、無理せず、
人生を生きれば良いだけ。

結果として、後付けで、

「ああ、やっぱり、
あの人、
幸福の科学信者だったのか。」
と、
思われれば、
伝道は、事足りる時代になってきた。
と感ずる今日この頃であります。


さて、

本は、まだ読んでおりませんが、


梅雨入りの6月7日(水)夜
公開霊言
「和田アキ子の守護霊メッセージ」

を、視聴しましたので、

概要と感想を報告致します。

丁度当日、七の日感謝祭に、

和田雅夫さんと、野口明子さんお二人が、
お越しで、

「ああ、ほんまに、和田アキ子やあ。」

と勝手に、盛り上がっておりました。

1.礼節を重んじる武人
・兎に角、先輩、目上の人を敬い、
分を知り、
正しい國語、言葉遣いをすること。
「礼節」に欠ける新人は、
徹底的に排除する。
といったことを、
おっしゃっており、
ここに、私(井上)は、
非常に共感を覚えました。


・「努力」「謙虚さ」「感謝」「爽やかさ」
で、芸能界を生き、
必要とされなくなり、人氣がなくなれば、
「潔く」
引退すること。


・今回歌手となり、
紅白連続出場もして、
芸能界で、有名になったのは、

指揮官が弱腰で、一線交えれば、
戦力の大きい幕府軍が勝っていた可能性があるにも
関わらず、
前世、幕府軍が、官軍に、無血開城等で、
戦わずして破れ、
白虎隊が、自刃し、非業の最期を遂げたことに、
納得いかなかったから。


・歌に、その鎮魂、無念の情念が込められている。
だから、
美人歌手ではなく、大女であるが、
農村のオバサン、漁村のオバサンにも、
受け入れられる庶民性がある。


・あの世に還ると、
女神の世界えはなく、
英雄、豪傑、英霊の9割男性の世界
1割は、女戦士もいる。


・実は、小心者
舞台上がる時は、今でも緊張の連続。
調子が出てこないと、失敗に終わる時もある。


・法名
大川さんに、ぜひ、
「万眼明子(まんげんあきこ)」
という法名を付けてもらいたい。

2.和田アキ子過去世
・会津藩の自決した白虎隊員、
キングコング(石川さん)、女剣士(竹内さん)は、
よく知っている。


・蜂須賀小六の仲間の槍名手、
徳島にも縁があり、
蜂須賀小六とともに、野盗仲間

・琵琶法師、
壇ノ浦を、弾き語りしていた。
私の歌手の原点。
今でも、声量はあり、
NHKホールくらいなら、マイク無しでも
声を響かせることができる。

・百済の女警護隊員
百済の身分ある女性の女警護隊員
長刀で、警護。

中大兄皇子(後の天智天皇)は、
よく知っている。


・インド王宮の踊り子
首を振りながら、踊る踊り子

3.清水富美加の人氣の秘密
・若いのに、人氣あるのは、
庶民的で、
「なにわ節」
だから。

→最初から最後迄、
千眼美子さん一人で、
相手をされましたが、
和田さん守護霊の心を開かせ、
機嫌よく語らせ、
非常にお上手でした。
才能あると思います。



テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2017/06/12(月) 23:57:52|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成29年06月12日(月)梔子(クチナシ)の花開花 




井上功一であります。
知らぬ間に、
6月7日(水)に、
梅雨入りしたようですが、
この土日も、雨が降らず、
比較的晴天。

日曜は、
自転車で、
アワイチ(淡路島一周)
したりしておりました。
※詳細は、別途投稿予定。

さて、
公園や街路樹では、

白い
梔子(クチナシ)の花が、開花。


甘い強い香りを放っております。

普通、
梅雨時の花は、
紫陽花(あじさい)のイメージがありますが、

私としては、

強い香りを放つ
平地では、
梔子(クチナシ)の花

山間部では、
栗の花

を、
梅雨時の花として、
イメージしてしまいます。




  1. 2017/06/12(月) 12:51:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年06月10日(土)六甲山(890m)ヒルクライム(武庫川経由)

井上功一であります。
梅雨の中休みで、
早朝から晴天。

ロードレーサー(自転車)で、
朝から、
高野山に行く予定でしたが、

以前パンク修理剤で、復活させた
チューブラータイヤ後輪が、
エア漏れ。

一旦帰還し、
チューブラータイヤ交換、
張り替え。

折角なので、
フレームに、ワックスかけたり、
パンクしたチューブ修理したり、
メンテナンス。

ロードレーサーは、
カーボン、アルミの2台。
多少、メンテナンスに、
手間がかかりますが、
いざという時、代車になり、
重宝しております。
乗り味も違い、
氣分転換にもなります。

13:30くらいから、
近場の六甲山へ、

風光明媚な
武庫川右岸河川敷道路経由して、
170610_1331~001

宝塚へ行き、
六甲山ヒルクライム。
(団地屋上から、淀川対岸の遠景に、
六甲山が望めます。
大阪市此花区へ来てから、
六甲山へ上る頻度が増えました。)
 


山頂は、標高931.3mですが、
一軒茶屋は、890mくらい。

氣温は、平地26℃程度。
六甲山頂は、23℃くらい。
170610_1543~001

シーズンですので、
冬場と違い、
多くのサイクリストが上ってきておりましたし、
170610_1531~001


六甲山縦走トレランするランナー

老若男女問わずハイカー、
で、
賑わっておりました。
170610_1531~002

大阪湾は、少々霞がかかり、
遠景が望めませんでしたが、
初夏の眩しい日に
輝く大阪平野が、印象的でした。
170610_1520~001 
170610_1521~001 
170610_1521~002


帰りの武庫川右岸河川敷道路では、
170610_1336~001

向かい風の中、31~33km/hくらいで、
巡航していると、
後ろに、クロスバイクの20代オニイチャンが、
着いてきて、
抜き去ろうとしましたが、
並んだ瞬間、ニヤリと微笑み返し、
42km/hくらいで暫く踏んでいくと、
オニイチャンは、千切れていきました。
トレーニングしていない普通の人は、
インターバル(スピード変化)かかけると、
引き離すことができます。
170610_1622~001


50歳にもなって、
年甲斐無いところもありますが、
若さの秘訣とも言えますので、
良しとしたい。と思います。
170610_1529~001

 


ルート
伝法→43号線→武庫川交差点→尼崎港崇徳院線→武庫川橋
→武庫川左岸道路→2号線武庫川大橋→武庫川右岸河川敷道路
→宝塚新大橋→逆瀬川→明石神戸宝塚線→逆瀬川→六甲山頂
(往復)


T3:38:50
D67.97
A18.6
M74.7


テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/06/10(土) 23:25:41|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad